バンクイックのテレビ窓口申し込みの方法とスムーズに契約するコツ

東京三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックには「テレビ窓口」というサービスがあります。申し込みからカードの発行までその場で完結するので大変人気のある申込み方法です。

しかし、注意しなければそのメリットがデメリットに変わる可能性があります。そこで、テレビ窓口とはどのようなものか、メリットは何かという基本的な情報から注意点とテレビ窓口を使ったオススメの申込み方法を説明します。

バンクイックのテレビ窓口とは

バンクイックのテレビ窓口とは、東京三菱UFJ銀行のATMコーナーなどに設置してあるテレビ窓口を使って申し込みをする借入れ方法です。テレビ窓口では、設置してあるモニターを通してオペレーターと話しながら契約を進めていきます。

バンクイックでは、「インターネット」「電話」「テレビ窓口」の3種類の申込み方法が用意されています。テレビ窓口の最大の特徴は、最短40分で申込からカードの発行までを行ってくれるところです。つまり、スムーズにいけばその場ですぐに借入可能な状態になるのです。

その日に借入を行いたい方、東京三菱UFJ銀行のテレビ窓口が近くにある方にはとても便利なサービスです。しかし、そんなテレビ窓口にもデメリットがいくつかあります。テレビ窓口を利用する前に確認しておきましょう。

テレビ窓口での申し込みの流れについて

まず、申込みの流れを確認しておきましょう。テレビ窓口は電話BOXのような個室になっています。そこにモニターが設置されているので、指示に従って入力等を行って下さい。

申込みをするには、個人情報などを入力し、本人確認書類等をスキャンします。審査・回答を終えると契約に入り、契約書類やカードが発行されます。最短40分となっていますが、審査状況や申込み状況により長くなることもあります。

・テレビ窓口申し込みで必要な書類

テレビ窓口はその日のうちに借入可能になるところが魅力ですが、持参していくものがあります。これらを忘れると即日融資は受けられないので注意しましょう。

持ち物は以下の2点です。

  • ・運転免許証
  • ・収入証明書(100万円超の利用限度額を希望の場合)

即日融資に対応できるのは運転免許証のみです。健康保険証やパスポートではカードの発行がされず、後日郵送になります。また、100万円を超える融資を希望される方は、源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書その1・その2、確定申告書第1表・第2表などの収入証明書が必要となります。

また、持ち物ではありませんが、勤務先の情報を確認しておく必要があります。住所や電話番号などはすぐに答えられるかもしれませんが、大きい会社になると社員数を把握していなかったりするので、事前に勤務先の情報は調べておくと良いでしょう。

テレビ窓口を利用するメリットについて

  • ・その場で契約まで完了できるので時間が節約できる
  • ・即日融資が可能
  • ・分からないことはその場で聞ける

基本的にはその場で契約まで完了でき、カードの発行がされるので1度ですべての手続きが完了し、郵送の手間が省けます。郵送を待つ時間が短縮される分時間の節約になり、すぐに借入したい人にも良いでしょう。

また、審査に通り、融資の決定、契約を交わすと即日融資が可能になります。すぐに借入を希望している方にとってこれほど助かるものはありません。また、インターネット申込みと違いオペレーションの方が担当してくれるので、分からないことや疑問点などはその場で解決して先に進むことができます。

テレビ窓口の受付時間と注意点について

テレビ窓口で注意をしなければいけないところは、受付時間です。受付は平日9時から20時、土曜日・祝日は10時から18時、日曜日は10時から17時となっています。銀行の窓口は15時で閉まるので、それと比較すると長い営業時間になります。また、土日祝日の営業時間は短くなりますが、営業はしています。営業時間内に手続きをする必要があるので、時間はあらかじめ確認して行きましょう。

また、持ち物や勤務先の情報、個人情報もきちんと確認しておく必要があります。先ほども言ったように勤務先の情報を意外と知らない人も多くいますし、現在他社で借入をしている人はその金額なども聞かれるので、残額いくらなのかきちんと把握しておく必要があります。

運転免許証を忘れるとその場でカードを受け取ることが出来ずに再度テレビ窓口に足を運ぶことになります。また、勤務先や個人情報が曖昧で、適当に書いてしまうと申告に虚偽があったとみなされ、審査に落ちる可能性もあります。申込みの情報は重要な審査判断材料になります。きちんと準備して万全な状態で臨みましょう。

そして、必ず即日融資となるわけではないことを覚悟しておきましょう。審査状況や借入れ状況に応じて審査にかかる時間は異なります。時間がかかれば即日融資にならない可能性もあります。その点注意をしておきましょう。

こんな人はテレビ窓口を利用しない方がいいかも

上記の注意点で少しでも不安に思った方はテレビ窓口の利用を考え直した方が良いかもしれません。なぜなら、いくら銀行内だからと言ってもバンクイックのテレビ窓口へ入るのは勇気がいります。これから借入をしますと宣言しているようなものです。

また、先に人が入っていればしばらく待つことになりますし、申込みに不備が見つかると再度テレビ窓口に訪れなければいけません。家からすぐに窓口があれば良いのですが、そうでない人は結局インターネット申込みや電話申込みの方が早かったなんてこともあり得ます。また、運転免許証を持っていない人は、結局カードの発行が郵送となるのであまりメリットはありません。

・オススメの申込み方法

上記のことから、運転免許証を持っていて、すぐにカードが手元に欲しい人はインターネットで申込み、テレビ窓口にて契約とカードの受取を行うか、事前に申込み受付シートを記入して持っていくことをオススメします。

インターネットで申込は、インターネット環境のあるPCや携帯があればどこからでも申し込みが出来ます。資料などを手元に置いて自分のペースで申込が出来るので入力ミスや曖昧な情報を入力することもありません。

申込み受付シートは、東京三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のHPからダウンロードすることが出来ます。それを印刷して持ち込めば良いので、ミスの回避だけでなく時間の節約にも使えます。即日カード発行希望の方はこれらの方法を使ってテレビ窓口を利用すると良いでしょう。ただし、インターネット申込みも審査の時間は決まっているので確認してから申込みして下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。東京三菱UFJ銀行カードローンはその場で申込からカードの発行まで出来るテレビ窓口というサービスが存在します。審査が通れば即時融資が可能なので大変便利なサービスです。

しかし、持ち物を忘れたり、個人情報や勤務先情報の記入でミスをして審査に影響したり、2度足を運ばなければいけなくなったりと注意点もあります。それらを解決するにが、「インターネット申込み+テレビ窓口」または「申込み受付シートの持参+テレビ窓口」の利用です。これらを使って不備なく借入が出来るようにしましょう。