カードローンの利用限度額を上げる方法と限度額の決まり方について

借入れをする時に気になるのが「限度額」ではないでしょうか。「最高検度額○○○万円」という広告を良く見るけど、実はこの金額を〇〇貸してくれるわけではありません。

限度額の決まり方やその仕組みを知ると、借入先の選び方が変わります。それぞれ金融機関には特徴があって、それを理解していないと損をすることもあるのです。ここでは限度額について詳しく解説し、その上で金融機関の選び方をアドバイスしていきます。

限度額を選ぶにはどの銀行または金融機関がオススメか

ローンをまとめたい人やまとまったお金が必要な人は少しでも多く借入れが出来ないか調べる必要があります。まず、知ってもらいたいのが、限度額についてと、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いです。

限度額については、カードローンのHPや広告で「最高限度額○○○万円」というのを見たことがあるかと思います。しかし、この金額をそのまま借りられるわけではありません。限度額とは、「この金融機関はこの範囲まで融資をすることが可能です」という表示です。実際には、この範囲内で利用限度額というのが決まります。

利用限度額とは、利用者が借入出来る金額の事です。この金額はそれぞれの金融機関で審査基準を設け、それに照らし合わせて決められます。つまり、最高限度額1,000万円となっていても、利用限度額30万円となることもあるのです。

次に知ってもらいたいのは銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いです。消費者金融系カードローンは、総量規制の対象となっている為、年収の3分の1までしか融資を行えません。つまり、どんなに信用度が高くても年収の3分の1以上の借入れは出来ません。

また、銀行系カードローンは利用限度額に応じて金利を設定しているところが多く、金利の決まり方が明確になっています。一方消費者金融系カードローンは金利の決まり方は明確にされていないので、実際に借入してみて初めて知るということが多いです。自分の借入希望額と照らし合わせてどの金融機関で借入するか検討しましょう。

・オススメの金融機関

1.みずほ銀行

2.オリックス銀行

3.イオン銀行

4.プロミス

5.アコム

みずほ銀行カードローンの魅力は最大限度額の高さにあります。プランは2種類、審査によって異なりますが、どちらも最大限度額1,000万円です。大手銀行だから可能な金額になります。

イオン銀行、オリックス銀行はどちらも最高限度額800万円です。オリックス銀行は実質年利率1.7%~17.8%と最低金利が低いので、高額な借入をすれば金利が低く抑えられます。イオン銀行は実質年利率3.8%~13.8%と全体的に低い金利なので、少額から500万円程度の借入をするのに適しています。

プロミス、アコムは消費者金融系のカードローンになるので、年収の3分の1以上は借入することができません。しかし、この2つには銀行系カードローンにはない、30日間無利息サービスという独自のサービスを展開しています。年収が高く、信用度が高い人はそれだけ高額な借入れができますし、短期間で返済可能な方にはお得なサービスとなっています。

限度額の決まり方

利用限度額は申込者のステータスと信用度で決まります。ステータスは主に収入、勤務先、雇用形態、勤続年数を見られ、信用度は現在や過去の他社での借入状況を見られます。

どの金融機関も審査基準は公開していませんが、基本的には、収入が高く、大企業や公務員勤務、正社員、3年以上の勤続年数は評価が高いと言われています。ただ単に収入が高いというだけではダメで、収入の安定性も審査基準となっているようです。

金融機関はお金を貸すのが仕事ですが、返してもらわないといけません。そのため、変動が激しく高収入な人より、安定して稼ぎがある人の方が信用度は高くなります。もちろん審査基準は各金融機関で異なります。

信用度は主に個人信用情報機関で申込者の履歴を照会して判断されます。過去に遅延や、不払いなどのトラブルがないか、現在他社でどの程度借入をしているのかなどが見られます。これらを見て、この申込者にはいくら貸せるか?と、総合的に判断されます。こうして利用限度額が決まります。

限度額を上げる方法とは

利用限度額は1度決まるとずっとそのままではありません。場合によっては半年から1年で限度額を上げてもらうことができます。初めての借入の際、その人が本当に返してくれるのか貸す側も不安なのです。

なので、初めの利用限度額は大体低く設定されています。しかし、半年から1年程度しっかり返済をしてくれているなら信用できると判断され利用限度額を上げることがあります。

また、ステータスの変化でも限度額が上がる可能性があります。昇進して収入が上がったり、雇用形態が非正社員から正社員に変わったりした時です。しかし、転職は判断が難しく、転職で収入が上がってもその分勤続年数が下がってしまったことでマイナスに影響することもあるので注意が必要です。

限度額って下がることはあるのか

限度額が逆に下がる可能性は十分にあります。何度も遅延を繰り返したり、ステータスが下がってしまった場合には、限度額が下げられたり、最悪融資の停止をされることもあります。

始めの審査では、その時点のステータスと信用度で限度額が決まります。しかし、それよりマイナスな要因があれば利用限度額を下げられることもあります。そうならない為に、ステータスの向上と信用度の蓄積には注意を払いましょう。そんなに大袈裟に考えなくても、しっかり働いて勤続年数を伸ばす、返済の遅延がないように気を配るだけでも問題ありません。

最低融資額はどれくらいか

最低融資額は、金融機関によって異なりますが、一般的に消費者金融系カードローンは1万円からで、銀行系カードローンは10万円からというのが多いです。その分銀行は利用限度額が高くなるという特徴があります。

また、銀行系カードローンは消費者金融系カードローンに比べて審査が厳しいと言われるのは、ここにあるようです。つまり、10万円も借入出来ない人は審査に通らないとされているからです。

もちろんどちらも審査は厳しく行われていますが、消費者金融系カードローンは少額融資にも対応しているので、その分ステータスや信用度が低くても借入れ出来ますが、銀行系カードローンは一定のステータスや信用度がないと借入れすることが出来ません。

金利も安く、高額な限度額が利用できるのが銀行系カードローンの特徴ですが、少額の融資を希望している方は消費者金融系カードローンの方が良いということです。どちらにもメリット、デメリットがあるのでご自身の利用条件によってお得な金融機関を選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。限度額の決まり方と自分がどう利用したいのかが分かれば自然と金融機関を絞ることが出来るかと思います。また、利用限度額は1度決まったらそのままではなく、上下することがあるのも知っておけば、借入後の行動も変わってきますよね。

金融機関の選び方、使い方によって返済では大きな差が生まれてしまいます。将来困らない為に、まず「知ること」が大切です。その上できちんと比較検討をしていきましょう。