プロミスと総量規制の関係性と例外について

キャッシングするときに関わってくるのが総量規制です。しかし、全てのキャッシングに総量規制が関わってくるわけではありません。

今回はプロミスと総量規制との関わり合いについて徹底解説します。プロミスは総量規制の範囲内でしか貸出を行っていないのでしょうか。それとも総量規制が関係ないローンを用意しているのでしょうか。

また、そもそも総量規制はどういったものなのか、といったことも解説します。総量規制のメリットとデメリットを理解することで、よりキャッシングが理解できるようになるはずです。

・貸し出し金額の上限を定めたものである

総量規制が成立するまでは、特に貸し出し上限といったものは決められていませんでした。返済能力があると判断されれば、高い利用限度額を設定してもらえ、高額のキャッシングも出来たのです。

しかし、総量規制によって現状では借入金額の上限が設定されています。

【借入金額の上限・・・年収の3分の1まで】

要は、年収が300万円の方であれば、100万円までしか借り入れができない、といった規制になっているのです。100万円を超える利用限度額の設定はしてもらえません。

総量規制はキャッシングサービスごとに設定されるものではありません。各サービス合わせて設定されているものです。

たとえば、年収300万円ですでに他のキャッシングで50万円借り入れしている場合は、新たなキャッシングサービスで50万円を超える借り入れはできない、といった状態になります。

・総量規制の適用範囲とは

個人向け貸し付けのみが総量規制の適用範囲となります。

貸し付けには、基本的に4つあります。

  • ・個人向け貸し付け
  • ・個人向け保証
  • ・法人向け貸し付け
  • ・法人向け保証

その4つのうち、個人向け貸し付けのみ総量規制の適用になる点は覚えておかなければなりません。個人向け保証に関しては、個人であったとしても総量規制の適用はありません。

もう一つ注目して欲しいのが、キャッシングサービスの種類です。実は、キャッシングサービスの種類によっては、総量規制が適用されたり、適用されなかったり、といったことがあります

【総量規制が適用されるキャッシングサービスの種類】

  • ・消費者金融
  • ・信販系キャッシング(クレジットカードなど)

【総量規制が適用されないキャッシングサービスの種類】

  • ・銀行系キャッシング(銀行カードローンなど)

※クレジットカードは、キャッシングのみが総量規制の対象となります。クレジットカードを利用したショッピングに関しては、そもそも総量規制が含まれている貸金業法の規制の対象外となっているのです。

総量規制適用外のキャッシングを利用したいのであれば、銀行カードローンを利用する、といった手法があるわけです。

ここで気になってしまうのが、プロミスです。プロミスは消費者金融に属しているので、総量規制が適用されてしまう、と考えると思います。確かに、その考え方は間違っていません。しかし、プロミスの全てのローンが総量規制の対象であるのか、と言われればその答えは「否」です。

・総量規制はいつから施工されたのか

2010618日に総量規制が施工されました。それからは一部のキャッシングでは年収の3分の1を超える借り入れができなくなっったのです。

総量規制に関しては、貸金業法の中に入っている一つの規制です。貸金業法に関しては、2006年の12月に成立していますが、システムの対応までに時間が掛かるとのことで、一定の準備期間が設けられ、2010年に施工されたというわけです。

  • プロミスは総量規制対象外か?

・プロミスの4つのローンと総量規制の関係性

【プロミスの総量規制の対象内となるローン商品】

  • ・フリーキャッシング
  • ・目的ローン

【プロミスの総量規制の対象外となるローン商品】

  • 貸金業法に基づく おまとめローン
  • ・自営業者カードローン

最も多くの方が利用すると思われる「フリーキャッシング」に関しては、総量規制の対象内となってしまいます。さらに特定の目的のみに利用できるキャシングである「目的ローン」に関しても、年収の3分の1を超える借り入れができないとする総量規制の対象となってしまいます。

一方で、総量規制の対象外となっているのが、「貸金業法に基づく おまとめローン」です。こちらのローンについては、複数のキャッシングを一括化して返済しやすくするためのローンです。返済日を月に1回に統一したり、利息を引き下げることにより返済総額や毎月の返済額を引き下げたり、といった効果が期待できるのです。

おまとめローンに関しては、プロミス以外の消費者金融であっても総量規制の対象外となっています。

たとえば、消費者金融と総量規制が関係ない銀行カードローンを利用して年収の3分の1を超えるキャッシングをしているとします。その借り入れは、おまとめローンとしてプロミスの「貸金業法に基づく おまとめローン」に一括化できるわけです。

普通の消費者金融のローン商品であれば年酒の3分の1を超えるキャッシングは出来ません。しかし、おまとめローンは例外的に総量規制の対象外とされているのです。

個人事業主など自営業者の方が利用できる「自営業者カードローン」に関しても、総量規制の適用外です。

・プロミスの「貸金業法に基づく おまとめローン」の基礎情報

  • ・利用限度額・・・300万円まで
  • ・実質年利率・・・6.3%から17.8%
  • ・遅延損害金・・・20.0%
  • ・返済期日・・・5日、15日、25日、末日の中から選択可能
  • ・返済期間・・・最長10年間(120回)
  • ・申し込み条件・・・年齢が20歳から65歳であること、本人に安定した収入があること
  • ・担保・保証人・・・原則不要

利用限度額については300万円に設定されているので、それほど高額のおまとめローンは組めません。しかし、一般的なキャッシングで300万円を借りようとすれば、総量規制の関係上、年収は最低でも900万円が必要です。

プロミスの「貸金業法に基づく おまとめローン」であれば、総量規制は関係ないので、年収が900万円未満であったとしても、300万円の利用限度額が設定されるチャンスが有ります。

【一般のキャッシングとの違いとは】

繰り返しの利用ができません。申し込み時にしているキャッシングのおまとめのみの利用を想定しているので、追加の借り入れはできない、としています。

【申し込みに必要な書類とは】

本人確認書類と収入証明書類が必要になります。

<本人確認書類例>

・運転免許証

[運転免許証を持っていない方は以下の資料の提出も可※1つ提出]

・パスポート

[外国籍の方は合わせて以下の書類も必要※1つ提出]

・在留カード

・特別永住者証明書

<収入証明書類例※いずれか1点の提出>

・源泉徴収票・・・最新のもの

・確定申告書・・・最新のもの

・税額通知書・所得(課税)証明書・・・最新のもの

・給与明細書・・・直近2ヶ月分プラス1年分の賞与明細書(※)

※賞与がない方は、直近の給与明細書2ヶ月分のみで構いません。

  • 総量規制の例外は存在するのか

総量規制には、例外があります。どんなローンであろうと総量規制に影響を受けるわけではありません。

プロミスのおまとめローンにも関係してくることなので、総量規制の例外について徹底解説します。

・総量規制の例外とは

顧客に一方的有利となる借換えである

緊急的に必要になった医療費の貸し付けである

社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付けである

配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け

個人事業者に対する貸付けである

預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付けである

総量規制の例外に関しては、上記のようなものが設定されています。ですから、仮に消費者金融で取り扱っているキャッシングであったとしても、上記のうちいずれかが当てはまれば年収の3分の1を超えるか借り入れができるチャンスが有るのです。

では、消費者金融のプロミスが総量規制対象外で貸し出しを実施している「貸金業法に基づく おまとめローン」と「自営業者カードローン」が例外になるのか、その理由を探って行きましょう。

・プロミス「貸金業法に基づく おまとめローン」が総量規制の例外になる理由

「顧客に一方的有利となる借換えである」という項目に該当するからです。

おまとめローンは、いままで借り入れていた実質年率よりも基本的に低い実質年率で貸し出します。たとえば、実質年率18.0%で借り入れていたものを、15.0%で借り換えてみたらどうでしょうか。実質年率が3.0%も低くなるので、月々の返済額が下がる可能性もあります。返済総額も下がる可能性があるわけです。

プロミスのおまとめローンも、まさに顧客に一方的に有利となる借り換えであることは間違いありません。金利がいままでよりも下がることになれば、損することはないわけです。

仮におまとめローンに総量規制を設定してしまったらどうでしょうか。困ってしまうのは利用者だけです。だからこそ、おまとめローンは総量規制からは例外とされているわけです。

・プロミス「自営業者カードローン」が総量規制の例外になる理由

「個人事業者に対する貸付けである」に該当するからです。

そもそも借り入れを利用している自営業者の方は、ほとんどが赤字経営になっていると思われます。ほとんど所得を取っていない、といった状態になっている可能性が高いです。所得がほとんど無しとなれば、通常のキャッシングの利用はかなり難しいわけです。すぐに総量規制に引っかかってしまいます。

だからこそ、個人事業者のローンに関しては総量規制の例外とされているのです。

  • 総量規制のメリット、デメリット

・総量規制のメリット

【借り過ぎの抑制に繋がる】

本当は50万円お借り入れで済むのに、限度額が100万円や200万円に設定されてしまうと、限度額いっぱいまで借りてしまう、といった方が出てきてしまいます。年収も考えずに借りすぎてしまえば、返済できるはずもありません。

総量規制があることで、借り過ぎを抑制できるのです

【多重債務者が減る】

実は総量規制が施工される前までは、5件以上のキャッシングサービスからお金を借りている方が非常に多く、その結果、債務整理(自己破産など)を行う方が非常に多かったのです。社会問題化しました。

総量規制を設けることでキャッシングの利用の制限がされることにより、実際に多重債務者は減っています

総量規制に関しては一定の効果が出ているのです。

  • ・総量規制本格導入前の2007年のキャッシング5件以上借り入れ人数・・・171万人
  • ・総量規制本格導入後の2012年のキャッシング5件以上借り入れ人数・・・44万人

・総量規制のデメリット

【利用したい時にキャッシングが利用できない】

年収で切られてしまうので、すでに年収の3分の1に借金が到達している場合には、どんな状況であれ総量規制対象のキャッシングは利用できません。審査落ちになってしまうのです。どうしてもお金が必要で、返すあてがあったとしても借り入れができない状態に陥ってしまうのです。

【闇金の利用をしてしまう人も現れ始めている】

今までは、一般的なまっとうなキャッシング業者を利用できたにも関わらず、総量規制の影響で借り入れができません。そこで非合法な貸し出しを実施している闇金を利用してしまう、といった方が極めて多くなっているのです。

ヤミ金では、年間1,000%や3,000%の実質年率で貸し出してきます。一度利用してしまえば、ヤミ金から逃れることは出来ない、とされている恐ろしいものなのです。

  • まず、審査に通過するためにやるべきこと

総量規制の対象であったとしても審査に通るためにはどういったことを行うべきか、といったことをお話していきます。

総量規制の影響で借り入れができないのではないか、と思っている方は必見です。

・年収の3分の1未満まで借金を減らすこと

総量規制対象のキャッシングを利用するためには絶対的に必要なことです。すでに年収の3分の1に借入額が近づいている場合には、審査を突破することはほぼ不可能です。

キャッシングですが、お金がある時に多く返済する、といったこともおすすめです。繰り上げ返済を利用することで、借金元金を効率的に減らせます。早く返済が終われば、それだけ支払う利息金も少なく済むわけです。

ただし、何も考えずに繰り上げ返済すると、通常の約定返済に問題が出てくるので、無理はしない、といったことは覚えておきましょう。

ちなみに借金を少しでも早く減らす方法の一つとして、プロミスのおまとめローンを利用する、といったこともおすすめです。実質年率が低減できれば返済に余裕がでてくるので、繰り上げ返済もできるようになります。

・年収証明書類を用意しておくこと

ボーナスをもらっている方は賞与明細書も用意しておきましょう。年収をしっかりと証明することで、キャッシング業者を安心させることになります。

給与明細書しか用意できないと、年収にボーナスが含まれない状態になってしまいます。その分、総量規制に引っかかりやすくなってしまうのです。