大学生がお金を借りる時の選択肢と借入れ条件について

大学生、短大生、専門学生など学生の間は時間があるけどお金がないという方がほとんどです。しかし、飲み会や旅行など色々とやりたいことが出てくるのもこの年頃の特徴です。バイト代が出るのは先だけど、どうしても飲み会に参加したい…そんな時はキャッシングが便利です。

安易なキャッシングはオススメできませんが、返すあてがきちんとあるなら金融機関のサービスをフル活用して賢くキャッシングしましょう。もちろん注意事項もあるので、これを読んで正しいキャッシングの知識を付けてから利用しましょう。

大学生にオススメの金融機関一覧とその特徴

大学生、短大生、専門学生がお金を借りる場合、問題となるのは年齢と収入です。20歳以上であれば大手消費者金融でも借入れが可能です。しかし、20歳未満となると借入れできるところは少なくなります。

・20歳以上でアルバイトなどをしている方

大手消費者金融でも会社によって条件は異なりますが、ほとんどの場合「20歳以上で安定した定期収入がある方」を対象に融資を行っています。安定した定期収入というのはアルバイトでも問題ないので、学生でもアルバイトをしていれば借入れが可能となります。

ただし、総量規制という法律があり、年収の3分の1までしかキャッシング出来ないので、例えば毎月5万円をアルバイトで稼いでいた場合、年収で60万円、その3分の1なので20万円までしかキャッシングは出来ません。

20歳以上であれば、名の知れた大手のカードローン会社を利用した方が良いでしょう。何故なら、信用度が違うからです。学生を対象とした学生ローンというものもありますが、中には何も知らない学生に無理な契約を押し付ける怪しい会社も存在します。見極めが難しいので、20歳以上でアルバイトなどをしている方は、大手のカードローン会社を検討しましょう。

大手でオススメなのが、以下の2つです。

  • ・プロミス
  • ・アコム

上記の2つは一度くらい耳にしたことがある会社ではないでしょうか。CMなどでも良く見ますね。2社は歴史も長く、銀行が資本を出している会社なので信用度も高く、サービスも充実しています。

一人暮らしの学生は生活に困ってキャッシングを利用することもあるかもしれませんが、ほとんどの方は飲み会や旅行など遊びでお金が足りなくなってキャッシングを利用するのではないでしょうか。飲み会に行きたいけど、今月はもうお金が足りない、旅行の申込みをしなければいけないけど、バイト代が入るのは少し先、など時間はあるけどお金がないのが学生の辛いところです。

そんな一時的にお金が足りない場合、2社の30日間無利息サービスを使うと、30日以内に返済すれば利息なしでキャッシングすることが可能なのです。次のバイト代で返せるなど、返済の予定がしっかり立つならこのサービスはとても便利です。社会人になると今度は時間がなく、新しい出会いも少なくなります。時間のある学生のうちにこのようなサービスを賢く使い、色々な経験を積んでおくのも良いでしょう。

・20歳未満のキャッシング

20歳未満でも学生相手にキャッシングを行う学生キャッシング会社であれば借入可能なところもあります。学生ローンで20歳未満でもキャッシング出来るのは以下の会社です。

  • ・アイシーローン

1981年に設立され、30年以上も続く消費者金融です。特に学生ローンでは全国トップクラスを誇っています。18歳以上の学生であれば利用可能です。収入があることが融資の条件ですが、収入がない場合は要相談となっているようです。

ただし、一般的な消費者金融に比べ金利は高く設定されています。実質年利率10.0%~20.0%です。金利が高ければその分返済は大変になります。利用する場合はきちんと返済計画を立てて利用することをオススメします。

大学生がお金を借りるための基本的な条件

大学生がお金を借りる場合でも、収入は重要となります。中には収入がなくても借入れ可能と書かれているカードローン会社もありますが、その状態で借入れをするのは危険です。カードローン会社はお金を貸すのが仕事ですが、返してもらわなければいけません。

収入がない状態というのは、途中で返済が滞る危険があると判断され、それに備えて多く利息を取ろうと考えます。学生ローンと名がつく消費者金融は条件が緩く、一見借入れがしやすいように感じます。しかし、良く見ると金利が高く設定されていたりします。キャッシングを行う場合、返済まで考えて行うようにしてください。

審査に通りにくい人と通りやすい人の特徴

大手消費者金融でも学生ローンでも、審査に落ちることはあります。条件は満たしていても他の内容で審査落ちすることはあるのです。審査の基準は公開されていませんが、一般的に審査に通りにくい人と通りやすい人はいます。以下審査に通りにくい人の特徴をまとめました。

  • ・希望金額が高額
  • ・過去に返済不能に陥るなど事故情報がある
  • ・収入の証明が取れない、記入情報と違う

希望金額が高額な人はそれほどお金に困っているのではないかと思われます。お金に困っている人というのは、返済が難しくなる可能性があるのであまり高額な希望額はマイナスなイメージを与えます。

過去にキャッシングをして、返済が滞ってしまったなどの記録はすべて信用情報機関に保管され、金融機関は融資の申し込みがあると必ず情報を照会します。これがいわゆるブラックリストと呼ばれるものです。ここに事故情報が記載されてしまうとどの金融機関でも借入れは難しくなりますので注意しましょう。

カードローン会社にもよりますが、多くの場合職場に在籍確認を行います。その時に在籍確認が取れない、または、個人情報の確認の際に記入情報と違いがあると審査が不利になることがあります。例え記入ミスだとしても嘘を記入したとみなされることもあるので注意しましょう。

審査には、信用度が大きく関わってきます。先ほども言ったようにカードローン会社としては、貸したお金を回収しなければいけません。その見込みが少ない人には貸せないと判断されることもあるので気を付けましょう。

審査の為の事前準備

申込みをする前に事前準備をしておくと審査がスムーズに行きます。事前準備は必要書類を用意することと、他社で借入などある場合は自分の情報をまとめておくことです。

・必要書類

基本的に必要となる書類は身分証明書です。運転免許証が好ましいのですが、ない場合は健康保険証やパスポートでも大丈夫です。また、学生ローンを利用する場合、学生証が必要な場合もあるのであらかじめ用意しておきましょう。

また、消費者金融の場合、借り入れ金額が50万円を超える場合や他社との合計借入額が100万円を超える場合には収入証明書が必要になります。その他、必要に応じて収入証明書の提示を求められることがあります。直近数か月分の給料明細や確定申告書類などが必要なので、収入に関する書類を集めておきましょう。

・個人情報

すでに他社で借入がある場合や、年収など学生の場合普段あまり気にしないことも多いですが、初めの申込書に記入することがあるので、ある程度答えられるようにしておきましょう。インターネット申込みの場合は自宅で申し込みが出来るので、調べながら記入しても良いでしょう。

記入ミスやこれぐらいかなというアバウトな数字を記入すると嘘の申告をしたとみなされることがあります。審査をスムーズにするために記入はきちんと行いましょう。

これだけは絶対に注意する

学生の方が一番気になるのは、家族に内緒でキャッシングが出来るかどうかではないでしょうか。そもそも親御さんに相談出来るのであれば、キャッシングを使わずに親御さんに相談するという方もいるでしょう。

学生ローンでも大手消費者金融でも、利用者のプライバシーを最大限優先してくれるので基本的に他の人に知られることはありません。それは家族に対しても同じです。しかし、気を付けなければいけないことがいくつかあります。

まず、郵送物です。家族と別で住んでいる場合は良いのですが、家族と同居している場合は少し工夫が必要です。多くの消費者金融は消費者金融とは分からないような名前で郵送をしてくれます。例えば、プロミスであれば事務センターという差出人名で郵送されます。

しかし、家族がそのことを知っていたり、中身を見られたらすぐに分かってしまします。そこで、郵送を避ける必要があります。会社によって異なりますが、大手であれば自動契約機を使い、カードと契約書類を受け取ることが可能です。自動契約機がない会社の場合、店舗に行けば直接受け取ることが可能です。書類を直接取りに行き、郵送物を回避しましょう。

次に注意するのは、返済の滞納です。返済が滞るとまず、本人の携帯に連絡が来ます。漫画でみるような怖い取立てではなく「返済が遅れているようですが、いつ頃返済できますか」と聞かれるだけです。

その時にいつまでに、返済すると言い、その通りに返済すれば問題はありません。ただ、返済が遅れると返済遅延金がかかることと、何度も返済が遅れると事故情報として記載されることがあるので注意しましょう。今後の借入に影響が出ます。

また、携帯への電話に出ないと自宅やアルバイト先に連絡がいくことがあります。電話の場合も会社名を出すことはなく、担当者の個人名で連絡をしてくれます。しかし、頻繁に連絡が来ると家族やアルバイト先の人に怪しまれることもあるので注意しましょう。

以上の2点に気を付ければ、家族にバレることもないし、今後の借入に影響することもありません。安易な借り入れはオススメできませんが、サービスなどを賢く使い、お金を将来の為になるようなことに使い、自分の可能性を広げて欲しいと思います。