学生がモビットで借り入れできる条件と注意点について

学生は時間があるけど、お金がないという状況に陥りやすいです。そんな時、便利なのがキャッシングです。しかし、世の中には学生をターゲットにした危ない業者も存在します。

そこでオススメなのが「モビット」です。ただし、モビットは借入するための条件があります。そこを確認して、安全で賢いキャッシングをしましょう。

学生がモビットで借りるための条件とは

モビットの利用条件は「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方、アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。」と書かれています。学生不可という記載はないので、学生であっても20歳以上で安定した定期収入があれば借入することが出来ます。

・安定した定期収入とは

ここで疑問になるのが安定した定期収入の定義です。社会人になり、どこかに勤めることになれば毎月安定した給料が支払われるので問題ありません。しかし、学生の場合、本業は学業です。どこまでを安定した収入と言えるのでしょうか。

モビットを含め、各金融機関審査基準というのはバラバラで、公には公表されていません。つまり、同じ条件でもA社では借入出来なかったけど、B社では借入出来たということが起こります。

モビットがどこまでを安定した定期収入と見なすかは定かではありませんが、一般的には毎月収入のある状態を安定した定期収入とみなすと言われています。例えば、シフト制のアルバイトの場合、入れる日や時間によって収入が異なります。

それでもシフトが1日も入らなかったということがなければ少なからず毎月収入を得られます。しかし、1日短期型の派遣バイトは少し難しいかもしれません。先月は10日働いたけど今月は0日なので収入はなし!となると安定した収入とは言えません。

例え1年間の収入が同じであっても、審査の際には毎月収入が入る人の方が信用度は高くなると言えます。融資を受けたければ、毎月収入の入るアルバイトをすると良いでしょう。

モビットの審査基準をおさらい

モビットの利用上のところに、小さく「当社の基準を満たす方」という記載があります。しかし、この基準と言うのは明確に公表されていません。ですが以下に当てはまる方は注意が必要です。

1.他社での借入がある

2.他社での借入で支払い延滞・返済不能の過去がある

3.クレジットカード、携帯電話の支払い延滞・返済不能の過去がある

これらの記録は個人信用情報機関というところに記録されます。そして、金融機関は融資の申し込みがあると、その利用者の過去の記録や現状の借入状態を確認するために信用情報を照会します。

この時、上記に書かれているような記録があると「この人はもしかした借金を返せなくなるかもしれない…」と思われ借入を断る可能性があります。もしくは融資はするけど、利用できる金額はすごく少なくなることもあります。

・なぜ過去の記録や安定した収入が大切なのか

モビットをはじめ、カードローン会社が個人にお金を貸すときに重要視しているのが「信用度」です。なぜならカードローンは一般のローンと違って、無担保・無保証だからです。

あなたが他人にお金を貸す時を想像して下さい。誰も保証してくれない、お金になるものも持っていない人にお金を貸してと言われたらどうですか?友人であれば長い付き合いだからとかあるかもしれませんが、そうじゃなければ少し警戒しませんか。

その時、その人が大企業に勤めていて毎月安定した収入があり、過去に延滞や返済不能に陥ったこともなく、現在他の人からも借金をしていなければ、それなりに信用出来ますよね。カードローン会社もあなたのそういうところを見て、お金を貸すか、またいくらまでなら貸せるかを判断しているのです。

年収は大きい方が断然有利!

融資をするか、またいくらまで貸せるか判断する材料が「信用度」なので、当然収入は大きい方が有利です。しかし、高ければ良いというものでもありません。

先ほどいったように、安定した収入というのも重要な審査基準になります。審査基準は公表されていないので、どちらの方が良いとも言えませんが、一番良いのは毎月安定的に収入を得て、尚且つ年収が高いというのが理想的です。

モビットで借入をする際、年収は利用限度額(借入出来る上限金額)にも影響してきます。なぜならモビットは消費者金融だからです。消費者金融は貸金業法という法律を守らなければいけません。

その法律の中に総量規制といって、年収の3分の1までしか融資してはいけませんというものがあります。例えば、毎月アルバイトで5万円収入がある学生さんの年収は年収60万円です。この3分の1なので、利用限度額は最高で20万円です。

これは1社の借入に限定されるものではありません。例えば上記の学生さんがすでに他社で15万円借入をしていたとすると、モビットで借入出来る金額は残りの5万円のみになります。なので、年収が高い方が利用限度額を考えると有利になります。

学生がWeb完結を利用できない理由とは

モビットにはWeb完結というシステムがあります。Web完結で申込をすると郵送不要、電話連絡不要、インターネット申込みのみで借入可能になります。

しかし、Web完結を利用するには以下の条件が必要になります。

1.三井住友銀行または東京三菱UFJ銀行の普通口座を持っている方

2.全国健康保険協会の保険証、もしくは組合保険証を持っている方

1の条件をクリアできる方は多くいますが、基本的に学生は親の扶養に入っている方が多いので、ご自身の健康保険証を持っていません。2をクリアできるのは、大企業や中小企業に勤めている方だけです。

Web完結は魅力的なサービスですが、条件をクリアしていなければその他の申込み方法を検討しましょう。Web完結でなくてもインターネット申込みは可能ですし、早めに利用したい方は近くのローン申込機から申込みをすれば、その場でカードが受け取れ、審査が完了すればすぐに借入することが可能です。

学生がキャッシングを利用する際に注意すべきこと

学生さんの場合、一番気にして欲しいのは安心度です。実は学生をターゲットにした危ない消費者金融なども存在します。もちろんその中には法律に沿っていない闇金と言われる業者もいます。

良く知らない業者で借入をして、困ることになるなら比較的大きく、有名なところで借入をして、安心度を優先してほしいと思います。学生のうちは学業が大切ですが、同時に色々な経験が出来る時期でもあります。

仲間と旅行に行ったり、騒いだりできるのも良い経験になります。将来のことを考える為にも色々な経験を積んで欲しいと思います。そのために、困らない範囲で賢くキャッシングを利用するのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。学生は時間があるけどお金がないという状態に陥りやすい時期です。その中でキャッシングは便利なシステムと言えます。しかし、使い方を間違えると大変困ることにもなります。

そうならないためにも、大手で比較的有名なモビットの活用をオススメします。キャッシングは賢く利用して、将来の糧にできるようにしましょう。