みずほ銀行カードローンを解約する前に知っておきたいことと解約方法について

みずほ銀行カードローンで借りたお金を全額返済しても、それでカードローンが解約になるわけではありません。カードローンでは、設定された利用限度額までは何度でも借入ができますから、またお金が必要になったら再度借入ができます。みずほ銀行カードローンを今後もう使わないので解約したい場合には、みずほ銀行にカードローンの解約を申し出る必要があります。ここでは、みずほ銀行カードローンの解約方法や解約によるメリット・デメリット等を説明します。

みずほ銀行カードローンの解約方法と流れ

みずほ銀行カードローンを解約したい場合、インターネットでは手続きできず、店舗へ行く必要があります。手続きの流れは次のようになっています。

①みずほ銀行の店舗窓口に行く

みずほ銀行カードローンの解約は、みずほ銀行の店舗窓口で受け付けています。取引店が近くにある場合には、営業時間中(平日9時~15時)取引店の窓口に行きましょう。

取引店が遠いなどの理由で行けない場合には、お近くの店舗でも手続きができます。ただし、この場合には取引状況の確認等で手続きに時間がかかることがあります。

インターネット支店の取引の場合には、インターネット支店のフリーコールに電話して解約を申し出ます。インターネット支店の受付時間は平日9時~21時、土日祝9時~17時となっていますが、当日全額清算をしたい場合には平日9時~14時に電話する必要があります。

②貸越利息の清算

元金や貸越利息がある場合には、窓口で清算手続きを行います。金額については、問い合わせる必要があります。

③カード返却・解約証明書発行

カードローンカード(カードローン専用型の場合)を発行してもらっている場合には、カードを返却します。解約証明書が必要な場合には、手続き完了後に発行してもらえます。

解約に必要なもの

みずほ銀行カードローンの解約手続きをするときには、店舗窓口に次のものを持参する必要があります。

(1) カードローンカード

カードローンカードを発行してもらっている「カードローン専用型」の場合には、解約の際にカードを返却しなければなりませんので、カードを用意しておきます。

なお、キャッシュカードにカードローン機能を付加している「キャッシュカード兼用型」の場合には、カードローン解約後はキャッシュカード機能しか使えなくなります。

(2) 返済用普通預金口座の取引印鑑

みずほ銀行カードローンの返済は、みずほ銀行普通預金口座からの自動引き落としになっているはずです。そのため、この口座の取引印鑑を持って行く必要があります。

(3) 本人確認書類

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要です。

みずほ銀行カードローン解約の際の注意点

・利息を含めた貸越残高の清算が必要

みずほ銀行カードローンを解約する際には、借入残高をゼロにしなければなりません。完済と同時に解約したい場合には、返済額がいくらになるのかをあらかじめ確認しておきましょう。

既に借金を完済している場合にも、清算が必要なケースがあります。というのも、カードローンでは、1000円以下の端数は無利息残高として残っていることがあるからです。

残高がある場合には、店舗窓口で清算手続きを行う必要があります。ATMなどの他の返済方法では貸越残高の清算ができませんので注意しておきましょう。

・カードローンを解約するだけでは普通預金口座は解約にならない

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の普通預金口座がなければ利用ができません。そのため、カードローン申込時に同時に普通預金口座開設の手続きを行った人もいると思います。カードローンを解約する場合には、普通預金口座はそのままでは解約になりません。普通預金口座は置いておくこともできますが、もう使わないというのであれば、別途口座解約の手続きが必要になります。

・解約してもすぐに情報が削除されるわけではない

カードローンの契約情報は、個人信用情報機関に登録されています。信用情報機関では登録情報の保存期間が決まっており、解約後は5年間情報が保存されることになっています。信用情報をきれいにしたいと思っても、すぐにはできないということです。

さらに、信用情報機関の情報が削除された後も、借入していたみずほ銀行と保証会社のオリエントコーポレーションには情報が残っています。契約中にトラブルを起こしたことがある場合などは、一旦解約しても、みずほ銀行及びオリエントコーポレーションからの再度の借入は難しくなることがあります。

・契約書の返却を希望するなら申し出が必要

カードローンを解約した場合には、カードローン会社から契約書を返却してもらうのが原則となっています。契約書は自動的に返却されるわけではありませんので、返却してほしいときには申し出る必要があります。なお、Web完結申込をした場合には、ネット上で契約手続きを行っていますから、契約書が返却されることはありません。

・一旦解約したら再度審査に通るとは限らない

みずほ銀行カードローンを一旦解約してしまうと、次に申し込むときには再び審査を受けなければなりません。前に利用していたと言っても、再度の申込で審査に通るとは限りません。申し込みや解約を繰り返していると、審査に通りにくくなってしまうことがあります。

みずほ銀行カードローンは低金利で総量規制対象外という人気のカードローンです。お金が必要になった場合には、他社に申し込むよりも、みずほ銀行カードローンで借りた方がお得になることが多くなります。何かのときに備えて、契約を維持しておいた方が安心できる場合もあります。

・限度額が少ないなら増額という方法がある

みずほ銀行カードローンを契約しているけれど、利用限度額が少ないので、解約して他のカードローンを利用したいと考える人もいるかもしれません。みずほ銀行カードローンの限度額は、増額することができます。増額を希望する場合、増額審査に通れば利用限度額が増えますから、解約をする必要はありません。

・自分で解約しなくても強制解約になるケースもある

カードローンでは、利用状況によって、自分で解約しなくても強制解約になるケースがあります。たとえば、任意整理をする場合には、カードローン契約は解約される扱いになり、カードを返却しなければなりません。また、自己破産した場合にも、強制解約になります。

強制解約になった場合には、5~7年間信用情報機関に情報が残りますが、ブラックという扱いになりますから、他の金融機関や消費者金融からの借入ができなくなってしまいます。

解約のメリット・デメリット

みずほ銀行カードローンを解約することには、次のようなメリット、デメリットがあります。

メリット

・借り過ぎを防ぐことができる

みずほ銀行カードローンでは、ATMやインターネットバンキングで簡単に借入ができますから、借入枠が残っていると、お金に困ったときについキャッシングしてしまいがちです。カードローンを解約すれば、無駄な借金をしてしまうこともなくなります。

・住宅ローンの審査で有利になる

住宅ローンの審査では、総返済負担率によって借りられる額が変わってきます。総返済負担率は、借金の返済額が年収に対してどれくらいになるかという割合のことで、金融機関では総返済負担率の基準を年収の25~40%程度としています。この場合の借金には住宅ローン以外の借入も含まれますから、住宅ローン以外の借入が多ければ、住宅ローンで借りられる額が少なくなってしまうことになります。

住宅ローンの審査では、カードローン契約については、実際の借入残高がなくても、限度額いっぱいまで借りているものとして総返済負担率が計算されてしまいます。住宅ローンを申し込む予定があるなら、カードローンを解約しておいた方が安心です。

デメリット

・再度借り入れする場合には新たに審査を受ける必要がある

みずほ銀行カードローンを解約してしまうと、またお金が必要になった場合には、再度借入申込をし、審査を受ける必要があります。前回審査に通ったと言っても、次もまた審査に通るとは限りません。また借りる可能性があるのなら、解約しない方がいいことになります。

・信用情報機関に情報が残ったままになる

カードローン契約が残っている限り、契約情報が信用情報機関に登録されています。たとえ借入残高がなくても、カードローン契約があれば、他のローンの審査の際に印象が悪くなってしまうことがあります。カードローンを解約しても5年は登録情報が残ってしまうので、もう使わないのであれば早めに解約した方が良いでしょう。

解約証明書は発行してもらえるの?

・解約証明書とは

解約証明書とは、カードローンを全額完済し、債務が残っていないことの証明書です。解約証明書は、カードローン会社にお願いして発行してもらう書類になります。解約証明書は完済証明書と呼ばれることもありますが、単に借りたお金を全額返して残高がなくなっただけでは発行してもらえません。カードローンの場合には、借金を全額返しても、またお金を借りることができますから、厳密に言えば完済ではないのです。完済証明書を発行してもらうには、カードローンを解約する必要があります。

・みずほ銀行カードローンの解約証明書の入手方法

みずほ銀行カードローンでは、解約手続き完了後に解約証明書を発行してもらえます。解約証明書は自動的に発行されるわけではありませんので、店舗窓口で発行を依頼する必要があります。解約証明書は、取引店もしくは最寄りの店舗窓口で発行を受けられます。なお、解約証明書の発行には、1通あたり1620円(消費税込)の手数料がかかります。

まとめ

みずほ銀行カードローンを解約する場合には、平日の営業時間中に店舗窓口に行く必要があります。インターネットでは解約できませんので注意しておきましょう。

なお、みずほ銀行カードローンを解約してしまうと、次にお金が必要になったときに、簡単に借入できない可能性があります。また利用する可能性があるのなら、解約しない方が良いでしょう。ただし、住宅ローンを申し込む場合などは、解約しておいた方が審査で有利になります。