週末がピンチ!土日に借りたい人向けカードローン

週末に急に飲み会が入ってしまった。冠婚葬祭がある。といったケースもあるものです。しかし、週末にお金を借りるのは難しい、といった認識を持っている方がほとんどだと思います。

こちらでは土日に借りたい人向けカードローンを紹介していきます。実際にどのような業者であれば週末でも借り入れできるのか、といったことを知っておけば、もしもの時にもすぐに対応できるものです。

申し込みから融資を受けるまでの基本的な流れについても解説するので、キャッシング初心者の方も必見です。

土日に借入可能なオススメの金融機関

・プロミスであれば週末でも最短即日融資可能

プロミスは、三井住友銀行とジャパンネット銀行であれば、平日以外も即時の振り込みにも対応しています。他の金融機関への振り込みに関しては、土曜日や日曜日、そして祝日は対応していません。

カードを利用した借り入れであれば、週末でも関係なく借り入れ可能です。コンビニATMも利用できるので、時間を選ばずに融資がしてもらえるのです。

カードに関しては無人契約機で即日入手可能です。週末に審査を受け、その日のうちに無人契約機で受け取ればカードを利用した即日借り入れもできます。

【プロミスで土日の即日融資を受けるコツ】

店舗の場合は土日祝日のケースで、10:00~18:00※店舗により営業時間、休日が異なります。

インターネットで申し込み、カードを自動契約機で受け取る、といった方法がおすすめです。(9:00~22:00※一部21時もあります。)

審査は午前9時から午後9時まで対応しているので、夜9時までに申し込みを済ませることが絶対条件ですが、審査は早ければ30分程度で、時間がかかれば60分程度かかってしまうかもしれません。ですから、申し込みは午後8時くらいまでには終わらせておく必要があります。

【プロミスの基礎情報】

  • ・利用限度額・・・10,000円から500万円まで
  • ・最低実質年利率・・・4.5%
  • ・最高実質年利率・・・17.8%

プロミスで注目して欲しいのが、最高実質年利率が18.0%未満である、といったところです。大手の消費者金融の多くは最高実質年率を18.0%にしていますが、プロミスに関しては0.2%低く設定しているのです。

【30日間無利息サービスあり】

  • ・プロミスと初めて契約した方
  • ・メールアドレス登録をすること
  • ・WEB明細利用登録をすること

上記の条件に当てはまり、借り入れを実行した場合には、30日間無利息の対応となります。もちろん、土・日・祝日に借り入れたとしても、無利息設定になります。

・アコムであれば週末でも最短即日融資可能

土・日・祝日でも楽天銀行に口座を持っていれば、最短1分で振込みをしてくれます。その他の金融機関の場合は、土・日・祝日に振込み依頼をした場合は翌営業日対応になります。

アコムで週末の即日融資を受けたい場合には、インターネットで申し込み、むじんくん(無人契約機)で契約する、といった方法がおすすめです。土・日・祝日であったとしても最短60分で借り入れできる可能性もあります

【アコムで土日に即日融資を受けるコツ】

振込融資を希望しているのであれば、ネット契約を午後2時までに終えておく必要があります。余裕を持って、正午頃には申し込みを終えておきましょう

契約手続きが済んだら楽天銀行に振り込みをしてもらうだけです。振り込んでもらったら、楽天銀行から出勤できるコンビニATMなどを活用して現金を手に入れるだけです。

楽天銀行に口座を持っていない場合には、むじんくん(無人契約機)でカードを発行して貰うしかありません。むじんくんは午後10時までの営業を基本としています。

10時までには契約手続きを終え、カードを発行して貰う必要があります

おすすめの流れとしては、インターネットで申し込みを実施、その後むじんくんへ行って契約手続きを行い、その場でカード発行を受け、そのカードを利用してATMから出勤する、といったものがあります。

契約申し込みから融資までは最短1時間としていますが、手続きに手間取る可能性もあり、午後8時までには申込手続きを終えておくべきです。

また、申し込みを終えたら間髪入れずにむじんくんへ向かって下さい。ネット上で契約手続きも出来ますが、ネット上で契約手続きをしていると、カードが発行できる限界時間の午後10時を超えてしまうかもしれません。

【アコムの基礎情報】

  • ・利用限度額・・・10,000円から500万円まで
  • ・最低実質年利率・・・4.7%
  • ・最高実質年利率・・・18.0%

大手の消費者金融としては一般的なスペックとなっており、特に大きな特徴はありません。ただし、多くのATMと提携を結んでいるので、日本全国からの借り入れや返済ができる、といったメリットは有ります。

【30日間無利息サービスあり】

  • ・アコムとの契約が初めてであること
  • ・返済期日を「35日ごと」に設定していること

上記の条件をクリアすると、契約日の翌日から30日間利息がかかりません。借り入れをしてからではなく、契約した翌日から30日間無利息、といったことは覚えておきましょう。

・アイフルであれば週末でも最短即日融資可能

アイフルであれば、審査が最短30分で完了します。申し込みはインターネットや電話、そして来店などの方法があります。契約手続きには、インターネットと来店、そして郵送があります。契約手続きで郵送を選択してしまうと、自動的に即日融資は受けられなくなってしまうので、インターネットか来店契約を選択して下さい。

カードの受け取りに関しては、無人契約でんわBOX「てまいらず」で行えます。カードを受け取る時には、運転免許証、または各種保険証など本人を確認する書類を用意してください。営業時間については平日でも週末や祝日も関係なく、午前8時から午後10時となっているケースが多いです。公式ホームページから、各契約ルームの営業時間が掲載されているので事前に確かめましょう。

※アイフルは平日の14時までの申し込みであれば振り込みによる融資も可能です。しかし、土・日・祝日は対応していません。

【アイフルで土日に即日融資してもらうコツ】

インターネットから申し込みを行ったあとに、フリーダイヤルに連絡をします。「即日融資を望んでいる」旨を伝えることで、優先的に審査を行ってくれます

審査が終わったら審査結果の電話、またはメールによる連絡があり近くの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取ります。後はローンカードを利用してATMからキャッシングするだけです。

無人契約でんわBOX「てまいらず」は土日でも午後10時まで営業しているので、午後10時までにカードを受け取れる状態にしておけば問題ありません。

審査の申し込みは、なるべく午後8時くらいまでに済ませておくべきです。土日なので、電話による在籍確認が難しい場合もあるでしょう。そういったケースであれば健康保険証や給与明細でも対応してもらえます。

【アイフルの基礎情報】

  • ・利用限度額・・・500万円まで
  • ・最低実質年利率・・・4.5%
  • ・最高実質年利率・・・18.0%

スペックに関しては、他の大手の消費者金融と大きな差はありません。

【30日間無利息サービスあり】

  • ・アイフルと初めて契約する方
  • ・無担保キャッシングローンを利用した方

契約日の翌日から30日間が無利息になります。

・モビットであれば週末でも最短即日融資可能

モビットは週末の振り込み即日融資には対応していませんが、カードを利用した即日融資には対応しています。

インターネットで申し込みを実施し、ローン申込機でモビットカードを発行します。後は、そのカードを利用してATMからキャッシングすればよいのです。

【モビットで土日に即日融資をしてもらうコツ】

パソコンやスマートフォン、そしてケータイを利用して申し込みを実施します。申し込みが終わったら、画面に表示されるコールセンターに連絡して下さい。

コールセンターに連絡をするとすぐに審査を開始してくれます。審査が終わると連絡があり、すぐに会員登録が済まされます。

後は、振込みかモビットカード発行による融資を受けることになります。週末の利用を考えているのであれば、モビットカードをローン申込機で発行してもらいましょう(土・日・祝の振り込みサービスは実施していない)。

ローン申込機の稼働時間は土・日・祝でも午後9時までとなっています。ローン申込機で審査申し込みをする場合は、午後7時までには到着しておきましょう。インターネット申し込みを行い契約までネット上で済ませた場合は、あとはカー発行するだけなので午後830分までには到着しておくべきです。

【モビットの基礎情報】

  • ・利用限度額・・・10,000円から800万円まで
  • ・最低実質年利率・・・3.0%
  • ・最高実質年利率・・・18.0%

最低実質年利率が有利にも思えますが、最高利用限度額が800万円と高額に設定されているからです。特別有利な実質年率ではありません。

※モビットは無利息サービスを実施していません。

・新生銀行カードローン レイクであれば週末でも最短即日融資可能

銀行カードローンで週末の融資にも対応している、というケースは極めて稀です。レイクの場合は、「レイク自動契約機」が用意されているので、週末に申し込んだとしてもカードの発行をしてもらえます。

カードが発行されたら、後はATMでキャッシングするだけです。

申し込み方法は様々ありますが、インターネットは24時間対応となっているので、まずはそちらでも申し込みを実施し、その後に「レイク自動契約機」にて契約。そしてその場でカード発行、といった流れが効率的です。

レイク自動契約機にはレイクATMも配備されているので、その場で借り入れができるわけです。

申し込みからカード発行までは最短50分となっています。

【新生銀行カードローン レイクで土日に即日融資をしてもらうコツ】

自動契約機は、土曜日は深夜0時まで、日曜日は午後10時まで受け付けています。ただし、当日の融資は9時までと決まっているので、少なくても午後9時までにはカードを発行しておかなければなりません

申し込みは午後7時くらいまでに、インターネット、または自動契約機で済ませて下さい

審査結果が出たら、インターネット申込をした方は自動契約機に向かいカードを発行して、ATMで融資を受けます。

自動契約機で申し込んだ方は、その場でカードの発行を受けそのカードを利用してATM出金を実施します。

【新生銀行カードローン レイクの基礎情報】

  • ・利用限度額・・・10,000円から500万円
  • ・最低実質年利率・・・4.5%
  • ・最高実質年利率・・・18.0%

【30日間無利息サービス、180日間無利息サービスあり】

・レイクとはじめて契約した方

<180日間無利息の利用条件>

  • ・利用限度額が10,000円から200万円までであること
  • ・無利息が適用されるのは50,000円まで

<30日間無利息の利用条件>

  • ・利用限度額が10,000円から500万円まで
  • ・無利息が適用されるのは借り入れ全額

新生銀行カードローン レイクの無利息期間の開始は、契約日の翌日からです。

土日の申し込みで気をつけるべきこと

・銀行カードローンのほとんどは土日の即日融資には対応していない

土日に借りたい人向けカードローンとして銀行カードローンは適していない、といった特徴があります。そもそも、土日に即日融資してくれる銀行キャッシングはほとんどありません。

銀行は平日のみの営業を実施しており、土日は休業日です。土日に審査を行っていないケースが極めて多いのです。

融資についても、口座振込みをメインとしている銀行キャッシングもあります。金融機関によっては土日の振り込みサービスを実施していない、といったケースもあるのです。

・土日の即日融資を狙っているなら消費者金融がおすすめ

消費者金融であれば、土日でも審査を実施しています。銀行カードローンと違って即日融資をしてもらえるチャンスがあるのです。

ただし、土日の即日振り込みには対応していないことがあります。カードを利用して、ATMからの引き出しを実施するようなタイプの借入方法に限定されてしまうかもしれません。

・土日の即日対応時間は短い可能性あり

平日であれば、申し込み対応時間が遅くまで設定されています。しかし、土日に関しては平日よりも1時間から2時間程度も対応時間が短くされていることがあるのです。

平日をイメージして土日の審査を申し込むと、即日融資ができなくなってしまうかもしれません。

事前に電話連絡をして、即日対応時間を確認しておきましょう。

・ATMで借り入れするときに手数料が発生する可能性あり

土日に即日融資を受けるということは、ATMを利用するケースが考えられます。ATMの場合、土日は時間外指定となっている可能性もあり、手数料が発生してしまうかもしれません

ATM手数料は、1回の利用ごとに108円から216円かかります。

手数料を支払いたくない場合にはコンビニなどの提携ATMではなく、各業者の店舗や無人契約機などに設置されている専用ATMを利用して下さい。専用ATMであれば、土日であったとしても手数料は一切かかりません。

土日に借入を受ける為のポイントとは?

・サービスに確認を取ること

キャッシングサービスの多くは土日の営業をしています。しかし、営業しているからといって、即日融資までしてくれるとは限りません。

土日に申込の場合は審査のみは当日中に行い、融資は月曜日以降に回されてしまう、といった可能性もあるのです。

各サービスに必ず確認をとってから申し込みを実施して下さい。即日融資を受けたいのに、申し込みを行ってから最短即日融資をしてくれない、といったことが発覚しては意味がありません。

・土日に在籍確認に対応できるか

最近では「WEB完結」といったものを掲げているキャッシングサービスもあります。WEB完結とは、申し込みから契約、そして借り入れまですべてインターネット上で済ませられる、としているものなのです。

しかし、大多数はWEB完結ではなく、職場に対する在籍確認、といったものを実施しています。在籍確認は、申し込みをしている方が本当に働いているかを確かめるものです。特に消費者金融に関しては、収入を得ている方でなければ貸出はできません。総量規制の兼ね合いがあるのです。

土日に即日融資を受けたいのであれば、土日に在籍確認をクリアしなければなりません。働いている職場が、土日が休みの場合には在籍確認が取れないことになってしまいます。

ちなみに、申し込みをする方がその日仕事が休みであった場合でも在籍確認は可能です。職場に電話連絡があり、その職場で働いていることが確認できれば在籍確認がとれた、と判断されるわけです。

たとえば、キャッシング側から会社に対して「〇〇さんはいらっしゃいますか」と連絡があった場合に、同僚が「〇〇は本日休みです」と対応したとします。実はこれでも在籍確認はとれたことになります。働いていることさえ確かめられれば良いので、申込者本人が会社で電話を受けなくても良いのです

在籍確認に関しては、キャッシングサービス側が融通を利かせてくれる場合もあります。申し込みを行った時にすぐに電話連絡をして、会社が休みであること、さらに即日融資をしてもらいたい旨を告げると、在籍確認を後回しにしてくれることもあります。在籍確認だけ後日に実施し、その前に融資してくれる可能性もあるのです。

申し込みから融資を受け取るまでの流れ

・土日に即日融資を受けるまでに流れ

インターネットからキャッシングに申込みを実施

申し込み手続き終了後にキャッシングサービスに電話連絡

即日融資を受けたいことを告げる

最寄りの無人契約機へ向かう

メールや電話で審査結果を確認する

審査突破

無人契約機で契約手続きの実施

契約手続き完了

カードの発行

備え付けられている専用ATMでローンカードを利用して借り入れ

【通常の申し込みから借り入れの流れと異なるところとは】

申込手続きを実施した後に電話連絡を実施する、といった点が大きく異なっています。土日の即日融資の場合は、キャッシング業者の対応時間も短くなっています。早い時間帯に申し込んだとしても、対応時間内に処理されないかもしれません。

確実に対応時間内に処理してもらうためにも、必ず電話連絡を実施して下さい

もう一つ注目して欲しいのが、結果が出る前に無人契約機へ向かってしまう、といったことです。前述したように、土日のキャッシングサービスの対応時間は短いです。審査結果が送られてくるまでの時間を無駄には出来ません。審査結果が出るまでに最短30分といっても、あくまで「最短」です。60分かかることもあれば120分かかることもあるかもしれません。多くのケースでは無人契約機に向かっている途中で審査結果が伝えられると思いますが、無人契約機に早く着いて審査結果を待っている、といった状態にしてもよいのです。

【無人契約機へ行く時に用意していなければならない書類あり】

本人確認書類は用意しておかなければなりません。各キャッシングの指定している本人確認書類を用意したうえで、無人契約機へ向かって下さい

運転免許証であれば、本人確認書類として受け入れてくれる可能性が高いです。

<キャッシングサービスで対応している本人確認書類例>

  • ・運転免許証
  • ・各種保険証
  • ・パスポート
  • ・住民票
  • ・住民基本台帳カード
  • ・在留カード
  • ・外国人登録証明書など

WEB完結契約などを実施している方は、本人確認書類に関してはスマートフォやケータイなどの撮影機能を活かして送信することも出来ます。各種書類を撮影し、送ることで提出することも可能なのです。

アプリなどを用意しているキャッシングサービスもあります。

撮影した書類画像を送信したら、あとはキャッシングサービスが確認してくれるのを待つだけです。

こんな人は借りられないかも|キャッシングの前に確認すべき点

・無職である

消費者金融の場合は、総量規制の対象内となっています。総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れを禁じているものです。たとえば、年収300万円の方は100万円を超える借り入れはできません。

年収の3分の1を超える借り入れはできないということは、収入がなければお金が借りられない、ということでもあります。無職であれば、消費者金融では融資を受けられません

専業主婦に関しては対応が分かれてしまいます。配偶者貸付制度といったものもあります。配偶者貸付制度は、配偶者に収入がある場合には借り入れOKとしています。しかし、ほとんどの業者では採用していない制度です(信販系のキャッシングであれば、対応しているケースあり)。

総量規制は、銀行に関しては対象外となっています。年収の3分の1を超える貸し出しも認められています。ただし、銀行カードローン自体が、土日の即日融資にほとんど対応していません。無職の方は、土日の即日借り入れが圧倒的に難しいのです

・すでに借金をしている(多重債務状態である)

他の消費者金融や銀行カードローンをすでに利用している方に関しては、審査の突破自体が難しくなります。キャッシングサービス側からすると、仮に審査を通してしまうと多重債務者が利用することになってしまうのです。

月に複数回の返済をしなければならない方に貸し出すのは、キャッシングとしても避けたいと思ってしまいます。貸し倒れリスクといったものが出てきてしまうので、すでに借金をしている方は審査が難しくなります。

すでに借金がある方は、収入証明書類を用意しておくのも一つの方法です。収入が高いと判断されれば、問題なく借り入れができる可能性も出てきます。収入証明書を提出して、総量規制の年収の3分の1基準までにはまだ余裕があることを示せれば良いのです。

※借入件数が問題視されることもあります。3件から4件以上の借り入れがすでにある場合には、審査が一気に厳しくなります。

・年齢が高い、年齢が低い

キャッシングサービスでは、借り入れ可能年齢として「20歳から65歳」といった設定をしているところが多いです。

上記のケースでは20歳から65歳までは借り入れできる可能性があるわけですが、すべての年齢が平等にジャッチされるわけではありません。審査に有利な年代と不利な年代、といたものがあるのです。

  • ・キャッシング審査に有利な年代・・・30代、40代
  • ・キャッシング審査に不利な年代・・・20代、60代

年齢が低かったり高かったりするとキャッシング審査は厳しいものになります。20代は働き始めたばかりなので、収入が不安定と判断されてしまうのです。一方で、60代に関しても、定年を迎える時期でもあるので収入が不安定と判断されてしまいます。その結果、審査落ちの可能性がどうしても高まってしまいます。

30代や40代が審査で有利とされているのは、働き盛りであるからです。今後収入がアップしていく可能性もありますし、安定しているとも判断されます。

  • ・個人信用情報に問題がある
  • ・債務整理をした経験がある
  • ・返済に遅れた経験がある
  • ・現在滞納している

個人信用情報には様々な情報が記されていますが、上記のような情報が掲載されてしまうと、審査が不利になってしまいます。

債務整理とは、任意整理や特定調停、個人再生や自己破産のことです。借金を予定通りに返済できずに、返済額を少なくしたり、借金をゼロにしたり、といったことを行っていると危険人物と判断されてしまいます。キャッシングの審査にはほぼ100%落ちてしまうのです。特に大手のキャッシングであればあるほど、債務整理経験は足かせになります。

現在の滞納に関しても厳しい判断をされてしまい、審査落ちの確率が圧倒的に高まります。

返済に遅れた経験に関しては、複数回無ければ問題なし、と判断されることもあります。一方で繰り返し返済が遅れた経験があると、大きな問題になってしまいかねません。

【個人信用情報の掲載期間】

返済の情報に関しては24ヶ月(2年)程度とされています。要は、2年以上前の返済の遅れなどは、審査では問題視されないのです。

債務整理に関しては、長期間に渡り個人信用情報に掲載され続けてしまいます。その期間は、5年から10年とされています。

安心して欲しいのが、どんな情報であったとしても個人信用情報に記されたものはいつか消える、といったことです。一生涯に渡ってキャッシングが利用できなくなる、といったことはありません。

【携帯電話代金の滞納について】

携帯電話やスマートフォンの機種代金も10万円前後するものもあります。近年では、割賦で支払うケースも一般的になってきました。実はその機種代金も分割で支払うようになると、れっきとしたローンになります。

携帯電話やスマートフォンの機種代金の滞納をしたとしても個人信用情報に傷がついてしまうことになります。

・短期間に複数のキャッシングへの申し込みを実施している

土日の即日融資を受けたい場合は、かなり焦っているのではありませんか。だからといって、短期間に連続して申し込みを実施してしまうのは得策とはいえません。

実は審査情報に関しても、個人信用情報に掲載されてしまうのです。

短期間に複数の審査を受けていることで、キャッシング側は不安に思ってしまいます

ひと月あたり2件から3件以上の審査の審査を受けると問題が発生するとされています。1回申し込んでダメであれば、少し期間を開けてから再度他のキャッシングサービスに申し込みをすべきです。

※同じ業者に申し込む場合は、6ヶ月程度は間を空けるのがおすすめです。