楽天カードの利用枠は減額出来る?増額方法・減額方法を詳しく解説

楽天カードを主要カードとして使っている方、サブカードとして使っている方、楽天カードは使い道が豊富なのでそれぞれ目的に応じて使い分けている人もいるのではないでしょうか。主要カードとして使っている方は利用額が少し足りないと感じることもあるでしょう。

逆にサブとして使っている方は、多くあると使ってしまうから限度額を少し下げたいという方もいると思います。増額は聞いたことがあるけど減額は出来るのか疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、楽天カードはどちらも簡単に行うことが出来ます。ただし、いくつか注意点もあります。利用額の減額・増額の仕組みからやり方、注意点までしっかり解説していきます。

楽天カードの限度額を減額するには?

楽天カードは店舗を持っていません。その為、すべての手続きは電話かインターネットで行うことになります。減額、増額の方法も電話かインターネットで行うことが出来ます。

基本的に増枠申請をされたら審査に入ります。クレジットカードを作る時に審査があったと思います。クレジットカードはクレジットカード会社が代金を立替、その後利用者が代金をクレジットカード会社に支払うシステムです。

元々飲食店での「ツケ」の仕組みから発展したもので、利用者の信用度を見てカードの発行、限度枠などが決められます。増額の場合、その人が本当にその金額を支払えるのか審査されます。

しかし、逆に利用限度額を下げたいという場合、審査の必要もなくすんなり下げることが出来ます。クレジットカード会社としては、支払可能見込額以下であれば限度額はいくらに設定されても問題ないのです。

利用限度額変更はインターネットで行うのが最も簡単です。ただし、どの限度額を増額、減額するのかで設定方法が変わります。また、いくつか難しい用語が出てくるので、まずそこをきちんと理解してから設定を行うようにしましょう。

・ショッピング枠、キャッシング枠とは?

クレジットカードには、必ずショッピング枠とキャッシング枠があります。もちろん楽天カードも同じです。ショッピング枠とは買い物や食事、公共料金の支払いなどの代金の支払いに利用できる枠です。

キャッシング枠というのは現金を借りられる枠のことです。ATMで楽天カードを入れてキャッシングを選択すればその場で現金を引き下ろすことが出来ます。手軽にお金を借りる事が出来ますが、借金なので返済額には利息が含まれます。

利用可能額照会をすると、ショッピング枠、キャッシング枠と書かれているかと思いますが、実はショッピング枠の中にキャッシング枠があるので、確認してみたらキャッシング可能額が減っているということがあります。

例えばショッピング枠50万円、内30万円がキャッシング枠という場合、ショッピングで40万円を使うと、キャッシング利用限度額10万円となります。このようにキャッシング限度額はショッピング利用可能枠に影響されてしまうのです。

ショッピング枠もキャッシング枠も増額・減額をすることが出来ます。例えば、買い物をし過ぎないようにショッピング枠を減らすということも出来るし、キャッシングはしたくないからキャッシング枠を0円にするということも出来ます。ただし、ショッピング枠は0円にできないので、使わない場合は解約手続きをしましょう。

・利用可能枠、利用残高、利用可能額とは?

増額、減額をする前に利用可能額照会をして、現時点での利用可能枠を確認して欲しいと思います。その時、いくつか分かりにくい用語が出てきます。そこを理解しておいきましょう。

まず、ご利用可能枠です。利用可能枠とは、ショッピングやキャッシングで利用出来る上限金額のことです。「利用可能限度枠」という言い方をされたりもします。

次にご利用残高です。利用残高とは、予定されている支払い金額のことです。今月ショッピングで20万円を使ってまだ支払いが済んでいなければ利用残高はその20万円のことです。

最後に利用可能額ですが、これは利用可能枠から利用残高を引いたものです。「利用可能限度額」という言い方をされたりします。例えば50万円の利用可能枠があり、20万円ショッピング利用すると、残り30万円が利用可能額となります。これは30万円このクレジットカードで支払いが出来ることを意味しています。

・割賦枠とは?

さらに利用可能額照会をみると割賦枠というのがあります。これは、分割払い、ボーナス払い、リボ払いなど1回払い以外の支払い方法の枠のことです。これらは割賦販売法に基づき設定されています。

そのため、支払い方法によって利用可能額が異なる事があります。楽天カードには自動リボ払いという機能があります。このシステムを利用する場合、割賦枠も重要となります。

・増枠、減枠とは?

利用可能枠を限度額引き上げることを増枠といいます。同じ意味で額を上げる事から増額という言い方もされています。

逆に利用可能枠引き下げることを減枠といいます。同様に、減額という言い方もされます。

・楽天e-NAVIへ登録

限度額変更をインターネットで行うためには楽天e-NAVIへの登録が必要です。楽天e-NAVIではショッピング利用可能額やキャッシング利用可能額の確認、利用明細、各種手続きを行うことが出来るので増額・減額をしない方でも登録をオススメします。

・利用限度額確認方法

まず、利用限度額の確認を行いましょう。楽天e-NAVIのトップページから「ご利用可能額」、「ご利用可能額の照会」で確認が出来ます。ここで、「ショッピング(1回払い)」「リボ・分割・ボーナス」「キャッシング」それぞれの利用可能額が確認出来ます。

・減額(減枠)方法

減枠を申し込む場合、楽天e-NAVIのトップページから「ご利用可能額」、「ご利用可能枠の変更」、「ご利用可能枠の減枠」から申請することが出来ます。ここからショッピング枠、キャッシング枠どちらの減枠額の設定をすることが可能です。

まず、減枠したい方にチェックを入れ、金額を指定します。確認し、減枠額が間違っていなければ完了を押して設定完了です。

・増額(増枠)方法

増枠申請は、楽天e-NAVIのトップページから「ご利用可能額」、「ご利用可能枠の変更」、「ご利用可能枠の増枠」から出来ます。審査をしなければいけないので、登録情報を更新する必要があります。ショッピング枠、キャッシング枠の増枠はここから申請が可能ですが、割賦枠の増枠申請はコールセンターでの受付のみとなります。

ただし、楽天カードは利用状況や利用頻度によって自動的に増枠されていきます。楽天カードをはじめとした楽天グループは利用すると広告メールをはじめとしたメールがとても多いことで有名です。メールの配信を拒否していたりすると増枠を知らせるメールに気がつかないこともあり、知らない間に増枠されていたということもあります。増枠申請する前は必ず現在の利用可能枠を確認しましょう。

・一時的な増額方法

普段の買い物は限度額に収めているから増枠の必要はないけれど、今月だけ大きな買い物をするから少しだけ上限を上げたいという場合は、一時的な増額が可能です。利用可能枠の最大2倍までを上限として2ヶ月間だけ増枠することが出来ます。

ただし、目的や予定日使用場所などを入力する必要があります。2ヶ月間有効なので、長期の海外旅行で万が一のときのために増枠しておこうというのにも使えます。

審査が必要なことと、ショッピング枠しか増枠できませんが、通常の増枠審査より通りやすいので、一時的な利用の場合はこちらを利用することをオススメします。一時的な増枠申請は、楽天e-NAVIのトップページから「ご利用可能額」、「ご利用可能枠の変更」、「ご利用可能枠の一時的な増枠」から申し込めます。

限度額は最低いくらなの?

限度額を増額・減額するのに気になるのは最高額と最低額です。それぞれ異なるので詳しく見ていきましょう。

・ショッピング枠の最低額

ショッピング枠の最低金額は10万円です。使わないので0円にしておきたいという方もいるかもしれませんが、残念ながら10万円以下には設定できないので注意しましょう。

・ショッピング枠の最高限度額は?

ショッピング枠の最高限度額はカードによって異なります。スタンダードな楽天カードであれば100万円が上限になります。

・キャッシング枠の最低額

キャッシング枠は0円にすることが出来ます。キャッシングを利用しない人であれば0円にしても良いでしょう。

・キャッシング枠の最高限度額は?

キャッシング枠の最高限度額は90万円です。それ以上の借入は出来ないので、それ以上の金額が必要な場合は、他のクレジットカードのキャッシングを利用するか、カードローンの利用を検討しましょう。

限度額を変更してから反映されるまでにかかる時間は?

限度額変更はインターネットから簡単に行うことが出来ます。入力だけなら数十秒から数分です。ただし、利用可能額反映されるまでは減額の場合と増額の場合で異なります。

・減額の場合

減額の場合、すぐに反映されます。希望の金額を入力して、完了を押すとすぐに指定した金額が適用されます。

・増額の場合

増額申請の場合は一度審査が必要です。これは一時的な増額の場合でも同じです。その為、審査完了のメールが届くまで反映されません。また、増枠の結果は、楽天e-NAVIのトップページから「ご利用可能額」、「ご利用可能枠の変更」、「ご利用可能枠の変更受付・審査状況」でも確認出来ます。

注意点

減額、増額どちらもいくつか注意点があります。

・減額変更時の注意点

1.元の限度額に戻す際審査がある

2.増額時に審査に落ちると減枠や利用停止、強制解約の可能性がある

減額変更はすぐに受理されますが、元の限度額に戻すときは増額扱いされるため審査が必要になります。楽天カードは自動的に限度額が上がりますが、審査で不審な点があれば減額や利用停止、ひどい場合は強制解約ということもあります。今後どのような使い方をするのかを考えてから減額の申請を行うようにしましょう。

・増額変更時の注意点

1.審査がある

2.審査に落ちると減枠や利用停止、強制解約の可能性がある

3.所得証明書が必要な場合がる

4.入会後6か月以内の申請は出来ない

5.本人の収入が0円の場合キャッシング枠の増枠は不可

増額には審査があり、落ちると限度額の減額、利用停止、強制解約という可能性もあります。また、審査では所得証明書が必要な場合もあり、書類を用意しなければいけません。

申請は入会後6か月以内には行えませんし、本人の収入が0円の場合はキャッシング枠の増枠は出来ません。また、1度申請をすると6か月間は申請出来ないので不安要素がある場合はそこを解決してから申し込む方が良いでしょう。

まとめ

楽天カードは、増枠申請はもちろん、減枠申請をすることも可能です。どちらの場合も注意点がいくつかあるので、申請する前はきちんと確認をする必要があります。状況に応じて増枠・減枠または一時的な増枠など上手に使いこなして下さい。