プロミスのお知らせメールについての詳細情報と設定方法について

キャッシングをする時に注意しなければならないのが「返済の遅れ」です。返済に遅れてしまうと、通常よりも高い利息金を支払わなければなりません。それどころか取り立ての恐怖といったものも出てきてしまいます。個人情報にも問題が出てきてしまうかも知れません。

今回は返済の遅れを未然に防ぐため取り組みをしているプロミスについてお話します。プロミスにはお知らせメールといったものがあり、そちらを利用すれば返済日のうっかり忘れがなくなる、といったことで評判になっているのです。果たしてどのような機能を持っているのでしょうか。どのように設定すれば利用できるのでしょうか。

返済に遅れないための対策方法についても併せて解説していきます。

・「ご返済日お知らせメール」について

プロミスの会員サービスの一つとして用意されているのが、「返済日お知らせメール」です。プロミスの会員であり、登録した方であれば利用できるサービスとなっています。

その名の通りに返済日を教えてくれるメールとなっており、返済日のうっかり忘れに対処できるサービスとなっています。

プロミスでは返済先として提携ATMの利用も可能です。コンビニ等にも設置されているので、深夜でも対応可能です。返済日当日になって返済日であることに気づいてしまい深夜にコンビニに駆け込んだ、という経験をした方も多いでしょう。しかし、ご返済お知らせメールを利用していれば、そういった機会も減っていくと考えられるのです。

事前に返済日が来ることを伝えてもらえます。返済が近いことが伝えられたら、返済金を用意する準備もできます。少し早めに返済しよう、といった気持ちも生まれてくるはずです。

最近では他のキャッシングサービスでも導入が始まっています。大手消費者金融では、アコムについてもeメールサービスを実施しています。他にもアイフルやモビットについても対応しており、最近ではお知らせメールサービスを行っているところがどんどんと増えてきているのです。

・「ご返済日お知らせメール」はいつ届くのか

返済日の7日前から返済日の前日までの指定ができます。自分の希望の日にメールが来るように設定できるので、返済日直前でも良い、という方は前日設定でも構いません。資金を用意するためにも少しでも早くお知らせがほしい、という方は7日前に設定してもよいのです。

プロミスに関しては7日前から前日まで、といった幅広い設定ができますが、他のキャッシング業者の場合にはプロミスほど自由に設定できない、といったケースもあります。

【各キャッシングの返済日お知らせ系メールの配信日設定例】

プロミス・・・返済日の7日前から前日(指定可能)

・モビット・・・返済日の7日前から前日(指定可能)

・アコム・・・返済日の3日前、当日

・じぶん銀行じぶんローン・・・返済日の3日前、当日

・アイフル・・・返済日の3日前

・ノーローン・・・返済日の3日前

・新生銀行カードローン レイク・・返済日の3日前

・三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック・・・返済日の3日前

・セブン銀行カードローンサービス・・・返済日の3日前

・イオン銀行カードローン BIG・・・返済日の3営業日前

・三井住友銀行カードローン・・・返済日の前営業日

・住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)・・・毎月1日

  • どんなメールが届くの?

・件名について

【ご返済期日のご案内】

上記の件名でメールが届きます。件名を見ればプロミスからのメールであることが利用していけば自然と分かるようになります。メールが来たら返済の準備をしなければ、と思うようになれば、自ずと滞納リスクも減っていくはずです。

・メール本文について

【≪本メールへの返信はできませんのでご了承ください。≫

いつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

お客さまのご返済期日はxx/xxx曜日となっておりますので、ご連絡いたします。

このメールは、ご返済日お知らせメールを希望され、事前に設定された全てのお客さまに送信しております。

あらかじめご返済等に関するご連絡をいただいたお客さまにも送信しておりますので、行き違いの場合はご容赦ください。

詳しいご案内は会員サービスをご覧ください。

https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/CPA00Control

ご返済に関する内容のお問合せは、プロミスコールまでお気軽にお問合せください。

0120-24-0365】

プロミスの公式ホームページに記載されている「ご返済日お知らせメール」の全文です。

xxとxxxに入るところに該当する返済期日が記載されているはずなので、必ずチェックして返済の準備を始めて下さい。

  • 返済お知らせメールの設定手順

プロミスの審査に立派して利用を始めたら勝手にメールが届くようになるわけではありません。事前にしっかりと手続きを行わなければ、お知らせメールは利用できないのです。

こちらでは、プロミスの「ご返済日お知らせメール」の設定手順についてお話します。

・「ご返済日お知らせメール」の設定の流れ

会員サービスにログインする

会員サービスの「ご返済」メニューの中から「ご返済日お知らせメール」をクリック

「配信希望日」と「配信希望時間帯」を入力する

設定が完了してご返済日お知らせメールが届くようになる

【会員サービスへのログイン方法】

会員になった時点で会員サービスへのログインは誰でも可能です。

インターネットでプロミスの会員ページにアクセスします。

  • ・カード番号
  • ・カード暗証番号

または、

  • ・WEB ID
  • ・パスワード

を利用してすぐにログイン可能です。

プロミスのトップページ(パソコン)の左サイドバーの上部に「会員ログイン」と記載されているところがあります。そちらをクリックすると、会員サービスのログイン画面になります。

基本的に24時間利用可能ですが、メンテナンス時間などが設定されており、ログインが出来ない時間帯もあります。

<会員サービスの利用不可時間帯>

・毎週月曜日・・・午前0時から午前7時まで

・1月1日午前0時から1月2日午前7時まで

【「配信希望日」と「配信希望時間帯」の入力について】

自部の好きな日程と時間帯を入力して下さい。

配信希望日に関しては、返済日の7日前から前日までと決まっているのでその中から選択することになります。あまりに早く設定し過ぎると実際に返済日までに忘れてしまうのではないか、と思っている方はなるべく直前に設定したほうが良いかもしれません。

【2008年8月18日から2011年9月25日に契約した方は例外あり】

基本的に、「ご返済日お知らせメール」は返済日の7日前から前日までに設定できます。しかし、2008818日から2011925日の間に契約している方は例外として、毎月1日から末日まで返済希望日を自由に設定できます

契約した期間によっては、お知らせメールの設定期日が幅広く設定できるのです。

・会員サービスの利用、ご返済日お知らせメールの利用には費用はかかるのか?

費用は一切かかりません。会員サービスの利用もご返済日お知らせメールの利用も完全無料のサービスとなっています。

ただ、通信費用が発生してしまうことはあります。会員サービスにログインしたり、メールを貰ったりすることでパケット代金が発生することもあるのでその点は注意してください。

要は、会員サービスの利用、ご返済日お知らせメールのりようでプロミスにお金を支払うことは一切ない、ということなので

・取り立て行為をされてしまう

プロミスはまっとうな消費者金融なので、ルールに則った取り立てを実施します。深夜や朝方に取り立てをする、といったことは実施しません。脅迫もしなければ暴力も振るいません。しかし、プロミスとしても貸したものは返してもらわなければならないので、規則の範囲内での取り立てを行ってくるのです。

  • 電話を利用した督促
  • 督促状利用した督促
  • 自宅へスタッフが訪問しての督促

上記のような対応をしてくることになります。順序があり、いきなり自宅にスタッフが来てしまうことはありません。まずは、電話を利用した督促が実施されます。この時に対応を誤らないで下さい。

返済が出来ないとなると、電話に出ないようなことを行ってしまう方が多いのです。プロミスとしても連絡がつかなければどうしようもありません。その結果、自宅に督促状が送られてきてしまったり、スタッフが訪問してきたりしてしまうのです。その時点で、家族に借金が発覚してしまうこともあります。

たとえば、1週間後や2週間後に返せる目途があるのであれば、プロミスから電話がかかってきた時点でしっかりと返済予定日を伝えて下さい。プロミス側も安心します。また、返済日に返済ができないことがわかった時点で、自分から連絡する、といった対策方法もおすすめです。そうすることで、督促の電話をかけてこさせないようにする事もできるのです。

・個人信用情報に傷がついてしまう

キャッシングの審査やクレジットカードの審査に利用されているのが、個人信用情報です。

個人信用情報には、キャッシングなどの利用情報が記載されています。どのように利用しているのか、といったことが明記されており、返済の遅れも記述されてしまうのです。

返済に遅れてしまうと、その事実が個人信用情報に記載されます。その状態で、キャッシングやクレジットカードの審査を受けると、審査をしているキャッシングサービスやクレジットカードサービスはあなたに不安を覚えてしまいます。審査を通したがらない状態になってしまい、審査落ちの確率がアップします。

もちろん、個人信用情報に返済の遅れに関する情報がずっと掲載され続けるわけではありません。しばらくたては自然と消えていくものですが、数年間残り続ける可能性もあり、滞納は大きなダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

  • 返済に遅れないための対策

・返済日をお知らせしてくれるメールサービスに登録する

最も簡単で、おすすめの方法です。返済のうっかり忘れを未然に防げるようになります。

定期的にメールが一定の日時で届くようになるので、返済間隔も自然と身につくようになります

プロミスをはじめとして、各キャッシングサービスでは簡単に登録できるように設定されています。無料サービスの一つなので、利用しなければ損です。

・返済方法を口座引き落としにする

キャッシングの返済方法は様々ありますが、口座から自動的に引き落としをしてもらうことも可能です。プロミスも口フリ(口座振替)といった返済方法が確立されており、設定しておくだけで金融機関の口座から返済日に自動引落をしてくれるのです。

給与振込口座の返済口座に指定しておくと、スムーズに返済が行われる可能性が高くなるのでおすすめです。

返済方法を口座引き落としにするためには、事前に口座を登録しておかなければなりません。会員サービスへログインして返済用口座を入力しておきましょう。

・返済日の設定を返済しやすい日程にする

各キャッシングサービスでは、返済日を幾つかの候補の中から選べるようになり始めています。返済日を返済しやすい日程に設定しておくことも返済に遅れないための対策方法の一つ、といっても過言ではありません。

プロミスの場合は、

毎月5日

毎月15日

毎月25日

毎月末日

上記した中から選択できます。給料日などを考えて、最も返済しやすいと思われる日に返済日を設定しましょう。給料日前に設定してしまうと、返済ができない可能性もあるので注意して下さい。

・月々の返済額に無理はないか確認する

利用する前に、月々の返済額がいくらになるかを確認して下さい。

返済額に関しては、借金残額によって設定されるケースが増えています。多額の借り入れをしていると、月々の返済額も増えてしまうので、いくら借りたら毎月いくらの返済になるのか、といったことを確認すべきです。無理な借り入れは身の滅ぼすことになります。