専業主婦でも借りれる新生銀行カードローンレイク!条件や注意点を解説

家計を預かる主婦だからこそ、ちょっとお金に困ったときにカードローンを利用できればとても助かります。しかし、大手消費者金融など、専業主婦NGとなっているカードローンが多いのも事実です。ここでは、新生銀行カードローンレイクでは、専業主婦も融資を受けられるのかについて、注意点も含めて詳しく解説します。

専業主婦でもレイクで融資を受けることはできるの?

・専業主婦でもお金を借りたいことはある

冠婚葬祭、旅行やレジャー、友人・知人とのお付き合い、子どもの習い事関係などなど、普段はなんとかやりくりしていても、突発的にお金が必要になって生活費が足りなくなるということはよくあります。家計の管理を任されている専業主婦なら、「今月ちょっと苦しいからお金を借りられないかな…」と思うこともしばしばあるのではないでしょうか?

お金が必要になったとき、親戚や友人から借りるという方法もあります。しかし、身近な人とのお金の貸し借りはトラブルのもとになりますから、できれば避けたいと思う人も多いでしょう。そんなときに便利なのがカードローンです。

専業主婦でもカードローンを利用することは可能です。カードローンと言えばなんとなく怖いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、今は消費者保護のための規制も強化されており、安心して利用できる商品がほとんどです。一時的に生活費が足りなくなった場合や何らかの事情で急にお金が必要になった場合には、カードローンの利用を考えてみましょう。

・消費者金融では総量規制の問題がある

カードローンを取り扱いしている会社には、消費者金融があります。消費者金融とは、個人向けの無担保融資をメインに行っている貸金業者のことです。テレビCMでおなじみの、アコム、アイフル、プロミスなどは消費者金融になります。

消費者金融では、パートやアルバイトなどで収入を得ている主婦はお金を借りられますが、働いていない専業主婦は原則としてお金を借りることができません。というのも、貸金業者を規制する貸金業法には、貸金業者が利用者の年収の3分の1を超える貸付を行うことを禁止する「総量規制」があるからです。そのため、年収が0円の専業主婦は、借入できる枠もないということになります。

なお、総量規制の例外として、「配偶者貸付」という制度があります。配偶者貸付の適用を受けるにはいくつか条件がありますが、条件をみたせば、専業主婦でも配偶者の借入残高と合わせて、配偶者の年収の3分の1までの借入が可能です。ただし、大手消費者金融ではどこも専業主婦の申し込み自体を受け付けていません。そのため、一部の中小の消費者金融でしか配偶者貸付による借入は受けられないのが現状です。

・レイクは総量規制対象外の銀行カードローン

レイクと言えば、かつては「ほのぼのレイク」などのCMで知名度の高い消費者金融でした。レイクは1990年代の終わりから吸収合併等を繰り返し、2011年に新生銀行に事業譲渡され、現在は新生銀行のカードローンに「レイク」のブランドが引き継がれています。つまり、現在のレイクは、消費者金融ではなく、銀行カードローンになります。

銀行カードローンの場合には、銀行法の規制を受けることになり、貸金業法の適用はありません。すなわち、銀行カードローンのレイクには総量規制の適用がないため、借入の際の年収の3分の1までという制限がないことになります。収入のない専業主婦でも、総量規制対象外のレイクなら借りられる可能性はあります。

・配偶者に安定した収入があれば借りられる

レイクの利用条件は、原則として「安定した収入がある方」となっています。レイクで専業主婦が借入審査に通るためには、配偶者に「安定した収入」があることが条件になります。配偶者が無職など、毎月継続して入ってくる収入がない場合には、やはりお金は借りられないことになります。なお、レイクでは専業主婦も、配偶者の同意なしに借入ができます。

専業主婦が借り入れることのできる限度額は?

・レイクの利用限度額の上限は500万円

レイクでは、1~500万円までの借入が可能です。なお、レイクと契約すれば、すべての人が500万円まで貸してもらえるというわけではありません。レイクの利用限度額は、契約者ごとに返済能力に応じて設定されます。

・専業主婦は利用限度額が少なめに設定される

専業主婦がレイクに申し込みした場合には、配偶者の収入に関係なく、利用限度額は少なめに設定されます。これは、レイクに限ったことではなく、銀行カードローンで専業主婦への貸付を行っているところでは、たいてい借入限度額の上限は30~50万円程度になります。

・無利息キャッシングを活用して利息の負担を抑えられる

レイクの金利は低くはありませんが、レイクでは初めての利用の場合、「借入額のうち5万円まで180日間無利息」もしくは「借入額全額につき30日間無利息」のどちらかの無利息サービスを利用できるキャンペーンを行っています。専業主婦はそもそも借りられる額が少ないですから、無利息キャンペーンを活用すれば、利息の負担も抑えることができ、家計のやりくりの大きく役立ちます。

家族にバレないようにするには?

専業主婦がレイクでお金を借りる場合には、夫の同意は必要ありませんが、家族にバレる可能性がないわけではありません。専業主婦が家族にバレないようにお金を借りるには、以下のような点に気を付ける必要があります。

・連絡先には携帯の電話番号を書いておく

レイクに申し込みした際の審査では、勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。専業主婦の場合には、勤務先がありませんから、本人確認の電話のみになります。ここで、本人確認の電話が自宅にかかってくれば家族が電話をとってしまう可能性があります。

レイクの申込フォームには、自宅の固定電話番号以外に、携帯電話番号も入力することができます。携帯電話番号を書いておけば、原則的に自宅に電話がかかってくることはありませんから、家族がレイクからの電話を受ける心配もありません。

・家族に内緒である旨を記入しておく

世間では、家族に内緒でお金を借りたいという人がたくさんいます。そのため、レイクの申込フォームには、家族の承知の有無について入力する欄があります。ここで、「家族に内緒」を選んでおけば、レイク側でも家族にバレないような配慮をしてくれます。

・自動契約機でカードを受け取る

レイクでは、申し込み後審査に通過すれば、カードが発行されます。カードが自宅に郵送されると家族にバレてしまうという場合には、レイクが設置している無人契約機でカードを受け取ることも可能です。レイクでは土日祝日も自動契約機を営業しており、21時までの受付で即日融資も可能になります。

・Webで完結するカードレス取引を選択する

レイクでは、パソコンやスマートフォンアプリを利用してネット申し込みした場合、契約書類やカードが発行されずWebで手続きが完了するカードレス取引を選ぶことができます。カードレスでは、借入の際には自分の口座に振込され、返済の際にはあらかじめ登録した口座から手数料無料で自動引き落としが可能です。カードレスを選択すれば、郵送物が発生しませんから、家族にバレる心配も少なくなります。

注意点

・振込融資を利用するなら自分名義の口座が必要

レイクで振込融資してもらう場合には、契約者本人名義の口座が必要になります。専業主婦が申し込みする場合にも、夫名義の口座に振り込んでもらうわけにはいきません。また、振込融資を利用する場合には、通帳を見られることにより家族にバレてしまう可能性もありますので、内緒にしたいなら自分だけが管理できる口座を用意しておきましょう。

・本人確認書類を用意しておく

レイクに申し込みするときには、必要書類として、本人確認書類が求められます。運転免許証があればそれでOKですが、なければ健康保険証やパスポートなどを提出しなければなりません。また、本人確認書類の住所と現住所が異なる場合には、公共料金の領収書や住民票の写し等が必要になります。なお、本人確認書類の提出にはスマホのアプリを利用すると便利です。申し込み前にスムーズに提出できるよう準備しておきましょう。

・女性オペレーター希望ならレディースレイクに電話

レイクには、レディースレイクと呼ばれる女性専用キャッシングの窓口も用意されており、女性オペレーターが対応してくれます。専業主婦が申し込みする場合には、男性スタッフだと不安ということも多いと思います。そのような場合には、レディースレイク(0120-09-09-88)に電話するようにしましょう。

・無利息期間中も返済日には返済が必要

レイクでは、初回は無利息サービスを利用することができます。無利息サービスは、無利息期間中は利息が発生しないということで、無利息期間中は返済しなくても良いということではありません。特に、30日間借入額全額無利息を選ぶ場合には、30日後に借りた金額全額を返せばOKというわけではなく、30日の間に訪れる返済日には定められた返済額を支払う必要があることに注意しておきましょう。

・延滞すれば自宅に連絡がくる

レイクでは専業主婦でも家族に内緒でお金を借りることが可能です。ただし、借りたお金を返さず、延滞を続けてしまうようなことがあれば、自宅に電話がかかってきたり郵便物が届いたりしてしまう可能性があります。たとえ少額でも、借りたお金を返さなければ遅延損害金を含めた額を請求されてしまいます。キャッシングに頼り過ぎず、借りた場合には約束どおりの返済をきちんと行うようにしましょう。

まとめ

新生銀行カードローンレイクは、専業主婦でも申し込み可能な銀行カードローンです。レイクには、無利息サービスで利息の負担も抑えられるほか、家族に内緒で利用しやすいというメリットもあります。なお、もしレイクで延滞すれば、家族にカードローン利用がバレてしまう可能性があります。カードローンでお金を借りたら返済日を忘れないように、計画的な家計管理を心がけましょう。