新生銀行カードローンレイクなら土日や夜間も即日融資OK!申込方法や注意点について

新生銀行カードローンレイクは、元々は消費者金融だったレイクの事業が新生銀行に譲渡されたもので、銀行カードローンと消費者金融の両方のメリットを享受できるカードローンとなっています。特に、スピード融資に対応している点は魅力で、土日や夜間でも即日融資が受けられる場合が多くなっています。

即日融資してもらうためのポイント

・なるべく朝早い時間に申込する

新生銀行カードローンレイクで即日融資を希望する場合には、当たり前ですが、なるべく早い時間に申込することが大事です。レイクで即日融資を受ける場合には、希望額を振込してもらうか、自動契約機でカードを発行してもらいATMから出金するかのどちらかになります。振込も自動契約機も24時間対応してくれるわけではありません。締切時間がありますから、できるだけ早い時間に手続きをすませることが肝心です。

・自動契約機利用の場合にもインターネットで先に申込しておく

レイクの自動契約機(無人契約機)で申し込みすれば、審査OKならそのまま契約手続きをし、カード発行してもらうことができます。けれど、自動契約機を利用する場合にも、事前にインターネットで申し込みしておくのがおすすめです。

たとえば、自動契約機のところに行ってから必要書類が足りないとなれば、出直さなければならず、即日融資が受けられない可能性も出てきます。インターネットで申し込みし、アプリ等で必要書類の提出をすませておけば、自動契約機では契約とカード発行のみの手続きになりますから、時間の節約にもなります。

・必要書類をあらかじめ用意しておく

レイクの申し込みの際には、本人確認書類が必要になります。また、本人確認書類の住所が現住所と異なる場合や、自動契約機で契約時に健康保険証を提示する場合には、別途現住所が記載された書類(公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑登録証明書のいずれか)も必要になります。さらに、借入金額が100万円を超える場合には、原則として収入証明書(源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書など)も必要になります。レイクで即日融資を希望するなら、これらの必要書類をスムーズに提出できるよう、事前に準備しておくと良いでしょう。

・自分名義の口座を確認しておく

振込による即日融資を受ける場合には、自分名義の金融機関口座に振込してもらうことになります。すぐに口座番号がわかるよう、通帳やキャッシュカードなどを用意しておきましょう。

なお、レイクでは会員ページから「Web自動引落しサービス」に登録することにより、返済日に返済金額(最低返済額)を手数料無料で引き落としてもらうことも可能です。もし返済日に返済を忘れてしまえば遅延損害金が発生してしまうため、自動引落しにしておくと安心です。インターネットバンキングのログイン情報があれば契約と同時にネットで自動引落しの手続きができますので、こちらも用意しておくと良いでしょう。

・無利息期間を選んでおく

初めてレイクを利用する場合、「初回契約日の翌日から180日間5万円分が無利息」または「初回契約日の翌日から30日間借入額全額が無利息」のどちらかの無利息サービスを選ぶことができます。どちらの無利息サービスが得になるのかは、借入額等によって変わってきますので、あらかじめ検討しておくと良いでしょう。

・信用情報が不安なら確認しておく

レイクで即日融資を受けるには、審査にすんなり通過しなければなりません。審査の際には個人信用情報機関に情報照会されますので、他社との取引状況についてもわかってしまいます。他社で過去に事故を起こしたことがあり、信用情報に残っているかどうかがわからない人は、事前に信用情報を確認してから申込すると確実です。自分の信用情報は、1つの信用情報機関につき1000程度で開示請求できます。

レイクで即日融資してもらう方法と注意点

・即日融資の申込方法

レイクで即日融資してもらうには、インターネットで申し込みする方法、電話で申し込みする方法、自動契約機で申し込みする方法があります。

<インターネットで申し込みする方法>

①申込

パソコンまたは携帯電話から申込します。

②仮審査結果の通知

申込後、パソコンまたは携帯電話の画面で仮審査結果を確認できます。

③必要書類の提出

本人確認書類等の必要書類をアプリ、メールまたはFAXにより提出します。

④在籍確認

勤務先への在籍確認が行われます。

⑤本審査結果の通知・契約

本審査に通過し、契約額や金利などの契約事項に納得すれば、そのままネットで契約するか、自動契約機に来店して契約手続きを行います。

⑥借入

平日14時までに⑤までの手続きが完了すれば、その日のうちに自分の口座に振込してもらうことが可能です。自動契約機来店の場合、21時までに手続きが完了すれば、カードを受け取ってATMから出金できます。

<電話で申し込みする方法>

①申込

レイクの申込専用フリーダイヤルに電話して申込します。

②仮審査結果の通知

その場で仮審査結果を知らせてくれます。

③必要書類の提出

本人確認書類等の必要書類をアプリ、メールまたはFAXにより提出します。

④在籍確認

勤務先への在籍確認が行われます。

⑤本審査結果の通知・契約

本審査に通過し、契約額や金利などの契約事項に納得すれば、ネットで契約するか、自動契約機に来店して契約手続きを行います。

⑥借入

平日14時までに⑤までの手続きが完了すれば、その日のうちに自分の口座に振込してもらうことが可能です。自動契約機来店の場合、21時までに手続きが完了すれば、カードを受け取ってATMから出金できます。

<自動契約機で申し込みする方法>

①申込

レイクの自動契約機のところに行き、画面を操作して申込みします。

②必要書類の提出

必要書類を自動契約機にセットし、読み込ませることにより送信します。

③在籍確認

レイク側で、勤務先への在籍確認を行います。

④本審査結果の通知・契約

本審査に通過すれば、契約額や金利などの契約事項に納得すれば、そのまま契約手続きを行います。

⑤カード発行・借入

自動契約機でカードを受け取り、併設のレイクATMやコンビニATMなどの提携ATMでお金を引き出します。

・即日融資の注意点

レイクの審査では、勤務先への在籍確認があります。土日祝日など会社が休みの日に申し込みする場合には、在籍確認がとれないために即日融資が受けられない可能性があります。このような場合でも、在籍を証明できる書類を提出することにより即日融資が受けられる可能性があります。会社の休日に申込する場合には、会社の保険証などを用意しておくと良いでしょう。

レイクでは土日や夜間でも即日融資が可能なの?

・自動契約機を利用すれば土日の即日融資も可能になる

銀行は通常土日祝日は営業していないため、土日にネットなどを通じて銀行カードローンを申し込んでも、審査は翌営業日に持ち越されてしまいます。しかし、レイクの場合には、土日祝日も審査を行っています。これは、保証会社である消費者金融の新生フィナンシャルが実質的な審査を行っているからです。

また、レイクでは、自動契約機も土日祝日営業しています。つまり、レイクでは土日祝日に申し込みをして当日中に審査が完了すれば、自動契約機でカードを受け取ることにより、即日融資が受けられる可能性があります。

・21時までなら自動契約機利用で即日融資可能

レイクでは土日祝日の振込融資には対応していませんから、土日祝日に即日融資を受けるには、自動契約機でカードを受け取る必要があります。レイクでは、初めての申し込みの場合でも、21時までに自動契約機で受付が完了すれば、即日融資を行っています。21時を過ぎればカード発行が翌日以降になってしまいますが、それまでであれば自動契約機でカードを受け取って、24時間営業のコンビニATM(ローソンATM、E-net、セブン銀行ATMなど)から手数料無料でお金を借りることも可能です。

どんな人は即日融資が厳しいの?

・レイクの自動契約機が近くになく自分名義の口座を持っていない人

レイクで即日融資を受けるには、申し込んだその日に自動契約機でカードを受け取るか、自分名義の金融機関口座に振り込んでもらうかになります。レイクの自動契約機は全国700ヶ所以上に設置されていますが、近くに自動契約機がないという人もいると思います。当日中にレイクの自動契約機に行くことができず、自分名義の口座を持っていないようであれば、即日融資が受けられないことになります。

・100万円超の融資希望で収入証明書類が手元にない人

レイクでは、利用限度額が100万円を超える契約をする場合には、原則として収入証明書の提出が必要になります。収入証明書とは、源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書、給与明細書(直近3ヵ月以内の連続2ヵ月分)などになりますから、これらの書類が手元になければ、即日融資が受けられません。

・会社が休みの日に即日融資してほしい人

レイクの審査では、勤務先への在籍確認が行われます。在籍確認ではレイクの担当者が申込者の勤務先に電話をかけ、申込者を呼び出す形で確認が行われます。会社の定休日にレイクに申込した場合、電話による在籍確認ができず、審査が完了しないことがあります。なお、会社の定休日に申込した場合でも、在籍を証明できる書類を提出することで、電話による在籍確認に代えてもらえる可能性もありますので、急いでいる場合にはレイクに電話して相談してみましょう。

まとめ

レイクで即日融資を受けたいなら、事前に必要書類や口座情報などをすぐ出せるように用意しておき、可能な限り早い時間に申込しましょう。インターネットなら24時間申し込みを受け付けてくれますので、自動契約機でカードを受け取りたい場合にも、まずネットから申し込みしておくと時間の節約になります。土日祝日に即日融資を受けたい場合には在籍確認書類を用意しておき、夜間に即日融資を受けたい場合には21時までに自動契約機に来店できるよう予定を調整しておくと万全です。