「ろうきんフリーローン」とは? ろうきんのフリーローンの特徴や金利について

何らかの目的で多額の資金を必要とする時、貯蓄だけで賄うことが難しい場合には融資を受ける必要がります。その場合には「どこから借りるか」という問題が浮上しますが、多くの場合は「銀行」「消費者金融」という2択で考えるのではないでしょうか?

しかし、それに加えて「ろうきん」という選択肢もあるのですが、そもそも「ろうきんって何?」「ろうきんでお金を借りられるの?」という疑問を持つ人も多いのではないかと思います。そこで、ろうきんのフリーローンについて解説していきます。

銀行系の看板でよく見かける「ろうきん」とは「労働金庫」の略称であり、「労金」とも呼びます。日本において、預金の受け入れや資金の貸し出しなどの金融機関の一形態であり、「労働金庫法」という専用の法律も制定されています。手形・小切手法の適用は、一般の銀行と同一視されています。

基本的に、労働組合や生活協同組合などが会員となっている「非営利組織」に分類されます。また、同様の組織形態を持つ「信用金庫」は、会員の構成が異なっています。ろうきんを利用する対象者は、会員となる各組合に加えて一般勤労者も含まれます。ろうきんの管轄地域に住んでいるか、在勤している場合に利用者の対象となります。

ローンに関しては、与信の都合で所属団体の確認を必要としています。この点で、会員であることのメリットが生じます。

  • ろうきんと銀行の違いについて

ろうきんの業務として「預金の預け入れ」や「手形の発行」、「資金の貸し出し」などの業務を含み、金融機関として認められています。では、これが「銀行」とどのように異なるのでしょうか。

まず、ろうきんは「非営利組織」であり、この点で銀行とは異なります。銀行は、預け入れされた預金を運用し、貸し出して利息を得ることで預金に対して利息を充当します。こうすることで営業を続けられるのであり、株式会社である以上は利益を追求することが必要になります。もちろん、それだけが銀行の存在意義というわけではありませんが、少なからず利益追求をしなければならないことは変わりません。

しかし、ろうきんの場合は営利を目的としていることを禁止されています。金融機関としての働きを通じて「働く人の役に立つこと」を再優先としています。この点を基軸として、以下の点についても言及していきます。

次に「融資の使途が異なる」という点です。金融機関である以上、預け入れされたお金を何らかの目的で利用することになります。一般銀行の場合は、その6割以上が「企業向けの融資」になります。個人への貸し付けは、一般向けの融資が銀行でも開始されたとはいえ、全体の3割に満たないほどの割合となっています。銀行には「企業の育成を推奨する」という役割もあり、企業向けの融資が大部分を占めることにも納得できます。

一方、ろうきんは働く人向けの金融機関であり、その全てが一般労働者向けの融資となります。割合で言えば、その8割以上が「一般住宅資金」となっています。その他にも「生活資金」「福祉共済資金」「生協資金」といった、労働者向けの融資が占めています。

もちろん、これらの方法でも利益は発生しますが、発生した利益は会員のために利用されます。例えば「ATM手数料が無料になる」ということは、わかりやすいメリットなのではないかと思います。他にも「セミナーの実施」などに利益を利用しており、さまざまな形で会員に対して還元されるのです。

次に「運営方針の決定」についてです。一般銀行は「株式会社」であり、「1株1票制」となります。つまり、株式を保有している割合が多いほどに、その銀行の運営に食い込めるというわけです。なので、1団体が多数の株式を保有している場合、その団体がその銀行の運営を大きく左右すると言っても過言ではないのです。

一方、ろうきんの場合は「1会員1票制」を採用しています。つまり、1人1人の票の格差が存在せず、会員自らが平等に運営に参画することが出来るのです。株式の保有数に依存する株式会社の方針決定とは異なり、1人1人の声がしっかりとろうきんの運営に反映されるということになります。

このように、ろうきんと銀行の違いは、会員である勤労者を主体としているかそうでないかというところに集約します。どちらも金融機関ではありますが、その存在意義において大きな違いが生じるのです。

  • ろうきんフリーローンの特徴とは

まず、フリーローンの特徴としては「目的を問わない」という点が挙げられます。融資の中には、その使用目的が限定されているものもあり、仮に設定されている使用目的以外に借りたお金を使ってしまった場合には契約解除の理由となる可能性があります。フリーローンは、その名前の通り借りたお金の使用目的を問わないので、さまざまな目的でお金を借りることができます。

なので、他社のローんの借り換えにも利用することができます。詳しくは後述しますが、ろうきんのフリーローンはその金利のやすさも特徴であり、利息の支払いによる返済の負担を大幅に減らすことが出来る可能性があります。

ただし、借り換えは「団体会員」のみの取り扱いとなっています。また、取り扱いに関する期間の設定もあるので、常に借り換えに利用できるというわけではありません。さらに、事業資金や投機目的での借り入れもできません。こうした制約はありますが、それ以外には旅行費用やパソコンの購入など、幅広い用途でお金を借りることができます。

次に「追加での借り入れができない」ということです。カードローンやキャッシングの多くは、限度額を最大限として、その範囲内であれば追加で借り入れをすることができ、審査も必要ありません。50万円を限度額として20万円を借りている状態であれば、残り30万円は無審査で追加借り入れをすることが出来ます。

しかし、フリーローンの場合は一度借り入れを申請して審査に通り、融資を受けたらあとは返済していくだけです。なので、50万円を借りて30万円を返済しても、返済した分を追加で借り入れることはできません。その場合には、再度審査を受ける必要があります。当然ながら、2回目以降だからといって審査が単純化されるようなことはなく、1回目と同じように審査に時間と手間がかかることになります。

そのため、目的を限定して、その目的のためだけにお金を借りるという使用目的が妥当になります。「旅行資金」「パソコン購入代金」といったように、一括でかなりの資金が必要になるパターンがその典型例です。もっとわかりやすく言えば「住宅ローン」や「自動車ローン」のように、使用目的がはっきりとしているローンに該当します。

これらのローンでは一度に大量の資金を必要としますが、それ以外には資金が必要にならないので、あとは返済していくだけなのです。もし、それとは別の何らかの「多額の資金が必要になる目的」が発生した場合には、そのための融資の審査を改めて受ける必要があるのです。

最後に「金利が安い」というポイントです。これに関しては次の項で詳しく解説しますが、ろうきんのフリーローンの金利は「保証料」を含めてもかなり安い水準となっています。返済の負担が少なく、借り換えの際には返済の負担を大幅に減らすことにもつながります。

ろうきんフリーローンは金利が安いのが最も特徴ですが、申し込みから融資までに時間がかかったりとハードルが少し高いのも事実です。 面倒であったり急ぎの方は一度プロミスなどの消費者金融を検討してみてはいかがでしょうか。

  • フリーローンの金利について

先ほど簡単に述べましたが、ろうきんのフリーローンの金利は極めて低い水準となっています。各エリアごとのろうきんによって融資の条件は異なりますが、どれも10%を超える金利は設定されていません。仮に年18.0%の金利で融資を受けた場合に借り換えを行えば、年10%前後の利息を節約出来ることになります。

例えば「中央労働金庫」の場合だと、フリーローンの金利は変動金利型で年5.125%、固定金利型で年6.300%の金利が設定されています。実際には、これに保証料として0.7%~1.2%が上乗せされますので、固定金利で1.2%が上乗せされた年7.500%が中央労働金庫のフリーローンで最大レベルの金利となります。

この数字、銀行カードローンや消費者金融でのキャッシングと比べると、かなり低い水準であることがわかります。実際の金利については各金融機関ごとに異なるのですが、3.0%~18.0%といった変動幅が存在します。変動幅も金融機関ごとに異なりますが、この数値は「融資額が高いほどに低い金利、融資額が低いほどに高い金利」が設定されるために、変動幅が存在するのです。

ろうきんの金利は各ろうきん毎に細かく異なりますが、大抵の場合は4%~8%ほどに設定されています。この数値は他の金融期間の最低クラスの利息に比べると多少なりと高い水準となるのですが、低い金利を設定するためにはかなりの融資を受けなければならなくなります。そして、限度額は審査次第で異なりますし、高い金額を借りたら、金利が低くても借りた分だけ毎月の利息は高くなります。

ろうきんのフリーローンの場合は保証料や金利のタイプ、返済の条件等によって多少の変動はありますが、同じろうきんであれば低い金利をほぼ変わらない条件で利用することができます。融資を受ける金額が低くても、金利も低いので返済にかかる利息の支払総額も少なく抑えることができます。利息が少ないということは、少しでも多くのお金を返済に充てる事ができるので、完済までの期間を短くすることにも役立ちます。

次に、保証料の幅についてです、前述の中央労働金庫の例で言えば、保証料は年0.7%~1.2%と設定されています。この幅は、融資を受ける人が「ろうきんの会員である場合」と「一般勤労者である場合」で分けられています。中央労働金庫の場合は「団体会員の場合は0.7%」「生協会員の場合は0.98%」「一般勤労者の場合は1.2%」と設定されています。

つまり、そのろうきんの会員である場合には、一般勤労者である場合に比べて保証料が安くなるので、実質的な金利も安くなるというわけです。とは言え、わずか0.数%の差しかないので、そこまで決定的な差は生じません。会員の場合は少しだけ安くなる、と言った認識で十分です。カードローンやキャッシングに比べればかなり安い水準であることには変わりません。

  • フリーローンの種類

フリーローンにおいては、「変動金利」と「固定金利」の2種類の借り方が存在します。このうち、表向きの表示が高い金利になっているのは固定金利の方です。では、安い金利となっている変動金利のほうがお得なのかといえば、その限りではありません。

これらの借り方の違いは、将来的に金利が変動した場合に、借りているお金の利息が変動するか、今までと同じ金利になるかの違いがあります。固定金利の場合には、借りた時の条件がそのまま完済まで適用されますが、変動金利の場合には金利の変動にともなって返済途中の融資の金利も変動します。

選び方に関しては、現状の金利が高い水準なのか、低い水準なのかで判断します。現状の金利が低いのなら、これから金利は高くなる可能性がありますので、低い金利で返済し続けられる固定金利のほうがお得です。逆に現状の金利が高いのであれば、将来的に金利が下がることを見越して変動金利にしたほうがお得になります。

必要なことは、現状の金利が高い水準にあるのか、それとも安い水準にあるのかをしっかりと判断することです。金利が高い水準にあるのに固定金利を選んでしまうと、将来的に金利が下がった時にも高い水準で利息を支払い続けることになります。ただし、固定金利にはそれ以外にも「利息の負担を管理しやすい」という特徴もあります。金利の変動に利息の支払が影響されないので、長期的に返済のプランを立てやすくなります。

それ以外にも、各ろうきん毎にフリーローンの条件は大きく異なります。自分が住んでいるエリアのろうきんにどんなフリーローンが用意されているのかは、各ろうきんのホームページで確認しましょう。

  • まとめ

ろうきんのフリーローンは、営利目的ではないので金利が安く、返済の負担が軽いという特徴があります。世の中にはキャッシングの利息の負担が大きくすぎることで債務整理を考える人もいるほどなので、金利が安いということには大きなメリットがあると言えます。

全国どこのろうきんでも利用できるわけではなく、管轄しているエリアのろうきんに限定されるという制約がありますが、そもそも遠方のろうきんを利用することなんてまずありませんので、そこまで大きなデメリットにはならないはずです。一時的な資金調達を必要とする場合には、ろうきんという選択肢も含めておくと、返済しやすい融資を受けられるのではないかと思います。