みずほ銀行カードローンの金利計算を簡単にする方法は?

銀行カードローンの中でも特に低金利と言われるのがみずほ銀行カードローンです。ここでは、みずほ銀行カードローンの金利計算の方法や低金利で借りるための注意点についてまとめています。

みずほ銀行カードローンの金利は安い?高い?

・銀行カードローンは消費者金融より低金利

カードローンは、銀行、消費者金融、信販会社といったところで取り扱いされています。このうち、信販会社のカードローンは数が少ないですから、通常は銀行か消費者金融のどちらかを選ぶことが多いと思います。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンとでは、銀行カードローンの方が金利が低いものが多くなっています。というのも、消費者金融はカードローン貸付のような小口の貸付がメイン事業になり、事業を継続するためには高金利にして利益を確保する必要があるからです。これに対し、銀行はそもそも資金力がなければ営業自体が許可されませんから、金利をそれほど高くしなくてもやっていけるという事情があります。

ちなみに、利息制限法により、お金を貸すときに徴収できる金利の上限は、次のようになっています。

元本 金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

消費者金融では100万円未満の小口の貸付が多くなりますから、金利の上限は利息制限法の上限とも言える年18.0%とされていることが多くなっています。一方、銀行カードローンの場合には、金利の上限は年14~15%程度のところも多く、消費者金融に比べてかなり低金利となっています。

なお、消費者金融では金利が高い代わりに、30日間などの無利息期間を設定する無利息サービスを行っているケースも多くなっています。このため、短期間の借入であれば、消費者金融で借りた方がお得になることもあります。

・金利の上限が14.0%のみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの金利の上限は、年14.0%(実質年率)となっており、銀行カードローンの中でも特に金利が低くなっています。みずほ銀行カードローンは借り換えにも使えますから、消費者金融のカードローンを利用している場合には、みずほ銀行カードローンに借り換えることで、利息の負担を軽くすることも可能です。

限度額と金利について

・みずほ銀行カードローンには2つのプランがある

みずほ銀行カードローンでは、申し込み後の審査により、「エグゼクティブプラン」か「コンフォートプラン」のどちらかのプランが適用されることになります。2つのプランでは設定される金利が違いますが、利用者側がプランを選ぶことはできません。なお、みずほ銀行カードローンの利用限度額は10万円から1000万円の範囲内で設定されますが、エグゼクティブプランは利用限度額200万円以上の場合にのみ適用されます。

・それぞれのプランの限度額と基準金利

みずほ銀行カードローンの2つのプランの限度額と基準金利は次のようになります。なお、「基準金利」とされているのは、住宅ローン利用の場合には基準金利より0.5%下がるという特典があるためです。

<エグゼクティブプラン>

利用限度額 基準金利
200万円以上300万円未満 年7.0%
300万円以上400万円未満 年6.0%
400万円以上500万円未満 年5.5%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円以上1000万円以下 年3.5%

<コンフォートプラン>

利用限度額 基準金利
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円以上1000万円以下 年4.0%

金利を安くする方法はあるの?

・借入額が大きいほど金利は低くなる

カードローンでは利用限度額が大きいほど金利が低くなるしくみになっています。みずほ銀行カードローンの場合、利用限度額50万円なら金利は年14.0%となってしまいますが、利用限度額500万円の場合にはどちらのプランでも金利は5.0%となります。これだけ見ると、低金利で借りたいなら、希望限度額を大きくした方がいいということになりそうです。

しかし、利用可能額は審査の結果決まることになっており、最初から多くの利用限度額を設定してもらうのは困難です。少ない利用額でも借入と返済の実績を積むことによって、利用限度額を増額してもらうことが可能になります。最初は利用限度額が少なく金利が高めになっても、ずっとそのままというわけではありませんから安心しましょう。

・住宅ローン借入で金利0.5%引き下げ

みずほ銀行では、住宅ローンを利用している場合には、カードローンの金利を基準金利より0.5%引き下げする取り扱いをしています。既にみずほ銀行で住宅ローンを組んでいる場合には、みずほ銀行カードローンをお得に利用できます。

なお、カードローン金利の優遇が受けられるのは、住宅ローン利用店で申し込みする場合のみになります。また、フラット35を利用している場合には、店頭で申し出した上で、みずほ銀行が住宅金融支援機構から個人情報の提供を受けることに同意する必要があります。住宅金融支援機構融資、一部提携住宅ローンなどは、カードローン金利引き下げの対象外となります。

金利の計算方法

・利息の基本的な計算方法

借りたお金の利息は、次の計算式で計算します。

利息=借入残高(元金)×金利×借入期間(借入日数)

たとえば、50万円を年14.0%の金利で借りて180日後に返済したとすると、発生する利息は

50万円×14.0%×180/365≒34,520(円)

となります。

・カードローンの場合には毎月利息を支払う必要がある

上記の利息の計算は一括返済の場合の話になりますが、カードローンの金利計算はそれほど単純ではありません。というのも、カードローンでは基本的に分割払いで返済することになっており、毎月の返済日に契約で定められた返済金額(約定返済額)以上は必ず返済しないといけないことになっているからです。この約定返済額の中には、返済日までの利息も含まれており、約定返済額から利息を差し引いた部分のみが元本に充てられることになります。

50万円を年14.0%で借入したケースで、最初に到来する返済日が借入から20日後だったとすると、最初の返済日に支払う利息は、

50万円×14.0%×20/365≒3,835(円)

となります。みずほ銀行カードローンでは、利用残高が50万円の場合の約定返済額は1万円ですから、1万円のうち3,835円が利息となり、残りの6,165円が元本に充てられることになります。そして、次回の返済日には、50万円から返済済の元本6,165円を差し引きした49万3,835円が借入残高になり、これをもとに利息の額を計算しなければならないことになります。

・利息の計算は複雑なので返済シミュレーションを活用

みずほ銀行カードローンの返済方式は、残高スライド方式となっており、残高が変わると返済額も変わるしくみになっています。みずほ銀行カードローンの金利計算は非常に複雑ですから、ホームページの返済シミュレーションを活用するのがおすすめです。返済シミュレーションでは、利用限度額、借入金額、金利を入力することで、返済回数、返済総額、利息額を簡単に算出することが可能になっていますので、返済計画を立てやすくなっています。

注意点

・カードローン利用にはみずほ銀行普通預金口座開設が必要

みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金口座を開設する必要があります。既に口座を持っている人であれば、インターネットからの申込方法で、キャッシュカードにカードローン機能を付けてすぐに利用することができます。一方、口座を持っていない人は、口座開設に日数がかかってしまいますので注意しておきましょう。

・金利が低くても返済期間が長くなれば利息額は大きくなる

カードローンを利用するときには、金利の低い方がお得とばかり考えてしまいがちです。しかし、たとえ金利が低くても、返済期間が長くなれば、合計利息額は増えてしまいます。利息の負担を抑えるためには、金利を下げるだけでなく、できるだけ返済期間を短くする必要があります。

カードローンの約定返済額は最低返済額ですから、多めに払うことは可能です。みずほ銀行カードローンでは返済方法は口座引き落としになりますが、随時ATMやインターネットバンキングで手数料なしで任意返済ができますので、余裕のあるときには繰上返済するのがおすすめです。

・専業主婦は上限金利が適用される

みずほ銀行カードローンでは、利用限度額が上がると金利が低くなります。しかし、専業主婦の場合には、基本的に利用限度額は上がりません。みずほ銀行カードローンでは専業主婦への融資も行っていますが、借入可能額の上限を30万円としているからです。利用限度額30万円の場合には金利は上限の14.0%となりますから、専業主婦が借入する場合には常に上限金利が適用されてしまうことになります。

・借入額が200万円を超えるなら収入証明書が必要

みずほ銀行カードローンでは、借入限度額が大きくなるほど金利が低くなります。そのため、金利を下げるために、希望限度額も大きめにしたいと考える人も多いと思います。みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行の普通預金口座を持っていれば、インターネットから申し込みをして即日融資を受けることも可能です。しかし、限度額が200万円を超える場合には、収入証明書が必要になります。収入証明書がすぐに用意できないようであれば、借入希望額は200万円以下にしておくと良いでしょう。

・金利は変わることがある

みずほ銀行カードローンの金利は変動金利となっており、金融情勢などにより見直しされることがあります。契約時の金利が返済まで継続して適用されるわけではなく、借入残高のある当日の金利が適用されることになります。

まとめ

みずほ銀行カードローンで低金利の恩恵を受けるには、できるだけ早く返済を完了し、利息額を抑えるのがおすすめです。みずほ銀行カードローンの金利計算をしたい場合には、ホームページで返済額試算等ができます。あらかじめ返済計画を立ててから借入をするようにしましょう。