みずほ銀行カードローンを滞納してしまった場合の対処法と注意点

みずほ銀行カードローンでお金を借りたら、毎月の返済日に定められた返済額を返済しなければなりません。しかし、返済日にうっかり返済を忘れ、滞納してしまうということもよくあることだと思います。ここでは、みずほ銀行カードローンで滞納してしまった場合、どのように対処すれば良いのかについて説明します。みずほ銀行カードローン滞納後に発生する問題についても説明しますので、滞納しないための対策も考えておきましょう。

みずほ銀行カードローンで返済が遅れたときはどうすればいいの?

・みずほ銀行カードローンの返済方法は口座引き落とし

カードローンでお金を借りたら、毎月の返済日には必ず定められた金額の返済をしなければなりません。みずほ銀行カードローンの場合には、毎月10日(銀行休業日の場合には翌営業日)が返済日となっており、この返済日に契約で定められた返済額(約定返済額)を返済しなければなりません。

カードローンの毎月の返済には、提携ATMが利用できる会社もあります。コンビニの提携ATMで返済ができれば、返済日当日の深夜でも、ギリギリ返済が間に合う可能性もあります。しかし、みずほ銀行カードローンでは、毎月の返済はみずほ銀行の返済用普通預金口座からの自動引き落としのみとなっています。返済日に口座残高が足りなければ、引き落としができませんから、返済されないことになってしまいます。

なお、みずほ銀行カードローンでは、ATM返済やインターネットバンキングからの返済も可能です。ただし、これらの返済方法で返済した場合には、約定返済とはならず、任意返済となります。

・口座残高が不足していれば延滞になる

みずほ銀行カードローンでは、毎月の返済は口座引き落としと決まっています。口座引き落としでは、返済日前日までに口座に返済額を入金しておかなければ、返済日当日に引き落としができません。つまり、みずほ銀行カードローンの場合、返済日に返済用普通預金口座の残高が不足していれば、延滞ということになってしまいます。返済日当日にATM返済を行ったとしても、約定返済とはみなされませんから、やはり延滞であることには変わりありません。

・引き落としができなかったら口座に入金する

みずほ銀行カードローンで返済日の口座引き落としができなかった場合、その後返済用普通預金口座に返済金額の入金があれば、原則として入金当日の夜間に引き落としされることになっています。返済日に残高不足で引き落としができなかった場合にも、返済用普通預金口座に入金さえすれば勝手に引き落としてくれますから、気付いた時点ですぐ入金しておくと良いでしょう。

・すぐに返済できない場合には必ず連絡を!

返済日にうっかり口座残高が足りなかった場合、すぐに気付いて口座に入金しておけばすぐに引き落としてくれますから、たいした問題にはなりません。しかし、何らかの事情ですぐに入金できず、何日も入金が遅れてしまいそうな場合には、必ずみずほ銀行に連絡を入れておきましょう。何も連絡せずに延滞を続けると、印象が悪くなってしまい、やがて信用を失ってしまいます。今後の取引に支障が出ることもありますから、連絡はこまめにしておいた方が良いでしょう。

滞納してしまった場合に起こりうる問題は?

・カードが利用停止になる

みずほ銀行カードローンの返済日に口座残高が不足していれば、延滞になってしまいます。この場合、カードローンが利用停止となってしまいます。延滞金を入金するまでカードローンでお金を借りることはできませんから、急な出費にも対応ができなくなってしまいます。

・遅延損害金が発生する

カードローンの返済を延滞した場合、返済日の翌日以降は遅延損害金がかかることになります。遅延損害金とは、支払期限に遅れたことに対する損害賠償金になります。

みずほ銀行カードローンの遅延損害金利率は年19.9%となっています。延滞後に返済した際には、返済額は遅延損害金に優先的に充当されます。たとえば、10万円を借りて30日間延滞した場合の遅延損害金は、

10万円×19.9%×30/365≒1635円

となります。

・ハガキで通知が来る

みずほ銀行カードローンで返済延滞した場合には、「口座引き落としができなかったので入金してください」という内容のハガキが自宅に届きます。家族に内緒でカードローンを利用している場合には、郵便が届いてしまうことで、借金がバレてしまう可能性があります。

・利用限度額の増額ができなくなってしまう

みずほ銀行カードローンの返済日に返済を行わずに滞納してしまった場合、その後返済を行ったとしても、以降の取引に支障が出ることがあります。カードローンでは利用実績を積むことにより利用限度額を増額してもらうことができますが、滞納したことがあれば増額が認められにくくなってしまいます。場合によっては、限度額が減額されてしまう可能性もあります。

どうしても返せない場合は?

・返せないことがわかった時点でみずほ銀行に相談

みずほ銀行カードローンでお金を借りたけれど、返済期日にどうしても返済ができない場合には、そのまま放置しておくのはやめましょう。必ずみずほ銀行に連絡し、返済の見込みについて相談することが肝心です。カードが利用停止になったり遅延損害金がかかってしまったりするのはやむを得ませんが、きちんと連絡していれば、すぐには強制解約等にはなりません。

・債務整理を検討

今後も継続的に借金返済が困難な場合には、債務整理を検討した方が良いでしょう。債務整理にはいろいろな方法がありますが、残りの借金を3年程度で分割返済できるようであれば、任意整理が可能です。任意整理をすれば、毎月の返済額を減らしてもらえるだけでなく、将来の利息をカットしてもらうこともできます。任意整理を考える場合には、弁護士または司法書士に相談するようにしましょう。

任意整理が難しい場合には、自己破産や個人再生といった方法もあります。いずれにしろ、一人で悩んでいても解決しませんから、無料相談などを活用し、専門家に相談するのがおすすめです。

滞納を放置しておくとどうなるの?

・保証会社による代位弁済が行われる

みずほ銀行カードローンでは、オリエントコーポレーション(オリコ)が保証会社となっています。みずほ銀行カードローンで借りたお金を返済しない場合には、オリコがみずほ銀行に代位弁済を行うことになります。

オリコによる代位弁済が行われると、みずほ銀行カードローンは強制解約となってしまいます。みずほ銀行が持っていた債権はオリコに移ることになりますから、それ以降はオリコへ支払いをしなければなりません。そのため、オリコから督促の電話がかかってきたり、督促状が届いたりすることになります。

・ブラックリストに載る

カードローンの代位弁済が行われ、強制解約になった場合には、金融事故として信用情報機関に情報が登録されることになります。これは、いわゆるブラックリストに載った状態です。登録された事故情報は、5年程度は削除されませんから、5年はブラックということになります。

ブラックになっている間は、他社に借入の申し込みをしても、まず審査に通りません。他社のカードローンで借入ができないだけでなく、自動車ローンや住宅ローンも組むことができませんし、クレジットカードも作ることができません。お金に困ってもまともな金融業者は貸してくれませんから、非常に不自由することになります。

滞納しないために気を付けること

・返済日の口座残高を把握しておく

みずほ銀行カードローンでは、返済日に返済用普通預金口座に返済額以上が入っていなければ、口座引き落としがされず滞納してしまうことになります。残高不足にならないよう、くれぐれも注意しておきましょう。通常は返済日前日までに入金しておけばOKですが、返済日前日が土日祝の場合、前日にATMから入金してもすぐには口座残高に反映されません。この場合、返済日に引き落としができないこともありますから、返済日の前の営業日までに入金しておきましょう。

・返済日と同じ日に他の引き落としがあるときには注意

みずほ銀行の返済用普通預金口座を公共料金やクレジットカード代金の引き落としにも使っている場合には注意が必要です。たとえ返済日前日に返済額を入金したとしても、他の引き落としが同じ日に重なっていれば、カードローンの返済金が引き落としされない可能性があるからです。心配な場合には、みずほ銀行の口座はカードローン返済専用にしておきましょう。

・無計画な借金はしない

カードローンでいちばん大切なことは、計画的な利用を行うことです。カードローンではカードを使って手軽にお金を借りられますから、お金が足りないときについついキャッシングしてしまい、借入残高が増えてしまうということがあります。毎月の生活費をきちんと管理し、簡単に借金に頼らないようにしましょう。

また、借りたお金は約束どおり返済しなければならないことも忘れてはいけません。カードローン会社の中には、毎月の返済額が数千円程度ですむところもあります。しかし、みずほ銀行カードローンの場合には、借入残高が1万円以上になると、返済額も月に1万円以上となってしまいます。少額を借りる場合でも、月に1万円は返済にまわさなければなりませんから、返済が大変に感じることも多くなります。任意返済を活用して借入残高を意識的に減らすようにし、余裕ができたら一括返済してしまうのがおすすめです。

まとめ

みずほ銀行カードローンで滞納してしまったことに気付いたら、すぐに返済金を返済用普通預金口座に入金しましょう。口座に入金さえすれば自動的に引き落としされますから、滞納を解消することができます。支払いにまわせるお金が全くない場合には、いつ返済できるかという見込みを必ず連絡しておきましょう。うっかり一度滞納しても、すぐに返済すれば大きな問題にはなりません。しかし、滞納が長期間続いたり何度も繰り返してしまったりすると、強制解約になり、ブラックリストに載る可能性もあります。無理な借金はしないよう、計画的な借入、返済を心がけましょう。