新生銀行カードローンレイクの増額の条件と増額申請方法

新生銀行カードローンレイクを利用しているけれど、今の利用限度額ではちょっと足りないという人もいると思います。レイクでは、利用限度額の増額を申請することができます。ここでは、利用限度額はどのようにすれば増額できるのかについて説明します。

レイクで増額するにはどんな条件がある?

・レイクの利用限度額は増額できる

カードローン契約では、契約者に応じた融資限度額が設定され、その範囲内であればいくらでもお金を借りられます。この融資限度額は、利用限度額や借入限度額と言われることもあります。

新生銀行カードローンレイクに申込すると、契約の際に利用限度額が設定されます。レイクでは最高限度額は500万円となっていますが、いきなり500万円の利用限度額を設定されるということはなく、最初は少なめの限度額となっています。

ただし、契約時に設定された利用限度額は、途中で変更も可能になっています。カードローンの利用限度額を増やしてもらうことを利用限度額の増額と言い、カードローン会社に増額を申し込むことを増額申請と言います。

・増額したいなら良好な返済実績が必要

初めて契約したときには、レイク側も契約者が信用できるかどうかわかりませんから、利用限度額を低めに設定しています。けれど、お金を貸してもきちんと返済してくれる人だとわかれば、途中から利用限度額を上げてくれます。レイク側も、たくさんお金を貸した方が、たくさん利息を稼ぐことができるからです。

つまり、レイクの増額のためには、レイクに申し込みした後、延滞せずにきちんと返済した実績が欠かせないことになります。少額を借りるのではなく、利用限度額いっぱいまで借りた方が増額してもらいやすいのはいうまでもありません。

契約後すぐの段階ではまだ返済実績がありませんから、利用限度額アップは不可能です。また、契約後長期間経過していても、ほとんどお金を借りていないようであれば、増額は望めないということです。たくさん借りて約束どおり返すということを繰り返せば、レイク側も喜んで増額してくれます。

レイクの増額申請に必要な書類

・限度額100万円超なら収入証明書類が必要になることも

レイクの増額申請の際に、特に必要になる書類はありません。ただし、増額により利用限度額が100万円を超えることになる場合には、収入証明書の提出を求められることがあります。

なお、レイクは現在は消費者金融ではなく銀行カードローンですから、総量規制の適用はありません。契約限度額が100万円を超える場合にも、レイク側の判断で収入証明書不要とされることもあります。

・収入証明書類とは

サラリーマンの場合には、源泉徴収票を提出すればOKです。源泉徴収票を提出できない場合には、住民税決定通知書、納税通知書、所得証明書、給与明細書(直近3ヶ月以内の連続した2ヶ月分)などを提出します。

レイクでの増額申請方法

レイクで増額申請し、増額されるまでの流れは次のようになります。

①増額申請

まず、増額の申し込みをします。レイクで増額申請するには、次のような方法があります。

<インターネット>

レイクでは、インターネットの会員ページにログインすれば、「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」からいくらまで利用限度額を増額できるかを確認することができます。ここで増額可能とされている範囲内であれば、そのまま増額申請の手続きができます。

<レイクATM>

レイク自動契約機に併設されているレイクATMでも、増額申請が可能です。レイクATMの「ご利用限度額アップその他ご契約変更」から限度額の増額が可能かどうか確認できます。増額可能な範囲内であれば、ATMでそのまま増額申請ができます。

<電話>

レイクのお客様専用フリーダイヤル(0120-09-09-24)に電話をし、増額可能かどうかを問い合わせます。増額可能であれば、電話で増額申請ができます。

②増額審査

増額の際には、改めて審査が行われます。会員ページで利用限度額アップが可能とされている範囲内でも、そこまでは仮審査になりますから、必ず審査に通るわけではなく、場合によっては審査に落ちることがあります。

③審査結果の通知

審査の結果、増額の可否について通知があります。

④借入

増額OKであれば、ATMからキャッシングしたり、振込してもらったりして、新たな利用限度額まで借入が可能です。

レイクの増額申請の注意点

・契約後6ヶ月以上経過してから増額申請する

レイクと契約後、すぐに増額申請しても認められません。増額するには、少なくとも6ヶ月程度は取引実績が必要ですから、しばらく待ってからにしましょう。

・住所等を変更している場合には先に届出しておく

住所や電話番号などに変更があったのに届出していなかった場合、増額申請の際にそれがわかってしまうと審査で不利になってしまいます。連絡先変更の届出をしていない人は、何かあったときに連絡がとれないということですから、信用できないと判断されてしまうのです。連絡先変更をしている場合には、増額申請より前に届出しておきましょう。

増額申請してから審査に通るまでにかかる時間はどのくらい?

・増額申請の後に審査が行われる

レイクでは、インターネットの会員ページから、利用限度額のアップがいくらまでできるか簡単に確認できるようになっています。けれど、利用限度額を今よりも増額できるとされていても、必ず増額してもらえるわけではなく、増額申請後にレイク側で改めて審査を行うことになります。

・書類不要の増額なら即日審査完了

増額審査では、レイクでの返済状況をチェックするだけでなく、信用情報機関に情報照会して他社で延滞等の事故がないかどうかも調べます。これらの審査はコンピュータやネットワークを利用して行われますから、すぐに終わります。増額時には、本人確認書類の提出も原則として必要ありません。収入証明書が必要なケースを除けば、審査スピードは速く、通常は30分程度で審査が完了します。

・収入証明書を用意しておくとスムーズ

レイクで増額により利用限度額が100万円を超える場合には、原則として収入証明書の提出が要求されます。この場合には、収入証明書の確認を行いますから、審査に若干時間がかかることになります。スムーズに増額審査を完了させるために、収入証明書はあらかじめ用意しておくと安心です。

・転職していれば在籍確認が必要になることも

レイクと契約した後に転職している場合には、転職先の在籍確認が必要になることがあります。この場合には、在籍確認がとれるまで審査が完了しないことになります。

他社で新たに借りるよりレイクで増額するメリット・デメリット

レイクの借入枠を超えてお金が必要になった場合、他社に新規申込するという方法もあります。他社から新規借入するよりもレイクで増額して追加融資を受けることには、以下のように、メリットのほか、デメリットもあります。

<メリット>

・借入先を増やさずにすむ

カードローンの借入先が増えてしまうと、次に何か借入をしたいと思ったときに、審査で不利になってしまいます。一般に、融資の審査では借入残高よりも借入件数の方が重視されますから、借入先はできるだけ少なく抑えた方が安心です。

・金利が下がる可能性がある

カードローンでは、借入額が大きいほど金利が低くなります。他社で新規借入するよりも、レイクでまとめて借りた方がお得な場合があります。

<デメリット>

・無利息サービスが使えない

カードローンでは、初回契約時に30日程度の無利息期間が設けられているケースが多くなっています。他社で新規借入する場合には新規借入分について無利息サービスが受けられる可能性がありますが、レイクで増額して追加借入しても無利息にはなりません。

レイクの増額申請が通らない場合の考えられる理由

・延滞している借金がある

レイクで延滞している場合には、いうまでもなく延滞が解消するまで増額はできません。また、他社で長期延滞している場合にも、信用情報機関を通じて情報がわかりますから、審査に落ちてしまいます。

・取引額が少ない

たとえば、50万円の借入枠があるにもかかわらず、数千円しかお金を借りたことがないような場合にも、増額できない可能性があります。長期間カードを保有していてもほとんどお金を借りないような人は、そもそも増額する理由がないと判断されてしまうからです。

・他社借入件数が多い

カードローンで追加融資を申込した場合にも、他社借入件数が多ければ審査に通りにくくなるのは、最初の申込時と同じです。他に3件以上カードローンの借入がある場合には、審査に通りにくくなります。

・最初の申込時よりも年収が減っている

レイクは銀行カードローンですから、借入額は年収の3分の1までという総量規制を受けません。しかし、契約時よりも年収が大幅に減っているような場合には、増枠しても返済できるかどうかが怪しくなってしまいますから、審査に落ちる可能性があります。

・転職して6ヶ月未満である

審査で返済能力について判断するときには、勤続年数を重視します。転職してすぐの場合にも、審査に通りにくくなってしまいます。

・6ヶ月以内に他社に申込して断られている

レイクに申込する前6ヶ月以内に、他社に申込して断られた場合には、信用情報機関を通じてその事実がわかります。レイクも他社に融資を断られるような人にはやはりお金を貸したくないですから、このような場合にも審査に落とされる可能性があります。

まとめ

レイクと契約した後、利用限度額いっぱいまで借りてきちんと返済する実績を積めば、増額が可能になります。レイクではインターネットの会員ページでどれくらい利用限度額アップできるかが確認できるようになっています。書類も不要でネットからそのまま増額申請できるので、利用限度額を増やしたいときには、まず会員ページをチェックしてみましょう。