オリックス銀行カードローンの返済額を増やし一括返済を目指すには

業界最低水準の低金利で借りられるオリックス銀行カードローンは、お金に困ったときに頼りになるカードローンです。低金利と言っても長く借りていれば支払う利息は増えますので、お金を借りたときにはできるだけ早く返すのが賢明です。

ここでは、オリックス銀行カードローンの返済額や返済方法、一括返済などについてまとめていますので、借入残高を減らす参考にしてください。

口座引き落とし方法と注意点について

・口座引き落としは「登録口座」から

オリックス銀行カードローンでは、返済方法として口座引き落とし(口座振替)が利用できます。オリックス銀行では、カードローン利用のために口座開設をする必要はありませんから、既にお持ちの預金口座からの引き落としを依頼できます。申し込み時に預金口座振替依頼書を提出すれば、毎月の返済額は申し込み時に指定した「登録口座」から自動引き落とされます。

・「登録口座」と「振込専用口座」の違い

オリックス銀行カードローンでは、「登録口座」と「振込専用口座」の2つの口座を登録することができます。「登録口座」は、申し込み時に必ず登録しなければならない口座です。毎月の返済を口座引き落としにする場合や、振込により融資してもらう場合には、原則として「登録口座」が使われることになります。

さらに、オリックス銀行カードローンでは、「振込専用口座」も任意で登録することができます。「振込専用口座」を登録しておけば、振込による融資を受ける場合には、「振込専用口座」に振り込んでもらうこともできます。オリックス銀行カードローンでは、振込融資の際には、「登録口座」か「振込専用口座」のどちらにするかをその都度指定できます。

・2つの口座の使い分けの例

たとえば、「登録口座」としてA銀行しか登録していなければ、B銀行からの公共料金やクレジットカード代金等の引き落としに備えてB銀行に入金したい場合には、融資金がA銀行に入金された後、自分でB銀行に移し替えなければなりません。融資金の振込のタイミングによっては、B銀行からの引き落としに間に合わないこともあります。この場合、あらかじめB銀行を「振込専用口座」に登録しておくことで、B銀行の残高が不足しそうなときに、B銀行に直接振り込んでもらうことができます。

また、オリックス銀行カードローンでは、口座振替に対応していないため「登録口座」としては利用できない金融機関がいくつかありますから、こうした金融機関に振込融資してもらいたい場合には、「振込専用口座」として登録しておくしかありません。

・提携ATM返済から口座引き落としに変更する方法

申し込み時に口座引き落としの手続きをしていない場合には、提携ATMまたは振込による返済を行うことになります。しかし、この場合でも途中から口座引き落としに変更ができます。

返済方法を口座引き落としに変更する場合には、預金口座振替依頼書を提出する必要があります。オリックス銀行カードローンのホームページから預金口座振替依頼書をダウンロードし、記入、押印の上、オリックス銀行カードデスク宛に送れば手続きができます。なお、オリックス銀行カードデスク宛の封筒も、ホームページからダウンロード可能で、切手も不要になっています。

・ゆうちょ銀行やネット銀行からは引き落としができない

オリックス銀行カードローンでは、引き落とし口座に設定できない金融機関がいくつかあります。口座引き落としできない金融機関は、ゆうちょ銀行、商工中金、農林中央金庫、オリックス銀行、セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行、シティバンク銀行等になりますから、これらの金融機関を「登録口座」として登録することはできません。

ちなみに、オリックス銀行のカードローンと言っても、オリックス銀行の普通預金口座を登録口座にすることはできません。オリックス銀行の普通預金「eダイレクト預金」はインターネット取引専用の預金となっており、公共料金やクレジット代金の引き落としにはそもそも利用できないためです。

・口座引き落としでは残高不足に注意

口座振替を利用する場合、返済日に引き落とし口座の残高が不足していれば、延滞になってしまうことに注意しておかなければなりません。オリックス銀行カードローンでは、返済日の前日までに口座に指定された返済額(約定返済額)以上を入金しておく必要があります。

振込での返済方法と注意点について

・振込返済には2つの方法がある

オリックス銀行カードローンでは、口座引き落とし以外に、振込返済が可能です。なお、振込返済には、「提携ATMからの返済」と「返済専用口座への振込」の2つの方法があります。

・提携ATMからの入金

オリックス銀行カードローンに申し込みすると、審査後にローンカードが発行されます。ローンカードを使えば、全国にたくさんある提携ATMからの返済が可能です。

オリックス銀行カードローンでは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行の提携ATMが利用できます。さらに、セブン銀行、E-net、ローソン提携ATM、イオン銀行などのコンビニ提携ATMも利用可能です。

オリックス銀行カードローンでは、提携ATM利用手数料が終日無料となっています。返済の際にも提携ATM手数料がかかることがありませんから、安心して利用ができます。

・返済専用口座への振込

オリックス銀行カードローンでは、利用者ごとに「返済専用口座」が設けられており、この「返済専用口座」へ振込手続きをすることでも返済が可能です。ただし、海外から「返済専用口座」に送金することはできません。自分の「返済専用口座」は、オリックス銀行カードローンのお客様専用サイト「メンバーズナビ」にログインすれば確認できます。

・振込のタイミングにより約定返済とみなされないことがある

振込返済をする場合にも、返済日までに入金がされなかったら延滞扱いになってしまいます。銀行から振込手続きを行う場合には、銀行の締め切り時間がありますから、返済日までに着金するよう手続きしなければなりません。ただし、振込返済する場合には、返済日よりあまり早く入金しすぎても、延滞になってしまうことがありますから注意が必要です。

オリックス銀行カードローンの返済額は、返済日の14日前の借入残高に応じて決まります。ですから、借入残高が決まった後、すなわち返済日前2週間の間に入金を行わなければなりません。もし返済日よりも2週間以上前に入金すれば随時返済とみなされてしまいますから、返済日までに改めて約定返済額を入金する必要があります。

オリックス銀行カードローンの最低返済額とは?

・利用残高に応じて返済額が決まっている

オリックス銀行カードローンでは、利用残高に応じて返済額が決まっています。たとえば、借入残高が30万円以下の場合、返済額は7000円になります。なお、オリックス銀行カードローンの返済額とは、毎月の最低返済額です。返済額以上であればいくら入金してもかまいません。

・増額返済がおすすめ

オリックス銀行カードローンを利用するときには、余裕があるときに、できるだけ増額返済するのがおすすめです。増額返済とは、毎月の返済額以上の返済を行うことです。 たとえば、返済額が7000円の場合、1万円入金すれば、余分に入金した3000円分は残元本にそのまま充当されます。つまり、増額返済を行うことにより、借入残高が早く減っていき、借金が早く完済できることになります。

返済方式について

・残高スライドリボルビング方式とは

オリックス銀行カードローンの返済方式は、「残高スライドリボルビング方式」と呼ばれるものです。消費者金融や銀行カードローンではほとんどの場合、この残高スライドリボルビング方式が採用されています。

残高スライドリボルビング方式では、毎月の返済額が借入残高に応じて段階的に変わります。オリックス銀行カードローンでは、返済額は、借入残高が30万円以下の場合7000円、30万円超50万円以下の場合1万円、50万円超150万円以下の場合2万円というふうに、借入残高が多くなるほど返済額が段階的に増えます。最も返済額が多くなるのは、借入残高が600万円を超えるときで、この場合には月に8万円の返済が必要です。

・残高スライドリボルビング方式のメリット

カードローンの返済をするときには、まず借入日数分の利息を支払う必要があります。返済したお金は、利息に優先的に充てられ、残った分のみが元本に充当されます。また、借金の利息というのは元本に対して一定の割合でかかってきますから、借入残高が多くなればその分利息も多く支払わなければなりません。

借入残高が多くなっても毎月の返済額が変わらなければ、毎月の返済額のうちに利息にまわされる部分が多くなってしまい、なかなか元本が減りません。残高スライドリボルビング方式では、借入残高が増えれば返済額も増えますから、元本が全く減らないということはありません。多く借りれば多く返さなければなりませんから、借り過ぎを抑止する効果もあります。

・残高スライドリボルビング方式のデメリット

残高スライドリボルビング方式はどちらかと言えば借入残高が多い人にとってメリットのあるもので、借入残高が少ない人は、むしろデメリットになることもあります。

残高スライドリボルビング方式では、借入残高が減ると返済額も減りますから、元本を減らす効果が薄れます。借入期間が延びてしまい、なかなか借金が完済になりません。毎月の返済額が少なければあまり負担に感じませんから、ついつい追加で借入れをしてしまうこともあります。結局、カードローンでずっと取引を続けることになってしまいますから、銀行側 にとって都合の良いシステムだということです。

・借金を減らすためにはできるだけ繰上げ返済をする

残高スライドリボルビング方式のデメリットを解消するためには、返済額が少ないときこそ、多くの額を返済するのがおすすめです。「借金が減ったら返済額も減った」と喜んでいてはいつまで経っても完済できません。増額返済や随時返済をし、早く借金をなくすよう努めましょう。

ローンを一括返済するには

オリックス銀行カードローンでは、毎月の返済日を待たずに、繰上げ返済をすることも可能です。残金を一括して返済できる余裕ができれば、まとめて全部支払うこともできます。一括返済を行えば、それ以降は利息を支払う必要がありませんから、総返済金額を減らすことができます。

・一括返済の手順

オリックス銀行カードローンの一括返済は、以下の手順で行います。

1.一括返済金額の確認

一括返済するときには、借金の残元本のほか、返済日までの日数分の利息を支払わなければなりません。いつ一括返済を行うかによって利息の額は変わってきますので、事前に返済金額を確認する必要があります。一括返済金額は、「メンバーズナビ」の一括返済シミュレーション画面で確認できます。

2.一括返済金額の入金

オリックス銀行カードローンで一括返済を行う場合には、

(1)オリックス銀行の指定口座への振込

(2)三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行の提携ATMからカードで入金

(3)返済日に口座引き落とし(「メンバーズナビ」の「増額返済申込」から申込)

の3つの方法があります。いずれかの方法で一括返済を行えば完済になります。

返済が間に合わない場合は

カードローンでは、返済日に返済が間に合わなければ、延滞ということになり、それ以降は通常の利息よりも高い遅延利息がかかってしまいます。延滞を続ければ、残額の一括返済を要求されるだけでなく、信用情報機関にも登録され、ブラックリストに載ってしまいます。

と言っても、「給与の受け取りが遅れて返済額が用意できない」「振込返済したけれど返済日に着金が間に合わない」などの事情で返済が遅れることはあると思います。このような場合には、決して放置せず、すぐにカードデスクに電話連絡を入れましょう。延滞利息がかかってしまうことは避けられませんが、契約解除やブラックリストに載るなどの事態は回避できる可能性があります。

まとめ

オリックス銀行カードローンの返済額は、借入残高に応じて変わってきます。借入残高が減ると返済額も減りますから、油断してまた借りてしまいがちです。

オリックス銀行カードローンの借入残高を効率よく減らすためには、できるだけ増額返済を行い、余裕ができれば一括返済を行うのがポイントです。約束した返済額にとらわれず、自分なりの計画的な利用を心がけましょう。