カードローンを解約する方法と解約のメリット・デメリット

多くの方が、完済後しばらく使わなければカードは自動的に解約されると勘違いをしています。しかし、実際には解約は自ら手続きを行わなければいけません。

ただし、解約にはメリット・デメリットがあります。これを理解していないと後々後悔することになるかもしれません。まずは解約について知識を深めましょう。

カードローンを解約した場合のメリット、デメリット

カードローンを完済してもう使わなくなったら、解約手続きをするかしないか迷う方もいるでしょう。まず、解約手続きをした場合のメリット、デメリットを知っておきましょう。

・解約手続きをした場合のメリット

1.解約後5年で記録が消える

一度契約をすると、例え完済していても個人信用情報機関に「〇〇金融機関に与信あり」と記録が残ります。これは、○○金融機関と契約をしていて、いつでもお金を借入出来る状態ですよという意味です。

ローンを組む時、クレジットカードを作る時など必ず個人信用情報機関に記録を照会します。その時、この記録があると、他社でもすぐに借入する可能性があると判断され、審査に影響を与える可能性があります。

・解約手続きをした場合のデメリット

1.解約後、再度借入をする場合は新規で審査される

一旦解約をしてしまうと、再度借入をしたいと思った時は新規で申込みをしないといけません。時間と手間がかかる上に1度審査に通ったからといって、次も必ず審査に通るわけではありません。

カードローンを解約しない場合のメリット、デメリット

では、今度は逆にカードローを解約しない場合のメリット、デメリットを見てみましょう。これらを総合的に見て、解約する方が得か損かを判断して下さい。

・解約しない場合のメリット

1.いつでも借入が可能

契約は基本的に自動更新で行われます。これは完済していなくても、完済していても変わりはありません。よって、いつでも利用限度額までならキャッシングすることが可能なのです。もし、今後もキャッシングする可能性があるなら解約を待った方が良いでしょう。

・解約しない場合のデメリット

1.いつまでも記録が残り、今後のローンに影響を与える可能性がある

先ほども言ったように一度契約をすると個人情報機関に記録されます。いくら完済をしていても印象は悪くなります。今後住宅ローンやマイカーローンを希望している方は特に記録を消すことを優先した方が良いでしょう。

カードローンの解約方法と条件について

解約の絶対条件は完済していることです。解約方法は各金融機関で多少違いはありますが、基本的に電話で解約を申し込むか窓口で手続きをします。

・カードローンの完済の仕方

カードローンを返済していると、最後の返済は5,634円など1,000円未満の細かい端数が出てきます。銀行振り込みや引き落としの場合は特に気にしなくも良いのですが、コンビニのATMを利用して返済をしている方は注意が必要です。

何故ならコンビニATMは小銭を使えないからです。その為、多めに支払って後で返金してもらうか、最後のみ振込みや窓口できっちり清算するか選ぶことになります。解約をしない場合1,000円未満の端数が残ったら、それは「無利息残高」と呼ばれ、返済をしなくても利息もかからないし、返済してくれと催促の連絡もありません。

次に借入をして、その返済が始まったら返せば問題ありません。なぜこのようなシステムを取っているのかというと、金融機関は解約をして欲しくないからです。

金融機関側としては、多くの信用できる人に借入を行ってもらいたいと思っています。借入をしてもらうことで利益が出るからです。その為、契約は自動更新、1,000円未満の端数が残る場合は無利息残高としてそのまま残せる仕組みを採用しているのです。

今後、解約するつもりのない人はその仕組みを活用し、解約するつもりの方は1円単位までしっかり清算して完済をしましょう。完済すれば解約をすることが可能です。

・解約方法

解約方法は各金融機関で異なります。多くの場合、金融機関HPのQ&Aに解約の方法が書かれています。

例えば大手銀行であるみずほ銀行カードローンの場合、解約は窓口で手続き出来ます。その際に必要となるのが、カードローンカード、返済用普通預金口座の取引印鑑、本人確認書類です。

予めこのような記載がある金融機関もあれば、解約を電話で申し出ればその後の手続き方法を指示されることもあります。基本的には解約は電話か窓口対応になるので、解約したいカードローン会社のHPを確認するか、電話で問い合わせをしてみましょう。

カードローン解約についての注意点

カードローンは解約をしなくも問題はありません。完済してもそのままにしておきことも出来ますし、無利息残高を残しても特に生活に支障はありません。

ただし、先ほど書いたようなメリット、デメリットがあるのでご自身の状況に合わせて解約するか決めることが大切です。一般的には一度解約するとすぐに同じところでカードローンを申込むのは難しいとも言われています。解約した方が良い方、しない方が良い方をまとめてみたので当てはまっているかどうか見極めてみて下さい。

・解約した方が良い人

  • 1.個人信用情報機関の記録が気になる方
  • 2.今後クレジットカード、ローンを組む予定のある方

・解約しない方が良い人

  • 1.今後も借入を予定している方
  • 2.申込み審査に不安がある方

住宅ローンや自動車ローンを検討している人は即時解約へ

今後、住宅ローンや自動車ローンを検討している方は、完済したら即解約手続きを取った方が良いでしょう。住宅ローンや自動車ローンは高額なローンになります。少しでも不安な要素があれば審査に通らなくなります。

カードローンの記録は全国銀行個人信用センターによると、解約後5年間残るので、少しでも早く解約して記録を消すことをオススメします。特に若い方は将来のことが分からないという方も多いでしょう。

そういう方は、まずご自身の家計改善から始めて見ましょう。借入をしているということはすでに家計破綻をしている状態です。今は少額で返済も可能かもしれませんが、長く続けば続くほど悪化していく可能性もあります。

その状況から抜け出すために必要なのが家計の見直し、改善です。まず、収入と支出を把握し、支出を減らす、収入を増やすことを考えましょう。家計破綻している人のほとんどが自分の家計を把握できていません。まずは把握することから始めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。カードローンは自動更新されていることを知らない人も多くいますし、それがどのような影響を与えるのか気付かない人も多くいます。

しかし、それを知らないと後々ローンを組む時やクレジットカードを作る時に後悔することもあります。解約をした方が良い方もいれば、しない方が良い方もいます。これは人それぞれなのでご自身がカードローンとどう付き合っていきたいか考えてから実行して下さい。