みずほ銀行カードローンは借り換えやおまとめにオススメ!メリットや注意点を解説

高金利のカードローンでお金を借りると、利息をたくさん払わなければならないという不安があります。より低金利のカードローンに借り換えすれば、高金利の不安を逃れることができます。低金利のみずほ銀行カードローンは、借り換えやおまとめ向きのカードローンです。ここでは、みずほ銀行カードローンに借り換えやおまとめをするメリットや注意点について説明します。

みずほ銀行カードローンに借り換えってできるの?

・カードローンの使いみちは基本的に自由

カードローンでは無担保でお金を借りることができ、分割して返済することができるので、日常生活でお金に困ったときには大変便利です。カードローンではお金の使いみちも限定されていません。事業資金には使うことができませんが、それ以外の目的であれば基本的に何に使ってもかまわず、使途を証明する書類なども必要ありません。ですから、他社の借金の返済に使いたいという目的、すなわち借り換え目的でカードローンを利用するのもOKということになります。

・みずほ銀行カードローンは低金利だから借り換えのメリットがある

カードローンは借り換えに利用できると言っても、実際に借り換えのメリットがなければ、利用する意味がありません。借り換えというのは、通常、金利を下げるために行うものです。つまり、今借りているカードローンよりも低い金利のカードローンであれば、借り換えに利用できるということになります。

みずほ銀行カードローンにはエグゼクティブプランとコンフォートプランという金利の違う2つのプランがあります。コンフォートプランの方が金利は高くなりますが、それでも最高金利は年14.0%となっており、かなりの低金利です。つまり、みずほ銀行カードローンは借り換えにもおすすめのローンと言えることになります。

・みずほ銀行カードローンはおまとめにもおすすめ

複数の会社からの借入を借り換えにより一本化することをおまとめと言います。1つの会社の借金を返せないときに、他社から借りて返済にまわすということを繰り返していると、あっという間に借入先が増えてしまい、多重債務者になってしまう可能性があります。このような場合、借金を一本化すれば、返済が楽になることがあります。

みずほ銀行カードローンは低金利というだけでなく、最高1000万円までの高額の借入が可能になっています。借入先が複数ある人のおまとめにも利用しやすいカードローンということができます。

借り換えのメリット・デメリット

カードローンを借り換えするメリット、デメリットは次のようになっています。

メリット

・金利を下げることができる

借り換えのいちばんのメリットは、金利を下げられることです。たとえば、消費者金融でお金を借りている場合には利息制限法の上限に近い金利が適用されていることが多く、利息の負担が大きくなっています。少しでも金利の低いカードローンに借り換えることで、利息を減らすことが可能になります。

・借入件数を減らせる

複数の会社から借入をしている場合には、1つのカードローンに借り換えて一本化することにより、借入件数を減らせるというメリットがあります。借入件数が多ければ、ローンやクレジットを利用したいと思ったときに審査で不利になってしまいますから、借入件数を少なくしておくことにはメリットがあります。

・毎月の返済額を減らせる

カードローンの返済額は契約で決まっていますから、任意整理しないかぎり返済額を減らすのは困難です。しかし、他社に借り換えをすれば、返済額を減らせる可能性があります。また、複数の借入がある場合には、毎月トータルの返済額が大きくなっているはずですから、おまとめすることにより通常は返済額を減らせます。

・返済管理が楽になる

複数の借入がある場合には、返済日も返済方法もまちまちで、返済管理が大変です。おまとめで借金を一本化すれば、返済管理が楽になります。

デメリット

・返済期間が長くなることがある

カードローンの借り換えにより毎月の返済額を減らした場合には、返済期間が長くなってしまうケースが多くなります。長期返済になれば、いつまでも借金の負担から逃れることができない点がデメリットになります。

・トータルで支払う利息額は大きくなることも

カードローンで支払う利息は、返済期間が長くなるほど増えてしまいます。借り換えにより金利を下げることができても、返済期間が長くなってしまえば、トータルで支払う利息は逆に増えてしまうこともあります。

みずほ銀行カードローンが借り換えにおすすめな理由は?

・業界最低水準の金利

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利なのが魅力となっていますが、みずほ銀行カードローンはその中でも特に金利が低く、上限金利でも年14.0%となっています。特に、消費者金融からの借り換えであれば、ほとんどの場合金利が下がることになり、借り換えによる恩恵を受けられることになります。

・総量規制対象外

借り換えの際には、他社に借入残高がある状態で借り換え先から融資してもらうことになりますから、一時的に借入残高が増えてしまいます。消費者金融のカードローンに借り換えするとなると、個人の年収の3分の1を超える借入はできないという総量規制があり、これに抵触してしまうケースが多くなってしまいます。みずほ銀行カードローンには総量規制の適用がありませんので、借入残高に関係なく申し込みが可能です。

・最大限度額1000万円

借り換えにより複数の借金を一本化したい場合などは、借入金額が大きくなってしまい、借り入れ限度額の上限が低いカードローンは利用できないことがあります。みずほ銀行カードローンなら、1000万円までの借入が可能ですから、おまとめにも適しています。

・住宅ローン利用者に金利の優遇がある

みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行で住宅ローンを利用している人に対して、基準金利よりも年0.5%下げるという優遇を行っています。みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人なら、みずほ銀行カードローンに借り換えるメリットはさらに大きくなります。

・200万円まで収入証明書不要

借り換えの際には再度申込みし、審査を受けることになりますから、必要書類も用意しなければなりません。みずほ銀行カードローンでは、融資限度額200万円まで収入証明書が不要になっていますから、収入証明がすぐに用意できないという人でもスピーディーに借り換えができる可能性があります。

・専業主婦でも借りられる

借り換えに便利な銀行カードローンですが、専業主婦への貸付は行っていない銀行もあります。みずほ銀行カードローンの場合には、専業主婦でも30万円までの借入が可能になっています。少額の借り換えでも金利を下げることはできるので、専業主婦の方にもおすすめです。

注意点

・借り換えの審査基準は厳しい

消費者金融からみずほ銀行カードローンへの借り換えを考える人は多いと思います。借り換えの際には審査をうける必要がありますが、消費者金融に比べて銀行カードローンの審査基準は厳しく、審査通過率も低くなっています。また、借り換えの場合には借入額も大きくなってしまいますから、希望限度額を借りられるとは限りません。

特に、みずほ銀行カードローンの場合には、申込時にも借り換え目的の借り入れであることを申告しませんから、借り換えであることを考慮した審査を行ってもらうことは期待できません。また、既に多重債務になっている場合には、債務整理を検討した方が良い場合もあります。他の金融機関からの借り入れも含めて、いちばん良い方法を考えましょう。

・みずほ銀行の口座開設が必要

みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金口座が必要です。既にみずほ銀行の普通預金口座を持っている人なら、Web完結申込により即日融資も可能です(申込時間帯によっては翌営業日以降の利用開始)。一方、みずほ銀行の口座を持っていない場合、口座開設には時間がかかってしまうため、すぐには借り換えができません。借り換えを急いでいる場合には、他のカードローンの利用を考えた方が良いでしょう。

・在籍確認もある

みずほ銀行カードローンを申し込んだら、保証会社のオリエントコーポレーションから勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。在籍確認がとれなければ審査に通りませんから、お金を借りることができません。在籍確認が心配な人は、あらかじめ対策を考えておきましょう。

・利息の負担を抑えたかったら繰上返済をする

みずほ銀行カードローンに借り換えて毎月の返済額を減らすことができても、返済期間が長くなれば支払う利息が大きくなってしまいます。みずほ銀行カードローンでは、約定返済額が毎月口座引落されますが、最低返済金額を支払っているだけでは利息は減らせません。余裕のあるときには、任意返済を行うのがおすすめです。みずほ銀行カードローンでは、コンビニATM(E-net、ローソンATM、セブン銀行ATM)などの提携ATMも手数料無料で利用できますから、こまめに繰上返済し、返済期間を短くするようにしましょう。

・返済計画を立ててから借り換えする

借り換えすると金利が下がるからお得なはずと思って借り換えても、利用残高によっては、逆に支払う利息が増えてしまい損してしまうこともあります。焦って借り換えるのではなく、借り換えは返済計画を立ててからにしましょう。みずほ銀行カードローンでは、ホームページで返済シミュレーションも可能になっています。利用限度額、借入額、金利から返済シミュレーションができますから、返済回数や返済総額を確認しておきましょう。

まとめ

今借りているカードローンをみずほ銀行カードローンに借り換えすれば、金利を下げたり返済額を減らしたりすることが可能になるケースが多くなっています。ただし、必ず借り換えがベストの方法とは限りません。借り換えを申し込む前に、返済シミュレーションをし、トータルの返済額を確認しておきましょう。借り換え後も繰上返済するなどし、できるだけ早く借金を返してしまうのがおすすめです。