バンクイックの在籍確認について詳しく調べてみました

これから三菱東京UFJ銀行のバンクイックでカードローンをも申し込もうとしている方で在籍確認に不安を感じている方がいるかもしれません。特に初めてのキャッシングなら尚更不安に感じるでしょう。

そんな方の為にバンクイックではどのように在籍確認が行われるのか、優しく解説していきます。これを読めば不安を解消できると思います。まずは、良く読んで知ることが大切です。

バンクイックの在籍確認について

バンクイックの在籍確認は基本的に電話で行われます。在籍確認は申告した会社に本当に勤めているのかを確認する作業になります。基本的にはどこの金融機関でも行われていることで、カードローンを組むには必須の項目になります。

初めてカードローンのキャッシングを利用する人にとって、この在籍確認は一番の心配事になるかと思います。どのような電話が来るのか、会社や同僚にカードローンの利用がバレてしまうのではないかと考えると利用に二の足を踏んでしまいますよね。

しかし、在籍確認は中身を知ればさほど怖いものではありません。バンクイック側も個人情報には最大限の配慮をしてくれますので、会社や同僚にカードローンの在籍確認とバレることもありません。

どのようなことを聞かれるのか

実際にどのような電話がかかってくるのでしょうか。そして、電話に出るとどのようなことを聞かれ、電話に出れなかった場合はどうなるのかみていきましょう。

・電話では「バンクイック」とは名乗らない

バンクイックでは「バンクイックの〇〇です」などカードローンと分かるような電話をかけたりはしません。基本的には「東京三菱UFJ銀行ですが、××さん(利用者の名前)はいらっしゃいますか?」という電話をかけます。

消費者金融系のカードローンでは、基本的に担当者の個人名で電話をかけますが、銀行系カードローンの多くはこのように銀行名で電話をかけます。それは、消費者金融系カードローンは、融資事業(お金を貸すこと)のみで会社を運営していますが、銀行系カードローンはその他の事業も行うことができ、在籍確認だと気付かれにくいからです。

単に銀行から連絡が来ただけだと、口座に関することかもしれないし、投資、保険に関することかもしれません。また、カードローン以外でも住宅、教育、マイカーローンの取り扱いもしれているので、その確認と捉える事もできます。カードローンだと同僚などに知られると恥ずかしいと思うかもしれませんが、その他のローンであればあまり気にならないのではないでしょうか。

もし、何か聞かれても車、住宅の購入の検討をしていて色々調べているのだとか、保険に関することでちょっと…など濁すことが出来ます。普段外部からの電話が多い方にとっては、消費者金融系カードローンのように担当者の個人名で電話が来た方が良いかもしれませんが、普段外部からの電話のないような仕事の方でも銀行名であれば安心して電話を受けることが出来ます。

・電話に出てから聞かれる事

申告した勤務先に電話を掛け、本人が出ればその時点で在籍確認は終了です。なぜなら在籍確認は、申告した勤務先に本当に勤務しているのか分かればよいだけなのです。

場合によっては、名前や生年月日など本人確認されることもありますが、たいしたことを聞かれるわけではないので、数分で電話は終了となります。電話に出た時点で在籍確認済みとなるのでそれ以上のことは要求されません。

・電話に出られなかったらどうなるのか

バンクイックから電話が来ても不在ということもあります。休日に連絡が来たリ、たまたま外出していることもあるでしょう。そんな時、重要となるはその会社に在籍しているか確認が取れたかどうかです。

例えば、「××(利用者)は只今外出していて、〇〇時頃戻ります。」という場合や「××(利用者)は、本日休みを取っております。」と言われた場合です。言い方や捉え方にもよると思いますが、この場合、再度連絡を取ることもありますし、在籍は確認できたので一応審査済みとなることもあります。

何度も連絡が来ることが困る場合は、あらかじめ休日や外出する時間を伝えておくとそれ以外の時間にかけてくれます。なるべくならすんなり確認を終わらせておきたいので、分かる場合にはその旨伝えておきましょう。

バンクイックの在籍確認電話のルールについて

バンクイックでは、基本的に東京三菱UFJ銀行と名乗り、申告した勤務先にきちんと勤務しているか確認を行います。しかし、必ず在籍確認が行われるのかというとそういう訳ではなさそうです。

バンクイックのHPでは、「勤務先の確認や申込み内容に間違いがないか確認するために勤務先や自宅に電話する場合がある」と記載されています。なので、確認の電話がないこともあるようなのですが、その明確な基準はしるされていません。

在籍確認なしで借りることはできるのか

先ほども言ったように、バンクイックは「確認の電話をする場合もある」と明記しているので、確認しないこともあると言えます。しかし、その基準は明記されていないので、実際に申し込む時に自分の状況だったらどうか確認するしかなさそうです。

例えばどうしても在籍確認の電話が困る場合や会社自体の休日が続き在籍確認が取れにくい場合は、一度その旨を伝えどのようにするべきか確認すると良いでしょう。場合によっては、健康保険証や源泉徴収票など会社に勤めていることを証明できる書類などで対応してくれるかもしれません。

基本的には本人確認書類は運転免許証で、利用限度額が100万円を超えなければ所得証明も必要ありません。しかし、それらが勤務先を証明できる場合、書類が必要となることがあります。テレビ窓口などで申込をする場合、電話で確認する場合も手元に置いておくと安心できるでしょう。

バンクイックが人気の秘密

バンクイックは在籍確認も比較的早く簡単ですが、それ以外にも魅力が沢山あります。

  • ・実質年利率6%~14.6%と金利が安い
  • ・最高500万円まで融資が可能
  • ・総量規制の対象外
  • ・100万円まで所得証明不要
  • ・最短30分審査回答とスピーディー

バンクイックの一番の魅力は金利の安さです。消費者金融系カードローンのほとんどが18.0%の上限金利なので比較すると随分低い金利だと分かるでしょう。またバンクイックは銀行系カードローンなので総量規制の対象外です。原則的には年収の3分の1以上の融資を受ける事も可能です。

そのため、現在他社で借入をしている人にとっては、おまとめローンとしてすべてのカードローンをまとめることを考えるのも良いでしょう。100万円までは所得証明も不要なので手間も省けますし、審査時間もスピーディーなので、早く結果を知りたい方にも良いです。

また、三菱東京UFJ銀行ATM付近に設置されているテレビ窓口で申込をすると最短40分でカードの発行まで完了します。ただし、書類が足りない、情報が分からないなど不完全な状態で申込をすると出直す形になるので、テレビ窓口の利点を生かして早くキャッシングを行いたい場合は、準備をしっかりしていきましょう。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、銀行系カードローンの中でも上記の理由でとても人気のあるカードローンとなっています。これからカードローンを検討している方は、候補にいれてみても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。三菱東京UFJ銀行のバンクイックは沢山の魅力がありますが、在籍確認がちょっと不安という方もこれで少しは安心できたのではないでしょうか。バンクイックの在籍確認はあまり堅苦しく考えなくも問題ありません。

また、在籍確認するかしないかの明確な基準は明記されていないので、状況に合わせて相談をしてみても良いでしょう。まず、何かあった時に証明できるように健康保険証や源泉徴収票、給料明細などを準備しておくと良いでしょう。バンクイックの利点を生かして、無理のない借入を行って下さい。