カードレスでお金を借りたい人向けカードローンと申し込み方法について

カードがあるキャッシングとないキャッシングの違いはどこにあるのでしょうか。オリックスカードレスVIPを始めとした、カードレスでお金を借りたい人向けカードローンの特徴についてお話します。さらに、オリックスカードレスVIPの特徴について個別に解説していきます。

カードレスキャッシングの興味があり、申し込みから借り入れまでの方法が知りたかった、という方は必見です。

・オリックスカードレスVIP

オリックス・クレジット株式会社が行っているキャッシングサービスの一つです。オリックス銀行には、オリックスVIPローンカードといったローン商品もありますが、そのカードレス版です。基本的なスペックについては、オリックスVIPローンカードとほぼ同等となっています。

オリックス銀行のキャッシングではないので、銀行のキャッシングサービスではありません。消費者金融に分類されています。

【オリックスカードレスVIPの基本スペック】

  • ・利用限度額・・・30万円から800万円
  • ・実質年利率・・・3.0%から16.6%

【オリックスカードレスVIPの申し込み条件】

  • ・年齢・・・20歳から69歳以下であること
  • ・収入・・・毎月定期収入があること
  • ・住まい・・・日本国内に居住していること

・モビット

大手消費者金融業者のモビットもカードレスでの利用が可能です。モビットはカードも発行していますが、WEB完結申込を選択することで、郵送物が一切ない利用ができます

WEB完結申込をするためには一定の条件もあります。

【モビットのカードレスキャッシングを申し込む条件】

  • ・三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていること
  • ・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または組合保険証を持っていること

上記の二つの条件をクリアしていなければ、モビットのWEB完結申込は利用できません。要はカードレスキャッシングができないのです。

【モビットの基本スペック】

  • ・利用限度額・・・10,000円から800万円
  • ・実質年利率・・・3.0%から18.0%

【モビットの申し込み条件】

  • ・年齢・・・20歳から69歳以下であること
  • ・収入・・・安定した収入があること

・三井住友カード ゴールドローンカードレス

三井住友カードのゴールドカードローンレスは、その名の通りにカード発行がなくても利用できるキャッシングサービスです。基本的に融資は振り込みサービスによって、実施されています。

金利が特に低く設定されており、他のキャッシングサービスとは一線を画しています。

ちなみに、ローンカードが付いている「ゴールドローン」をすでに持っている方は申し込みが不可とされています。

融資申し込みについては、インターネットや電話から行います。最短で即時振り込みを実施してくれますが、時間帯によっては翌日以降の振り込みになってしまうこともあるので注意して下さい。

※平日の午後2時49分までに申し込みをすれば、最短即時振り込みが可能です。

【三井住友カード ゴールドローンカードレスの基本スペック】

  • ・利用限度額・・・700万円まで
  • ・実質年利率・・・3.5%から9.2%

※実質年利率に関しては、返済実績に応じて翌年度以降に優遇が受けられる可能性があります。最大で設定された実質年率よりも1.2%低い実質年率で利用できる可能性もあるのです。

【三井住友カード ゴールドローンカードレスの申込条件】

  • ・年齢・・・20歳以上55歳以下であること
  • ・収入・・・安定収入があること
  • ・収入があったとしても学生の利用は不可

三井住友カード ゴールドローンカードレスの場合は、年齢条件がかなり厳しく設定されています。他のキャッシングサービスに比べると、利用可能最高年齢が10歳ほど低めに設定されているのです。

実質年率の低さも考えると、かなり厳しい審査が行われる、と考えられます。

・プロミス

大手キャッシングサービスのプロミスに関しても、カードレスの利用が可能です。カード有りと無しの選択ができるのです

カードレスでお金を借りたい人向けカードローンを探している方でプロミスを利用したいと考えるのであれば、まずはWEBで申し込みを実施して下さい。そして口フリ(口座振替)を選択するのです。さらに「カード無し」を選択すると、郵送物は一切ありません。無人契約機に足を運んで契約する必要もなく、ネット上で契約完了となるわけです。

プロミスは大手なだけはあって、多数の主要な金融機関から口フリ(口座振替)が可能、となっています。

【プロミスで利用できる口フリサービス対象金融機関例】

  • ・三井住友銀行
  • ・三菱東京UFJ銀行
  • ・みずほ銀行
  • ・ゆうちょ銀行
  • ・セブン銀行など

借り入れに関しては基本的に、インターネットを利用して申し込みができます。お金を口座に振り込んでもらって、あとは口座からお金を金融機関のキャッシュカード等を利用して引き出すだけです。

【プロミスの基本スペック】

  • ・利用限度額・・・500万円まで
  • ・実質年利率・・・4.5%から17.8%

【プロミスの申込条件】

  • ・年齢・・・20歳から69歳以下であること
  • ・収入・・・安定した収入があること

※学生や主婦でもアルバイトやパートなどによる収入があれば利用可能です。

プロミスは大手消費者金融の中で、金利が低め、といった特徴があります。最高実質年率が17.8%に設定されており、大手キャッシングサービスと比較すると0.2%有利に設定されています。

・その他中小の消費者金融がカードレスキャッシングを行っているケースあり

大手のみをここまで紹介してきましたが、実は中小のキャッシング業者の中にも、カードレスでの貸出を実施しているところがあります。

中小のキャッシングサービスの中には、そもそもATMを用意していないところがあります。提携ATMも用意していないので、基本的に貸し出しと返済は口座を使って実施されるのです。

ATMを使わないで貸し出しや返済をするのでカードを発行する必要性はありません。だからこそ、中小のキャッシングサービスはカードレスに対応しているケースがあるのです。

・銀行カードローンとカードレスについて

完全なるカードレスとはいえないのですが、実質的にローンカードを発行しないケースが多いのが銀行カードローンです。

銀行カードローンの場合は、自分たちの銀行の口座を持っていることを利用条件としているところが多いです。口座を持っているということは、キャッシュカードをすでに持っているわけです。そのキャッシュカードにローン機能をつけられる、といったことが極めて多くなっています。

キャッシュカードにローン機能がつけられるのであれば、ローンカードを発行する必要はありません。要は、キャッシュカードがローンカードとしての機能も兼ね備えているのです。

新しいカードを発行する必要はない、といったことを考えれば多くの銀行カードローンも実質的なカードレスである、といった見方も可能です。

  • カードレスVIPの特徴

・契約枠によって金利が設定されている|金利の優秀さにも注目

  • 最低実質年利率・・・3.0%
  • 最高実質年利率・・・16.6%

銀行カードローンと比較すると、それほど有利な金利設定には見えないかもしれません。しかし、オリックスカードレスVIPは銀行カードローンではなく消費者金融の一種です。消費者金融と比較するとかなり有利な条件で貸し出してくれる、といったことが分かるのではないでしょうか。

実質年利率に関しては、契約枠によって設定率が決まってきます。前もって自分の金利がどれくらいに設定されるのかが分かるわけです。

【契約枠(利用限度額)と実質年利率設定】

・契約枠:30万円から50万円コース・・・実質年率:5.8%から16.6%

・契約枠:100万円から150万円コース・・・実質年率:5.8%から14.6%

・契約枠:200万円コース・・・実質年率:4.3%から11.6%

・契約枠:250万円から300万円コース・・・実質年率:3.3%から9.6%

・契約枠:350万円から500万円コース・・・実質年率:3.0%から5.6%

・契約枠:550万円から800万円コース・・・実質年率:3.0%から4.6%

たとえば自身の希望契約額が200万円だとすると、実質年利率は4.3%から11.6%が設定される、といったことが前もって分かります。どれくらいの額で契約をすれば、どのくらいの利息金が発生するのか、といったことがなんとなくでも分かるのです。

実質年率に関しても、100万円以下の限度額設定であったとしても、実質年率が10.0%を切ってくる可能性があります。非常に有利な借り入れができる、といった特徴がオリックスカードレスVIPにはあるのです。

・会員限定サービスあり

オリックスカードレスVIPには、クレジットカードのような会員サービスが用意されています。単なるローンサービスではありません。

【オリックスカードレスVIPの会員サービス例】

・ビジネスホテルやシティホテルの宿泊費が優待価格になる

・リゾート系ホテルの宿泊費が優待価格になる

・ゴルフ場のプレー料金が優待価格になる

・レンタカーの基本料金が優待価格になる

・その他の施設の入場料が優待価格になることも

・インターネットで申し込みから契約、さらに借り入れまで済ませられる

カードレスの最も大きな特徴といっても良いかもしれません。基本的に、全てのことがインターネット上で済ませられます。仮に近くに店舗や自動契約機がなかったとしてもキャッシングの利用ができるのです。

たとえば、会社のお昼休みのうちにスマホを利用してオリックスカードレスVIPに申し込みを実施する、といったことも可能です。自分の時間を有効に使って、申込や借り入れができる特徴に注目しましょう。

・即時振り込みと即時返済ができる

急にお金が必要になることもあるでしょう。資金に余裕ができたので早めに返済したい、といったこともあるでしょう。そういった場合にも、即時に対応してくれるのがオリックスカードレスVIPです。

銀行によって即時振り込みができるかは変わってくるのですが、当日中に対応してくれる可能性があるのです。

カードローンと違って振り込みや返済スピードに難がある、と思っている方も多いと思いますが、その点もクリアしているのがオリックスカードレスVIPなのです。

【金融機関と即時振り込み対応時間】

・ジャパンネット銀行宛・・・即時振り込み対応時間:全日午前0時から午後11時50分

・その他の金融機関宛・・・即時振り込み対応時間:平日午前8時40分から午後3時まで

ジャパンネット銀行に関しては、土曜日・日曜日・祝日であったとしても、ほぼ24時間いつでも即時振り込みに対応しています

その他の金融機関については、平日の午後3時までに申し込みを行った場合には、即日振込みに対応してくれます。午前8時40分から午後3時までであれば即時振り込みが可能です。その他の時間帯に振込依頼や返済依頼をした場合には、翌営業日の午前9時かが午前10時までに振り込みをすることになります。

・登録口座以外にも振り込み可能

契約者名義の口座であれば、登録していない鋼材に対しても振り込みが可能となっています。ただし、即時振り込み時間に関しては少し制限があります。

登録口座であれば、ジャパンネット銀行宛であれば週末や祝日も即時振込みできましたが、登録口座以外に対する即時振り込みが平日の午前8時40分から午後3時までとなります。その他金融機関宛関しては、登録口座への振り込み時間と同じです。

  • カードレスVIPのメリット、デメリット

・メリット

【利用限度額が極めて高めに設定されている】

最高利用限度額が800万円に設定されているところに注目すべきです。消費者金融の一種といったことを考えると、800万円まで借り入れできる可能性がある点は見逃せません。高額利用できるチャンスが有るわけです。

もちろん、審査を受けなければどの程度の限度額がもらえるのかはわかりません。しかし、銀行カードローンに匹敵する利用限度額であることはメリットと感じざるをえないのです。

【ホームページ上で申し込みから契約、そして借り入れまで完結可能】

店舗に出向く必要はなく、家に居ながらにして契約から借り入れまで可能です(もちろん、外出先でもインターネットが接続できる場所であれば借り入れまで完結可能)。

  • ・申し込み
  • ・契約
  • ・借り入れ

上記した全てがインターネット上で手続き可能となっているのです。さらに、WEB契約からであれば最短即日融資にも対応してくれます。すぐに融資を受けたい、と思っている方にもカードレスVIPは適しています。

【外出中であったとしても借り入れと返済が可能】

旅行中に急にお金が必要になることもあるでしょう。仕事仲間との飲み会が急にセッティングされることもあるかもしれません。そんな時にもカードレスVIPであれば対応可能です。

インターネットから借り入れが可能です。さらに電話からも借り入れが可能なのです。

自身の口座にお金が入金をされたら、後はその口座の金融機関が対応しているATMなどでお金を引き出せば良いだけです。コンビニATMであれば、全国各地から融資されたお金を現金で受け取ることも可能になります。

一方で、返済に関しても外出中であったとしても対応できます。インターネット上から即時返済手続きができるので、返済日が迫ってきたらインターネット上から手続きしましょう。

【カードの送付なしで契約から利用が可能】

カードは発行されません。さらに契約から借り入れまで全てがネット上で済ませられるのです。カード送付なしキャッシング利用ができるので、家族に借り入れがバレてしまう、といった確率が著しく低くなっているのです。

電話確認などが実施されることもありますが、キャッシング利用の確認であることは伏せられています。発覚することはないので安心して利用できるわけです。

ローンカードが発行されないことで、カードが家族に見つかって借金がバレてしまう、といった恐れも基本的にありません。

唯一発覚する可能性があるケースとして口座があります。口座のお金のやり取りなどをみられてしまうと発覚する恐れがあるので、家族にバレないで借り入れしたい、といった意向を持っている方は口座の管理を自分でしっかりと行いましょう。

インターネットバンクのほうが使い勝手がいいので、カードレスVIPの利用を考えているのであれば、インターネットバンクに口座を作ってから申し込む、といった方法もおすすめです。

・デメリット

【ATMを利用した借入と返済が実施できない】

カードレスVIPはカードが発行されないので、カードを利用した直接的な借り入れと返済が不可となっています。全て振り込み対応となっているので、段階を踏まなければなりません。

借り入れと返済に関しては、自身が持っている金融機関口座を経ることになります。借り入れをする場合には、まずは自分の口座に対して振り込みをしてもらい、その後にその口座から現金を引き出すことによって現金が手元にやってきます。

返済に関しては、インターネット返済が実施されます。各インターネットに対応している金融期間の口座から、返済金を振り込むことになります。

ただ、安心して欲しいのが手数料は基本的に発生しない、といったことです。

ATM返済を受け付けているキャッシングは基本的に108円から216円の手数料を1回毎に徴収してきますが、カードレスVIPにおける即時返済サービス(インターネット返済)では手数料が徴収されることはありません。

【総量規制の対象になってしまう】

オリックス銀行のカードレスローンではありません。オリックス・クレジットのカードレスローンなのです。この違いは非常に大きいもので、カードレスVIPは銀行カードローンではありません。総量規制の対象となってしまいます。

総量規制の対象となると、無収入の方は利用できません。専業主婦と専業主夫は配偶者に収入があったとしても利用できません

さらに、すでに年収の3分の1程度借り入れをしている方は新たな借り入れができない可能性も出てきてしまうのです。たとえば、年収300万円の方が他の消費者金融で100万円をすでに借り入れていたら、総量規制に引っかかってしまいます。

カードレスVIPは、確かに利用限度額が最高で800万円とかなり高額なローンとなっています。しかし、総量規制があるので、仮に800万円の利用限度額を設定したいのであれば、最低でも年収2,400万円は必要になります。

【遅延損害金が最高実質年率に比べて高く設定されている】

遅延損害金は19.9%に設定されています。大手消費者金融は20.0%に設定されているので、それよりは有利に設定されています。

しかし、最高実質年率が16.6%なので、高く感じてしまうわけです。

遅延損害金は返済に遅れが出なければ適用されることはありません。返済日を確実に守りましょう。

  • カードレスキャッシングの申し込みから借り入れまで

・オリックスカードレスVIPの申込から借り入れまでの流れ

申し込みフォームから申込の開始

必要事項を記入したら送信

本人確認資料と収入証明書のアップロード

審査開始

勤務先に対する在籍確認の実施

Eメールによって審査結果の連絡

審査突破

会員番号通知書の送付

WEB上から契約内容を確認し契約内容の同意手続きの実施

借り入れ可能状態に

ネット上から振り込み手続きを実施し口座振り込み

該当金融機関のキャッシュカードを利用してATMなどから引き出す

手元に現金が届く

【会員番号通知書の送付と即日融資の関係性】

会員番号通知書の送付が自宅、または勤務先に対して行われます。郵送されてくるので、即日融資が出来ないのではないか、と思ってしまうかもしれませんが、その心配はありません。

契約内容の同意手続きが済めば、借り入れが直ぐにできる状態になります。要は、会員番号通知書が手元に届いていなくても借り入れできる状態まで持っていけるのです。

【本人確認書類の提出について】

  • ・本人確認資料
  • ・収入証明書

上記の二つの書類を提出する可能性があります。ただ、収入証明書に関しては、提出しないでも良い、とされるケースが多くなっています。高額借り入れを希望している場合、他社借入がある場合には提出を求められることがある、といったことは覚えておきましょう。

問題は、書類の提出方法です。WEB完結となっているので、インターネット上から提出書類をアップロードできます。書類の写真を撮影し、それをオリックス・クレジットに対して送信するのです。

画像が鮮明でないと再提出を求められてしまうかもしれないので注意して下さい。文字がぼやけていないかを確認したうえで、アップロードした画像を送信しましょう。

  • キャッシング方法と限度額について

オリックスカードレスVIPのキャッシング方法と利用限度額についてお話します。実際に利用を前向きに検討し始めている方は必見です。

・オリックスカードレスVIPのキャッシング方法

振り込みを依頼のみに対応しています。

振り込みを依頼するときの申し込み方法は2つあり、インターネットと電話のいずれかを選択することになります。

インターネットからの振り込み申し込みであろうと電話からの振り込み申し込みであろうと、手数料は基本的に発生しません。振り込み手数料無料で利用できるのが、オリックスカードレスVIPの大きな特徴です。

さらに、時間帯や金融機関にもよりますが、即時振り込みにも対応しています。どうしても当日中に振り込みをしてもらいたい、といった場合には金融機関と対応時間を前もってチェックしておくべきです。

ほぼ全日に渡り即時振り込みに対応しているのはジャパンネット銀行です。その他の金融機関については、平日の午前8時40分から午後3時までの申し込みに限定されてしまいます。

・オリックスカードレスVIPの限度額設定

  • 最低利用限度額・・・30万円
  • 最高利用限度額・・・800万円

限度額はかなり有利に設定されています。しかし、必ずしも希望した限度額が設定されるわけではありません。高額の限度額を希望した場合には、その分だけ審査が厳しくなる、といったことも考えられます。希望額の返済能力があるかを審査されるわけです。

返済のことも考えると、必要最低限の限度額設定を望むべきです。使い過ぎの予防にもなります。