オリックス銀行カードローンの契約時に送られてくる郵送物について

急にお金が必要になったとき、手軽に借りられるカードローンは便利です。けれど、カードローンでお金を借りるのはやっぱり恥ずかしいし、家族には内緒にしたいという人も多いのではないでしょうか?

カードローンを申し込んだ後で、自宅に郵送物が送られてくるようなことがあれば、借金したことが家族にバレてしまう可能性があります。ですから、カードローン申込み前には、どんな郵送物が送られてくるのかを確認しておきましょう。

ここでは、オリックス銀行カードローンの郵送物を例に、カードローンの郵送物についてまとめています。

カードローンを申し込むと送られてくる郵送物について

・カードローン申込後に届く郵送物

カードローンを申し込むと、一般に、以下のような郵送物が自宅に届きます。

○入会申込書・契約書

申込時には、入会申込書や契約書が届きます。ウェブで入会申込した場合には入会申込書は特に要求されないことも多いですが、審査に通過すれば原則として契約書を取り交わす必要がありますので、契約書が届く可能性は高くなっています。入会申込書や契約書と一緒に本人確認書類や収入証明書のコピーを送る場合には、返信用封筒も同封されていることがあります。

○カード

カードローンは、その名のとおりカードを使って提携ATMで借入れや返済ができる取引です。中には、カードレスの取引ができるカードローンもありますが、ほとんどのカードローンではカードが発行されます。そのため、申し込み後にはカードが自宅に郵送されてくることになります。

○利用明細書

クレジットカードと同様、カードローンでも毎月利用明細が送られてくるのが原則です。業者によっては、利用明細は借入れの都度提携ATMから発行されることもあります。また、ウェブから利用明細を確認できるところもあります。利用明細には、返済日や返済額のほか、借入残高や融資可能限度額が記載されています。

・郵送以外で受け取る方法

カードローンを申し込んだ後に発生する郵送物を、郵送以外で受け取ることができる場合もあります。ローン会社の店舗窓口や無人契約機まで行けば、これらの書類やカードを直接受け渡しすることができます。

消費者金融系のカードでは、窓口や無人契約機が充実しているだけでなく、ウェブで契約手続きを完結させられるところも多いため、郵送物なしにすることも難しくはありません。一方、銀行カードローンでは、郵送物なしの対応を行っているところは少なくなっています。

・オリックス銀行カードローンで送られてくる郵送物

オリックス銀行カードローンでは、郵送物なしの対応は行っていません。オリックス銀行にはそもそも店舗がありませんし、無人契約機も設置していませんから、郵送によらず直接書類やカードの受け渡しが不可能です。そのため、申し込み後には、必ず郵送物が届くことになります。

オリックス銀行カードローンの郵送物としては下記のようなものがありす。

1.ローンカード

オリックス銀行カードローンのカードは、「ローンカード」と呼ばれます。オリックス銀行のローンカードは、黒地に白の文字で「ORIX BANK」と書かれたスタイリッシュなデザインになっており、一見してキャッシング用のカードであるとはわからなくなっています

ちなみに、オリックス銀行には普通預金口座もありますが、インターネット取引専用の口座となっており、キャッシュカードは発行されません。そのため、オリックス銀行でカード発行を受けるのは、カードローン利用時のみになります。オリックス銀行ではキャッシュカードがないため、キャッシュカードとローンカードを区別する必要がなく、「ローンカード」という文字も入っていないのです。

2.お手続き完了のご案内

カードローンの契約手続きが完了し、カードが使えるようになったという「お手続き完了のご案内」は、通常はメールで届きます。ただし、タイミングにより、郵送で届く可能性もあります。

3.インターネットログインID、ログイン仮パスワード

オリックス銀行カードローンでは、「メンバーズナビ」という利用者専用サイトが用意されています。「メンバーズナビ」では、残高照会、振込融資の依頼、取引明細照会、返済期間や利息の確認、一括返済シミュレーションなどができます。「メンバーズナビ」のログインIDやログイン仮パスワードは、「お手続き完了のご案内」に記載されています。

4.ご利用ガイド

オリックス銀行カードローンの利用説明書になります。

5.契約に関わる重要なお知らせ等

金利や融資限度額など契約内容の変更があった場合には、郵送により通知が届くことがあります。

郵送物が不要の場合は、停止することができるのか?

・郵送物なしの銀行カードローンは少ない

消費者金融系のカードと違って、銀行カードローンでは郵送物なしの対応を行っているケースは少なくなっています。そのため、銀行カードローンを申し込んだ場合、少なからず郵送物が発生してしまうのが一般的です。銀行カードローンは、消費者金融よりも低金利で総量規制適用外というメリットはありますが、家族に内緒で借金するとなると、消費者金融に比べてややリスクがあるということになります。

・オリックス銀行カードローンのカードは自宅への郵送のみ

オリックス銀行カードローンでは、振込融資にも対応していますし、返済方法として口座引落も選べますから、提携ATMを利用せずに取引することも可能になっています。しかし、オリックス銀行カードローンではカード不発行の取り扱いはしておらず、申し込み後に必ずローンカードが発行されます

オリックス銀行のローンカードは、申し込み後に郵送により自宅に届きます。他の郵送物がない場合でも、ローンカードだけは郵送されてきてしまいます。また、ローンカードの郵送先として勤務先を指定することは不可となっており、必ず自宅に届くことになります

・オリックス銀行カードローンでは定期的な郵送物はない

オリックス銀行カードローンでは、契約後もキャンペーン等のお知らせが届くことがありますが、定期的な郵送物はありません。なお、オリックス銀行カードローンの利用明細については、インターネットの「メンバーズナビ」から確認できるようになっていますので、利用明細が送られてくることはありません

・郵便物を停止にするのは難しい

キャンペーンのお知らせ等も一切送ってほしくないという人もいると思いますが、オリックス銀行カードローンの郵送物を停止にするのは難しくなっています。

と言っても、オリックス銀行カードローンの郵送物は、封筒にも「カードローン」の文字は入っていませんから、カードローンに関するものだというのは開封するまではわかりません。一般的な金融機関のDMと変わらないような感じですから、家族に不審に思われるようなこともあまりないと思われます。

郵送物を指定日発送することは可能か

・指定した日に発送してもらうのは難しい

カードローンの郵送物が自宅に届くとなると、自分のいない間に家族が開封するのではないかと心配な方も多いと思います。郵送物を指定した日に発送してもらえば、仕事が休みの日に受け取れるよう調整することも可能です。

しかし、カードローンの郵送物の指定日発送は、どこの会社でも通常は対応してもらえません。利用者の多くが発送日を指定するようになれば、事務処理が大幅に遅れてしまうことになりますから、現実的に対処不可能なのです。

・自分が受け取れるよう申込日を考える

郵送物を自分の都合の良い日に受け取りたいなら、受取日から逆算して申込日を考えるという方法があります。申し込み後何日でカードが届くかといった問い合わせには答えてもらえますから、できるだけ自分の都合の良い日に届くよう調整しましょう。

・自宅に誰もいない日に届くようにする方法も

オリックス銀行カードローンでは、ローンカードは簡易書留により送られてきます。簡易書留の場合には、配達時に留守であれば、再配達してもらうかもしくは郵便局に取りに行くことになります。家族が留守の日に郵送物が届けば、自分が郵便局に取りに行くことができますから、家族が留守の日に合わせるように調整した方が簡単なことがあります。

自宅に電話がかかってくることはあるのか?

・申込時に意思確認の電話がかかってくる

カードローンでは、契約後にはあまり電話がかかってくることはありません。電話がかかってくることがあるとすれば、申し込み時になります。

オリックス銀行カードローンに申し込んだ場合にも、申し込みに間違いがないかという意思確認の電話がかかってきます。ただし、意思確認の電話は、自分の希望する連絡先にかけてもらえますから、必ず自宅にかかってくるというわけではありません。自分の携帯電話を指定しておけば、携帯電話にかけてもらうことができます。

・自営業者は在籍確認の電話が自宅に入ることも

オリックス銀行カードローンでは、事業費を借りることはできませんが、自営業者も安定した収入があれば、生活費を借入れできます。カードローン申込時には、通常、勤務先に在籍確認の電話がかかってきますが、自営業者の場合には勤務先の会社等がありません。もし勤務先電話番号として自宅の電話番号を書いていれば、自宅に在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。

・契約中に電話がかかってくる可能性

銀行カードローンを利用するときには、連絡先として希望する電話番号を書くことができますから、自宅を連絡先にしていない限り、自宅に電話がかかってくることは通常ありません。ただし、自宅の固定電話に電話がかかってくることが絶対にないかというと、そういうわけではありません。たとえば、返済遅延をし、携帯に連絡してもつながらないような場合には、自宅に電話がかかってきてもおかしくありません

オリックス銀行カードローンでは、申し込み時に自宅の固定電話番号、携帯電話番号の両方を記入することができます。この場合、通常の連絡先を携帯にしておいても、連絡がつかない場合には自宅にかかってくる可能性がありますから注意しておきましょう。

家族にバレないためにケアしておくべきこと

・連絡先は自分の携帯電話にする

カードローンの利用を同居している家族に知られたくないなら、連絡先として自宅の電話番号は記入せず、自分の携帯電話に連絡してもらうよう指定しておくのが基本です。これにより、自宅に電話がかかってくるのを防ぐことができますから、家族にバレにくくなります。

オリックス銀行カードローンを申し込む場合には、自宅固定電話番号と携帯電話番号のどちらかの入力が必須になります。自宅固定電話番号を入力せず、携帯電話番号だけを入力しておけば、自宅に電話がかかってくることはありません。申し込み時の意思確認の電話も携帯にかかってくることになります。

・オリックス銀行に口座を開設したことにする

オリックス銀行カードローンでは、郵送物の封筒にも、ローンカードにも「ローン」の文字は記載されておらず、「オリックス銀行」の表記しかありません。家族に説明するときには、オリックス銀行に口座を開設したことにしておくという方法があります。オリックス銀行カードローンの場合、カードも見た目はキャッシュカードと変わりませんから、財布にカードが入っていても不審に思われることは少ないでしょう。

まとめ

オリックス銀行カードローンでは、郵送物なしの取り扱いはしてもらえません。契約後は定期的に届く郵送物はありませんが、ローンカードは必ず自宅に郵送されてしまいます。

オリックス銀行カードローンの郵送物は、「オリックス銀行」の封筒で届きます。オリックス銀行のローンカードは、キャッシュカードと見た目は変わりなく、財布に入れていても違和感がありません。こうしたことから、オリックス銀行カードローンは、他の銀行カードローンや消費者金融と比べて、キャッシングをしたことはバレにくくなっています。

連絡先を自分の携帯電話にしておけば、自宅に電話がかかってくることも通常はありません。しかし、もし延滞などの返済トラブルを起こせば、電話や郵便で連絡が入る可能性があります。カードローンでの借入れは計画的に行い、約定返済日にはきちんと返済するようにしましょう。