楽天カードは早期返済ができる?繰り上げ返済の方法や注意点を解説!

楽天カードは一回払いだけでなく分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどさまざまなニーズに合わせて支払方法を選択できる便利なカードです。でも分割払いやリボ払いを利用していると手数料がかかりもったいないな・・・と感じている人もいるのではないでしょうか?

まとまったお金ができたときに繰り上げで返済してしまいたいと考えている人もいるはずですし、一括払いを選択していても限度額を復活させるために約定日前に返済してしまいたい!と考えている人もいるのではないでしょうか。今回は繰り上げ返済の方法や注意点についてご紹介したいと思います。

毎月の支払い日より前にカードの利用残高を返済することは可能なの?

・支払い予定日より前にカードの残高を返済することは可能

楽天カードの約定日は毎月27日です。例えば、約定日よりも前に返済してカードの利用可能額を復活させたい人、とにかく借金しているみたいでいやだからすぐに返済してしまいたい人などそれぞれ事情があると思います。楽天カードは本来の支払い予定日(約定日)よりも前に残高を返済することが可能です。ただし、口座振替の場合、約定日以外の日に引落しはしてくれないので自分で振込む必要があります。その場合かかった手数料は自己負担となりますので注意しましょう。

・早期返済をする場合は必ず電話連絡が必要

約定日よりも前に早期返済を希望する場合はネットからは変更することができません。必ず電話での連絡が必要となります。楽天カードを手元に用意の上電話連絡しましょう。ナビダイヤルにかかった通話料は利用者負担となります。

・振込口座は利用者によって異なる

早期返済をする場合、楽天カード側から振込先口座を教えてもらえます。この振込口座は利用者によって異なっていますので、他の利用者から振込先を聞いて勝手に振り込んだりするのは絶対にNGです。必ず楽天カード側から振込先の口座を聞いてから返済しましょう。

・必ず契約者本人からの連絡が必要

カード会員のご主人様が忙しいからと家族会員である奥様が連絡したい、という状況もあると思います。けれども早期返済をする場合、必ず本人会員からの連絡でないと受け付けてくれません。電話は5分もかかりませんので必ず本人会員から連絡をしましょう。

分割払いやリボ払いを繰り上げ返済することはできるの?

分割払いやリボ払いは便利な支払方法ですが、実際にはけっこうな金利がかかって結果支払総額が高額になってしまうパターンもあります。お金に余裕があるときに残高を全額または一部繰り上げしたい人はできるのでしょうか?結論から言うと、楽天カードで分割払いやリボ払いを選択している人も繰り上げ返済をすることができます。楽天カードの会員規約第33条に早期返済についての記載がありますので見ていきましょう。

【第33条(早期完済の場合の特約)】

会員は、当初の契約のとおりに分割払を履行している場合には、約定支払期間の中途で残金全額を一括して支払ったときは早期完済をすることもできます。この場合の支払金額は下記計算式により算出した金額とします。

未払分割支払金合計 – 期限未到来の分割払手数料 + 早期完済手数料

但し、期限未到来の分割払手数料は、78分法又はそれに準ずる当社所定の計算方法により算出された金額とします。また早期完済手数料は、期限未到来の分割払手数料に対し、10%を超えない範囲の当社所定の割合を乗じた金額とします。

つまり簡単に言うと、(まだ支払っていない元金と金利の合計)から(今後支払う予定だった分割払い手数料)と(早期完済にかかる手数料)を引いた額を振込むことになります。

繰り上げ返済する方法

リボ払いや分割払いをしている人が繰り上げ返済する方法についてご紹介します。

繰り上げ返済は全額を一括で返済(完済)する場合と、一部だけ繰り上げて返済する場合によって方法が異なりますので注意しましょう。

・全額返済する場合

▽楽天カード会員の方(楽天PINKカード含む)

利用残高の一括(全額)支払いを希望の場合は自動音声専用ダイヤルで対応が可能です。音声ガイダンスに沿ってメニューを選択してください。電話番号は0120-30-6910(24時間・年中無休)となります。

※携帯電話・PHSからも利用可能です。

※フリーダイヤルが利用できない場合、092-474-9255(有料)となります。

ここで注意が必要なのが、手続き可能な期間は、引き落とし結果反映後~翌月9日(土日祝の場合は前営業日)14:45までとなります。

上記の期間以外の場合は、楽天カードコンタクトセンターでないと対応できないので注意しましょう。楽天カードコンタクトセンターの電話番号は0570-66-6910(有料)こちらが利用できない場合は092-474-6287(有料)へ電話してください。営業時間は9:30~17:30となります。

▽楽天プレミアムカード・ゴールドカード会員の方

カード裏面に記載の楽天プレミアムカードデスクへ連絡が必要となります。

自動音声による手続き対象期間外の場合は、営業時間9:30~17:30に電話をしてください。

※リボルビング払いや分割払いを含む支払いで、11日以降に返済の場合は、11日以降(営業時間9:30~17:30)に楽天カードコンタクトセンターまで問い合わせてください。

・一部返済する場合

利用残高の一部支払いを希望の場合は、楽天カードコンタクトセンターへの連絡が必要です。自動音声ガイダンスは利用できませんので注意しましょう。翌月以降の分割払い・リボルビング払いの残高返済をしても、利用可能額に反映されません。利用可能額への反映をご希望の場合は、確定している当月分の請求から先に振込みをする必要がありますのでその旨をオペレーターへ伝えましょう。

▽楽天カード会員の方(楽天PINKカード含む)

楽天カードコンタクトセンターの電話番号は0570-66-6910(有料)こちらが利用できない場合は092-474-6287(有料)へ電話してください。営業時間は9:30~17:30となります。

▽楽天プレミアムカード・ゴールドカード会員の方

カード裏面に記載の楽天プレミアムカードデスクへ連絡が必要となります。

営業時間9:30~17:30に電話をしてください。

※リボルビング払いや分割払いを含む支払いで、11日以降に返済の場合は、11日以降(営業時間9:30~17:30)に楽天カードコンタクトセンターまで問い合わせてください。

・リボ残高をおまとめ返済する場合はインターネットからもできる

ショッピングリボまたはキャッシングリボ残高のおまとめ払いを希望する場合は、会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」より手続きが可能です。利用残高の一部、全額を次回カードお支払い日にまとめて引落してもらうことが可能です。

楽天e-NAVIにログインし、「トップ > お支払い方法 > リボ残高のおまとめ払い」へ進みます。加算適用引落し日(まとめて口座から引落される日)を確認し、問題なければ加算希望金額(全額または金額指定)を入力します。その後確認画面へ進んで完了すればまとめて引落しがされることになります。タイミングとしては支払い月の10日(22:00)までに入力すると、当月のリボ支払いコース金額に加算されます。

繰り上げ返済する際の注意点

・振込手数料は自己負担

繰り上げ返済する場合、楽天カードのオペレーターに案内された口座へ振込むことになりますが、その場合の振込手数料は自己負担となります。リボ払いや分割払いの場合は高い金利を支払っていくことになるので振込手数料を負担しても結果的に支払額が少なくすむケースが多いです。

ただし普通に翌月一括払いで購入した人が限度額を復活させたいなどの理由で約定日よりも前に返済すると本来支払わなくて良いお金がかかることになるので口座振替を待った方が損をしないと言えます。

・早期完済手数料がかかる

楽天カードを早期返済しようとすると手数料がかかります。楽天カードの規約には「期限未到来の分割払手数料に対し、10%を超えない範囲の当社所定の割合を乗じた金額」とあります。正式な計算式などは公表されていませんが、例えば期限未到来の分割払手数料が1万円だとすると1,000円以下ということになります。

早期返済するためにはこの早期完済手数料と上記で説明した振込手数料がかかることになるので、繰り上げ返済をしてどのくらい得になるのかをしっかり知ってから返済するのがベストでしょう。

・限度額だけで早期返済しようとしているなら増額するのもアリ

一括払いしか利用していないから手数料などはかかっていないけれど、次の約定日がくるまで限度額が少なくて利用できないからしかたなく振込手数料を負担して早期返済しようと思っている人。その理由であれば楽天カードは増額申請ができるので申請するのもアリかもしれません。ちなみに一時的に増額することもできるので旅行や、大きな買い物で一定の期間だけ限度額を増額するということもできるので検討してみるのも良いかもしれません。

・連絡する日にちによって対応が異なる

クレジットカードの利用金額は毎月決まった日にちに銀行に口座から引落ししてもらうための依頼をかけます。だから口座振替が確定した後に先に振込みたいと連絡をしても金融機関の引落しを止めるのが間に合わないケースがあります。不安な場合は楽天カードコンタクトセンターへ連絡をし、直接オペレーターに確認しておくのがおすすめです。

まとめ

今回は楽天カードの繰り上げ返済の方法や注意点などについてご紹介しました。今回ご紹介した内容を簡単にまとめると、楽天カードは一括払いでも約定日前に返済してしまうのも可能、リボ払いや分割払いの場合も全額一括繰り上げ返済や一部繰り上げ返済が可能なカードです。その際の振込手数料や早期完済手数料、楽天カードへの通話料金は利用者負担となるので注意しましょう。繰り上げ返済の方法は、保有しているカードの種類や全額返済または一部返済によって異なりますので今回ご紹介した方法を参考にして手続きを進めてみてくださいね。