楽天カードの増額審査に通るコツ!審査にかかる時間や審査に落ちやすい人についても解説!

楽天カードは年会費が無料なのにもかかわらず、楽天グループ内で利用するとポイントがじゃんじゃん貯まるのでメインカードとして利用している人も多いのではないでしょうか。ただ、カードの発行時に設定される利用可能枠が思ったよりも少ないなど普段の利用の際にちょっと不便だな・・・と感じている人もいるかもしれません。

そんな時にカードの利用限度枠を増やすための申請をすることができます。増額希望の場合は審査があり、必ずしも誰もが増額できるわけではありません。今回は楽天カードの増額審査に通るためのコツや審査にかかる時間などについてご紹介します。

楽天カードの増額審査はどれくらいかかるの?

・最短即日結果が出る

楽天カードと言えば初期発行の場合でも審査結果が出るのが早いと有名です。楽天カードの審査はスコアリングシステムを利用してほぼ自動で結果が出るので初期発行の場合でも早ければ数分で結果が出るなんて人もいるくらいです。増額審査の場合も審査に問題がなければ即日~翌日結果が出ることが多いです。ただし、審査内容によっては時間がかかるケースもあるので1週間程度は余裕を持ってみておきましょう。審査結果はメールで連絡がきます。

・増枠申請の方法

増枠申請は楽天e-NAVIからネット上で申込みができます。「トップ > ご利用可能額 > ご利用可能枠の変更 > ご利用可能枠の増枠」からすすみます。希望の増額金額を選択して申請します。

・楽天カードの増額申請には条件がある

楽天カードユーザーであれば誰でも増額申請しても良いのかというとそうではありません。増額申請するためにはいくつかの条件を満たしている必要がありますので申込み前に今一度チェックしてみてください。

①楽天カード入会後6か月以上経っている

カードの利用可能枠を増額したい場合まず楽天カードに入会してから最低でも6か月以上経っていることが条件です。入会後6か月を満たしていない場合、そもそも増額申請をする資格さえありませんので注意しましょう。

②以前増額申請したことがある人は前回から6か月以上経っている

入会後6か月だけでなく、以前に楽天カードの増額申請をしたことがある人はその前回から6か月以上経っていることも条件となります。つまりどれだけ利用実績が良く審査上問題がない人であっても3か月前に一度増額申請をした人であれば最低でもあと3か月経たないと増額の審査はできないことになりますので注意しましょう。

③キャッシング限度額増額希望の場合は他にも決まりがある

ショッピング利用可能枠の増額申請の場合は①②のみ当てはまらないか確認すれば大丈夫ですが、キャッシングの場合は他にも細かな決まりがあります。キャッシング限度額を増額する場合は口座振替による支払をされる方限定となります。そして事業性資金目的の利用は不可となります。キャッシングの場合、貸金業法の総量規制の対象となりますので増額審査の際に収入証明が必要となることもありますので注意しましょう。

増額審査を通過するためのコツ

カード限度額の増額申請をするからには審査に通りたくて当たり前ですよね。増額審査を通過するためにはいくつかのコツがあります。今から紹介することを事前に知っておくのと知らないのでは結果が変わってくる可能性がありますので意識してみてください!

・毎月少額でもカード利用する

クレジットカード会社にとってカード発行するだけでは収益になりません。楽天カードは年会費も永年無料なので年会費収入はないですし、カードを作るだけ作って使わない顧客は赤字になるだけです。だから増額するためには楽天カードの優良顧客であることをアピールした方が審査に有利になります。

カードの増額審査をする際は、外部の信用情報機関だけでなく、内部つまり楽天カードの実績も考慮されます。だから毎月少額でも楽天カードを利用してしっかり返済している実績を作ることで増額審査に通りやすくなると言えます。例えば毎月の光熱費や携帯電話料金をカード決済にするだけでもしっかりと実績が付くのでおすすめです。

・借入がある人は残高を少しでも減らしておく

クレジットカードのキャッシング機能を利用した借入れや、カードローンなどを利用している人は増額審査の前に少しでも残高を減らしておくのもコツです。当然ですが、限度額いっぱいまで借入している人は「今の状況で支払いが厳しそうだからこれ以上は貸せないな」と判断されてしまう可能性もあります。少しでも余裕があるのであれば増額申請する前に繰り上げ返済するなどして借入残高を減らしておくのがおすすめです。

・何があっても延滞しない

これは大前提の話ですが、増額申請をする前に一度でも延滞したことがある人は正直言って審査に通る可能性は格段に低くなります。今後増額申請をするかもしれないのであれば、たったの1度でも延滞するのは致命傷となります。絶対に約定日を守りましょう。審査の際に「ルーズな人」認定されてしまうのはかなり痛手です。

増額審査に落ちやすい人って?

増額審査に落ちやすい人にもいくつかの特徴があります。これから紹介するものに該当する人は審査に通らない可能性が高いです。

・延滞実績がある人

クレジットカードだけでなく、ローンや携帯電話端末の分割払いなどの支払を延滞したことがある人は増額審査に落ちる可能性があります。クレジットカードやローンの審査は勤務先の規模や年収よりもまず「返済実績」がとても大事です。

当然ですが、貸す側も返してくれる見込みがある人にしか貸せません。しっかり約束を守ってくれる人に貸さないと貸倒れるリスクがあるので信用出来る人にしか貸しません。今までの返済で遅れながら支払っていた期間があったり、現在遅れていたりする人はまず信用できないと判断されて審査落ちする可能性が非常に高いでしょう。たった数百円でも延滞するといわゆる「ブラック」になります。金額にかかわらず約定日を守らない人は難しいと言えます。

・借入が多すぎる人

しっかりと返済実績を重ねていってカード会社からの信用度は高いけど現在の借入がすでに多すぎる人も増額審査に落ちやすいと言えます。現在の収入と支出のバランスを見てこれ以上貸すのは返済能力が厳しいなと判断されると増額審査に通らない可能性があります。キャッシング枠を増額する場合は貸金業法の総量規制対象となります。だから年収の1/3を超えた借入れはそもそもできません。

・直近で他のカードやローンに複数申込んでいる人

数日間で他社のクレジットカードやカードローンなど複数の会社に申し込んでいる人も審査落ちしやすいです。カード会社は外部の信用情報機関を照会した際にいつ何に申し込んでいるのかが一目でわかるようになっています。直近で複数申込んでいるとなると「相当お金に困っているのではないか」と思われて審査落ちする可能性があります。楽天カードの増額申請をする際は他のカードへの申込と同時にしないように気を付ける必要があります。

注意点

ここでは楽天カードの増額申請をする際に気を付けるべきことについて紹介します。

・審査の結果次第では利用可能枠の減枠や利用停止になるリスクがある

カードの増枠を希望して審査が行われますが、カード入会時に比べて著しく利用実績が悪くなっていたり、借入が極端に多すぎたりした場合、カード利用限度枠の減枠やカード利用停止になってしまうケースがあります。複数のカードを持っている場合はすべてのカードが同時に停止されてしまうので注意が必要です。クレジットカードは発行の際に審査に通れば基本的には有効期限内であれば限度額の範囲で好きなように利用できます。でも、増枠の申請をすると審査の際に再び外部の信用情報機関などを照会して審査を行うので状況が悪くなっていたりすると本来有効期限まで使えるはずのカードが使えなくなってしまうリスクがあります。軽い気持ちで増額しようかなと思っている人は今一度ご自身の支払実績や現在の状況を思い返してみましょう。

・キャッシング枠の増額は年収の1/3を超えることができない

楽天カードのキャッシング枠の増額を希望する場合は貸金業法の総量規制の対象となります。だから年収の1/3を超える借入れになってしまう場合は希望しても審査に通ることはまずありません。楽天カードのキャッシングだけでなく、他社のカードキャッシングやカードローンなどの借入総額となるので現在の自分の借入残高をしっかりと分かったうえで申し込むようにしましょう。

・リボ・分割・ボーナス払い枠の変更はネットから申込みができない

リボ払いや分割払い、ボーナス払い枠を増額したい場合は通常の増額申請のように楽天e-NAVIから申込みすることができません。上記の枠を増額または変更したい場合は楽天カードコンタクトセンターへの電話連絡が必要となります。楽天カードコンタクトセンターは0570-66-6910(有料)となります。営業時間 は9:30~17:30となります。楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードをお持ちの方はカード裏面記載の電話番号へ連絡をしましょう。

まとめ

楽天カードの増額審査の際に気を付けるべきことや審査に通りやすくするためのコツをご紹介しました。一番注意が必要なのは増額申請をしたのに減額になったり、最悪の場合カードが利用停止になったりしてしまうリスクがあるということを知っておくことです。増額されたらラッキーと軽い気持ちで申請してカードが使えなくなってしまうと後悔することになりかねません・・・

今回ご紹介した審査に落ちやすい人に当てはまるところがある人は増額申請をするのはちょっと待った方が良いかもしれませんね。審査に通りやすくするコツを参考に最低限の準備をしてから申込んでみるのがベストです。