みずほ銀行カードローンを申し込んだら自宅に郵送物が届くの?周りにバレないための対策

家族に内緒でカードローンを申し込んでも、自宅へ届いた郵送物でバレるということがあります。ここでは、みずほ銀行カードローンでは自宅に何が郵送されるのかについて説明します。借金がバレないようにするための対策も知っておきましょう。

みずほ銀行カードローンを契約すると郵送されてくるもの

・カードローン契約すると発生する郵便物

急に何かの事情でお金が必要になった場合、無担保で手軽に融資を受けられるカードローンは便利です。けれど、カードローンで借金をするというのはあまり良いイメージがありませんから、できるなら内緒で申し込みし、利用したいと考える人は多いでしょう。しかし、もしカードローンを申し込みして自宅に郵送物が送られてくるようなことがあれば、家族にバレる心配があります。

カードローン契約をするときには、申込書類や契約書類が郵送されてくることがあります。また、カードローンはその名のとおりカードを使って借入するのが一般的ですから、契約時にはカードが郵送されてくる可能性もあります。さらに、契約後にはクレジットカードのような利用明細書が郵送されてくることも考えられます。

現在、ほとんどのカードローン会社でインターネット申込に対応しています。インターネットから申し込みすれば、Web上で契約手続きを完了させることにより、契約書類の郵送をなくすことができる会社もあります。また、大手消費者金融では自動契約機を設置しており、自動契約機で契約書類やカードの受け渡しをすることで、郵送物なしにすることも可能になっています。さらに、利用明細をインターネット上で確認できるWeb明細に対応している会社は多いので、利用明細の郵送をなしにすることも可能です。

・銀行カードローンは口座開設が必要なことも

カードローンには、消費者金融業者のカードローンと銀行カードローンの主に2つがあります。このうち、銀行カードローンは、その銀行に普通預金口座を開設していなければ申込できないことがあります。この場合、既に口座を持っているのでない限り、銀行カードローン申込時に口座開設の手続きも同時にしなければなりません。

銀行に普通預金口座を開設すれば、通帳やキャッシュカードが発行されることになります。そのため、銀行カードローンでは、契約時に通帳やキャッシュカード郵送されてくるケースもあります。

・みずほ銀行カードローンでは契約書類やカードの郵送をなしにできる

みずほ銀行カードローンの申し込みは、Web、郵送、電話、店舗窓口のいずれかの方法で可能です。このうち、Webから申し込みすれば、申込書類や契約書類を郵送でやりとりしなくても契約が可能になっています(WEB完結申込)。Web申し込みでは、必要書類もWebから送信できるようになっており、契約手続きもWebで完了させることが可能になっています。

なお、みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の普通預金口座を持っていなければ利用できません。既にみずほ銀行に口座開設してキャッシュカードを持っていれば、キャッシュカードにカードローン機能を付けることができますから、カードローン契約時にカードが郵送されることがありません。ちなみに、希望すればカードローン専用カードを発行してもらうことも可能となっていますが、この場合には郵送されてくることになります。

・カードローン申込と同時に口座開設するなら郵送物が発生する

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座を持っていなければ利用できません。そのため、みずほ銀行の普通預金口座を持っていない場合には、カードローン申込時に口座開設の手続きが必要になります。

口座開設は、インターネットから申し込みすることも可能ですが、通帳等は後日本人限定受取郵便で送られてくることになります。また、インターネットから口座開設申し込みをしない場合には、申込書を郵送してもらい、これを返送する手続きも必要になります。

つまり、カードローン申込時に口座開設を同時にする場合には、通帳等の郵送は避けられないということになります。

・契約後には契約内容確認書が送られてくる

みずほ銀行カードローンを利用するにあたって、キャッシュカードにカードローン機能を付けた場合には、カードローンカードは郵送されてきませんが、契約後に契約内容確認書が郵送されてきます。契約時の利用限度額が申込時と異なる場合にも、契約内容確認書が郵送で届きます。

契約内容確認書はみずほ銀行の封筒で送られてきますから、開封されない限りカードローン利用がバレることはありません。しかし、家族が郵便を開封する可能性があるのなら注意が必要です。

郵送物をなしにすることはできないの?

・みずほ銀行に口座があれば契約時に郵送物なしは可能

上述のとおり、みずほ銀行カードローン申込時に口座開設を同時にする場合には、郵送物が発生してしまいます。一方、既にみずほ銀行に普通預金口座を持っていれば、郵送物なしにすることも可能です。ただし、郵送物なしにするためには、Web完結申し込みをする必要があります。Web完結申込では、利用開始までの流れは次のようになっています。

①申し込み

みずほ銀行カードローンの公式サイトにアクセスして申込フォームに必要事項を入力し、送信します。

②審査

申込内容にもとづき、審査が行われます。

③審査結果回答

メールにて審査結果の回答があります。

④必要書類の登録

本人確認書類をカメラで撮影し、登録用URLにアップロードして登録します。利用限度額が200万円を超える場合には、収入証明書の登録も必要になります。

⑤利用開始

カードローン口座開設の連絡があれば、借入が可能になります。カードローン機能が付加されたキャッシュカードを使ってATMから出金するか、インターネットバンキングの「みずほダイレクト」を利用して自分の口座に融資金を入金してもらう手続きをします。

・契約後は契約内容確認書が届いてしまう

みずほ銀行では、Web完結申込をした場合にも、カードローン口座開設後に契約内容確認書が郵送で届きます。契約内容確認書の郵送をなしにすることはできませんので注意しておきましょう。

家族や周りにバレないための対策

・在籍確認対策が必要

みずほ銀行カードローンの審査の際には、保証会社のオリエントコーポレーション(オリコ)から勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがあります。学生アルバイトの人であっても、バイト先に電話が入る可能性があります。

在籍確認はオリコの担当者の個人名でかかってきますから、在籍確認の電話でカードローン利用がバレるということは通常はありません。しかし、勤務先に個人宛の電話がかかってくること自体あまりないようなところでは、怪しまれてしまうこともあると思います。心配な場合には、あらかじめ自分宛の電話がかかってくるかもしれない旨を職場の人に伝えておくなどしましょう。

・連絡先として携帯電話番号を記入しておく

カードローン申込時には、連絡先電話番号を記入することになります。自宅と携帯を両方記入すれば、電話連絡は携帯に優先して入りますから、必ず携帯番号を記入しておきましょう。特に、働いていない専業主婦が申し込みする場合には、在籍確認がありませんから、携帯に電話が入る可能性があります。携帯電話番号が間違っていれば、自宅にかかってくる可能性がありますから、番号を間違えないようにしましょう。

・ATMから任意返済した場合には領収書に注意

みずほ銀行カードローンでは、毎月の返済はみずほ銀行の普通預金口座からの自動引き落としになります。そのため、通帳を見られない限り、カードローン利用がバレる可能性は低くなっています。

なお、みずほ銀行カードローンでは、ATMから随時任意返済もできるようになっています。ATMで返済すれば領収書が発行されますから、これをわかりやすい場所に置いていれば、家族に見られてしまう可能性があります。領収書の管理にも注意しておきましょう。

・郵便物バレを防ぐ工夫

みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行からの郵便物を全くなしにすることはできません。Web完結申込をした場合にも、契約内容確認書は郵送で届いてしまいます。

みずほ銀行から郵便物が来ても不審に思われないように、みずほ銀行に口座開設したこと自体は家族に報告しておいた方が良いこともあります。たとえば、給与振込や他の引き落としもみずほ銀行に変更すれば、みずほ銀行から郵便物が届いても不思議ではありません。ただし、家族に通帳をチェックされないように気を付けておきましょう。

注意点

・家族バレを防ぐにはきちんと返済することがいちばん重要

お金が足りないときにすぐにキャッシングする癖がついてしまうと、常に借入残高があり、返済がいつまでも終わらない状態になってしまいます。そうなると、いつか家族にバレてしまう可能性も高くなります。

家族に内緒でお金を借りた場合には、できるだけ早く返済しましょう。みずほ銀行カードローンは低金利ですが、返済期間が長くなると利息が大きくなってしまいます。早く返済するほど、利息の負担も減らすことができます。毎月の返済以外にも任意返済を行い、借入残高を減らすように心がけましょう。

もし毎月の返済ができなくなり、延滞が続くようなことになれば、否応なしに自宅に連絡が入ることになります。また、返済できないからと言って他社から借りてしまえば、借入先が増えてしまい、多重債務者になってしまうリスクもあります。借金をするときには返済できるかどうかをよく考えた上で、慎重に借入を申し込むようにしましょう。

まとめ

みずほ銀行カードローンでは、キャッシュカードにカードローン機能を付けることができるため、既に口座を持っていればWeb完結で申し込むことも可能です。けれど、みずほ銀行カードローンを申し込むと、自宅に届く郵送物がありますから、カードローン利用を内緒にしたい場合には要注意です。みずほ銀行に口座開設したことを家族に知られてしまう可能性はありますから、不自然でない理由を考えておきましょう。