バンクイックの特徴と利用方法について徹底的にまとめました。

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が実施しているキャッシングサービスです。こちらではバンクイックを利用するとどのようなメリットが得られるのか、といったことを明らかにします。

金利は他社に比べて高いのか低いのか、申し込みから借り入れまでの手続きは煩雑なのかそれとも簡素なのか、といったことを知りたい方は必見です。

ちなみに、バンクイック会員だけのお得なサービスも実施しています。

もちろんマイナス面も記載するので、借り入れ利用するかしないかの判断に役立ててもらえたら幸いです。

バンククイックとは

・銀行カードローンである

バンクイックといったネーミングだけ聞くと消費者金融の一種と思ってしまうかもしれません。しかし、正式名称は「三菱東京UFJ銀行のカードローン バンクイック」といいます。銀行カードローンなのです。

銀行カードローンなので総量規制は関係ありません。高額の借り入れができる可能性もあります。一方で審査回答が他の銀行カードローンに比べて早い、といった消費者金融に似ている部分もあります。

・そもそも三菱東京UFJ銀行とは?

三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の子会社であり都市銀行の一つです。

できたのは比較的新しく、2006年に東京三菱銀行とUFJ銀行が合併することによって生まれました。近年では、ATM本支店振込の当日付取扱い時間帯拡大などのサービスを実施しています。以前は15時まででしたが、18時まで時間が繰り下げられるなど、利用者が少しでも利用しやすい状況にしています。

・バンクイックの取り扱い開始時期と保証会社

バンクイックは2007年11月5日より取り扱いが開始されました。

消費者金融のアコムが保証会社として対応しています。バンクイックを利用するためには、保証会社としてのアコムの審査に突破しなければなりません。

バンククイックの特徴について

バンクイックには大きく分けると4つの特徴があります。審査スピード、金利の低さ、返済のしやすさ、ATM手数料です。

こちらではその4つの特徴を徹底解説します。

・バンクイックの特徴その1|最短即日の利用ができる!

バンクイックはネット申し込みができ、さらに審査が通れば店舗のテレビ窓口でカード発行が受けられます。銀行カードローンでは、まだまだ少ない即日融資が受けられるサービスを実施中です。

バンクイックはインターネット申込を実施すると、最短30分で回答してくれます。審査結果の連絡は、平日の午前9時から午後9時まで、土・日・祝日は午前9時から午後5時までとなります。即日融資を受けたいのであれば、その時間帯に審査を終えておく必要があるのです。

審査に通れば、あとは店舗に設置されているテレビ窓口でカードを発行してもらうだけです。本人確認書類などを用意して持って行く必要があります。また、24時間対応ではないので注意してください。ちなみに、平日のテレビ窓口の対応時間は午前9時から午後8時までです。

・バンクイックの特徴その2|実質年利率が低めに設定されている

消費者金融と比較すると、最高実質年利率が3.0%ほど有利に設定されています。バンクイックの最高実質年率は14.6%なので、返済総額を抑えることが出来るのです。

利用限度額を高く設定できると、適用される実質年利率が低くなる、といった特徴も見逃せません。利用限度額を引き上げようとすると、収入証明をしなければならないケースも有りますが、実質年利率をさらに有利にしたい場合には高額の限度額を狙ってみるべきです。

・バンクイックの特徴その3|無理のない返済ができる

一点目は実質年利率が低い、といったことが関わってきます。返済額が低めになるので、負担といったものが少なく済むような状態になるのです。

たとえば、10万円を実質年利率14.6%で30日間借り入れた場合の、利息金額は1,200円です。1ヶ月10万円を借り入れても1,000円ちょっとの利息しか発生しません。

注目のEメールサービスも実施中です。サービスに登録しなければなりませんが、返済期日が近づいてきたら、事前にメールで返済日のお知らせをしてくれます。要は、返済日を忘れないようなシステムがしっかりと用意されているのです。

・バンクイックの特徴その4|AMT手数料がかからない

バンクイックでは、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用して借り入れたり返済をしたりしたとしても、一切手数料が発生しません。一般的にキャッシングサービスで提携ATM利用すると、借入時にも返済時にも手数料が発生してしまいます。1回あたり108円から216円の手数料が発生してしまうのです。

たとえば3年間に渡り毎月216円の手数料を支払い、返済を続けたとします。216円×36ヶ月(3年)で導き出される手数料の金額は、7,776円にもなります。8,000円近い手数料を支払うか、それとも支払わないかの差は大きいです。

実質年利率の低さばかりに目を向けてしまう方も多いです。キャッシング利用するところを探している方は、提携ATM手数料にも注目してみませんか。

申し込みからカード発行までの流れ

こちらではバンクイックの申し込みの方法にはどのようなものがあるのかをまずは紹介します。その上で、最も多くの方が利用すると考えられるネット申し込みからのカード発行の流れについて記載します。

バンクイックを利用した借り入れを計画している方は必見です。

・バンクイックの申込方法の種類とは

インターネット申し込み

テレビ窓口申し込み

電話申し込み

バンクイックでは3つの方法での申し込みを受け付けています。

ネット申し込みであれば、パソコンやスマホなどでネットが繋がるところであればどこからでも申し込み可能です。また、審査受付時間も24時間となっています。仕事終わりに審査を申し込む、といったことも出来るのです。

テレビ窓口申し込みの場合は、三菱東京UFJ銀行へ訪問して、その場で申し込みを実行します。銀行は早めに業務を終えてしまいますが、テレビ窓口業務に関しては遅い時間帯まで対応してくれています。平日であれば、午後8時まで利用可能です。

テレビ窓口を申し込みから利用してカード発行まで行う場合ですが、最短40分程度となっています。ただし、混雑状況によってはもっと時間がかかってしまうこともありますし、翌日以降のカード発行になってしまう可能性もあります。

電話申し込みも、テレビ窓口と同じく銀行窓口が閉まっている平日15時以降も利用可能です。契約手続きに関しては、テレビ窓口を利用するか、郵送を利用するか、それともFAXを利用することになります。

【電話申し込み対応時間】

・平日・・・午前9時から午後9時まで

・土曜日、日曜日、祝日・・・午前9時から午後5時まで

・12月31日から1月3日は休業

※固定電話だけでなく、携帯電話やPHSからの申し込みも可能です。

・インターネット申込からカード発行までの流れ

インターネットから申し込み(モバイルからも可能)

必要事項を入力し送信

最短30分で結果の報告(Eメールまたは電話による回答)

審査突破

契約手続きの実施(電話窓口、郵送、FAXのいずれかを選択)

必要書類の提出

契約完了

カード発行(テレビ窓口契約はその場で発行、郵送やFAX契約は郵送)

受け取ったら、そのカードを利用してキャッシング可能

【ネット申し込みの内容】

インターネット申し込みは、バンクイックの申し込みページより実施します。三菱東京UFJ銀行に口座があるか、それともないかで申し込みの流れには大きな違いが生まれてきます。

普通預金口座が三菱東京UFJ銀行にある場合には、WEB完結契約の利用が可能です。ただし、口座がなければ申し込みができない、といったわけではありません。口座がなくても利用できるのが、バンクイックのメリットでもあります。

【審査結果の連絡】

申し込みを実施してから最短30分で審査結果が伝えられます。審査結果は、Eメールまたは電話で伝えてもらえます。申し込みの時間帯によっては、審査結果の回答は翌日以降に持ち越されることもあります。

【審査結果の連絡可能時間】

・平日・・・午前9時から午後9時まで

・土曜日、日曜日、祝日・・・午前9時から午後5時まで

【契約手続き】

審査結果が伝えられて無事突破した場合には、契約手続きに入ります。

契約手続きには3つの方法があり、

テレビ窓口を利用したもの

郵送を利用したもの

FAXを利用したもの

が用意されています。

カードを使った借り入れをすぐにしたい場合には、必ずテレビ窓口を選択してください。郵送契約やFAX契約を選択してしまうと、カードが郵送されてくることになります

テレビ窓口における契約手続きですが、指示通りに行えばすぐに終了します。ただし、必要書類を用意しなければなりません。その場でカードの発行を受けたい場合には、運転免許証が必須となります。また、ケースバイケースで収入証明書類も必要になるので気をつけてください

【テレビ窓口の契約手続き受付時間】

・平日・・・午前9時かが午後8時まで

・土曜、祝日・・・午前10時から午後6時まで

・日曜・・・午前10時から午後5時まで

・12月31日から1月3日まで、2月11日・・・休業日

【カードの発行】

契約手続きが済んだらカードを受け取ります。テレビ窓口であればその場でカードを跛行してもらい、ATMを利用してすぐに借り入れ可能です。

郵送発行は届くまでにタイムラグがあるので、カードを利用した即日融資はできません。

・契約手続き時に必要になる書類とは

【本人確認書類】

  • ・運転免許証
  • ・各種保険証
  • ・パスポート

上記のうち、いずれか一つを用意してください。必ず提出が求められます。

学生の方は、上記の本人確認書類に加えて学生証の提出が求められます

【収入証明書類】

  • ・源泉徴収票
  • ・住民税決定通知書
  • ・納税証明書その1、その2(個人事業主の方)
  • ・確定申告書第1表、第2表

※いずれか一つを用意してください。

収入証明書類に関しては、全員が提出を求められるわけではありません。バンクイックにて、100万円を超える利用限度額を希望している場合には提出しなければなりません。また、100万円を超えていなくてもバンクイック側に提出が求められた場合は提出する必要があります。

・申し込み前に利用して欲しいサービス

バンクイックは公式ページに返済シミュレーションを用意しています。毎月の返済額と返済期間をシミュレーションしてくれるので、キャッシングの正確なイメージを掴むことも可能です。

毎月の返済額をシミュレーションする場合には、借入金額と返済月数、更に実質年利率を入力します。

返済期間をシミュレーションする場合には、借入金額と毎月の返済額、そして実質年利率を入力するのです。

入力が終わったら、「シミュレーション結果を見る」をクリックしてください。毎月の返済額or返済期間が示されているはずです。こちらのコンテンツは、特に初めてキャッシングする方に利用して欲しいです。あなたの返済能力で、キャッシングが利用できるかどうかを確認できます。

バンククイックはこんな人におすすめ

バンクイックを利用すべき人についてお話します。

誰にでも利用がおすすめできるサービスはありません。銀行カードローンといった安心感や有利な金利といった部分を中心に、どんな方の利用が適切なのかを明らかにします。

・安心してキャッシングを利用したい方におすすめ

キャッシングサービスの中には、ヤミ金が紛れ込んでいることも珍しくありません。特に、街金と言われている中小の消費者金融の中には多くのヤミ金があるとされているのです。

バンクイックの場合は東京三菱UFJ銀行が関わっています。銀行カードローンといった安心感があるのです。初めてキャッシングを利用する、といった方でも心配ありません。余計な心配をしないで済む、といったメリットに注目です。

・低金利での借り入れをしたい方におすすめ

消費者金融の最高実質年利率は18.0%に設定されていることが多いです。バンクイックに関しては14.6%に設定されているので、圧倒的に有利な条件で借り入れができます

実質年利率の高さは毎月の返済額はもちろんですが、返済総額にも関わってきます。低金利で有利な借り入れがしたい、といった方にはバンクイックがおすすめです。

・返済しやすいカードローンを利用したい方におすすめ

提携ATMが非常に多く設置されている、といったメリットがあります。三菱東京UFJ銀行に設置されているATMだけでなく、コンビニに設置されている提携ATMでも返済可能です。

たとえば、旅行中に返済することもできますし、出張中でも問題ありません。日本全国各地からコンビニATMを利用し、返済日に遅れることなく支払いができるのです。

・毎月返済の返済額を少しでも抑えたい方におすすめ

月々の返済額は最低1,000円から、となっています。借入残高によっても最低返済額は変動するのですが、少額返済に対応しているのがバンクイックの大きな特徴でもあります。

月々の返済額が高いと困る、といった気持ちが強い方にはバンクイックの利用が適しています。

・提携ATM利用でも手数料を支払いたくない方におすすめ

基本的に提携ATMを利用した借り入れや返済には手数料がかかってしまいます。しかし、バンクイックではコンビニに設置されているような提携ATMを利用したとしても、手数料が一切発生しません時間外手数料もかからないのです。

借金元金と利息金のみを支払えばよいのがバンクイックです。他のキャッシングサービスであれば、プラスしてATM手数料がかかってくる事が多いので、この違いは大きな差といえます。

利用限度額と金利について

キャッシングを行うにあたり、必ずチェックしなければならないのが限度額と金利(実質年利率)です。

最高限度額はあなたの希望を超えているでしょうか

他のキャッシングサービスに比べて実質年利率は低いのでしょうか

以上の2点を考慮しつつ、以下の情報をチェックしてもらえたら幸いです。

・低めに設定されている金利

最低実質年利率・・・4.6%

最高実質年利率・・・14.6%

バンクイックの金利に関しては比較的低めに設定されています。特に、最高実質年利率に関しては15.0%を切っているので、支払う利息金も抑えられます。

設定される実質年利率ですが、利用限度額によって変化します

【限度額ごとの実質年利率】

・限度額が10万円以上100万円以下のケース・・・12.6%から14.6%

・限度額が100万円超200万円以下のケース・・・9.6%から12.6%

・限度額が200万円超300万円以下のケース・・・7.1%から9.6%

・限度額が300万円超400万円以下のケース・・・6.1%から7.1%

・限度額が400万円超500万円以下のケース・・・4.6%から6.1%

限度額が高くなればなるほど、有利な実質年利率で借り入れができる状態になります。

たとえば、限度額が250万円であった場合には、実質年利率は7.1%から9.6%になるのです。

※金利は変動することがあります。

・限度額はどのくらい?

最高で500万円に設定されています。

銀行カードローンの中ではそれほど高いとはいえません。消費者金融の大手と同等といえます。銀行カードローンの中には、最高の限度額が800万円や1,000万円としているところもあります。

500万円超の利用を考えている方は、バンクイック以外の銀行カードローンを選択すべきです。

100万円超の限度額を設定する場合には、収入証明書の提出が求められます。

会員だけのお得なサービスについて

バンクイックでは、幾つかの会員に対するお得なサービスを用意しています。そのサービスを利用することで、キャッシングがスムーズにできるようになることもあります。

バンクイックの会員になれば場合は、ここに紹介するサービスを使いこなしましょう。

・Eメールサービスあり

返済日の案内メールがあります。返済日をうっかり忘れてしまった、といった経験がある方は有効活用してください。

返済日の案内メールには2種類あり、返済日のお知らせメールと返済日の遅れを知らせてくれるメールがあります。

返済日前のお知らせメール・・・返済期日3営業日前に連絡あり

ご入金お願いメール・・・返済期日の翌営業日に連絡あり(返済がなかった場合)

毎月の返済日を把握していないこともあるでしょう。利用し始めたばかりの頃は、いつが返済日であったのかを忘れがちです。

3日前にメールをもらっていたとしても、うっかり忘れてしまうこともあるものです。そんな時でも、傷が広がらないうちにすぐにメールをくれるので、早く対応できます。

※35日毎の返済に設定した場合には、月々の返済日が変わってきます。返済日の案内メールは絶対に利用すべきです。

利用限度額増額のご案内メールもあります。

利用状況によっては、利用限度額を増額知れくれる可能性もあるのです。あなたの利用実績が良かった場合などには、バンクイックより増額案内のメールがあります。

【Eメールサービスを利用する方法】

・これからバンクイックの申込をする方・・・申込時に「Eメールサービス」を希望

・すでにバンクイックを利用している方・・・会員ページより「Eメールサービス」に登録

・会員専用ページで各種手続きが可能

【会員ページで出来ることの例】

利用残高や適用実質年利率の照会

次回の返済金額の照会

次回の返済期日の照会

Eメールサービスの申し込み

利用限度額増額の申し込み

バンクイックの会員ページが利用できるようになります。ログインには、「口座番号」と「カード暗証番号」が必要です。

会員ページの利用に関しては、手数料がかかってしまうようなこともありません。

24時間いつでもログインして、様々な情報を確認できるメリットもあります。

バンクイックを利用する際の注意点

バンクイックを利用するにあたり、いくつか気をつけなければならないところもあります。審査時間は最短30分とされているのですが、事実とは限りません。他にも、即日融資を可能としていますが、誰でも即日融資が受けられるわけではないのです。

事前に幾つかの注意事項をチェックした上でバンクイックに申し込みを行ってください。

・審査は必ずしも30分で終わるわけではない

「最短30分」と記載されていますが、あくまで「最短」です。スムーズに審査が行われれば30分で終わることもありますが、それ以上かかってしまうことも当然あります。

特に注意しなければならないのが、申込時に混雑している場合です。多数の申し込みがあると、順番通り行っていけば、当然審査時間が伸びてしまいます。

バンクイックの場合は60分程度審査にかかることもあるので、30分で終わるものとは想定せず、60分くらいはかかると思って審査を受けてください

即日融資を受けたい、と思っている場合には、早い時間帯に申し込みを行うべきです。

・申込方法によっては即日融資ができないことも

インターネット申込を実施し、テレビ窓口に向かえば即日融資が受けられる可能性は高いです。しかし、インターネットが利用できなかったり、近くにテレビ窓口がなかったり、といった状態であると即日融資はかなり厳しくなります。

申込方法によっては即日融資を受けられない、といったことは把握しておくべきです。

・テレビ窓口を利用できなければ家にカードと書類が送られてくる

家族のキャッシングの利用がバレないようにしたいので、カードや書類は郵送してほしくない、と思っている方は多いです。しかし、バンクイックの場合はテレビ窓口契約以外のケースは、家に書類が郵送されてしまうのです。

中身を見られてしまえば、キャッシングを申し込んだことが発覚してしまう可能性もあります。家に書類等を郵送してほしくない、と思っているのであれば、テレビ窓口を利用した契約やカード発行を利用すべきです

・他の銀行カードローンに比べると収入証明書が必要になりやすい

銀行カードローンは総量規制の対象範囲外なので、収入証明書が不要になるケースは多くなります。よほど高額の借り入れを希望しなければ、提出を求められません。

しかし、バンクイックの場合は100万円超の限度額設定で提出を求められてしまいます。

【主な銀行カードローンの年収証明書提出条件】

・りそな銀行 りそなプレミアムカードローン・・・限度額400万円超

・住信SBIネット銀行 Mr.カードローン・・・限度額300万円超

・楽天銀行 スーパーローン・・・限度額300万円超

・イオン銀行カードローンBIG・・・限度額300万円超

・新生銀行 レイク・・・限度額100万円超

レイクのようにバンクイックと同等のところもありますが、300万円超に設定しているところも多く、この点は他の銀行カードローンに少し劣る、と判断できます。