楽天カードでApple payの利用が可能に!利用方法やおすすめポイントを紹介します!

CMで「8秒に1人が申し込んでいる」でおなじみの楽天カード。その人気は衰えることを知らず8年連続顧客満足度1位を獲得しています。

そんな人気の楽天カードがApple Payに登録できるようになりました。Apple Payを登録するとお財布を持ち歩かなくてもスマホさえあれば簡単に決済でき、スマートなお買いものが実現します。

今回は楽天カードのApple Pay登録方法や利用方法、メリットやデメリットについてご紹介します。

楽天カードがApple Payに登録できるようになったの?

・Apple Payとは?

そもそもApple Payとは一体何?とよくわからない方のためにまずは簡単にApple Payの説明をします。

Apple PayとはiPhoneApple Watchに対応のクレジットカードを登録して決済するサービスのことです。おサイフケータイのようなもので、スマホに事前に登録をしておくだけで、買い物ができたり、電車に乗れたりします。Apple Payは後払い方式ですので事前に現金チャージが不要で利用することができます。

・Apple PayはiPhone 7以降でないと店舗や交通機関での利用不可

Apple Payは非接触ICカード技術方式「FeliCa」にiPhone 7から対応したことで利用できるようになったサービスです。つまり、iPhone 6以前の機種の場合「FeliCa」に対応していないため店舗や交通機関での利用は不可となります。

ただし、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SEや、iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3はアプリケーション内の支払いとweb上の支払いであれば可能です。

現在Apple Payが利用できる対応機種は以下の通りです。

▼日本国内で販売されたiPhone 7、iPhone 7 Plus

▼日本国内で販売され、iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 2

※交通機関と店舗での支払いにApple Payを使用するには、日本国内で販売されたiPhone 7、iPhone 7 Plus、またはApple Watch Series 2が必要です。

・楽天カードがApple Pay登録可能に!

iPhone 7から「FeliCa」が搭載されたことで待望のApple Pay が利用できるようになったのですが始めは登録できるクレジットカードの種類が非常に限られていました。一足遅れて2016年の10月から楽天カードでもApple Payの登録が可能になりました。

Apple Payを早く利用したいけどメインカードでる楽天カードでの決済がしたいからと待っていた方も多いはずです。楽天カードでApple Payの利用ができるようになったことで、楽天カードユーザーの方が簡単に店舗や交通機関での利用ができるようになりました。

Apple Payに登録した楽天カードでお買い物することはもちろん、Walletアプリ内でSuicaのチャージに楽天カードを利用することも可能です。

楽天カードを登録したApple Payを利用する場合はQUICPAY(クイックペイ)の加盟店で利用できます。QUICPAY(クイックペイ)が使えるお店はスーパー、ドラックストア、コンビニ、ガソリンスタンド、百貨店、空港施設など幅広いジャンルのお店で利用することができます。利用できる店舗の一部をご紹介します。

【ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップ、セブンイレブン、ローソン、エネオス、昭和シェル、エッソ・モービル・ゼネラル、イオン、マックスバリュ、イトーヨーカドー、平和堂、マツモトキヨシ、ココカラファイン、かっぱ寿司、すき家、ロイヤルホスト、ジャンカラ、ユニバーサルスタジオ・ジャパン、ビッグカメラ、エディオン、コジマ、高島屋、阪急百貨店、ドン・キホーテetc・・・】

上記のような全国展開の有名店から地方限定の店舗までさまざまな店舗が導入していますので利用する前に一度QUICPAY(クイックペイ)の公式サイトをご覧ください。

Apple Payに楽天カードを登録する方法

Apple Payに楽天カードを登録する方法は2つあります。

①楽天カードアプリからApple Pay初回設定をする方法

1.まずは楽天カードアプリをダウンロードしていない方はダウンロードします。アプリを開くと右下に「・・・」マークのその他を選択します。

2.続いて「Apple Payをはじめる」をタップし、「Apple Pay設定」をタップします。

3.ワンタイムパスワードを送信し、届いたパスワードを入力します。

4.楽天カード裏面に記載のセキュリティコードを入力します。

5.Apple Payにカードを追加します。

6.規約に同意するとWalletアプリに追加が完了します。

以上でApple Payの登録が完了します。

②iPhoneのWalletアプリでのApple Payの設定方法

1.初期設定の段階で内蔵されているWalletアプリを起動する。

2.「+」マークをタップする

3.カードの種類を選択すると撮影モードになりますので登録したいクレジットカードを読み込みます。もちろん手動入力も可能です。

4.その後画面に表示される手順に従ってセキュリティコードや利用規約の同意をすれば登録完了となります。

楽天カードを設定したApple Payを利用する方法

Apple Payの基本的な利用方法についてご紹介します。

・店舗で利用する場合

Apple Payを店舗で利用する際はレジで支払の際にiD、QUICPAY(クイックペイ)どちらかの支払方法を伝えます。クレジットカードによってiD、QUICPAYのどちらかになりますが、楽天カードの場合はQUICPAYとなりますので、レジで支払の際に「QUICPAYでお願いします。」と伝えればOKです。

QUICPAY(クイックペイ) とはお店の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけで支払いが完了する電子マネーのことです。Apple Pay はこの電子マネーを利用した決済方法となります。

iPhone 7の場合はTouch IDに指を載せたままiPhoneをQUICPAY(クイックペイ)リーダーにかざせば決済完了です。Apple Payに複数のクレジットカードを登録している場合は事前にどのカードで決済するのかを選択しなければなりません。

その場合最も早くWalletアプリを起動する方法はiPhoneがスリープ状態のところからホームボタンを2回タップすればWalletアプリを起動することがきます。万が一他人にスマホを盗まれたりした場合、ホームボタンを2回タップで起動できたら不用心ではないかと思いがちですが、Touch IDに登録された指紋でないと決済できないので安心して利用することができます。

・交通機関で利用する場合

現在交通機関でApple Payが利用できるのはJR東日本の「Suica」のみとなっています。残念ですが他の交通機関での利用は残念ながらまだ非対応となっています。Apple Pay に登録した楽天カードでSuica のチャージが可能です。

Apple Pay Suicaを使って改札を通る時は、登録したスマホをピッと改札の読み取り部分にかざすだけです。わざわざアプリを起動させる必要もなくスリープ画面のまま改札を通れるので、スマホのロックをはずす必要もありません。首都圏だけでなく交通系ICカードの相互利用ができる日本全国のエリアでも使うことができます。また、Suicaに対応する路線バスやタクシーなどに乗ることもできます。

Apple Payに楽天カードを登録するメリット・デメリット

・メリット

Apple Payに楽天カードを登録するメリットは、財布を持ち歩いていなくてもスマホさえあればコンビニやスーパーはもちろん電車にだって乗れることです。例えばランニングの際にちょっとのどが渇いたなと思ってコンビニなどに立ち寄った際にもiPhoneやApple Watchがあれば簡単に決済できスマートにお買い物ができます。

Apple Payには合計8枚までクレジットカードが登録できるので複数クレジットカードを使い分けている方も楽天カードを財布の中で探し回る必要もありません。ホームボタンを2回タップすれば楽天カードをすぐに探して利用することができます。

店舗で決済する際もサインレスなのでスマートに決済ができ、楽天内で買い物をする際もホームボタンにタッチするだけで面倒なパスワードの入力の必要がありません。カードを手渡す必要もありませんので不正に利用されたりする確率がぐんと下がります。

・デメリット

デメリットはiPhoneやApple Watchを2台以上持っている人がどちらにも楽天カードをApple Payに登録することができない点です。どちらか一方の端末にのみ登録し、登録した方で決済しなければなりません。

あとは、Apple Pay を利用する場合はQUICPAY(クイックペイ)加盟店でしか利用ができません。だから買い物したいお店がQUICPAY加盟店でない場合はApple Payで決済することができず、楽天カードを提示して決済する必要があります。

Apple Payで支払いをすると楽天ポイントが貯まる?

楽天カードを登録したApple Payで支払いをした場合にもクレジットカードを提示して買い物をした場合と同様に楽天ポイントがたまります。お買い物金額100円ごとに1ポイントがたまります。

それだけでなくApple Payに楽天カードを設定し、利用すればさらにポイントが付与されるキャンペーンを行っていることがあります。エントリーが必要なケースもありますので詳しくは楽天カードの公式サイトをご確認ください。

もちろん、お買い物だけでなく楽天カードを登録したApple PayでのSuicaチャージも楽天スーパーポイント付与の対象となります。こちらも100円につき1ポイントを獲得することができます。

注意点

一番の注意点は、iPhoneの充電が切れてしまったらApple Payが使えなくなるということです。Apple Payを利用する際には電源がオン状態であることが大前提なので、外出中に充電がなくなっていまい電源がオフになってしまうとApple Payでの利用は出来なくなるので注意が必要です。

そしてApple Payを利用する際の注意点としてはレジで支払の際に店員さんに「Apple Payで支払います。」と伝えても伝わらないケースがあることです。お店の人はレジで利用できる対応の電子マネー(QUICPAY 、Edy、iDなど)しか把握していないことが多く、Apple Payを利用する場合でも「QUICPAY(クイックペイ)で支払います。」と伝えてあげた方がスムーズに伝わりやすいと言えます。

あとはQUICPAYの利用上限金額が1回あたり2万円となっています。だからそれ以上の高額商品をQUICPAYを利用したApple Payで支払うことは出来ません。Apple Payは日常生活の中でちょこちょこ使うのにおすすめの機能ということになります。

インターネット上では楽天カードの国際ブランドをVISAを選択した場合、Apple Payが利用できないといった情報がたくさんあります。以前はVISAブランドを選択した場合利用するのに制限があったのですが、現在はVISAブランドも正式対応しておりますので安心して利用してください。

まとめ

便利でスマートな決済ができるApple Payに楽天カードが対応したことで楽天ユーザーの方にとって支払いの幅がさらに広がったはずです。今回ご紹介したように設定方法も利用方法もとても簡単ですので、まずはお手持ちのiPhoneに登録だけでもしておくと良いかもしれません。万が一財布を忘れてもスマホさえあれば安心して過ごすことができますよ。