カードローンを契約している事で住宅ローン審査に与える影響とは

「マイホームを購入したい!」と思ったとき、ほとんどの人は住宅ローンを利用して購入することになると思います。過去にカードローンを利用していた人や、現在カードローンを返済中の人は、住宅ローン審査を受けるにあたって、不利になることがないかどうかが気になるのではないでしょうか?

ここでは、カードローンと住宅ローンの関係についてまとめています。住宅ローンを申し込む前に、カードローンが住宅ローンにどんな影響を与えるのかを押さえておきましょう。

カードローン利用者は、住宅ローンの審査に影響するのか?

・カードローン利用だけで審査に落ちることはない

カードローンを利用していると、住宅ローンが組めないのではないかという不安をもつ人が多いようです。単にカードローンを利用しているというだけの理由で住宅ローンの審査に落ちることはありません

カードローンでお金を借りたにもかかわらず、返済しなかったり、債務整理などの事故を起こしたりしていればもちろん問題になります。しかし、カードローンを利用していても、約束どおりの返済を行っていれば、「お金を貸してもきちんと返してくれる人」と判断されますから、住宅ローンを組む際にもむしろプラスの評価につながります。

・カードローン利用で総返済負担率が高くなれば影響がある

住宅ローンを借りるときには、カードローンも含め、他の借入れがどれくらいあるのかが審査されます。住宅ローンの審査基準に、「総返済負担率」と呼ばれるものがあります。総返済負担率は、年収に占める全ての借入れの年間合計返済額の割合のことで、次の計算式で計算します。

総返済負担率=年間合計返済額(住宅ローン以外の借入も含む)÷年収×100

カードローンの返済を行っている場合、住宅ローンの返済額を合わせると総返済負担率が高くなってしまうことがあります。住宅ローンの審査で総返済負担率の基準をみたさなければ、審査に落ちてしまう可能性があります。

・総返済負担率は30~35%までに抑える

住宅金融支援機構が民間の金融機関を窓口に貸付を行っている住宅ローン「フラット35」では、総返済負担率について明確な基準が設けられており、年収400万円未満の場合には30%以下、年収400万円以上の場合には35%となっています。他の住宅ローンの場合でも、総返済負担率が35%を超えるようであれば、審査に通りにくくなってしまいます。カードローンで多額の借入れをしている場合には、総返済負担率の基準を出てしまう可能性がありますから注意が必要です。

・利用限度枠があれば借入れとみなされてしまうことがある

住宅ローンの審査では、実際の借入額がなくても、借入可能枠があるだけで審査に影響してしまうことがあります。この場合の借入可能枠には、カードローンの利用限度額のほか、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。

カードローンのカードを持っていれば、現時点で借入残高がなくても、利用限度額まではいつでも借入れができてしまいます。そのため、総返済負担率をみる際にも、利用限度額いっぱいまで借入れしているのと同じ扱いをされてしまう可能性があるのです。

カードローンでは利用実績を積むにしたがって、利用限度額が大きくなるのが通常です。カードローンで長期取引をしている人なら、たとえ実際の借入額が少なくても、利用限度額が大きくなっているケースがあります。何かあったときのことを考えると、カードローンの利用限度額は大きいにこしたことはありません。しかし、利用限度額が大きければ、住宅ローンの審査ではマイナスになることも知っておきましょう。

住宅ローン審査でチェックされるポイントとは?

・安定した収入の有無

住宅ローンの審査でも、カードローンの審査と同様、安定した収入があるかどうかは重要になってきます。住宅ローンは、たいていの場合、何十年もの長期にわたって返済を行いますから、長期的な雇用が保障されている正社員の人が有利になります。契約社員やパート・アルバイト、派遣社員などの非正規雇用の人は、長期的な雇用が安定していないため、住宅ローンの審査ではどうしても不利になってしまいます。自営業の人も、長期的な返済が可能かどうかが不透明ですから、住宅ローンは組みにくくなっています。

・借入れ時の年齢

長期返済を行う住宅ローンでは、借入れ時の年齢も重視されます。住宅ローンは在職中に完済できるのが理想です。定年退職後には収入が大幅に減ることが予想されますから、在職中に完済できない場合には、審査も厳しくなってしまいます。

・信用情報

住宅ローン審査の際には、カードローン申し込み時と同様、申込者個人の信用情報について、個人信用情報機関に照会が行われます。過去5~7年以内に長期延滞、自己破産、債務整理などの事故情報が登録されていればブラックリストに載っている状態となり、審査に通りません。また、信用情報機関では、他社の借入状況もわかります。他社の借入残高や返済状況も、審査の際に確認されることになります。

・収入における借入れの割合

住宅ローンは総量規制の適用除外となっているため、年収の3分の1を超えることになれば借りられないということはありません。しかし、住宅ローンの審査においても、収入における借入れの割合というのは重要な審査事項となっています。審査の対象となる借入れには、住宅ローン以外のものも含まれます。もしカードローンの借入額が大きければ、住宅ローンが組めない可能性も考えられます

住宅ローンにおける返済比率とは

・返済比率の計算方法

住宅ローンの審査では、カードローンなど他の借入れも含めた総返済負担率も基準になりますが、住宅ローンのみの返済割合も基準になります。この返済割合、すなわち年収に対する住宅ローンの返済額の割合を、「返済比率」といいます。金融機関では、返済比率を基準に、融資の可否や融資額の決定を行っています。

返済比率の計算式は、次のとおりです。

返済比率=住宅ローンの年間返済額÷年収×100

たとえば、年収700万円の人が年間返済額140万円の住宅ローンを組んだ場合、返済比率は20%ということになります。

・住宅ローンの返済比率は低めに抑える

住宅ローンの返済比率の基準は金融機関によって異なりますが、一般には35%を超えると審査には通らないと言われています。なお、たとえば住宅ローンの返済比率が30%であっても、他の借入れを含めた総返済負担率がもっと高くなってしまうようであれば、審査には通らない可能性があります。住宅ローンの返済比率としては、2025%程度までに抑えておくのが無難と考えられます。

カードローンを利用しただけで信用情報に傷が付くの?

・きちんと返済していれば問題はない

カードローンでお金を借りるときというのは、生活費が不足しているなど、切羽詰まっている場合もあります。明らかにお金に困っているとみなされれば、返済に不安があるとして、住宅ローンの審査にも落ちるのではないかと心配な人もいるでしょう。また、カードローンを利用したという記録は個人信用情報機関にも残っていますから、カードローンを利用しただけで信用情報に傷が付いてしまったと思っている人もいるかもしれません。

適正なカードローン利用であれば、住宅ローンの審査の際にも、全く問題にはなりません。契約どおりきちんと返済を行っていれば、信用情報に傷が付くということもありません。借入れをし、返済した実績を積むことで、逆に金融機関からの信頼度が高まることになります。

・カードローン利用でブラックになるケース

信用情報に傷が付くというのは、いわゆるブラックリストに載った場合を言います。カードローン利用によりブラックになるのは、契約どおりの返済を行わなかったときです。1、2回返済日に遅れたことがあるといった程度では、たとえ信用情報機関に記録が残っていても、住宅ローンの審査にはあまり影響がありません。ただし、2~3ヶ月以上の長期延滞になると、ブラックとなっている可能性があります。延滞を理由にカードローンを強制解約されたような場合には、当然ブラックになっています。

裁判所で自己破産や個人再生の手続きをした場合にも、ブラックになります。任意整理を行った場合には、金融機関とは和解していますが、約束どおりの返済を行わなかったことには変わりませんから、やはりブラックになっています。

なお、一度ブラックリストに載ったら永久にそのままということはありません。信用情報に登録されている期間は限られていますから、その期間を過ぎれば、住宅ローンをはじめとした他のローンの申し込みも可能になります。

カードローン利用者が住宅ローン審査に通過するには

・使っていないカードは解約

住宅ローンを申し込む際には、他のローンの借入残高をできるだけ減らして、総返済負担率を低くする必要があります。カードローンの場合には、利用可能枠があるだけで借入れしているとみなされてしまいますから、無駄な利用可能枠をなくす必要があります。

カードローンで借りたお金は完済しているから大丈夫と思っている人もいるかもししれません。しかし、たとえ完済していても、解約していなければ利用可能枠がある状態です。もし現在は使っていないカードがあれば、住宅ローンを申し込む前に解約しておくのが安心です。

なお、カードローンの解約手続きをしても、信用情報機関の情報が更新されるまでにタイムラグがありますから、カードローン会社から解約証明書をもらっておき、それを住宅ローンの申込先に提出すると良いでしょう。

・自分の信用情報を確認

カードローン利用でブラックリストに載っていれば、住宅ローンの審査にも通らない可能性があります。長期延滞や債務整理から何年も経っていて、信用情報に記録が残っているか微妙な場合などは、事前に信用情報を確認してから住宅ローンを申し込むという方法があります。

個人信用情報機関に登録されている自分の情報は、開示請求することができます。個人信用情報機関としては、金融機関の系列別に、下記の3社があります。

○株式会社シー・アイ・シー(CIC)…クレジット会社・信販会社系ローン

○株式会社日本信用情報機構(JICC)…消費者金融・信販会社系ローン

○全国銀行個人信用情報センター…銀行系ローン

上記個人信用情報機関では、それぞれ1000円の手数料を払うことにより、インターネットや郵送により回答が受けられます。住宅ローン申込をする前に、信用情報の開示請求をして確認しておくと安心です。

・夫婦で一緒にローンを組む

結婚していて共働きの人なら、夫婦で住宅ローンを組むことで返済能力が上がりますから、カードローンの借入残高があっても住宅ローンの審査に通りやすくなります。夫婦で借りる住宅ローンには、夫、妻それぞれが主債務者になるペアローンのほか、どちらかが連帯債務者や連帯保証人になる形のものがあります。

・カードローン特典がある住宅ローンもある

金融機関の中には、住宅ローン利用者に対し、カードローンの金利優遇などの特典を用意しているところがあります。たとえば、三井住友銀行の住宅ローンを借入中の人限定で申し込みができる「ライフイベント応援パック」というカードローン商品なら、実質年利率3.0~8.0%で契約極度額800万円までの借入れが可能です。また、みずほ銀行カードローンでも、住宅ローン利用者には金利年0.5%引き下げの特典があります。

住宅ローンとカードローンを同時に申し込みしたい人や、住宅ローン借入後にカードローンを利用したい人は、こうした特典付きの住宅ローンに申し込んでおくのがおすすめです。

まとめ

カードローンを利用していても、住宅ローンを組むことはできます。しかし、カードローンの借入残高が多ければ、住宅ローンで希望額を借入れできないこともありますから、できるだけ借金は減らしておくのが安心です。

過去に契約して現在は使っていないカードを持っている場合にも、住宅ローンの審査に影響があることがあります。住宅ローンを申し込むなら、使わないカードを解約してからにしましょう。

カードローンと住宅ローンは併用できますが、住宅ローンを先に申し込むと、特典が受けられる場合もあります。これから住宅購入とカードローン利用の両方を考えている場合には、特典付きの金融機関に申し込みましょう。