楽天カードと電子マネーEdyの一体型カード!Edy機能付き楽天カードの魅力について紹介!

Edy機能付き楽天カードは、楽天カードに電子マネーのEdyが付帯した一体型のクレジットカードです。コンビニなどのちょっとしたお買い物の際にも小銭を出す手間もなくかざすだけで簡単に決済でき、Edyが付帯することで日常のさまざまなシーンを便利に利用することができます。今回はEdy機能付き楽天カードについて詳しくご紹介します。

Edy機能付き楽天カードのメリット・デメリット

・Edyとは?

Edyとは事前にチャージ(入金)して支払の際に専用の端末にかざすだけで決済できる電子マネーのことです。チャージはコンビニのレジやEdyチャージャー(現金入金機)ですることができます。

またお持ちの楽天カードからやアプリを使ってチャージもできます。EdyはEdyマークのあるお店で利用することができます。1回のチャージ金額の上限は25,000円で、最大で50,000円までチャージできます。

・Edy機能付き楽天カードのメリット

①小銭いらずで決済できる

Edy機能付き楽天カードの魅力はなんといっても小銭入らずで決済ができるところです。コンビニなど数百円の物を買う場合毎回小銭を出すのは手間ですが、Edy機能付き楽天カードがあれば専用端末にかざすだけで「シャリ~ン」音が聞こえて決済完了です。他の電子マネーもそうですが、電子マネーの最大の魅力は小銭を持ち歩く手間がいらないことではないでしょうか。

②楽天スーパーポイントがたまる

コンビニやスーパーなどで現金支払いをすると当然ですが楽天ポイントはたまりませんよね。Edy機能付き楽天カードは楽天Edyでの支払い200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイントたまります。また、チャージの際に楽天カードからチャージをすると200円ごとに1ポイントがたまります。つまり、楽天カードからチャージをして楽天Edy で支払うと200円ごとに2ポイントがたまることになります。

普段からコンビニやスーパーはクレジットカード払いではなく現金払い派の方でもEdy機能付き楽天カードはチャージ式なので事前に現金で入金することもできるのでクレジットカード払いのように後払いを嫌う方にもオススメです。日常のさまざまなちょっとした支払をEdy機能付き楽天カードを利用して決済するだけで知らない間に楽天スーパーポイントがお得にたまります。

③チャージ式だから使いすぎる心配がない

楽天Edyは前払い式なので事前に自分で決めた金額をチャージしてその範囲内で使うことになります。だからクレジットカードのようにいつの間にか使いすぎていたということが防げるメリットがあります。毎回チャージするのが面倒な人のために残高が減ったら自動的にチャージされる「オートチャージ」サービスもありますが、使いすぎを心配する方であれば毎回必要な分だけ入金する方法がオススメです。

・Edy機能付き楽天カードのデメリット

①インターネットでチャージを完結できない

前述したとおり、Edyは現金チャージの他にお持ちの楽天カードでチャージすることも可能です。楽天カードからチャージするのであればネット上で完結できると思っている人もいるのですが、実際はできないのです。

方法としては、楽天カードの公式サイトから楽天e-NAVIにログインします。そこでチャージしたい金額を事前に指定しておきます。ただし、ここで完了ではなく、実際に利用するためにはコンビニなどの専用端末からチャージの受取りが必要となります。

つまり、クレジットカードからのチャージを選択した場合も、ネットで完結できず、必ずコンビニなどに出向いて完了する必要があるということになります。わざわざ店舗に出向かないといけない点では面倒に感じてしまう人も多いでしょう。

ちなみに店舗に出向かずに家で完結できる方法が一つあります。それは「楽天Edyリーダー」というパソコン(OS Windows)で楽天Edyを使うためのUSB型リーダーを自宅のパソコンにつないでチャージする方法です。

これを利用すれば自宅でチャージを完結することができるのですが、購入するのに1,852円かかります。自宅でチャージを完結しようと思うとお金がかかるのはデメリットであると言えるでしょう。

②紛失した場合の補償がない

楽天Edyを万が一紛失した場合、すでにチャージされている残高を補償してくれるサービスはありません。クレジットカードの場合は紛失保障などがありますが、楽天Edyはあくまでもプリペイド式の電子マネーですので現金の入ったお財布を落とした場合と同じでチャージ済みの代金を補償するサービスは付帯していません。

楽天カードからEdy機能付き楽天カードに変更するには?

現在楽天カードをお持ちの方がEdy機能付き楽天カードに変更する方法についてご紹介します。

楽天カードの公式サイトから楽天e-NAVIにログインします。一番右に現在のカード情報があり、その下に「Edy機能付きカードへ無料で切替できます」と記載があるのでクリックします。(期間によっては切り替え手数料がかかるときもあります。通常は手数料として1,080円が必要です)確認事項と送付先の自分の住所を確認して間違いがなければ「上記内容に同意の上確認画面へ進む」をクリックします。最後に「送付依頼」をクリックすれば完了します。新たに入力する項目などはないので1分もあれば完了します。

※確認事項は以下の通りです。

・切替えてもカード番号はかわらない

・3~7営業日を目安に登録の自宅住所に届く

・新しいカードが届くまでは今の楽天カードを引き続き利用できる

・新しいカードが届いたら、現在の楽天カードはICチップにはさみをいれて破棄する

Edy機能付き楽天カードの使い方

ここではEdy機能付き楽天カードの使い方について説明します。

・店頭で支払う場合

Edy機能付き楽天カードはEdyマークのあるお店で利用することができます。店頭でお買い物をしてレジで支払いをする際に店員の方に「楽天Edyで支払います」と伝えます。専用の端末に支払金額が表示されるので間違いなければカードをかざします。「シャリ~ン」という音が聞こえれば支払が完了した合図です。

コンビニであればほとんどどこの店舗でも利用可能ですが、楽天Edyはコンビニでの払込票(収納代行)による支払いはできませんので注意しましょう。

・ネットショッピングで支払う

ネットショッピングの際にEdy機能付き楽天カードで支払う場合は事前に「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」が必要となります。

パソコンで楽天Edyを利用するには、Edy Viewerを使う必要があります。Edy Viewerとは、パソコンで楽天Edyを利用するためのサービスです。Edy ViewerはWindowsパソコンのInternet Explorerでしか利用することができませんのでお持ちのパソコンのブラウザを確認する必要があります。

ブラウザの確認方法は、Internet Explorerを起動して、左上の<ツール>から<インターネットオプション>を選択します。インターネットオプションダイヤログの右上の<詳細設定>を選択し、「拡張保護モードを有効にする」のチェックボックスにチェックを入れます。適用ボタンをクリックして設定完了です。

Edyカードを「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」にセットして楽天Edyが使えるネットショップでお買い物をして決済の際に楽天Edyを選択して決済すればOKです。

Edyにチャージする方法

次に楽天Edyにチャージする方法を紹介します。

・Edy機能付き楽天カードでチャージ

Edy機能付き楽天カードでチャージを利用するには事前に登録が必要となります。楽天e-NAVIの「トップ > Edyチャージサービス > Edyチャージのお申し込み」から申込みをします。チャージ金額(1,000円以上25,000円まで)を入力し、お手持ちの楽天カード裏面のセキュリティ番号を入力すれば完了となります。

登録が完了してもカードに反映されるわけではなく、「受取り」行為が必要です。受取りは、コンビニの専用端末などで受け取るか、FeliCaポート/パソリを購入して自宅のパソコンで受け取るかを選べます。チャージした金額は自動的に楽天カードから決済されます。

・アプリからチャージ

Edyチャージアプリ対象端末ならアプリからチャージすることができます。「Edyチャージ」アプリをダウンロードして手持ちのクレジットカードを読み取ることでチャージすることができます。対象端末は随時更新されているので公式サイトからご確認ください。

・現金でチャージ

コンビニなどの楽天Edy加盟店ではレジでチャージすることができます。お店の人に「楽天Edyにチャージしてください」と伝えてください。Edyチャージャー(現金入金機)を設置している加盟店もありますのでその場合は自分でチャージすることができます。

注意点

・チャージした代金は払い戻し不可

楽天Edyにチャージした金額はICチップの瑕疵・故障などを除いて払い戻しすることはできません。だから使い切ることを前提にチャージしましょう。

・新しいカードへの移行不可

楽天カードを新しいカードに変更、切替した場合Edyの残高を引き継ぐことはできません。注意すべきなのは以下のような場合も移行できない点です。

  • ①磁気不良、紛失盗難、氏名変更などによるカードの再作成や再発行
  • ②有効期限到来による新期限カードの発行

このように結婚して名前が変わったり、カードを紛失盗難に遭ったりした場合もEdyの残高を新カードに移行できない点です。さらにカードの有効期限が到来して新しいカードになった場合もEdyの残高は移行することができません。必ず新しいカードになるタイミングを計算してEdy残高を使い切るように気をつけましょう。万が一使い切る前に新カードになってしまっても返金してもらうことはできませんので注意が必要です。

まとめ

Edy機能付き楽天カードは日常のちょっとしたお買い物の際に小銭を出す手間が省け、さらに楽天スーパーポイントもたまるので便利でお得な機能です。チャージ式なので自分で決めた金額以上を使いすぎない点も安心して利用できます。

現在楽天カードをお持ちの方も、キャンペーン期間によっては無料でEdy付カードに切替できますのでおすすめです。今回ご紹介した注意点なども参考に賢くお得にEdy機能付き楽天カードを利用してくださいね。