楽天カードの「ブラックカード」内容からメリット・デメリットまで徹底調査

一度は憧れるブラックカードですが、実は楽天カードにもブラックカードは存在します。ただし、通常のブラックカードとは少し違うようです。

楽天ブラックカードはどのようなものなのか解説します。また、楽天ブラックカードを手に入れるためにはどうすれば良いのかも合わせてご紹介します。

楽天カードのブラックカードとは?

楽天ブラックカードは、楽天最上級クラスのカードです。カードデザインは真っ黒で高級感のあるカードになっています。年会費は32,400円(税込み)で家族会員は2名まで無料です。

ショッピング枠の利用限度額は300万円~1,000万円と高額なのも楽天ブラックカードの特徴です。この枠の中でキャッシング枠も決まります。

国際ブランドはJCBとMasterCardのどちらかを選ぶことが出来ます。通常の楽天カードやゴールド、プレミアムカードにあるVISAが選択できないのは少し不便な点ではありますが、MasterCardはVISAに劣らないくらい加盟店が多いため、海外旅行や出張で使われる方にもオススメです。

ただし、楽天ブラックカードはブラックカードという名前が付いていますが、内容としてはプラチナクラスと言えます。もちろん楽天カードの中では最上級のステータスカードであり、他のブラックカードにはないサービスも付いています。それぞれどのような付帯サービスが付いているのか見てみましょう。

・ポイントサービス

楽天ブラックカードは、楽天グループ内の利用でポイントが貯まりやすいのが特徴です。楽天ブラックカードは通常の楽天カードと同じで、100円で1ポイント加算となるため、JCB、MasterCardの加盟店で使うには通常の楽天カードと変わりありません。

しかし、楽天グループ内では楽天ブラックカード利用ポイントが加算されます。例えば、特別指定キャンペーンにて楽天ブラックカードを使うと通常のポイントだけでなく、楽天ブラックカード利用ポイントが1%加算されます。

他にも毎月指定プレミアムカードデー、お誕生月ポイント、楽天トラベルオンライン決済、楽天ブックス、楽天SHOWTIMEでもそれぞれ利用ポイントが1%付きます。

・楽天プレミアム1年間無料

楽天ブラックカードでは、楽天プレミアムサービスが1年間のみ年会費無料で受けることが出来ます。楽天プレミアムとは、楽天グループのお得な特別会員プログラムで、送料分をポイント還元、楽天グループ優待、限定クーポンなどが貰えるものです。

通常3,900円(税込み)の年会費がかかりますが、1年間無料で、ここに楽天ブラックカード利用ポイントが付いてポイントアップされるため、ポイントが貯めやすくなっています。2年目以降に継続をするのであれば年会費が必要です。

・トラベル

楽天ブラックカードは、旅のサポートも充実しています。サービス内容は「会員専用国内宿泊予約センター」「手荷物宅配サービス」「トラベルデスク」「Hertzレンタカー」の4つです。

国内宿泊予約を使い、楽天ブラックカードで支払いをすると2%のポイントが付くため、普通に予約、支払いをするよりお得になります。手荷物サービスは年2回まで無料で使えます。

トラベルデスクは世界30カ所に拠点があり、緊急時の対応や観光案内をしてくれます。Hertzレンタカーは、世界140ヵ国、約7,000拠点あるHertzレンタカーを特別価格で利用することが出来ます。海外、国内問わず旅行好きな方には活躍しそうなサービスばかりです。

・空港ラウンジ

空港ラウンジは国内空港ラウンジ、海外空港ラウンジが無料で使えるサービスです。特に優れているのが海外空港ラウンジ利用で、こちらは世界120ヵ国、約800カ所の空港ラウンジを自由に使えるプライオリティパスが無料で使えるのです。

実はプライオリティパスは、いくつかコースがあり、楽天ブラックカードについているのはプレステージ会員で通常は399米ドルの年会費がかかります。他のブラックカードやプラチナカードにも付いていることがありますが、楽天ブラックカードは同伴者2名までプライオリティパスが無料で使えるのが特徴です。

ほとんどのカードが同伴者は有料もしくは1名まで無料というところが多い中、同伴者2名まで無料で入れるので、家族で旅行に行く場合に、家族も無料で入れるのは嬉しいサービスです。これはアメックスのブラックカードであるセンチュリオンと同様のサービスで、かなりお得なサービスと言えます。

プライオリティパスなら手荷物検査後のVIPラウンジを使うことも出来ます。海外旅行や出張が多い方にはこれだけでも価値のあるカードと言えます。

・各種保険

楽天ブラックカードは国内・海外旅行保険も充実しています。国内旅行傷害保険は最高5,000万円が保障され、海外旅行傷害保険は最高1億円が保障されています。その他各種ショッピング保険も充実しています。

・コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスは、国際ブランドによって受付が異なります。JCBはJCBコンシェルジュサービスが使えて、MasterCardはMasterCardコンシェルジュサービスが使えます。

コンシェルジュサービスでは旅行やゴルフの予約、レストランの検索などを行ってくれます。わざわざ自分で探す必要もなく、状況に応じて適切な場所を教えて、予約までしてくれます。

・MasterCardブランドの特典

国際ブランドによって、そのブランド独自のサービスを受けることが出来ます。しかし、そのブランド独自のサービスでもそれぞれ階級があります。MasterCardの最上級サービスはWorld MasterCardですが、楽天ブラックカードではこのサービスを使うことが出来ません。

楽天ブラックカードで使えるのは、Taste of Premiumというサービスです。このことから楽天ブラックカードは国際ブランドの位置づけとしてはプラチナカードと同等と言えるのです。

・JCBブランドの特典

JCBの場合JCBプラチナ特典の一部が利用可能です。こちらも他のクレジットカードのプラチナ会員と同等のサービス内容しか受けることが出来ません。

楽天ブラックカードのメリット・デメリット

楽天ブラックカードの特徴を見て見ました。以上の点から楽天ブラックカードのメリット、デメリットをまとめてみたいと思います。

・メリット

①楽天カード最上位のステータスカード

②付帯サービスが充実

③プライオリティパス年間費無料で同伴者2名まで

④楽天グループ利用でポイントが貯まりやすい

一番は楽天カードの中では最上位のカードという位置づけの為、ステータスカードであるのは間違いありません。また国際ブランドの中ではプラチナカードと同等の位置づけではありますが、それでも付帯サービスが充実しているため、特に楽天不ループを良く利用している人にとってはかなりお得なカードと言えます。

また、プライオリティパスのサービス内容が充実しているため、海外ラウンジを良く利用する人にとってもオススメ出来ます。楽天ポイントを貯めて上手に使いたいという方、海外・国内に良く旅行に行くという方にはとても便利な1枚と言えるでしょう。

・デメリット

VISAが選択できない

②年間費がかかる

③インビテーションがなければいけない

④楽天グループ以外でのポイント還元率が低い

国際ブランドはJCBとMasterCardしか選択が出来ず、今までVISAを使っていた人は国際ブランドを変更しなければいけません。また、楽天カードの中では最も高額な年会費がかかります。

楽天ブラックカードはインビテーションが必要という点と、楽天グループ以外でのポイント還元率があまり良くないというのはデメリットです。例えばリクルートカードではどこで使ってもポイント還元率が1.2%なので、楽天グループ以外の利用の方が多いという方は他のポイント還元率の高いカードの方がお得かもしれません。

楽天ブラックカードの入手方法

楽天ブラックカードを手に入れるにはインビテーションがなければいけません。インビテーションとは招待のことです。

つまり、普通に申し込むことは出来ないのです。ただし、必ずゴールド会員でなければインビテーションがもらえないということはなく、ゴールド、プレミアムはもちろん、通常の楽天カード会員であってもインビテーションがもらえる可能性があります。

インビテーションの条件は公表されていないので一概には言えないのですが、一定のカードの利用額を毎年使っていることと、楽天グループを良く利用していることが条件のようです。

インビテーションが来たら初めて申し込みが出来て、申込み後審査をして審査に通過すればカードが発行されます。今まで楽天カードを使っていた方が対象なのでカードの切り替えになるのですが、カード番号が変わる為、メインで使っていた方はカード番号の変更をしなければいけません。

注意点

上記の点から改めて注意点をまとめると以下のようになります。

インビテーションがなければいけない

②カード番号が変わる

③年会費がかかる

④インビテーションが来ても必ず作れるわけではない

楽天ブラックカードは、必ずインビテーションがなければいけません。そのため、毎年一定の利用をしたり、楽天グループの利用をしたりする必要があります。とにかくブラックカード持ちたいという場合には、インビテーションなしのブラックカードを検討した方が良いでしょう。

また、楽天ブラックカードを持つことになるとカード番号が変わる為手続きをしなければいけない人もいます。今までVISAを持っていた方は国際ブランドも変更になります。

楽天カードから楽天ブラックカードに変更する方は年会費がかかる点にも注意が必要です。年会費とサービス内容を比較してブラックカードに変える必要があるのか検討することが大切です。

おそらく楽天ブラックカードへのインビテーションが来た方というのは、元々楽天グループを良く利用していて、さらに楽天カードをメインカードとして使っている方だと思います。

その点で、楽天ブラックカードに変更する価値はあると思いますが、その他のカードとも比較検討して審査に挑んで下さい。楽天ブラックカードはインビテーションが来たから必ず審査に通るというわけではありません。審査に落ちるとその情報も信用情報に載るため、審査前に色々比較検討が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。楽天ブラックカードは楽天グループを良く使う方、海外旅行に良く行かれる方にはとてもお得なカードです。

ただし、インビテーションが必要なこと、インビテーションが来ても審査が必要なカードです。変更前には他のカードとも十分に比較検討して下さい。