初めてお金を借りるならどこがおすすめ?タイプ別おすすめ機関をご紹介

初めてキャッシングする。そんな時は右も左もわからない状況ですよね。どんな業者を選んだらいいのでしょうか。金利や限度額が示されているけど、有利な条件なのかもわからないでしょう。

こちらでは、初めてキャッシングする時に選択すべきタイプを紹介します。さらに具体的なおすすめ提案も実施します。

キャッシングの基礎知識についても掲載するので、参考にしてもらえたら幸いです。

 お金を借りるならどこがいいか?~おすすめのタイプ~

・審査申し込みがしやすいカードローンを選択すべき

各カードローンでは、様々な申込方法を用意しています。電話申し込み、郵送申し込み、インターネット申し込み、店頭申し込み、無人契約機申し込み、といったものが用意されているケースが多いです。

あなたにとってどんな申込方法が利用しやすいですか。すぐにお金を借りたいときは、とにかく少しでも早く申し込むことが必要です。自身にマッチングした申込方法で対応してくれるところを探し出しましょう。

一般的に利用しやすい申込方法といえば、インターネット申し込みです。

【インターネット申し込みがおすすめできる理由】

・パソコン、スマートフォン、ケータイなど様々なネットがつなげる機器から利用できる

・24時間365日、申し込みができる

・土曜日や日曜日、祝日も関係なく申し込みができる

・日本全国どこからでも申し込みができる(ネットがつながる場所であることが条件)

パソコンは持っていなくても、スマートフォンやケータイは持っていますよね。そちらの機器を使うことで、簡単に申し込みができるのです。

初心者の方であったとしても、流れに沿って申し込みを行えば良いだけです。申し込みフォームに必要事項を記載していくだけで、審査申し込みは完了します。

・限度額設定が希望にマッチングしているカードローンを選択すべき

仮にあなたが100万円借りたいとします。申し込みをする業者の最大利用限度額設定が50万円であったらどうでしょうか。希望額まで借りることは絶対にできませんよね。ですから、自分の希望にマッチングした限度額設定をしてくれるカードローンに申し込みしなければなりません。

最大の利用限度額は、各社によってかなりバリエーションがあります。ただし、幾つかの傾向があります。

たとえば、中小のカードローンよりも大手のカードローンの方が最大限度額は高く設定しています。

消費者金融と銀行カードローンであれば、銀行カードローンの限度額設定のほうが高い、といった傾向も見逃せません。

【タイプと最大限度額の相場】

・中小の消費者金融・・・50万円から100万円程度

・大手の消費者金融・・・500万円ほど

・銀行カードローン・・・500万円から1,000万円程度

業者による限度額設定ですが、多くの方が数十万円となります。100万円以上の限度額を貰うのは簡単なことではありません。収入によっても左右されるので、限度額についてはあまり期待し過ぎないことも大事です。

※消費者金融で50万円を超える限度額設定を受けたいのであれば、収入証明書(給与明細書など)を準備しておく必要があります。

※銀行カードローンの場合は収入証明書が必要になる金額は、各jカードローンによります。消費者金融のように統一されているわけではありません。

・金利が少しでも低いカードローンを選択すべき

金利が高いカードローンを選択してしまうと、返済総額が高くなってしまいます。思ったよりも多くの返済金が必要になってしまい、滞納の原因になってしまうこともあるのです。

申し込み前に、幾つかのカードローンの金利を比較してください。その中で最も有利と思えるところに申し込みを実施するのです。

カードローンの金利は1日ごとに発生します。利用期間が長くなればなるほど、支払う金利額も自然と増えてしまいます。カードローンの長期利用を計画している方は、特に金利が有利なところを選択すべきです。

金利の相場についても確認しておきましょう。

【タイプと金利の相場~最大実質年率について~】

・消費者金融・・・18.0%ほど

・銀行カードローン・・・15.0%ほど

・審査の易しいカードローンを選択すべき

キャッシングの審査で重要視されるのが「利用実績」です。あなたが今までキャッシングサービスなどとどのように関わってきたのかを調べることで、信用度を測っています。

定期的にキャッシングを利用して、返済日をしっかりと守っていれば利用実績はどんどん高まります。「この人になら貸しても平気」といった判断を下してくれる業者が多くなるのです。

初めてキャッシングを利用する方については、そもそも利用実績も何もありません。個人信用情報が真っ白な状態になっているのです。信用度が測れないので、キャッシング業者としても貸し出しても良いかを悩んでしまいます。そこで「審査の易しい業者を選択する」といったことが重要になります。

審査の易しい業者を見つけ出すのは容易なことではありませんが、金利をチェックすると見えてきます。金利が低い業者は審査が厳しい傾向にあり、金利が高い業者は審査が易しい傾向にあります。

前述した金利の項目と真逆となってしまいますが、まずは金利の低い業者の審査を受け、もしも落選してしまった場合は金利が高めな業者の審査を受けてみましょう。

※短期間で複数の業者に申し込むのは審査にマイナスですが、ひと月以内に2件程度の申し込みであれば問題ありません。

 初めてお金を借りる方におすすめの金融機関

キャッシング初心者の方向けの金融機関を紹介します。消費者金融で最もおすすめなのはどこでしょうか。銀行カードローンで最もおすすめなのはどこでしょうか。

タイプごとに、お金を借りるならどこが良いのかを明らかにします。

・おすすめの消費者金融

プロミスがおすすめです。最高実質年率が大手の消費者金融の中で最も低い、といったところがおすすめできる理由です。

【消費者金融大手の最高実質年率】

・プロミス・・・17.8%

・モビット・・・18.0%

・アイフル・・・18.0%

・アコム・・・18.0%

※2016年1月現在

0.2%の差しかありませんが、長期的に利用するとその0.2%が大きな差になることも考えられます。

なぜ、最高実質年率を比較するのか、といったことが気になっている方もいるかもしれません。実はキャシング業者のほとんどが、最高実質年率でお金を貸し出している事実があるのです。

消費者金融を利用するときの限度額設定ですが、ほとんどの方は数十万円です。数十万円の限度額の場合には、基本的に最高実質年率が設定される、といったことが決まっています。

ちなみに実質年率を少しでも引き下げたい場合には、100万円以上の限度額設定をしてもらう必要があります。100万円以上の限度額設定になれば、利息制限法の関係上、最高利息は15.0%になります。

・おすすめの銀行カードローン業者とは

楽天スーパーローンがおすすめです。銀行カードローンの場合はアルバイトやパートであると利用できない、としている所も多いのですが、楽天スーパーローンであればアルバイトやパートだけでなく学生でも利用できる、といったメリットがあります。幅広い方が利用できるカードローンなのです。

もう一つ素晴らしい特徴があります。それはコンビニのATM手数料が無料、といったところです。

【一般的なキャッシング業者のコンビニATM手数料】

・10,000円未満の出し入れ・・・108円/回

・10,000円以上の出し入れ・・・216円/回

手数料を節約できるのです。一般的には、借入時と返済時の両方でATM手数料がかかってきます。総額で考えるとかなりの額になることも考えられるので、ATM手数料がかからない、といったメリットは見逃せません。

最大限度額と実質年率については平均的です。

・楽天スーパーローンの最大限度額・・・500万円

・楽天スーパーローンの実質年率・・・4.5%から14.5%

注目して欲しいのが、収入証明書の提出です。限度額設定で300万円以下を希望している場合には提出する必要がありません。他行のカードローンであれば、100万円までや200万円まで、といった所も多いです。かなり高額まで書類を用意しなくても良い、としている事がわかりますよね。

気軽に申し込みが実施できる、といったメリットが楽天スーパーローンにはあります。

 お金を借りるときに初心者の方が心配している事

・金利の設定率と計算方法

金利については利息制限法と呼ばれる法律に上限が決まっています。ヤミ金でなければ、その上限を超えて徴収されてしまうことはありません。

【利息制限法による上限金利設定】

・元本額が10万円未満のケース・・・実質年率20.0%

・元本額が10万円以上100万円未満のケース・・・実質年率18.0%

・元本額が100万円以上のケース・・・実質年率15.0%

金利の計算式は以下のとおりです。

【借金残額×実質年率÷365日(366日)×30日など(前回支払日からの日数)】

たとえば、

・借金残額:250,000円

・実質年率:18.0%

・返済間隔:30日

と言ったケースでは、「250,000円×18.0%÷365×30」といった計算式で利息の発生額が計算できます。計算結果は、約3,698円です。この額が、該当する期間の発生利息額となります。

・取り立ての流れ~脅迫の有無~

テレビドラマのような激しい取り立てが行われることはありません。法律によって厳しくルールが制定されており、それを破ってしまうと、企業としてペナルティを受けてしまうのです。

一般的な滞納時の借金取り立ての流れですが、

・督促の電話あり

・それでも返済無し

・督促状が家に届く

・それでも返済無し

・スタッフが家に取り立てに来る

このような流れになっています。どの業者でも一緒というわけではありませんが、最初に電話にて返済が遅れているとの通達があるのは一緒です。その時点で返済していれば、督促状が家に届くことも、スタッフが取り立ての来ることもありません。

すぐに返済できない場合には、事前に電話で返済が送れることを通達してください。事前通達があると、取り立て行為がされないこともあります。

電話連絡時には、いつなら返済できるのか、といったことを伝えておくことも大事です。

・家族や会社に借金は発覚しない

他人に借金が発覚することはありません。家族にもバレることはありません。

審査時に自宅に電話がかかってきたり、会社に電話がかかってくることはあります。しかし、それはあくまで確認のための電話連絡です、あなたがその職場で勤めているかを確かめられれば良いので、キャッシング業者名は出しません。スタッフの個人名を出してくるので、あなたが借金をしていることが発覚することはないです。

滞納した場合には、家に取り立てにキャッシング業者のスタッフが来ることもあります。しかし、家族に対する取り立ては禁じられています。さらに近所に住んでいる方に、あなたが借金をしていることをバラしてもいけないとされています。

家族には督促状や督促の電話が数多くかかってくると怪しまれることになりますが、通常の利用をしていればバレることはありません。

・お金を返せなくなった時の対処法

利息だけ返済する、といった法方法があります。ただし、利息だけ返済する前に、必ずキャッシング業者に電話連絡をして、「今月は全額の返済が厳しい旨」と「利息だけであれば返済できる旨」を伝えて下さい。準備をしてから、利息だけの返済を実施するのです。

多重債務状態になってしまい、どう考えても返済できなくなった場合には債務整理と言った手法もあります。

・自己破産

・個人再生

・特定調停

・任意整理

といったものがあり、借金をゼロにしたり、借金を大幅に減らしたり、利息の支払をゼロにしたり、といったことが可能です。自己破産以外であれば、ある程度財産を保持したままでの借金解決も可能です。

 すぐにお金を借りるならここ

・モビットなら即日融資もスムーズ

モビットのメリットはWEB完結申込ができる、といったところです。即日で借り入れたい場合には、できるだけ家にいながら申し込みを完結させたい、と思うものですよね。店舗に行く時間ももったいないです。

モビットであれば、審査時間:10秒簡易審査で完了します。即日融資対応時間は平日の14時までとなっており、事前の10秒簡易審査もネット上で受けられます。

仮にモビットがダメだったとしても、時間のロスは少なく済みます。どうしても今日中に借り入れを実施したい、と思っている方向けのキャッシング業者です。

・アコムなら審査通過率が高く即日融資も受けやすい

アコムの最大の特徴は審査通過率の高さです。必ずしも審査が甘いわけではありませんが、他のキャッシング業者に比べて、審査を突破できる方が多いのは事実です。

2014年3月と4月、そして5月のデータですが、審査通過率が48.3%から48.4%であることが公表されています。プロミスの同時期の審査通過率は40%前後、アイフルは43%から47%前後です。アコムは利用できる確率が高い業者、といっても過言ではありません。

 キャッシング以外の方法でお金を借りるならどんな方法があるのか

・家族や知人にお金を借りる

知り合いにお願いしてお金を借りる、といった方法があります。しかし、この方法には問題点がいくつかあります。

貸してくれるかは不透明

利息や返済期間などを取り決めなければならない

借金が問題になって人間関係に問題が乗じることも

特に注意して欲しいのが借用書です。知人からお金を借り入れるときにも、必ず借用書を記載してください。返済期限や利息率などを予め決めておくのです。決めておかないと、のちのち急に一括返済を求められて困ってしまうこともありえます。

・公的機関からお金を借りる

総合支援資金貸付といった制度があり、自治体からお金を借りられます。ただし借り入れには条件があります。条件には、働いていない方はハローワークに通って就職活動を行っていること、といったものもあるのです。また、低所得世帯である、といった条件もあります。

一般的なキャッシングとは異なり、保証人も必要になります(無利息で借り入れたいケース)。金利が低い(1.5%など)のメリットもありますが、条件をクリアしている方は限られてしまうのです。

気軽にお金を借りるなら、一般的なカードローンをおすすめします。