カードローンとは? 他のローンとの違いと選び方について

テレビのCMや広告などでもよく目にするのがカードローン。ひと昔前であれば、カードローンを利用するとなると後ろめたい気持ちになる人も少なくなかったと思いますが、最近のカードローンは人気タレントをCMキャラクターに起用するなど、イメージも随分と良くなっています。「お金に困ったときには、カードローンを利用してみようかな?」と、カードローンのことが気になっている方も多いのではないでしょうか?

こちらのページでは、カードローン初心者のために、カードローンとはどういうものか、メリットやデメリットは何なのかなど、基本的な情報をまとめています。カードローン利用を考えている方に参考にしていただければ幸いです。

カードローンとは?

・カードを使って提携ATMからキャッシングできるサービス

カードローンとは、その名のとおり、カード(card)を利用した貸付(loan)のことです。銀行や消費者金融などの個人向けの貸付を行っている金融機関で、カードローン商品が用意されています。

カードローンでは、専用のカードが発行され、そのカードを使って提携ATMから融資金を引き出すことができます。借りたお金を返すときも同様、提携ATMに入金して返済することができます。銀行のキャッシュカードと同じように提携ATMで繰り返し入出金ができますから、カードローンは非常に手軽で使いやすい貸付になります。

なお、「カードローン」という名前が付いていても、カードが発行されないタイプの商品もあります。この場合には、口座振込により融資してもらうことになり、返済は振込や口座振替により行うことになります。

・目的を定めずに利用できる

カードローンの特徴として、使いみちを指定せずにお金を借りられるという点があります。カードローンで借りたお金は、自由に使うことができます。ただし、事業性資金には使うことができません。事業性資金以外であれば、生活費のほか、趣味やレジャーなどに幅広く活用ができます。

・審査の上で利用限度額が設定される

カードローンの申し込みをすれば、審査の結果、利用限度額(借入限度額)が設定されます。利用限度額とは、契約極度額と言いかえることもできます。利用者は、利用限度額の範囲内で、何度でも追加で借入れができます

利用限度額は申込者の借入希望額のほか、返済能力等を考慮して決められます。たとえば、借入希望額が100万円だったとしても、審査の結果、利用限度額が100万円未満になることもあります。

・返済は毎月無理のない範囲で

カードローンで借りたお金は、一括で返済するのではなく、毎月の返済日(約定返済日)に指定された返済額(約定返済額)を支払っていく返済方法になります。返済額は利用残高に応じて変わることが多いですが、毎月1万円未満の返済でOKなこともあります。

なお、毎月の返済額は最低返済額ですから、それ以上の金額を返済してもかまいません。余裕のあるときには追加返済を行うこともできますから、無理のない返済や計画的な返済がしやすくなっています。

目的ローンとフリーローンの違いについて

金融機関で用意されているローン商品には、大きく分けて目的ローンとフリーローンの2つがあります。それぞれの特徴は、以下のとおりです。

・お金の使途が決まっているのが「目的ローン」

「目的ローン」とは、お金を借りるときに使用目的を指定して借りるタイプのローンになります。住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどが目的ローンです。

目的ローンでは、資金使途を確認するための書類の提出が要求されます。たとえば、自動車ローンの場合には見積書、教育ローンの場合には学費の納付書などを提出します。また、目的ローンの中には、住宅ローンやディーラー系の自動車ローンのように、購入する商品を担保としてお金を借りるものもあります。

・どんな目的にも使える「フリーローン」

「フリーローン」とは、資金使途を指定せずに借りられるローンです。カードローンも使途が自由ですからフリーローンの一種と考えられますが、カードローンとフリーローンは金融機関では区別されています。

一般に、フリーローンと呼ばれる商品では、カードローンのように契約極度額が設定されているわけではなく、借入金額を指定して1回限りお金を借りる形になります。フリーローンでは、カードローンのように追加の借入れはできず、お金を借りた後は返済をしていくだけになります。

カードローンの良いところ、悪いところ

【良いところ】

・使途を定めず自由に使える

カードローンでは、借りたお金をどんな目的にも使えます。目的を指定せずに借りられますから、煩わしさがありません。また、人には言いにくい事情でお金を借りたい場合にも、理由を聞かずにお金を貸してくれるカードローンはありがたいものです。

・担保も連帯保証人も不要で借りられる

カードローンでお金を借りる場合には、担保を提供したり、連帯保証人を立てたりする必要がありません。一定金額まで、無担保・無保証でお金を借りることができますから、手続きも簡単です。

・スピーディーにお金を手にすることができる

カードローンでは、申し込んだ後、すぐにお金を手にすることができます。最短の場合、即日借入れも可能になっていますから、急いでいるときにはとても助かることになります。

【悪いところ】

・金利が高い

カードローンの金利は高めになっています。お金を貸し借りするときの利息については利息制限法という法律で定められていますが、消費者金融系のカードローンでは、利息制限法の上限である18%(100万円未満の場合)に近い金利が設定されています。銀行系カードローンの場合には比較的金利が低くなっていますが、それでも14%前後になりますから、他の目的ローンなどに比べて高金利です。

・審査が厳しい

カードローンは、無担保・無保証ですから、自分の信用だけでお金を借りることになります。簡単な手続きで借りられる分、審査も厳しくなってしまうという難点があります。カードローンでは、安定した収入がなければ借りることが難しくなりますから、申し込みをしても希望額を借入れできないこともあります。

・なかなか返済が終わらない

カードローンの返済方式として、多くの金融機関では残高スライドリボルビング方式を採用しています。残高スライドリボルビング方式では、借入残高に応じて毎月の返済額が決まる形になっており、借入残高が多くなるほど返済額も多くなります。借入残高が減ると返済額も減りますから、返済額に占める利息額の割合が大きくなってしまい、なかなか元本が減りません。つまり、残高スライドリボルビング方式では、返済完了までに時間がかかってしまうのです。追加で借入れをしたときには、さらに完済までの期間が延びてしまいます。こうしたことから、カードローンを利用していると、いつまで経っても返済が終わらないという状態になってしまうことがあります。

・借金している実感がなくなってしまう

カードローンでは、キャッシュカードと同じようにATMから手軽にお金を引き出すことができますから、お金を借りているという感覚が薄れてしまうことがあります。追加で借入れしても、毎月の返済額はそれほど変わらないことがありますから、ついつい借り過ぎてしまうことにもなりかねません。いくら借りていくら返したのかがわかりにくく、気が付けば借金の総額が増えていることもあります。

多くの金融機関がカードローンを取り扱っているが、何が違うの?

カードローンを取り扱っている金融機関は、主に、消費者金融と銀行になります。消費者金融のカードローンと銀行カードローンには、以下のような違いがあります。

・総量規制適用の有無

総量規制とは、貸金業者が利用者の年収の3分の1を超える貸付をすることを禁止する貸金業法上の規制になります。消費者金融の貸付は総量規制の対象になりますから、消費者金融で既に年収の3分の1まで借入れしている場合には、その会社だけでなく他の消費者金融からも追加で借入れができません。

・専業主婦への貸付の可否

消費者金融では総量規制の適用を受けますから、年収ゼロの専業主婦は原則として借入れができないことになります。例外的に、配偶者貸付という制度を利用して専業主婦への貸付を行っている消費者金融もありますが、ごく一部になります。

全ての銀行カードローンで専業主婦への貸付を行っているわけではなく、専業主婦へ貸付するかどうかは各銀行の判断になっています。

・金利に差がある

消費者金融と銀行カードローンでは、金利水準にも違いがあります。消費者金融では、借入金額が100万円未満の場合には、利息制限法で定められている18%に近い上限金利が設定されています。一方、銀行カードローンの上限金利は14%程度です。銀行カードローンでは借入金額が増えるとさらに金利が低くなりますから、金利の負担は消費者金融に比べて小さくなっています。

カードローンは何を基準に選べばいいの?

・審査に通るかどうか

カードローンでお金を借りるためには、審査という関門をくぐらなければなりません。たとえば、大手企業に長年勤務していて毎月安定した収入もあり、金融事故等も全く起こしたことがないような人なら、どこの金融機関に申し込んでも審査に落ちることはあまりないでしょう。しかし、収入面に不安がある、勤務年数が少ない、などのマイナスの要素がある人は、審査に通りそうな金融機関を選ぶ必要があります

審査に通る可能性を判断するために、少なくとも各金融機関のホームページで貸付条件を確認しておく必要があります。さらに、口コミで審査の通りやすさについても確認しておくと安心です。

・金利は上限を比較する

お金を借りるとなると、やはり気になるのが金利です。金利については、「4.7%~18.0%」といった形で表示されていますが、下限金利ではなく、上限金利を比較すべきです。カードローンでは借入残高が多いほど金利が低くなりますが、借入金額が少なければ、たいていは上限金利が適用されます。表示されている下限金利に惑わされないようにしましょう。

・近くに利用可能なATMがあるか

ATMを利用して借入れや返済を行う場合には、近くに利用可能なATMがあるかどうかもチェックが必要です。振込融資や口座引落による返済を希望する場合には、対応が各社で違いますから、事前に調べておきましょう。

・手数料にも注目

カードローンでは金利にばかり目がいってしまいますが、意外と侮れないのが手数料です。たとえば、ATMの利用手数料がかかれば、毎月の返済時のATM手数料だけでもかなりの金額を支払うことになってしまいます。また、振込融資や口座引落の際にも手数料がかかることがありますから、こうした手数料も考慮しておかなければなりません。

提携ATMの利用手数料が無料の金融機関もあります。提携ATM手数料無料のカードローンとしては、オリックス銀行カードローン、東京三菱UFJ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、ソニー銀行カードローン、じぶん銀行カードローン、セブン銀行カードローン(セブン銀行ATM)、イオン銀行カードローン(イオン銀行ATM)などがあります。

・お客様専用サイトがあるか

カードローンを比較ときには、インターネット上にお客様専用サイトが用意されているかどうかにも注目しておくと良いでしょう。たとえば、忙しいときにもインターネット上で24時間振込融資の手続きができれば便利です。また、お客様専用サイトで利用明細が確認できれば、自宅に利用明細が送られてくることもありません。お客様専用サイトでは返済額シミュレーションができることもありますから、計画的な利用にも大きく役立ちます。

まとめ

カードローン商品は、様々な金融機関で用意されています。カードローンを利用するときには、各社の商品をよく比較して選ぶのがおすすめです。

なお、カードローンを比較するときには、金利に注目するだけでなく、審査の通りやすさや自分にとっての利便性も考えるようにしましょう。