みずほ銀行カードローンは専業主婦にやさしいカードローン

毎日家計をやりくりしている主婦だからこそ、キャッシングしたい場面もあると思います。銀行カードローンなら、収入のない専業主婦でも借入できる可能性があります。みずほ銀行カードローンは、専業主婦が借りられる数少ないカードローンです。ここでは、みずほ銀行カードローンで専業主婦がお金を借りる場合の注意点について説明します。

みずほ銀行カードローンでは専業主婦でも借り入れができるの?

・貸金業者を規制する総量規制とは

カードローンでお金を借りるときには、貸金業法上の総量規制に注意しなければなりません。総量規制とは、貸金業者の過剰な融資を防止する規制になります。

総量規制により、貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える金額の融資をすることができません。年収の3分の1という融資額を判断するときには、すべての貸金業者からの融資が対象となりますから、既に1社から年収の3分の1の融資を受けている場合には、他の貸金業者からの融資は受けられないことになります。

・総量規制により専業主婦は原則的に融資を受けられない

結婚している人の中には、自らは働いておらず、夫の収入で生活している専業主婦もいます。専業主婦の年収は0円ですから、総量規制により借りられるお金も0円ということになりす。すなわち、専業主婦は原則的に貸金業者からの借入はできません。

なお、総量規制の例外貸付として、配偶者貸付と呼ばれる制度が用意されています。配偶者貸付を利用すれば、夫婦の年収を合算した額の3分の1までの金額を一方が借りることも可能です。つまり、年収0円の専業主婦でも、夫に借入がなければ、夫の年収の3分の1までの融資を受けることができます。しかし、配偶者貸付制度に対応している貸金業者は少なく、専業主婦が貸金業者から融資を受けるのは現実には難しくなっています。

・銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制は貸金業法上の規制になり、すべての貸金業者に適用されます。ここでいう貸金業者とは、主に消費者金融になります。カードローンを取り扱っている会社には銀行もありますが、銀行には銀行法が適用されるので、貸金業法の適用はありません。つまり、銀行の貸付は、総量規制の対象外ということです。

銀行であれば、年収の3分の1という制限とは関係なく、融資を受けることが可能です。収入0円の専業主婦でも、銀行カードローンなら借りられる可能性があります。

・みずほ銀行カードローンは専業主婦OK

銀行カードローンの審査基準はそれぞれの銀行で異なっています。たとえば、三井住友銀行カードローン、りそな銀行カードローン、オリックス銀行カードローンなどは、収入のない専業主婦の申込を受け付けていません。

専業主婦が借りることができる銀行カードローンは、次のようなものになります。

商品名 専業主婦の借入限度額
みずほ銀行カードローン 30万円
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 30万円
イオン銀行カードローン 50万円
楽天銀行スーパーローン 50万円

専業主婦の場合の上限額はいくら?

・専業主婦が借入できる額は少ない

上述のとおり、銀行カードローンの中には、専業主婦の申込を受け付けているものもあります。ただし、専業主婦が銀行カードローンを利用する場合には、利用限度額に制限が設けられているケースが多くなっています。専業主婦の銀行カードローンの最高限度額は、通常、30~50万円程度となっています。

・みずほ銀行カードローンなら30万円までの借入が可能

みずほ銀行カードローンが利用できるのは、原則として安定かつ継続した収入が見込める人になります。ただし、みずほ銀行カードローンでは、本人に収入がない場合でも、配偶者に安定かつ継続した収入があれば、利用限度額30万円を上限に申し込みが可能となっています。専業主婦でも、みずほ銀行カードローンなら、30万円まで借りられることになります。

家族にバレないための対処法

専業主婦がカードローンで借入する場合、家族に内緒にしたいというケースが多いと思います。みずほ銀行カードローンなら、家族に内緒で借入することも可能です。家族にバレないようにするためには、特に以下のような点に気を付ける必要があります。

・みずほ銀行に普通預金口座を開設しておく

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行に普通預金口座を持っていなければ利用できません。みずほ銀行の普通口座を持っていない場合には、あらかじめ口座開設手続きをしておくと良いでしょう。なお、口座開設はインターネットでも申込できますが、通帳やキャッシュカードは後日郵送されてくることになります。また、店舗で口座開設した場合にも、キャッシュカードは郵送になります。郵送から普通預金口座を開設したことはバレてしまう可能性がありますから、口座開設自体を内緒にしたいという場合には、気を付けておきましょう。

・WEB完結申し込みをする

みずほ銀行に普通預金口座を持っていれば、カードローンを申し込みたい場合にも、Web完結申込が可能になります。申込方法としてWeb完結申込を選べば、インターネットで契約完了しますから、申込書類や契約書類が自宅に郵送されてくることもありません。キャッシュカードにカードローン機能が付加されることになりますから、新たにカードローン用のカードが郵送されてくる心配もありません。

・連絡先は自分の携帯にしておく

カードローンの審査の際には、保証会社のオリエントコーポレーションから、本人確認や在籍確認の電話が入ることがあります。専業主婦の場合には、勤務先がありませんから、自宅か携帯に電話がかかってくることになります。申込時に携帯電話の番号を記載していれば、携帯電話に優先的に電話がかかってくるため、自宅に電話が入ることはありません。しかし、携帯電話番号を記入していなかったり、携帯に何度電話がかかってきても出られなかったりした場合には、自宅に電話がかかってくる可能性があります。電話からバレないようにするためには、携帯電話番号を間違いなく記入するようにしましょう。

・家族に内緒にしたいなら延滞に注意

みずほ銀行カードローンでは、契約後に電話がかかってくることもありませんし、郵送物はみずほ銀行名義で届きますから、契約手続きが無事完了すれば、それ以降はバレる心配は少なくなっています。しかし、もしカードローンの返済がきちんとできず、延滞を続けることになってしまえば、話は別です。

みずほ銀行カードローンの返済方法は口座引落になりますが、返済日に口座残高が足りず引き落としができなければ、入金が完了するまで利用停止となってしまいます。いつまでも返済しないで放置していれば、やがて電話や郵便で督促がくるようになり、家族にバレてしまう可能性が高くなります。カードローンを家族に内緒にしたいなら、くれぐれも延滞の状態が続かないよう注意しておきましょう。

注意点

・夫に安定した収入がなければ借りられない

みずほ銀行カードローンでは、申込者本人に収入がなくても、配偶者に安定かつ継続した収入があれば申し込みができます。専業主婦なら誰でも利用できるわけではなく、夫に安定した収入がなければやはり借入は難しくなります。たとえば、学生結婚した場合には、夫がまだ学生で働いていないということもあると思います。この場合には、妻も働いていなければ、カードローン申し込みはできません。

なお、みずほ銀行カードローンでは希望限度額200万円以下の場合には、申込の際に収入証明書の提出が不要となります。専業主婦の利用額の上限は30万円ですから、夫の収入証明書を出さなければならないということはありません。もちろん、夫の同意書なども不要です。専業主婦が申し込みする場合には、必要書類は本人確認書類だけになります。

・専業主婦は最高金利が適用される

みずほ銀行カードローンは銀行カードローンの中でも特に低金利となっており、金利は3.0%~14.0%(実質年利率)となっています。ただし、専業主婦の場合には、利用限度額の上限が30万円となっており、最高金利である14.0%が適用されることになります。みずほ銀行カードローンでは、利用限度額100万円未満の場合には基準金利が14.0%となっていますから、利用実績を積んでも金利が下がるということはありません。

・口座に返済額以上を入金しておく

みずほ銀行カードローンでは、毎月10日(銀行休業日の場合には翌営業日)の返済日に、前月10日(銀行休業日の場合には翌営業日)の利用残高に応じた返済額が、みずほ銀行の返済用普通預金口座から自動引き落としされます。口座残高が不足していれば、引き落としができず、返済日の翌日以降年19.9%の遅延損害金がかかってしまいます。返済日に残高不足にならないよう注意しておきましょう。

なお、みずほ銀行カードローンでは残高スライド方式により返済額が決まりますが、専業主婦の場合には借入残高が常に30万円以下になりますから、毎月の返済額は1万円(利用残高1万円未満の場合には残高分全額)となります。基本的には口座に1万円入っていればOKということになりますが、10日に他の引き落としが重なっている場合には引き落としされない可能性がありますから注意が必要です。

・借りたお金はできるだけ早く返済する

カードローンの借入期間が長期になってしまうと、家族にバレるリスクも大きくなってしまいます。毎月の返済だけでは、なかなか返済が終わりませんから、任意返済をして早めに完済することを目指しましょう。みずほ銀行カードローンでは、コンビニの提携ATM(ローソンATM、E-net、セブン銀行ATM)からも手数料無料で任意返済ができますので、資金に余裕があるときにはこまめに返済するのがおすすめです。

まとめ

みずほ銀行カードローンでは、専業主婦も家族に内緒でお金を借り入れすることが可能です。みずほ銀行の普通預金口座を持っていればインターネットからの申し込み方法ですぐに利用できるようになります。家計のやりくりに困ったときには、ぜひ活用しましょう。