オリックス銀行カードローンの在籍確認と会社バレの危険性について

キャッシング審査で避けては通れないのが在籍確認。オリックス銀行カードローンに申し込みした場合にも、審査の過程で在籍確認が行われます。

在籍確認では勤務先に電話がかかってきますから、キャッシングが初めての人などは特に、何を聞かれるのかと緊張してしまうかもしれません。ここでは、オリックス銀行カードローンの在籍確認は、どういった形で行われるのかについて説明していますので、申し込みの際の参考にしてください。

オリックス銀行カードローンの在籍確認について

・在籍確認とは

カードローンやキャッシングの審査の過程では、在籍確認が行われます。在籍確認とは、申込者が申し込み時に申告した勤務先に本当に勤めているかどうかを金融業者側が確認する手続きになります。

金融業者が融資の審査を行う際には、個人信用情報機関に申込者の信用情報の照会を行います。個人信用情報機関にも勤務先名の情報は登録されていますから、そのときにも勤務先の確認はできることになります。しかし、勤務先というのはずっと同じとは限らず、どこかのタイミングで退職や転職をすることもあります。ですから、金融業者側は融資を行う前に必ず申込者の現状を確認するのです。

・在籍確認は通常電話で行われる

カードローンやキャッシングの在籍確認は、通常、電話によって行われます。なお、融資の際の在籍確認では、金融業者が会社の人事部などに電話してきて、「○○さんはそちらに在籍していますか?」というようなダイレクトな方法で確認を行うわけではありません。単に勤務先に電話をかけ、「○○さんはいらっしゃいますか?」と呼び出すだけの簡単な方法がとられています。これだけでも、申込者が申告された勤務先にいることの確認が一応はとれるからです。

・在籍確認のタイミング

在籍確認は、審査の最終段階で行われます。金融業者では申し込み情報や信用情報機関の登録情報により審査を行いますが、その結果融資OKとなった場合にのみ、在籍確認を行います。つまり、「在籍確認の電話があったのに、結局審査に落ちてしまった…」ということは、ほとんどありません。

・オリックス銀行カードローンの在籍確認

オリックス銀行カードローンでも、申し込み後の審査で、電話による在籍確認が行われています。オリックス銀行カードローンでは、担当者が個人名で申込者の勤務先に電話をし、本人を呼び出してもらうという方法がとられています。勤務先に電話があったときに電話に出ることができれば、それで在籍確認は終了することになります。

・在籍確認の電話に出られなかった場合

オリックス銀行の担当者から会社に在籍確認の電話がかかってきたけれど、たまたま外出していて出られなかった場合でも、担当者が在籍の確認ができたと判断すれば、それで手続きは終了です。たとえば、担当者が「○○さんはいらっしゃいますか?」とたずねたときに、電話口の人が「あいにく○○は今席を外しております」等答えれば、通常はその会社にいることは間違いないと考えますから、在籍確認ができたことになります。

・自営業者の場合

オリックス銀行カードローンは、利用条件を満たす人なら、自営業者でも借入れができます。自営業者は勤務先が自宅のケースもありますから、会社などに電話をかけるというわけにいかず、通常の在籍確認はできないことがあります。しかし、自営業者の場合にも実際に事業を行っていて収入があるということの確認は必要になりますから、電話による在籍確認の代わりに、住民税決定通知書や確定申告書などの提出が求められることになります。

どのようなことを聞かれるの?

・在籍していることがわかればそれでOK

在籍確認の際には、その勤務先にいることさえわかれば良いわけですから、基本的には何も聞かれることはありません。会社に電話がかかってきて、自分が電話口に出たら、担当者より「○○さんご本人ですか?」等と本人かどうかの確認がありますから、「はい。○○です。」と答えればそれで在籍確認終了ということになります。

・長々と話す必要はない

在籍確認では、担当者の質問に「はい」「いいえ」といった受け答えで二言三言会話すれば良いだけになります。確認がとれたら、担当者は「また改めて連絡します。」などと言って電話を切ってくれますので、電話口であれこれと細かいことを話す必要はありません。職場で周りの人が聞き耳を立てていても、問題になるようなことはほとんどないということです。

オリックス銀行カードローンの在籍確認電話のルールについて

・原則的には担当者の個人名で電話がかかってくる

オリックス銀行カードローンでは、原則として、担当者の個人名で在籍確認の電話をかけてきます。なお、在籍確認の電話は通常は「非通知」でかかってきますが、会社で「非通知」だとつながらない設定にしている場合には、番号通知でかけてこざるを得ないことになります。

・「オリックス銀行」と名乗ることもある

個人名で会社に電話がかかってきた場合、本人に取り次ぐ際や本人不在の際に、「どちらの○○さんですか?」「○○が戻りましたら折り返しますので会社名を教えていただけますか?」などと会社名を聞くこともあると思います。このような場合には、担当者は「オリックス銀行の○○です」と銀行名を名乗ることもあります

職場に個人的な電話がかかってきて周囲に不審に思われないか不安な場合には、事前に「口座開設の件でオリックス銀行から電話があるかもしれない」旨伝えておくなど工夫しましょう。

在籍確認なしで借りることはできるのか?

・キャッシング審査では在籍確認は必須

オリックス銀行カードローンでは、在籍確認がとれない限り、融資してもらうことはできません。オリックス銀行カードローンに限らず、金融業者の間では、在籍確認の上で貸付を行うのが常識となっています。

仮に、申込者が申告した勤務先に実際には勤めておらず無職であった場合、金融業者側はお金を貸してはくれません。収入が途絶えていれば、貸したお金を返済してもらえない可能性が高いと業者側は判断するからです。このように、融資の審査における在籍確認には重要な意味があるのです。

消費者金融などでは、在籍確認の際、保険証などその会社に勤務していることを証明できる書類を提出することで代替措置を行っているところもあります。しかし、オリックス銀行では在籍確認は原則として電話のみとなっています

・会社にバレないよう最大限の配慮をしてくれる

在籍確認を通り越さないとお金が借りられないということはわかっていても、やはり勤務先に電話連絡があると「会社の人にキャッシングすることを知られてしまうのでは…」と心配になる人も多いと思います。

オリックス銀行カードローンでは、非通知、個人名で電話をかけるなど、プライバシーに対する配慮をしてくれます。会社の人に用件を尋ねられた場合にも、オリックス銀行カードローンの担当者が具体的な用件を伝えるようなことはありません。

なお、会社にいる時間が限られているような場合には、あらかじめ伝えておけば可能な限り対応してもらえるはずですので、相談してみましょう。

申し込みからキャッシングまでの流れ

オリックス銀行カードローンに申し込みした場合、実際にキャッシングできるようになるまでは以下のような流れになっています。大手消費者金融に比べて申し込みから審査までにはやや時間がかかりますので、早めに申し込みするようにしましょう。

1.インターネットから申し込み

オリックス銀行カードローンの申し込みは、公式ホームページから土日を含めて24時間いつでも可能です。お申し込みフォームに、氏名や住所などの個人情報、勤務先の情報、借入希望額などの情報を入力して送信すればOKです。

2.メールアドレスの確認

申し込み時に登録したメールアドレスに、受付メールが届きます。受付メールを受信後、Eメールアドレス確認用URLをクリックすることにより、メールアドレスの確認手続きが完了します。以降、審査結果等は登録したメールアドレスに届くことになります。

3.審査

オリックス銀行及び保証会社の審査が行われます。

土日審査は行っていないため、土日をはさむ場合には時間がかかります。

審査の結果、限度額、金利などの契約条件が決まればメールで連絡があります。

4.本人意思確認及び在籍確認

自宅、携帯電話などのあらかじめ希望した連絡先に、本人確認及び申し込み内容の確認の電話がかかってきます。さらに、会社などに勤めている人の場合には、勤務先へ在籍確認の電話もかかってきます。

5.必要書類の提出

登録メールアドレスに必要書類アップロード用のURLが送られてきますので、必要書類を写真に撮るなどしてアップロードします。

 

6.ローンカードが届く

本人確認・在籍確認が終わった後、ローンカードが発行され、自宅に郵送されます。ローンカード到着までに必要書類の提出と最終審査が完了していれば、ローンカード到着後よりカード利用が可能になります。

7.キャッシング

ローンカード到着後、「メンバーズナビ」にログインすれば、口座振込による融資の申し込みができます。

ローンカードを使って、提携ATMから融資金を引き出すこともできます。

利用限度額の範囲内で何度でも借入れができます。

まとめ

オリックス銀行カードローンの在籍確認は、審査の最終段階で行われます。「会社に電話がかかってくるのは困る…」という人も、ここを通り抜けなければお金を貸してもらえません。

キャッシングは周りの人には内緒にしたいという人が多いと思いますが、オリックス銀行カードローンでも、在籍確認の際には最大限の配慮をしてもらえます。ビクビクしていると余計怪しまれますから、電話がかかってきても落ち着いて対応しましょう。