バンクイックの返済方法について徹底解説。選べる3種類の返済方法

東京三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは3種類の返済方法と2種類の返済期日が自分で選べるようになっています。どの方法が自分に合っているか悩む人もいるでしょう。そこで、それぞれの特徴とどんな人に向いているのかを解説しました。これを読めば自分に合った返済方法を簡単に選ぶことが可能です。賢く借りて、手間なく返済をしましょう。

バンクイックの返済方法は3種類

東京三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックには、以下3種類の返済方法があります。

  1. 自動支払い
  2. ATM
  3. 振込

・自動支払いに向いている人

毎月希望の指定日を設定すると自動的に口座から引き落としがされるようになります。自動支払いにする場合、カード発行時にもらう書類もしくはホームページから「自動支払依頼書」を書いて提出します。書類が到着して1週間程度で登録完了になります。

自動支払いに向いているのは、返済に手間をかけたくない人、返済を忘れてしまう人です。子育て中の女性や忙しいサラリーマンの方はなかなかコンビニや銀行に行く時間もないと思います。そんな方は自動支払いが良いでしょう。また、返済をつい忘れてしまう人にも向いています、何度も忘れてしまうと信用を失ってしまいますし、忘れるたびに連絡が来るのも精神的に疲れてしまいます。1度の手続きでその手間がなくなるので活用しない手はありません。

・ATM支払いに向いている人

東京三菱UFJ銀行のATM、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMから返済する方法です。返済ボタンを押して、バンクイックのカードを挿入すると返済が出来るようになります。

バンクイックのATM支払いの良いところは時間にとらわれずにいつでも返済することが出来ることです。なので、ATM支払いに向いている人は、意思の弱い人です。コンビニならどこにでもあるし、カードさえあればいつでも返済出来ます。手元にお金があるとつい使ってしまうという人には向いている返済方法です。

・振込支払いに、向いている人

振込支払いは、東京三菱UFJダイレクト(インターネットバンク)から振り込む方法です。マイページから振込口座を確認し、振込みを行います。

振込支払いの良いところは、インターネットからいつでも返済出来て、手数料が無料なところです。口座にお金があり、インターネットが繋がる環境があればいつでも返済できるので、忙しい方も、意思の弱い方にも向いています。東京三菱UFJ銀行のインターネットバンクを活用する方法なので給料支払い口座が東京三菱UFJ銀行の方は手間も手数料もかからないのでオススメです。

返済期日について

返済期日については以下2種類あります。

  1. 35日ごとの返済
  2. 毎月指定日返済

・35日ごとの返済に向いている人

35日ごとの返済とは、初回借入日から35日以内に1回目の返済をします。その後は直近の返済日から35日以内に返済をしていきます。例えば3月1日に借入をすると、1回目の返済期日は4月5日になります。4月5日に返済すると、翌日4月6日から35日以内に2回目の返済をします。しかし、4月2日に返済をすると、2回目の返済期日は4月3日から35日目になります。

毎月指定返済だと、返済期間は30日ですが、35日払いの場合は5日間延長することが出来ます。返済日を少しでも伸ばしたい方にはオススメです。しかし、返済日は不規則になるので期日を忘れやすいという欠点があります。次回返済日の日程には気を付けましょう。

・毎月指定日返済

こちらは1ヶ月に1度指定日を決めて返済をします。例えば25日に設定すると毎月25日が返済期日になります。自動支払いを設定している方は毎月指定日返済になります。

毎月返済期日が決まっているので、給料日が固定されている人はこちらを選択するのが良いでしょう。また、14日前から入金が可能になり、それ以前に入金してしまうと臨時返済とみなされてしまいます。通常返済と臨時返済を使い分けて上手に返済したいという方にもオススメです。

返済額と金利について

返済では、最少返済額というのが決まっていて、毎回の返済はそれ以上の金額であればいくらでも大丈夫です。バンクイックの場合、最少返済額は10万円ごとに代わります。現在のご自身の最少返済額はマイページから確認が出来ます。

バンクイックの最も良いところは金利の安さです。実質年利率4.6%~14.6%となっています。銀行系カードローンは比較的金利は安いですが、その中でも安く設定されています。金利が安いというのはトータル的に支払う金額が安くなることを意味します。つまり、将来使えるお金が増えるのです。

また、すでに他社で借入をしている人にとって借り換えのチャンスでもあります。金利を安くしてその分金利を浮かせることも可能です。カードローンは金利の安いところで早めに返済することで無駄なお金を支払わなくて済みます。賢く借入をしたい人にもバンクイックはオススメです。

返済時の注意点について

返済方法、返済期日が自由に選べるのがバンクイックです。返済はしっかり行うべきことなので、自分に合った返済方法を選ぶのが一番です。

返済を忘れてしまいそうな人は、給料日から近い日を指定日にして自動支払いにする、収入が一定ではない人は35日払いの銀行またはATM支払いにするなど工夫をすることが大切です。

ここで支払い方法や支払い期日を自分に合わないものにしてしまうと、後々自分自身が大変になります。自己管理できない人が35日払いにしてしまうと、返済日を忘れてしまったり、次の返済日までにお金を用意できなかったりします。支払いが遅れるのは最悪な状態です。気を付けましょう。

ポイントは自分の生活に合った返済を選ぶことです。しっかり自己管理できるようになりたいから、無理をした返済を選んだという人もいるのですが、生活習慣を変えるのは大変です。何度も言いますが、最も大切なのはきちんと返済を行うことです。ご自身の現在の生活習慣に合わせた返済方法を選びましょう。

返済が間に合わない場合は

返済が遅れると遅延損害金が発生します。その為、返済額に遅延損害金を加えた金額を入金しなければいけません。返済日を過ぎたことに気付いた場合はマイページや電話で入金金額を確認してすぐに振り込みましょう。

万が一、遅れることが事前に分かった場合は相談窓口(0120-09-5919に電話を入れましょう。どのような対応になるかは借入状況や返済状況によりますが、きちんと状況を説明すれば考慮してくることもあります。

いつもはきちんと返済していたけど、海外出張していて返済を忘れてしまった、入院をしていて支払いがすぐに出来ない等などの状況もあり得るでしょう。その場合、まずは相談してどのようにすれば良いのか確認しましょう。

まとめ

バンクイックは、返済方法や返済期日が自分で選べるサービスがあります。これらを利用することで便利に返済することが可能です。遅れたり、返済不能になったりすることはバンクイックも利用者も大きな損害になります。

返済方法や期日は途中で変更することも可能です。少しやってみて合わないなと思ったら別の方法を試してみるのも良いでしょう。サービスを最大限利用し、きちんと返済を行いましょう。