楽天カードは外国人でも作れるカード?審査通過する条件を検証

楽天カードは、申込みも簡単で主婦や学生も申し込み出来るので、比較的作りやすいカードと言われています。それでは、外国人に対してはどうでしょうか。

実は、外国人は日本のクレジットカードが作りにくいと言われています。しかし、日本で生活していくなら日本のクレジットカードを持ちたいという方も多いでしょう。そんな外国人の為に、楽天カードを作る方法をお伝えしたいと思います。

楽天カードは外国人でも作ることができるの?

結論から言うと楽天カードは外国人でも作ることが出来ます。海外にもクレジットカードはあります。母国でクレジットカードを作る方も多いとは思いますが、日本で永住をするから日本のクレジットカードを持ちたいという方もいると思います。

また、日本のクレジットカードは海外にはないサービスもあります。例えば、ポイントサービスです。日本ではポイントを貯めるために支払いをクレジットカード払いにする人もいますが、国によってはポイントサービス自体ないことがあります。

海外旅行に良く行かれる方は、クレジットカードを持っていることで信用を得ると聞いたことはありませんか。日本人の場合、若くて今までローンや分割などをしたことがない人、収入が低い人、学生さんなど過去に延滞や債務整理などがない限り何かしらのクレジットカードが作れます。

しかし、海外の場合、貧富の差が激しい、身分階級があるなどの理由でクレジットカードを作ることは難しく、これらの人は審査落ちする可能性が高くなります。クレジットカードというのは一つのステイタスなのです。

・外国人は日本のクレジットカードが作りにくいのか?

外国人だからクレジットカードを作れないということはありません。中には日本国籍を条件としているクレジットカードもありますが、最近ではほとんどのクレジットカードがそのような条件を外していて、外国人でもクレジットカードが作れるようになっています。

しかし、クチコミなどを見てみると「審査落ちした」という意見が目立ちます。審査基準というのはどこのクレジットカード会社も公表はしていませんが、外国人ということがマイナスに働いているわけではなく、その他の審査項目に不安な点が見られるから審査通過できないのです。

・外国人が審査で見られるポイント

日本人でも外国人でも申し込みがあれば審査を行います。ほとんどのクレジットカード会社が入会審査にスコアリングシステムを採用していて、それぞれの審査項目に点数を付けていきます。例えば、勤続年数が1年以上なら1点、3年以上なら2点という具合にクレジットカード会社の審査基準に従って、自動で点数が付けられ、合計点数で審査通過するかしないかが決められます。

その他、信用情報の照会をして、過去に返済不能や延滞などの履歴がないか、現在多額の借金をしていないか、同時に何社ものクレジットカードを申込んでいないかなどが見られます。入会審査でクレジットカード会社が何を見るのかというと、申込者の「返済能力」です。

クレジットカード会社は、まず支払いを代わりに行い、後から利用者にその代金を支払ってもらうシステムです。そのため、最終的に利用者がきちんと返済してくれる人かどうかを審査の際に見るのです。これは外国人でも日本人でも変わりません。

審査条件に合っていなければ審査通過することは出来ません。クレジットカードの審査落ちした原因は国籍以外の問題です。

・申し込み・審査の流れ

申し込みをする方法も外国人だからと特別なものはありません。楽天カードの場合、インターネットで新規登録を行い、審査、本人確認・在籍確認・書類確認、カード発行となります。楽天カードは在籍確認を行わないと噂されていますが、絶対行わないわけではありません。また、場合によっては本人確認の電話がかかってくることもあります。

基本的には本人確認書類、収入証明書などの提出は不要とされていますが、場合によっては書類の提出を求められることがあります。審査は先ほど言ったように、スコアリングシステム、信用情報の照会がされます。

また、カードの受け取りは「佐川急便の受取人確認サポート」「日本郵便の本人限定受取郵便」「日本郵便の簡易書留」のいずれかになります。「佐川急便の受取人確認サポート」「日本郵便の本人限定受取郵便」の場合は受け取りに本人確認書類が必要となります。

・申込みで必要なもの

楽天カードは基本的に書類提出の必要はないので、引き落としの銀行口座があれば申込みは可能です。しかし、場合によっては本人確認書類や収入証明書の提示を求められます。本人確認書類、収入証明書で使える書類は以下の通りです。

【本人確認書類】

1.運転免許証

2.パスポート

3.健康保険証

4.住民票

5.マイナンバーカード(個人番号カード)

【収入証明書】

1.源泉徴収票

2.給与支払い明細書

3.特別徴収税額の通知書

4.課税(所得)証明書

5.確定申告書

本人確認書類は、申告内容の確認や相違があった場合に確認で提出を求められるようですが、収入証明書はキャッシングの利用状況に応じて提出することが多いようです。キャッシングは貸金業法が適用されるので、年収の3分の1以上に設定することが出来ません。

基本的にはキャッシング枠50万円以上、または他社の借入額と合わせて100万円以上の枠を申込む場合には必ず収入証明書が必要となります。また、受取で本人確認書類が必要な場合は、以下の書類で対応することが出来ます。

【受け取り時の本人確認資料】

1.運転免許証

2.運転経歴証明書

3.パスポート(日本政府発行のもの)

4.在留カード

5.外国人登録証明書

6.特別永住者証明書

特別永住者証明書は特別に永住権を得た人が持てる証明書で、在留カードは中長期滞在者に発行されるものです。楽天カードのHPには外国人の新規登録に関しては何も明記されていません。しかし、これらの書類を本人確書類として認められていることから外国人でも一定の条件を満たせば審査に通るのです。

留学生の場合は?

スタンダードな楽天カードの申し込み条件は「18歳以上(高校生を除く)の方」というものです。18歳以上であれば、主婦でも学生でも申し込みが可能です。これは日本人ではなく、外国人にも当てはまります。

つまり、留学生であっても18歳以上であれば申し込みは可能です。ただし、受取は必ず郵送になることから日本に住所を持っていなければなりません。ホームステイや短期留学の場合は発行が難しくなります。その点だけ注意をしましょう。

審査に通るために気をつけることはある?

1.身分証明証をきちんと用意する

2.収入証明書などの書類もあらかじめ用意しておこう

3.居住年数・雇用形態・勤続年数・滞在期間も重要

4.クレヒスを作る

・身分証明書、収入証明書は予め用意しておこう

外国人の場合、身分の証明となる本人確認書類と収入証明書の提示を求められる可能性が高いのであらかじめ用意をしておいた方がすんなり手続きを終えられます。

・居住年数・雇用形態・勤続年数・滞在期間

クレジットカードは信用で作られます。これは日本人でも変わりありませんが、その信用を見るものは色々あります。例えば、居住年数・雇用形態・勤続年数・滞在期間です。

賃貸より持ち家の方が、信用度は高くなります。なぜなら支払いを滞らせたまま逃げてしまう確率が低いからです。しかし、賃貸であっても長く居住していればその分、しっかり家賃を支払っている人と見られてプラスの評価になります。

雇用形態はアルバイトやパートだとすぐにやめてしまう可能性があるため、正社員の方が信用度は高いと見られます。同様に勤続年数が短いより長い方が信用度は高くなります。半年~1年以上の勤務年数が望ましいと言われています。

滞在期間は外国人にとってもっとも重要です。万が一、支払いを滞納されたまま母国に帰られてしまうと請求するのは大変です。そのため、長く日本に滞在している人の方が帰国する可能性が低く、信用度は高いと見られます。

・クレヒスを作る

クレヒスとは、クレジットヒストリーのことです。クレジットとは信用のことで、ヒストリーは履歴です。クレジットカードの審査では必ず信用情報を確認されますが、この時、良好な履歴がある人は信用度が高くなります。

支払いの延滞や債務整理の履歴はブラックと呼ばれ、クレジットカードの審査では不利になります。逆に何も履歴がない状態をホワイトと言いますが、実はこれも審査では不利になります。

何も履歴がなければ、その人がきちんと支払いをしてくれる人なのか見極めることが難しいからです。そのため、良好なクレヒスを作ることもすんなり審査に通る有効な手段とされています。

例えば、携帯電話の分割もクレヒスを作るのに有効です。分割情報も信用情報に載る為、一括ではなく、わざと分割にして毎月しっかり返すのも良いでしょう。

もちろん、楽天カード以外のカードを持っているのであれば、それもクレヒスになります。その場合、必ず支払いをきちんと行いましょう。

注意点

1.短期滞在では作れない

2.住所が必要

3.申し込み条件を確認する

4.カードの種類によって審査難易度は変わる

5.嘘を付くことは絶対ダメ

・日本国内の住所が必要

楽天カードは、申し込みはインターネットですが、カードの発行は郵送です。そのため、必ず日本国内に住所を持っていることが条件となります。また、基本的にクレジットカードは長期滞在者に作られるものです。海外旅行に来たついでにクレジットカードを作るということは出来ません。

・申し込み条件・審査難易度

楽天カードには、スタンダードなカードの他にゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなど色々な種類があります。スタンダードなカードが一番作りやすく、ゴールド、プラチナ、ブラックとなるにつれて審査難易度は上がります。

それぞれ申し込み条件と審査基準が異なります。自分の条件に合ったものに申し込みをしましょう。

・嘘を付くことはNG

申し込みで嘘を付くことは絶対やめましょう。申し込みの際に嘘がバレてしまえばカードは作れなくなりますし、作った後に発覚すれば利用停止、その後の発行不可となります。悪質と見なされれば詐欺罪に問われることもあります。絶対にやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。外国人だから楽天カードが作れないということはありません。しかし、その他の要因で審査落ちしてしまうことはあります。楽天カードを作る場合は、カードの種類が自分の条件と合っているか、確認書類は用意できているかを確認して申し込むようにしましょう。