専業主婦の方がカードローンを契約する時の注意点と選ぶべきカードローンについて

家計を預かる専業主婦の方でどうしても今月お金が足りない、もしくは急な出費で困っているという方もいますよね。そんな時賢く使えば強い味方になるのがカードローンです。

しかし、専業主婦がカードローンを利用するにはとても厳しいのが現状です。それでも絶対カードローンを契約出来ないわけではありません。今回は専業主婦のカードローンについて詳しく解説します。

収入がない専業主婦がでもカードローン契約

2010年に総量規制が定められたことにより専業主婦のカードローン利用は厳しいものとなりました。しかし、カードローンが契約出来ないわけではありません。専業主婦でも金融機関によってはお金を借りる事が可能です。

専業主婦と言ってもそれぞれ条件が異なると思います。まずは、ご自身に収入が全くない方とパート程度の収入がある方、ない方の中でもご主人の同意でキャッシングができる方と出来ない方に分かれると思います。

家計を管理している主婦として、急な出費やすぐに現金が用意出来ない状況もあるでしょう。そんな時賢く利用したいのがカードローンです。それなのに主婦の利用が制限されるのは困るという方もいるでしょう。

総量規制はそもそも借りすぎを防止する働きがありました。年収の3分の1までしか融資をさせないと制限をすることで、債務不能に陥らないようにするという働きがあるのです。この法律によって、収入の少ないパートまたは収入のない専業主婦は借入に制限がかかるようになりました。

常に家計が赤字の状態であれば、まずは家計の見直しをすることをオススメします。しかし、突発的な現金不足では、賢くカードローンを利用して乗り切っていただきたいと思います。

専業主婦がカードローンを作るための基本的な条件とは

先ほどいったように専業主婦と言ってもそれぞれタイプが異なります。今回は先ほどの3つの種類に分けて紹介をしたいと思います。

・自分の収入がまったくない専業主婦でご主人の同意が得られる方

完全なる専業主婦でご自身の収入がまったくない状態であり、ご主人からキャッシングの同意が得られる方は、銀行系カードローンか配偶者貸付可能なローンを利用しましょう。

銀行系カードローンは総量規制の対象外となるため、キャッシングに年収の有無は関係ありません。しかし、銀行独自の借入れ条件を取り入れているところもあり、銀行系カードローンのすべてが専業主婦に貸付をしているわけではありません。

また、配偶者貸付と言って、本人に収入がなくても配偶者に収入があれば貸付しますよという金融機関もあります。その場合、貸付金額の上限が数十万と低く設定されていることもありますし、証明するための書類をいくつか用意しなければいけない場合もあります。

・自分の収入がまったくない専業主婦でご主人の同意が得られない方

専業主婦でご自身に収入がなく、ご主人の同意が得られない場合は、銀行系カードローンの利用を検討しましょう。先ほども言ったように、銀行独自の借入れ条件を決めているところもあるので、事前に専業主婦でも借入れできるか確認が必要です。

また、この場合キャッシング出来る金額は少なめになることを覚悟しておきましょう。そして、ご自身に収入がないので審査はやや厳しめになるかと思います。金融機関はお金を貸すことが仕事ですが、返してもらわないといけません。

カードローンは基本使途自由、担保、保証人不要です。本人の信用のみでお金を貸してくれます。多額の融資は期待しない方が良いでしょう。

・収入がある主婦の方

パートやアルバイトで少なくてもご自身に収入があれば、どこでも申し込みは可能です。審査に通るか通らないかは借入状況や希望限度額にもよりますが、専業主婦より申込先は広がります。

月々たった数万円でも大丈夫?と心配になるかもしれませんが、その場合、キャッシングを希望する金融機関のHPなどで借入診断をしてみると良いでしょう。年収と現在の借入状況などを入力すると簡易的な診断結果がでます。

これで、借入可能と出れば申込みをしても良いと思います。年収が低くても他社での借入状況で借入不可となる場合があります。その場合は、まず他社の返済を優先しましょう。

収入がない専業主婦にオススメの金融機関

収入がない専業主婦の方にオススメの金融機関は以下になります。

  • ・楽天銀行スーパーローン
  • ・みずほ銀行カードローン
  • ・ソニー銀行
  • ・三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)

楽天銀行スーパーローンは収入のない専業主婦でも借入れ可能と明記されています。利用限度額は50万円と高く、実質年利率は14.5%と低くなっています。本人の収入証明書はもちろん不要ですが、旦那さんの収入証明書も不要です。

さらにネット申込みで手間もかからず、楽天ポイントが入るので、楽天ポイントを貯めている方にはお得なサービスです。収入がない人はもちろん、パート・アルバイトで収入が少ない方でも利用できるのでイチオシの金融機関になります。

ソニー銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行は本人に収入がなくても旦那さんに収入があればキャッシング可能という条件付きになります。どちらも銀行系カードローンなので金利は安く、安全性の高いカードローンです。

収入がある主婦にオススメの金融機関

パートでもアルバイトでも収入がある主婦にオススメな金融機関は以下の3つです。

  • ・セブン銀行カードローン
  • ・プロミス
  • ・アコム

セブン銀行カードローンはとてもシンプルなカードローンですが、セブン銀行の口座を持っていれば本人確認書類や収入証明書が不要なので手続きがとても簡単です。

また、セブン銀行はATMの数が多く、セブンイレブンでも利用できるため、身近で便利に使えるという利点があります。また、実質年利率15.0%で一律に設けてあるので計算も簡単です。シンプルなカードローンをお求めの方にはオススメです。

プロミス、アコムは大手の消費者金融系カードローンです。銀行系カードローンに比べると金利は高めですが、どちらも初めての利用の方には30日間無利息サービスを展開しています。

たまたま現金が手元になくてキャッシングの必要があるけど、30日以内で返済できるならこのサービスを使うとお得に借入れすることが出来ます。どちらも条件は安定した定期収入があることが条件です。また女性専用の電話窓口を用意しています。職場への連絡は男性では困るという場合はこちらから申し込むと良いでしょう。

専業主婦がカードローンを契約する際に、注意すべきこと

専業主婦の方がキャッシングをする場合、自分がどのタイプに当てはまるかまずは確認し、キャッシングを希望する金融機関を良く調べましょう。専業主婦の場合借りられる金額が限られてしまいます。

しかし、金融機関によって利用条件も利用上限も異なります。まずはよくリサーチすることが大切です。また、配偶者貸付を利用することや働きに出たりすると上限金額や利用できる金融機関も広がります。

少し高い金額を求めている方や、すでに借入がある方は他に方法がないか考えてみても良いかもしれません。また、常に生活が苦しくて借入れを希望する方は公共の支援や借入れが利用できるかもしれません。生活を立て直すまでの借入れならそちらの方が金利も安く、返済も緩くなります。

また、女性専用ローンと謳っているところもあり、それで専業主婦がキャッシング出来るのかと勘違いする方もいますが、女性専用ローン=専業主婦のキャッシング可能というわけではありません。

ほとんどの場合、女性スタッフが対応してくれるだけです。または、在籍確認など男性からの電話は困るという方に配慮してくれるサービスというだけで、条件などは通常のキャッシングと変わりはありません。

まず、ご自身の状況やタイプをきちんと把握し、希望する金融機関を良く調べることが最も大切です。事前準備をすることで失敗しない借入れをすることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。総量規制が出来てから主婦の借入れ条件は一変してしまいました。しかし、調べれば方法はいくつかあります。ただし、金額が少なかったり、条件が厳しかったりします。

まずは、ご自身の状況をしっかり把握し、その上で希望の金融機関をしっかり調べることが大切です。カードローンは賢く利用して、緊急の事態を乗り切りましょう。