ジャパンネット銀行カードローンの強みと申し込み方法について

ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)は、ネットバンクらしいサービスに特化したキャッシングです。こちらでは、ジャパンネット銀行カードローンにはどんな利点があるのかを徹底的にお話します。

金利情報やキャンペーンの内容についても解説します。実は金利関係のキャンペーンで、他の銀行カードローンではあまり見られないサービスも実際に行われているのです。利用前に知っておくことで、有利なキャッシングが出来るかもしれませんよ。

・メリットその1:無利息サービスあり

一般的に銀行カードローンのほとんどで無利息キャンペーンは行われていません。ジャパンネット銀行カードローン以外では、新生銀行カードローン レイクくらいです。

ジャパンネット銀行カードローンの無利息サービスは初回限定となっており、最大で30日間が無利息期間とされます。その30日の期間内に返済ができれば、1円も利息金を支払わないで済む、といった特典になっています。

キャッシングサービスの最大のネックは利息です。その利息金の支払いを少しでも減らせるような効果があるカードローンなのです。

例えば、給料日直前に生活資金が足りなくなってしまう、といったこともあると思います。そんな時の利用に適しているのです。給料日がくればすぐに返済できますよね。完全なる無利息キャッシングが出来るチャンスもあるわけです。

・メリットその2:最大限度額設定が極めて高い

ジャパンネット銀行カードローンの最大利用限度額は1,000万円に設定されています。銀行カードローンでも、最大利用限度額を500万円や800万円としているところは多いです。1,000万円は極めて高い限度額設定なのです。

もちろん、利用限度額は審査の上決定されます。誰でも高い限度額が貰えるわけではありません。しかし、他の銀行カードローンに比べれば、高額の借り入れができるチャンスがあるわけです。

ジャパンネット銀行カードローンは、銀行カードローンなので総量規制対象外となっています。年収の3分の1を超える借り入れも可能なのです。消費者金融であれば、総量規制の対象となってしまい、年収の3分の1以下しか借り入れができません。高額の借り入れに適しているのが、ジャパンネット銀行カードローンです。

※高額の利用限度額設定をするためには、一定以上の年収、さらに収入証明書類の提出が必要になります。

・メリットその3:自動融資サービスあり

自動融資サービスとは、ジャパンネット銀行口座を引き落としとして利用している時に、その引き落とし金額が足りなくなってしまった時に自動的に融資してくれるものです。

うっかり引き落としされる金額の入金を忘れてしまう、といったこともあるでしょう。そんな時に効果を発揮してくれるサービスなのです。

毎月の携帯電話の引き落とし、公共料金の引き落とし、といったものはどうしても忘れがちです。引き落としができないと支払いの遅延状態に陥ってしまいます。毎回支払遅延を起こしてしまうと、自身の信用問題にも発展しかねません。携帯電話代金を滞納すれば、一時的に利用不可にされてしまうこともありえるのです。公共料金の支払遅延の影響もしかりです。

自動融資サービスの利用については、無料オプションとされています。特別な利用手数料を徴収されるようなこともありません。うっかりと引き落としされるだけのお金の入金をし忘れてしまった経験がある方は、オプションの設定をしておくべきです。

  • 申し込みからカード発行までの流れ

・ジャパンネット銀行カードローンの申し込みの種類

インターネット申込みの一種類しか用意していません。しかも、ネット上で手続きは完結する、といった特徴を持っています。店頭に出向く必要が無いので、ジャパンネット銀行カードローンの大きな強み、と言っても良いかも知れません。

申し込み方法の種類は一つですが、申し込みからカード発行の流れは2つに分かれています。

  • ・口座がある方も申し込みからカード発行までの流れ
  • ・口座がない方の申し込みからカード発行までの流れ

上記の二つの種類にわけられているので確認していきましょう。

・口座がある方の申し込みからはカード発行までの流れ

ログインをして申し込みを実施する

必要書類の提出(収入証明書類)

勤務先への電話連絡(在籍確認)

審査結果の連絡(メール)

審査の突破

振込キャッシングが可能に

キャッシュカードが手元にある場合は、カードを使ってATMから借り入れ可能に

【申込みについて】

ログインする時には、近くにキャッシュカードを用意してください。

キャッシュカードに記載されている、

  • ・店番号
  • ・口座番号

上記の二つを入力します。さらに、

  • ・ログインID
  • ・ログインパスワード

上記を合わせて系4つの情報を入力してやっとログインできます。

ログインしてから申し込みを実行するのですが、その時にはトークンが必要になります。トークンとは、「お客さまがお取引をされる際に必要な本人認証として、1度だけ有効なパスワードが表示されるもの」です。

【書類の提出について】

口座を持っている方は基本的に本人確認書類の提出は必要ありません。口座を解説する時に、そもそも本人確認書類を提出しているのです。問題は、収入証明書類です。

ジャパンネット銀行カードローンの場合は、利用限度額が300万円以下であれば収入証明書類を提出する必要はありません。利用限度額設定に関しては、ジャパンネット銀行側の判断も関わってくるので、書類の提出が必要な場合は連絡が来る、といったシステムになっています。

書類の提出が面倒であると思っているのであれば、利用限度額を300万円以下にして申し込む、といったことがおすすめです。

【審査結果の連絡】

審査結果の連絡は原則メールで伝えられます。申し込み時間によって、審査結果が届く時間帯が異なっています。即日結果を受け取りたい場合には、少しでも早い時間帯に申し込みをする必要があります。

<審査結果の連絡時間帯>

・平日の午後2時までに申し込みをした場合・・・当日中の午前10時から午後5時までに連絡あり

・その他の時間帯・・・翌営業日の午前10時以降に連絡あり

※審査状況によっては午後2時までに申し込みをしたとしても、連絡が翌日以降になってしまうことがあります。

【ローンカードは発行されない】

ジャパンネット銀行カードローンを利用するためには、ジャパンネット銀行に必ず口座を持っておかなければなりません。口座を持っているということはキャッシュカードを持っています。そのキャッシュカードにローン機能が付加されるわけです。

ローン専用カードは発行されない、といった点は大きなメリットでもあります。持ち歩くカードの枚数が少なくて済むのです。

・口座がない方の申し込みからカード発行までの流れ

ネット上から申し込みを開始する(口座開設とローンの同時申し込み)

本人確認書類の提出

収入証明書類の提出

勤務先への在籍確認あり

審査結果の連絡あり(メール)

審査突破

振り込み借り入れ可能

キャッシュカードが届いてからカードを使った借り入れ可能

【口座開設とローンと同時に申し込む】

ジャパンネット銀行カードローンを利用するためには、必ずジャパンネット銀行の普通預金口座が必要になります。ですから、口座を持っていない方はローンと同時に口座開設を申し込まなければなりません

口座開設の申し込みに関してもネットで手続きが完結できます

【本人確認書類の提出について】

口座を開設するためには、必ず本人確認書類を提出しなければなりません。郵送などの提出方法もありますが、急いでいる方は書類送信アプリを利用してください。即日に審査結果回答を得られるチャンスが広がります。

【キャッシュカードの発行について】

契約が完了してからカードはすぐに発行されて郵送されます。郵送なので、手元に届くまでには時間がかかってしまいます。

すぐに借り入れをしたい場合には、初回限定の他行への振り込みサービスを利用してください。最短翌営業日までにジャパンネット銀行以外の金融機関にも振り込んでくれます。

・必要書類の種類

【本人確認書類】

  • ・運転免許証のコピー
  • ・マイナンバーカードのコピー
  • ・パスポートのコピー
  • ・各種健康保険証のコピー
  • ・住民基本台帳カードのコピー
  • ・印鑑証明書の原本
  • ・住民票の写し(原本)
  • ・各種年金手帳のコピー+補助資料(氏名、現住所、領収日付の書かれたモノ)
  • ・各種福祉手帳のコピー+補助資料(氏名、現住所、領収日付の書かれたモノ)

※いずれが一つ必要になります。

本人確認書類はジャパンネット銀行口座を解説する時のみ必要になります。すでに口座を持っている方で、ジャパンネット銀行カードローンに申し込む方は用意する必要はありません。

【収入証明書類】

<給与所得者の方>

  • ・源泉徴収票のコピー・・・最新のもの
  • ・住民税課税決定通知書のコピー・・・最新のもの
  • ・住民税課税証明書のコピー・・・3ヶ月いないものも
  • ・給与明細書のコピー・・・直近三ヶ月分

<個人市業者の方>

  • ・確定申告書のコピー・・・最新のもの
  • ・納税証明書(その1、その2)のコピー・・・発行後3ヶ月以内のもの
  • ・住民税課税証明書のコピー・・・発行後3ヶ月以内もの
  • ・住民税納税通知書のコピー・・・発行後3ヶ月以内のもの

※いずれか1つを提出する

※給与明細書に関してしては、勤続年数が1年未満の場合のみ提出が求められる

収入証明書は、限度額を300万円長に設定する場合のみ提出を求められます。用意したくないのであれば300万円以下の限度額を希望しましょう。

・即日融資を受けるための方法

3つの条件にクリアした場合に最短即日融資が受けられます。

第1条件:ジャパンネット銀行に普通預金口座を持っている

第2条件:利用限度額が300万円以下である

第3条件:平日の午前9時から午後2時までに受付を済ませること

この3つをすべてクリアした場合のみ、最短即日融資が受けられるチャンスがあります。特に注意すべきは、口座です。口座を持っていなければ、口座申込手続きをしなければならないので、融資までには時間がかかってしまうのです。

※すべての条件をクリアしたとしても、審査状況によっては融資が翌日以降にまわされてしまうことがあります。

  • 利用限度額と金利について

・利用限度額について

最大利用限度額・・・1,000万円

銀行カードローンの中でもかなり高い部類に入ります。

そもそも銀行カードローンなので、総量規制を守る必要性はありません。年収の3分の1を超える申し込みにも対応してくれる場合があります

ただし、高額の限度額を設定するためにはそれなりの条件があります。明示されていませんが、雇用形態や年収なども関わってくると考えられているのです。

・金利について

最低実質年利率・・・2.5%

最高実質年利率・・・18.0%

最低実質年利率については申し分ありません。一方で、最高実質年利率が、18.0%であることは大きな問題です。消費者金融と大きな差がありません。

他の銀行カードローンであれば、最高実質年利率が13.0%台から15.0%程度であることも多いです。少し不利な金利設定になっている、といったことは理解して申し込まなければなりません。

実質年利率は利用限度額設定によって決まってきます。利用限度額設定が高くなればなるほど、実質年利率は低くなるのです。

・利用限度額と金利の関係性

利用限度額が100万円未満・・・実質年利率18.0%

利用限度額が100万円以上150万円未満・・・実質年利率15.0%

利用限度額が150万円以上200万円未満・・・実質年利率12.0%

利用限度額が200万円以上250万円未満・・・実質年利率10.0%

利用限度額が250万円以上300万円未満・・・実質年利率8.0%

利用限度額が300万円以上400万円未満・・・実質年利率6.5%

利用限度額が400万円以上500万円未満・・・実質年利率6.0%

利用限度額が500万円以上600万円未満・・・実質年利率5.5%

利用限度額が600万円以上700万円未満・・・実質年利率5.0%

利用限度額が700万円以上800万円未満・・・実質年利率4.0%

利用限度額が800万円以上900万円未満・・・実質年利率3.5%

利用限度額が900万円以上1,000万円未満・・・実質年利率3.0%

利用限度額が1,000万円・・・実質年利率2.5%

把握しておいて欲しい点が2つあります。

最低実質年利率は2.5%ですが、その率でお金を借りるためには利用限度額が1,000万円なければならないのが一点。

もう一つが、高額の利用限度額が得られれば少額借り入れをしたとしても、実質年利率は低く設定される、といったものです。

例えば利用限度額が500万円であった場合で、10万円を借りたとします。このケースでも、実質年利率は5.5%が適用されます。

なるべく利用限度額は高く設定したほうが有利な借り入れができる、といった状態になるのです。収入証明書類は、300万円以下の申し込みであれば必要ありません。300万円程度の利用限度額にチャレンジしてみる、といったこともおすすめです。

300万円の利用限度額出れば、実質年利率6.5%で借り入れができるようになります。

・遅延損害金について

ジャパンネット銀行カードローンの遅延損害金は20.0%に設定されています

遅延損害金が発生してしまうと、予定よりも多くの利息金を支払わなければなりません。返済に遅れが出ないように注意してください。

  • ネットキャッシングの利用条件と概要

・4つの利用条件

  • 条件1つ目:申込時の年齢が20歳以上69歳以下であること
  • 条件2つ目:仕事をしていて、安定した収入があること(※)
  • 条件3つ目:ジャパンネット銀行に普通預金口座を持っていること
  • 条件4つ目:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられること
  • ※例外あり

上記の4つの条件をすべてクリアしている必要があります。一つでもクリアしていないものがあると、ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)は利用できません。

【仕事・収入条件について】

専業主婦の方のみ、配偶者に収入があれば利用可能です。専業主夫の方は利用できません。

【口座について】

申込時に持っていなくても構いません。キャッシング申し込みと口座開設申し込みは同時に出来ます。

【保証会社について】

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、サービスブランドの一つとして消費者金融の「プロミス」の事業を行っています。その関係上、プロミスの利用で過去に問題を越した事がある場合には、ジャパンネット銀行での借り入れができない可能性も出てきます。

※問題とは・・・滞納などを指しています。

・担保・保証人を用意する必要なし

担保と保証人に関しては原則的に求められることはありません。不動産がなくても利用できますし、連帯保証人になってくれる方を探さなくても良いのです。

保証に関しては、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が対応してくれます。

・融資金使途

原則自由で借り入れ可能です。借り入れするたびに、見積書などを提出する必要はありません。生活費として利用しても構いません。飲食費や旅行費用に使っても問題ないのです。

事業資金としての利用は禁じられています。もしも利用してしまうと、規約違反になってしまうので気をつけてください。

・年会費や手数料について

一切かかりません

基本的に、借入残高にかかってくる実質年利率だけがジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)側の利益となります。

・返済方法と月々の返済額

約定返済日の当日にジャパンネット銀行普通預金口座から自動的に引き落としが実行されます。返済日に関しては、自分で決定できます。毎月1日から28日、さらに月末の中から選択できるのです。

返済額に関しては、約定返済日前日の借入残高ごとに設定されます。借入残高が高ければ毎月の支払額も大きくなります。借入残高が少なければ、低額返済となります。

返済方式は2つあります。

  • ・残高スライド元利定額返済方式(A)・・・毎月の返済額が少なめ、返済総額が増える
  • ・残高スライド元利定額返済方式(B)・・・毎月の返済額は多め、返済総額は減る

どちらを選択するかで、毎月の支払額も変わってくるので自分にあっているものを選んでください。

  • ジャパンネット銀行カードローンはこんなに人にオススメ

・高額の借り入れを希望している方

最大限度額が1,000万円になっています。高額の限度額設定をしてもらえるチャンスがあるので、数百万円の借入を希望している、といった方の利用に適しています

限度額については審査が行われます。希望した額が通るとは限りません。また、300万円超の限度額を設定する場合には、収入証明書類を提出しなければなりません。

※低額の利用限度額の場合は実質年利率が少し高めですが、高額の利用限度額瀬底になると実質年利率が有利になる、とのメリットもあります。

・専業主婦

ジャパンネット銀行カードローンは専業主婦の利用を認めています。配偶者に収入があることが条件とされていますが、働いていない場合でも借り入れできるチャンスがあるのです

専業主婦が申し込みするときに行われるのが、配偶者の勤務先への在籍確認です。前もって配偶者に在籍確認の連絡があることは伝えておくのがおすすめです。

※本人が電話に出られなくても在籍が確認されれば良いのですが、本人が電話を受けた時に知らせていないと問題が発生するかもしれません。

・ジャパンネット銀行に口座を持っている

最短即日融資が可能になる審査申し込みが簡略化される(本人確認書類の提出が不要)といったメリットがあります。

ジャパンネット銀行にすでに口座を持っている方でキャッシング利用をしたい、と思っている方は利用を計画すべきです。

・ATMを利用して気軽にキャッシングしたい方

利用できるATMの数が非常に多い、といった特徴があります。三井住友銀行やゆうちょ銀行といった提携金融期間のATMも利用できます。

他にもコンビニに設置されているATMも利用できる、といったメリットがあるのです。

  • 現在実施中のキャンペーンについて

・無利息特約(無利息キャンペーン)

初回借り入れから30日間は利息が無料になる、といったメリットがあります。要は、30日間は実質年利率が0%になるのです。31日目からは通常の利息がかかります。

【無利息特約の利用条件】

ジャパンネット銀行の極度型ローン(※)を一度も利用した経験がない

約定返済を滞納しないこと

・ローン契約を締結し直さないこと

・ローン契約を解約しないこと

・各種規定に違反しないこと

※ネットキャッシング・クレジットライン・カードローン・借り入れおまとめローンを指しています。

重要なのは、契約してからまだ一度のローンを利用していない、ということ。さらに約定返済を滞納しない、といったことです。仮に、約定返済に遅れてしまうと、無利息適用外の状態になってしまいます

・初回借り入れの振り込み

初回限定のキャンペーンといっても良いものです。

初めての借り入れ限定で、最短翌営業日までに他の金融機関に借り入れの資金を振り込んでくれます

ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)は、原則的に振込キャッシングについてはジャパンネット銀行口座に対して行います。例外的に、初回だけは他の金融機関への振り込みを実施してくれる、というキャンペーンなのです。

他の金融機関への振り込みであるにもかかわらず振込手数料は一切必要ありません。全てジャパンネット銀行側が負担してくれます。

初回借り入れの振込みサービスの利用は、口座開設とローンの申し込みを同時に実施し、審査が突破したら電話で申込を行います。それだけで最短翌営業日に振込融資を実施してくれるのです。

ちなみに他の金融機関への振り込みを申し込む時には、

  • ・振込先の金融機関名
  • ・支店名
  • ・預金科目
  • ・口座番号

の4つの情報が必要になります。手元に通帳やカードなどを用意して、間違えないように確認しながら伝えて下さい。