オリックス銀行カードローンで完済後に解約する方法とデメリット

オリックス銀行カードローンに申し込みをし、お金を借りて返済を続けていたけれど、今はもう完済しているという人もいると思います。

カードローンで借りたお金を完済しても、自動的に解約にはなりません。オリックス銀行カードローンでも、解約するには申し出して手続きをとる必要があります。

ここでは、オリックス銀行カードローンを例に、金融機関におけるカードローンの解約方法について説明します。

カードローンの解約方法

・完済してもカードローン契約は継続

カードローンというのは、自動車ローンなどの目的ローンと違い、借りたお金を返したらそれで契約が終わりというわけではありません。カードローンでは申し込み時に利用限度額が設定されますが、契約期間中は利用限度額の範囲内で何度でも追加の借入れができますから、一旦完済してもまだ追加の取引が可能なのです。

カードを使って借りたり返したりを繰り返していれば、常に借入れ残高がある状態かもしれません。しかし、カードローンで借りたお金を完済し、追加の借入れをしていないという人もいると思います。このような人も、そのまま放置している限り、カードローン契約は生きていることになります。

・カードローン解約には別途手続きが必要

キャッシング専門のカードというのは、所持しているだけで年会費や手数料がかかることはありません。そのため、もう使っていないカードをわざわざ解約していないという人も少なくないでしょう。

カードローンにも契約期間はありますが、申し出しなければ自動更新されます。ですから、完済後も放っておくと、いつまでもカードローン契約が続いていることになります。カードローンを解約するためには、ローン会社に解約を申し出し、解約手続きをとる必要があります

・カードを解約したい場合には

カードローンの借入残額を一括返済するときには、その後カードを使うつもりが全くないのであれば、解約しておいた方が良いでしょう。一括返済するときには、返済日によって支払わなければならない利息が変わってきますから、事前にローン会社に返済額を問い合わせる必要があります。このときに、カードを解約したい旨も伝えれば、解約のための書類を送ってもらえます。なお、解約手続きは解約書類をローン会社に返送すれば完了しますが、返済は1日でも早く行った方が利息が少なくてすみますから、解約手続きの前に返済をすませておいた方が良いでしょう。

既に完済しているカードの場合にも同様、解約したいときにはローン会社に電話して申し出することになります。

お金を貸す側の銀行や消費者金融は、基本的に利用者にカードを解約してほしくないですから、カードの解約方法についてはホームページにもあまり記載されていません。解約を希望する場合には、電話で問い合わせるのが確実です。

申請から解約までの流れ

1.解約したい旨を電話連絡

まず、借入れしている会社に電話し、解約したい旨を伝えます。

オリックス銀行カードローンの場合には、オリックス銀行のカードデスクが担当になりますから、カードデスクに電話しましょう。

デスクの電話番号です 0120-890-699

2.解約用の書類が送られてくる

解約申入書などの書面が自宅に送られてきますので、必要事項を記入し、署名捺印して返送します。

なお、会社によっては電話のみで解約の手続きが完了し、書類の提出が不要のこともあります。

3.契約書を返却してもらう

カードローンを解約した場合には、契約書を返却してもらうのが原則です。

契約書は、申し出しないと返却してもらえないこともあります。

4.必要に応じて解約証明書をもらう

カードローンの借入れ枠があれば、他社借入れや住宅ローン、カーローンの審査の際に影響が出てしまいます。

他社借入れの際に解約証明書を提出することで、解約したことの証明になりますから、必要に応じてとっておきましょう。

なお、銀行等で解約証明書を発行してもらうには、手数料がかかることもあります。

解約についての注意点

・解約しなければ住宅ローンなどに影響が出てしまう

クレジットカードと違い、キャッシング専用のカードでは年会費等はかかりません。そのため、「持っているだけならタダなんだし、わざわざ手間をかけてまでカードを解約しなくても良いのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし、実際には使っていないキャッシングカードでも、他のローンなどの審査の際に影響が出てしまいます

融資の審査では、他社借入額を必ず確認します。消費者金融で借りる場合には、個人の年収の3分の1を超える貸付が禁止される総量規制もありますから、他社借入額は重要です。審査の際にチェックする他社借入額とは、カードローンの場合は実際の借入残高ではなく、利用可能額(融資限度額)になります。つまり、実際の借入残高がゼロであっても、キャッシング利用枠があるというだけで、残高に算入されてしまうのです

特に、新たに住宅ローンを組む場合には、総返済負担率と言って、全借入れに対する住宅ローンの割合が基準になります。カードローンの借入枠があれば住宅ローンの基準をみたさないことにもなってしまいますから、解約が必要になるケースが多くなります

・解約してもすぐには信用情報から消えない

返済日に返済できずに返済遅延をしてしまった場合などは、自分にとって不利な情報を残しておきたくないので、カードを解約しようと考える人もいると思います。しかし、カードローンの利用に関しては、信用情報機関に一定の履歴が残っています。カードを解約したかどうかに関係なく、延滞したという情報は5年間信用情報機関に登録されています。カードローンを解約したからと言って、不都合な情報がすぐに消えるわけではないということを理解しておきましょう。

・一定期間同じカードローンに申し込みできない

カードローンを解約した後で、すぐにまた同じ会社のカードローンに申し込むと、やはり不信感を持たれれてしまいます。このような場合、再度の借入れの際の審査には、通りにくくなってしまいます。同じ会社のカードローンに申し込むなら、少なくとも半年程度は間をあけた方が良いでしょう。

・預金口座の解約は別に必要

銀行カードローンでは、申し込み時にその銀行の普通預金口座の開設が必要になることもあります。この場合、カードローンを解約することになっても、銀行口座も一緒に解約になるわけではありません。銀行口座を解約したい場合には別途口座解約の手続きが必要になることに注意しておきましょう。

・カードにはハサミをいれて捨てる

カードローンを解約したら、そのカードはもう使えませんから、処分する必要があります。使用しなくなったカードは返送するのではなく、自分で処分するケースも多いと思います。この場合には、カードにハサミを入れた上で、名前などもわからないようにして処分するようにしましょう。解約したカードだからと言って、悪用されないとは限りません。捨てる時にも慎重になりましょう。

こんな人は解約をしない方がいいかも

・貯金があまりない

生活していると、急にお金が必要になることがよくあります。そんなときにも、貯金があれば貯金を取り崩して対処できますが、貯金がなければお金を借りなければどうしようもなくなってしまいます。キャッシングができるカードを持っていれば、急にお金が必要になったときに、すぐにATMからお金を引き出すことができます。貯金があまりないという人は、カードを持っているだけで大きく困ることがなくなります。

・申し込み時の勤務先から転職している

カードを解約した後でお金が必要になったときには、また別のカードを申し込めば良いと考える人もいるかもしれません。しかし、カードローンの申し込みの際には必ず審査があり、審査に通らなければお金を貸してもらうことはできません。カードローンの審査では、年収だけでなく、勤務年数が重視されます。今お手持ちのカードを作った後で転職をし、転職先での勤務年数が少ない場合には、新規の借入れの審査に通らない可能性があります。カードを作った後で転職してしまった人は、今のカードをそのまま持っていた方が、お金が必要になったときに対処しやすいと言えます。

・退職して専業主婦になった

カードローンの申し込み時には働いていたけれど、その後退職して専業主婦になったという人もいると思います。収入ゼロの専業主婦の場合には、総量規制により消費者金融からの新規借入れは難しくなってしまいます。銀行カードローンなら借りられる可能性がありますが、借入れできる額が少なくなってしまいます。専業主婦になってしまった人は、今お手持ちのカードを解約しない方が、急にお金が必要になったときに困らずにすみます

解約後再利用したい場合は、再審査が必要?

・一度利用したことがあっても再度申し込みが必要

カードローンを解約した後、同じ会社のカードローンを利用したい場合には、もう一度最初から申し込みする必要があります。

オリックス銀行カードローンの場合でも、解約後再利用したいなら、再度ホームページから申し込み手続きを行って、審査を受けなければなりません。改めて本人確認書類の提出もしなければなりませんし、必要です。勤務先への在籍確認も、再度行われることになります。そして、審査に通過すれば、改めて契約手続きが必要になります。

・今度も審査に通るとは限らない

前回審査に通って利用していたカードでも、再度申し込んで審査に通るとは限りません。申し込みの際の審査では、そのときの状況を基準に判断することになるからです。前回申し込み時よりも他社借入れ件数が増えていたり、収入が不安定になっていたりすれば、審査に落ちる可能性があります

ただし、同じ会社のカードローンに申し込みする際には、以前の借入れ時の返済状況などのデータが残っているはずです。ローン会社にとって優良顧客というのは、たくさん借りて約束どおりきちんと返済を行ってくれる人です。高評価につながる返済実績を積んでいれば、審査で落ちる可能性も低くなるでしょう。

・貸付条件も変わることがある

再度の借入れの際には、改めて審査が行われ、貸付条件が設定されます。前回の貸付条件と同じ内容で契約できるとは限りません。金利が前回よりも高くなることもあります。前回の方が条件が良かったということになっても後の祭りですから、カードの解約には慎重になった方が良いでしょう。

まとめ

カードローンの借入残高がない場合には、今後借入れする予定がないのであれば、カードを解約しておいた方が安心です。

ただし、一度カードを解約すれば、再度の申し込みの際にはまた審査を受けなければなりません。前回は審査に通ったとしても、今回は審査に通らないということもあり得ます。特に、前回と収入状況や勤務状況が変わった場合には、注意しておいた方が良いでしょう。

オリックス銀行カードローンを解約する場合にも、解約後の再利用には再度の審査があります。住宅ローンの新規借入れなどでやむを得ないときには仕方ありませんが、解約には慎重になった方が良いでしょう。