楽天カード再審査のすべて!落ちた時の対処法・利用中の再審査の疑問を解決

楽天カードはポイントが貯まりやすく、利用しやすいクレジットカードとして有名です。特に普段から楽天グループを利用している人にとってはポイント還元でよりお得になります。

しかし、いくらお得でも作れなければ意味がありません。楽天カードは比較的作りやすいカードと言われていますが、それでも審査に通らないことはあります。

どうしても楽天カードが欲しい人は再度申込みを行い、再審査を受ける必要があります。ただし、再審査には少しコツがあります。これ読んで再審査に備えて下さい。

また、楽天カードは利用中にも再審査があるという噂があります。その情報は本当か解説していきます。

楽天カードの審査に落ちた場合再申し込みできる?

楽天カードの審査に落ちた場合は、再度申込みが可能です。しかし、同じ条件で申し込みをすれば再び落ちることになります。再審査に挑む場合は、なぜ落ちたのかを考えてから行いましょう。

実は、クレジットカード会社は審査に落ちた理由を教えてくれません。教えてしまえば後日、嘘の申請で申し込みをしようとする人がいるからです。

そのため、再審査を受ける人は、まずクレジットカードの審査の仕組みを知り、どこを見られて、どこでマイナス評価をもらったのか考える必要があります。

・クレジットカードの審査

クレジットカード会社は、申込者の情報を元に必ず審査を行います。どのクレジットカード会社も3Cを基準にしてその人の信用力を確認します。クレジットカードは、代金の支払いを立て替え、後日利用者に請求することで成り立っています。

そのため、審査でその人がきちんと支払いが出来るか、どの程度なら支払いが出来るのかを見極めてカードの発行や与信枠を決めます。信用力を確認する方法は主にスコアリングシステムと信用情報です。

その基本情報を元に、最終確認をして、審査通過となります。少し難しい言葉も出てきているので、一つ一つ解説していきます。

・3Cとは?

3Cとは資力(Capacity)、性格(Character)、資産(Capital)の頭文字を取ったものです。資力は主に収入を見ます。返済していくためには一定の収入が必要とされているため、収入から支払い能力を審査します。

性格は、その人はきちんと支払いをする人かどうかを確認します。これらは過去のローン契約やキャッシングの利用履歴などクレジットカードヒストリー(クレヒス)と呼ばれるもので確認します。その他にも申込情報からきちんと勤めている人か、長く仕事を続ける人かなども見られます。

資産は、その名の通り、預貯金や住宅の有無などが見られます。これら3Cを基準としてカードを発行するのか、利用可能枠はどうするかが検討されます。

・スコアリングシステム

クレジットカード会社は、申込者の情報を元にスコアリングシステムを使って審査をします。これは、属性を点数化し、合計点数で審査をするものです。

例えば、住居1つとっても色々あると思います。持ち家、賃貸、寮、居候という状態から、持ち家でもマンションなのか、一軒家なのか種類もあります。例えば持ち家一軒家なら10点、賃貸マンションなら5点など、クレジットカード会社の基準に沿った点数が付けられます。

同じ条件でもA社のクレジットカード審査は落ちて、B社は通ったということがあります。それは、このスコアリングシステムの点数の配分が各会社によって違うことから起こります。また、カードの種類によっても点数の配分は変わります。

・個人信用情報機関

さらに、審査では必ず信用情報が見られます。信用情報とは、過去のローンや分割払い、クレジットカードの記録です。どこでローンを申込み、どのような契約を結んだのか、どのように返済をしていったのかという情報がすべて書かれています。消費者金融での借入、住宅、車などのローン、携帯電話の分割記録も保管されています。

信用情報を管理しているのが、個人信用情報機関というところで、現在日本にはJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターと3カ所があります。ここでは、過去のローンや分割払いの延滞や債務整理という情報も記録されています。

これらの情報は異動情報と言い、このような情報がある人はクレジットカードの審査に通らないと言われています。これがいわゆるブラックな状態で、このことを「ブラックリストに載る」というような言い方をします。

・在籍確認・本人確認

スコアリングシステム、信用情報で問題がなければ最終的にその情報が合っているか、また本当に本人が申し込みをしたのか最終確認がされます。楽天カードの場合、本人確認は運送会社の本人受取確認システムを利用して行うこともあります。

ただし、場合によっては、勤務先情報の確認のために勤務先へ在籍確認の電話がいくこともありますし、本人確認で本人宛に電話がかかってくることもあります。また、本人確認書類の提出を求められることがあります。確認が取れないとカードは発行されません。

これらの情報を元にクレジットカード会社は申込者の審査を行います。クレジットカード会社は審査基準を公表していません。公表してしまうと嘘を付かれる可能性があるからです。そのため、審査落ちした場合は、これらの情報の中から自分で原因を追究する必要があります。

この機会にプロミスでのキャッシングも試してみては?とてもおすすめですよ。

再審査を受けるまでの期間って?

原因を突き止めたらすぐに再申し込みをしたくなりますが、少し期間を置く必要があります。再審査までの期間は6か月以上空けるようにしましょう。

・なぜ期間を空けるべきなのか?

なぜ初めの申し込みから6か月空ける必要があるのでしょうか。これは信用情報の関係です。信用情報には、どこのクレジットカードやローンを申し込んだのかという情報が保管されます。

短期間にローンを沢山申し込むと、お金に困っている人なのかと疑われ、審査に落ちてしまいます。これを申込みブラックという言い方をします。

これはクレジットカードでも同じです。クレジットカードにもキャッシング枠があり、お金を借りる事が出来ます。短期間にクレジットカードを沢山申し込むというのも申込みブラックになるのです。

しかし、申込み情報はいつまでも保管されているわけではありません。保管期間は6か月と言われています。そのため、6か月以上経過してから再審査を受けるのが良いとされています。

注意点

審査方法と再審査に望ましい期間を見て行きました。ここで再審査の注意点をまとめると以下のようになります。

1.前回の申し込みから6か月以上空ける

2.審査落ちした理由を考え、改善する

審査落ちした原因の理由は探すのが難しいですが、一般的な特徴はいくつかあります。

・審査に落ちやすい人の特徴

1.カードローンなどの借入が多い

2.同時に何枚ものクレジットカードに申し込む

3.過去の金融事故情報が信用情報に載っている

4.クレヒスがまったくない

5.勤続年数が少ない

6.申し込み情報に不備がある

7.勤務先の確認が取れない

8.収入が少ない、もしくは無収入

カードローンなどの借入が多い人は、お金に困っている人という印象を与え審査に通りづらくなります。同じように短期間でいくつものクレジットカードに申し込みをする人も審査ではマイナス評価になります。

現在の借入状況や申込み情報は信用情報で確認されます。他にも信用情報では延滞や債務整理などの金融事故(異動情報)がある人もマイナス評価になります。逆に過去にローンや分割払いがまったくない人というのも実はマイナス評価になります。

年齢が若い人は、仕方のないことなので、重要視されないこともありますが、年齢がある程度いってから情報がまったくない人は逆に怪しまれてしまいます。実は信用情報の情報は申込み情報を含めてすべて一定期間で抹消されます。

保管期間は情報の種類によって最長10年間しか保管されません。債務整理をすると情報の保管期間はクレジットカードや分割払いが出来なくなります。そのため、情報が抹消された後、記録は真っ白な状態になるのです。これをホワイトな状態と言われています。

ホワイトな状態では、過去に何があったのか確認することが出来ません。よって、信用出来ないとみなされて審査に落ちることがあります。その他、勤続年数や収入が審査基準に達していなかったり、確認がとれない、または書類と相違があったりする場合なども審査落ちする可能性が高くなります。

気を付けなければいけないのは派遣社員の場合です。派遣社員の場合、在籍確認は派遣元の連絡先を書きます。しかし、派遣会社は登録者が多く、すべての人を把握しきれていない場合があります。可能ならあらかじめクレジットカードの在籍確認があるかもしれないと派遣元に伝えておきましょう。

当サイトではプロミスをおすすめさして頂いてます。

プロミスの詳細を確認する

楽天カードを利用していて再審査で急に利用停止になることってあるの?

楽天カードは、審査に通過し利用していたのに、ある日突然利用停止になることがあるという噂があります。これは本当なのでしょうか。

これは本当です。楽天カードの会員規約を読むと、再審査という項目があります。その中に定期、不定期に審査を行うことが明記されています。

この再審査で信用力が上がっていると判断されると自動的に利用限度額が上がります。逆に信用力が下がると利用停止という処置を取られることもあります。ちなみに自動的に増枠されたくない人は予めサポートセンターに連絡をしておくと自動増枠はされなくなります。

楽天カードを紛失した場合再発行してもらうには再審査があるの?

楽天カードを紛失・盗難に遭った場合、手数料無料で再発行が可能です。この時、場合によっては再審査される可能性はあります。利用状況や紛失・盗難の状況などによって書類の提出や確認がされますが、問題がなければすんなり再発行してくれます。

名義変更をする場合にも再審査ってあるの?

名義変更も場合によっては再審査されます。こちらも紛失・盗難と同様に必ずされるわけではありません。楽天カードは定期・不定期に再審査を行うことを明記しているため、どこで再審査が行われるか分かりません。

名義変更も再審査されるきっかけになると言えます。また、楽天カードはVISA、JCB、マスターカードと国際ブランドを選ぶことが出来ますが、一度決めてしまうと変更することが出来ません。

国際ブランドを変更する場合は、一度解約し、再度申込をすることになります。その時の再審査は必ず通るものではないので、国際ブランドを変更したい場合はマイナス評価になるものがないかきちんと確認してから手続きを行いましょう。

まとめ

今回は楽天カードの再審査についてまとめました。楽天カードに落ちた場合は、時期と原因の追究をしてから再審査に望みましょう。また、利用中も定期・不定期に再審査を行っているので、信用力を落とさないように気を付けて下さい。