楽天カードでANAマイルをお得に貯める方法と注意点について

楽天カードは旅行好きの人に特にオススメなカードです。特に海外旅行が好きな方なら楽天カードがイチオシです。

楽天カードは海外旅行保険が充実しているだけでなく、実はマイルもたまりやすいカードなのです。今回は楽天カードとマイルの関係を紹介していきます。

楽天カードでマイルを貯める方法

海外旅行が好きな方は、クレジットカードの海外旅行保険を重視して選ぶ方も多いのではないでしょうか。その点でも楽天カードは、充実した保障があるのでオススメのポイントではありますが、実は楽天カードはマイルが貯まりやすいカードでもあるのです。

今までマイルを活用したことがない方は、そもそもマイルって聞いたことがあるけどなんなのか良く分からないという方もいるかもしれません。旅行好きでマイルを活用していない方は実はちょっと損をしているかもしれません。

・マイルとは?

マイルとは航空会社が行っているポイントサービスです。飛行機に乗ると一定のマイルが貯まり、貯まったマイルは航空券に引き換えしたり、エコノミークラスからビジネスクラスやファーストクラスにグレードアップしたり出来ます。

とにかくたくさん旅行に行きたいという方は航空券に引き換え、少しでも贅沢な旅にしたいという方はアップグレードに利用すると良いでしょう。ちなみに良く出てくる言葉として、マイレージとマイルがありますが、マイレージは航空会社のポイントプログラムのことで、マイルはポイントのことを言います。

・楽天カードで貯められるのはANAマイル

マイルは各航空会社のポイントプログラムなので、どの航空会社を良く使うのか決めて、そのマイルを貯める必要があります。JALならJALマイレージクラブに、ANAならANAマイレージクラブに加入します。

楽天カードはANAマイレージクラブのANAマイルにポイント交換可能です。ちなみに、ANAマイレージクラブに登録するにはライフスタイルに合ったカードに入会します。カードは大きく分けると2種類で、1つはANAカード、もう1つはANA提携パートナーカードです。提携カードは、楽天ANAマイレージクラブカード、JCBプラスANAマイレージクラブなど現在24種類もあります。

ANAマイルを貯めるのはANAマイレージクラブに加入する必要があります。ANA便やANAグループ便を利用してANAマイルを貯める他、クレジットカードの利用でANAマイルを貯めることが出来ます。

または、提携のポイントから移行という貯め方があります。楽天カードは楽天スーパーポイントが貯まりますが、楽天スーパーポイントからANAマイルに移行することも出来ますし、楽天ANAマイレージクラブカードで直接ANAマイルを貯める事も出来ます。

・楽天カードはANAマイラーにとってお得なカード!

楽天スーパーポイントとANAマイルは相互交換することが可能で、楽天ポイントからANAマイルにポイント交換するとき、2ポイントで1マイルに交換可能です。逆にANAマイルから楽天ポイントに交換するときは、10,000マイルで10,000ポイントが交換出来ます。楽天スーパーポイントからANAマイルに交換するときは若干交換レートが下がりますが、楽天ポイントは貯まりやすいカードなので他のカードより断然お得です。

楽天カードは楽天市場で買い物をすればポイント最大4倍にもなります。その他、ポイント加盟店なら3倍、入会キャンペーンを利用すれば新規入会特典で数千ポイントが貰え、その他ボーナスポイントなど使えば使うほどポイントが貯まりやすくなります。

また、ANAカードの場合は貯まったポイントをマイルに交換する際に手数料がかかります。ポイント獲得分がそのままマイルにできない分、大きな痛手になります。その点、楽天カードはポイントをマイルに変える場合、手数料はかかりません。交換可能ポイント数は月に20,000ポイント、1回の上限は1,000ポイントです。

楽天スーパーポイントをマイルに変える方法と注意点

貯まった楽天スーパーポイントをマイルに交換するには、まずANAマイレージクラブに入会する必要があります。すでに登録が済んでいる方は、ANAマイレージクラブお客様番号が発行されます。後は楽天PointClubで楽天スーパーポイント口座番号を確認すれば手続きが可能です。

・楽天スーパーポイントをマイルに交換する方法

ANASkyWEBのANAマイレージクラブにログインします。ログインにはANAお客様番号が必要になります。

ANAマイレージクラブ機能の提携パートナー特典から楽天スーパーポイント特典交換をクリックします。楽天スーパーポイントの口座番号を入力し、登録を完了させます。後は、楽天PointClubのポイント交換から毎回どのくらいのポイントを移行するか手続きをすれば以降完了です。

・楽天スーパーポイントをマイルに交換する注意点

①登録が必要

②期間限定ポイントはマイルに交換不可

交換をすには、前述した通り、まずはANASkyWEBのANAマイレージクラブから楽天スーパーポイント口座番号を登録しなければいけません。いきなり交換することは出来ないので注意しましょう。

また、楽天ポイントには、通常のポイントの他に期間限定ポイントがあります。この期間限定ポイントはマイルに限らず、他のポイントに交換することが出来ないので注意しましょう。

楽天ANAマイレージクラブカードとは?

楽天カードでは、通常のカードでは楽天スーパーポイントが貯められ、それをANAマイルに交換することでANAのマイルが使えるようになります。しかし、もう一つANAマイルと提携した「楽天ANAマイレージクラブカード」というのもがあります。

・実質年会費無料!

カードデザインはシルバーとピンクの2種類から選ぶことが出来ます。また、国際ブランドもVISA。JCB、MasterCadeの3種類から選ぶことが出来ます。

年会費は初年度無料、2年目から540円(税込み)かかるのですが、年に1回の利用で翌年度も年間費無料になります。1回の金額制限もないので1円でも使えば条件は満たされるため、メインでカードを使う方にとっては実質年間費無料と言っても良いでしょう。

・ポイント還元率はコースによって変わる

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイレージクラブ機能と楽天カード機能が合わさったカードです。特徴としてはポイントの貯め方が2種類ある点です。

1つは、ANAマイルコースで、200円カード利用ごとに1マイルが貯められます。また、ANA楽パックなど楽天のサービスを使うとポイント還元率を少し上げることも可能です。

2つ目は、楽天スーパーポイントコースです。こちらは100円で1ポイント、楽天スーパーポイントが貯まります。

これらのコースはいつでも変更が可能です。その為、ANAマイルを中心に貯めたければANAマイルコース、特に使わなくなったら楽天スーパーポイントコースに変更して、普段の買い物に役立てることも可能です。

楽天ANAマイレージクラブカードは、通常のカードと同様で、JCBブランドならnanacoチャージ分がポイントになりますし、MasterCadeブランドならauウォレットのWALLETポイント分が貯まります。これらの特徴を活かすとどのカードよりポイントを貯めやすく、使い勝手も良くなります。

・楽天スーパーポイントコースがお得

マイルを活用したいけど、頻繁に使訳ではないという場合は、楽天スーパーポイントコースまたは、楽天の他のカードからANAマイルに交換をする方がお得です。これは有効期限の関係で、通常マイルはポイント獲得してから36ヶ月で有効期限が切れます。

しかし、楽天スーパーポイントは最後にポイントを獲得してから1年間有効です。つまり、カードを使い続けていれば永久に有効なのです。

なので、たまにしかマイルを活用しないというのであれば使う直前にマイルに交換する方がお得です。有効期限をきにせずに貯めたいという方は、楽天スーパーポイントを貯めていきましょう。

・ANAマイレージクラブ会員限定サービスが使える

通常の楽天カードにないサービスとして、楽天ANAマイレージクラブカードはANAマイレージクラブ会員限定サービスが使えます。例えば空港でANA搭乗手続きをしないでも良いスキップサービスが利用出来たり、ANA便利用やANAグループ便利用でマイルが貯めたりすることが出来ます。

また、ANAマイレージモール経由楽天市場で「楽天カード」を使って買い物をするとマイルがお得に貯められるという特典もあります。ANAを活用している方は何枚もカードを持つ必要もなく、お得なのでオススメ出来ます。

・申し込み方法と申し込み条件

楽天ANAマイレージクラブカードはランクとしては、楽天の通常のカードと同じです。その他のランクのカードはないので、海外旅行保険を重視している方は他のカードを検討する必要があります。

申し込み条件は通常の楽天カードと同じで、18歳以上であれば誰でも申し込み可能です。申し込み方法はインターネットから申し込み可能です。

注意点

楽天ANAマイレージクラブカードの注意点は以下のようになります。

①年1回以上の利用

②楽天Edyの決済では楽天スーパーポイント付与になる

③キャンペーンなどのポイントアップは楽天スーパーポイントになる

④楽天カード保有者は切り替え手数料がかかる

⑤カード利用からマイル反映までタイムラグが発生する

楽天ANAマイレージクラブカードは、残念ながら条件付年間費無料のカードです。必ず年に1回は使わなければいけません。また、ポイントの付き方が他のカードとは異なり、ANAマイルコースにしても、サービスによってはマイルではなく、楽天スーパーポイントになることがあります。

基本的には楽天Edyの利用は楽天スーパーポイントになり、その他ポイントアップキャンペーン分も楽天スーパーポイントになります。ポイントの付き方は事前にきちんと確認する必要があります。

また、すでに楽天カードを持っている方は切り替え手数料が必要になります。楽天ANAマイレージクラブカードにしなくても貯めた楽天スーパーポイントをANAマイルに交換することは出来るので切り替えをした方が良いのかも良く検討しましょう。

そして5つ目もANAマイルコースの注意点ですが、カード利用からマイル反映まで時間がかかることがあります。最大1ヵ月以上のタイムラグがあるようなので、すぐに使いたいという場合も楽天スーパーポイントから移行の方がオススメです。楽天スーパーポイントからの移行であれば2、3日で反映されます。

まとめ

楽天カードはクレジットカードの中でポイントが貯まりやすいカードです。そして、そのポイントはANAマイルに移行することが可能です。また、提携カードとして楽天ANAマイレージクラブカードというものがあり、これなら直接ANAマイルが貯まっていきます。

ただし、楽天ANAマイレージクラブカードにはいくつか注意点があるので、それを理解した上で申し込みをしましょう。楽天カードとANAマイルは相性の良いポイントです。海外旅行好きな方はぜひ活用してみて下さい。