みずほ銀行カードローンの返済額はどうやって決まる?返済方法や繰上返済について

カードローンでは、毎月決まった返済額を返済しなければ延滞になってしまいます。みずほ銀行カードローンでお金を借りる場合には、返済額がどれくらいになるのかが気になると思います。ここでは、みずほ銀行カードローンの返済額の決まり方や返済方法、注意点について説明します。

毎月の返済額はどうやって決まるの?

・返済は残高スライド方式

みずほ銀行カードローンの返済方式は、残高スライド方式となっています。残高スライド方式とは、借入残高に応じて返済額が段階的に変わる方式です。残高スライド方式では、借入残高が大きいほど返済額が大きくなり、借入残高が減るにしたがって返済額も減っていきます。

・みずほ銀行カードローンの返済額の計算方法

みずほ銀行カードローンでは、毎月10日(銀行休業日の場合には翌営業日)現在の利用残高で翌月の返済額が決定します。具体的には、返済額は次の2つのどちらかのパターンになります。

(1) 2012年7月31日以降の契約(または変更)で利用限度額200万円以上の場合

利用残高 返済額
1万円未満 前月10日現在の利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超300万円以下 3万円
300万円超400万円以下 4万円
400万円超500万円以下 5万円
500万円超600万円以下 6万円
600万円超700万円以下 7万円
700万円超800万円以下 8万円
800万円超900万円以下 9万円
900万円超1000万円以下 10万円
1000万円超 11万円

(2) (1)に該当しない場合

利用残高 返済額
1万円未満 前月10日現在の利用残高
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超150万円以下 3万円
150万円超200万円以下 4万円
200万円超250万円以下 5万円
250万円超300万円以下 6万円
300万円超350万円以下 7万円
350万円超400万円以下 8万円
400万円超450万円以下 9万円
450万円超500万円以下 10万円
500万円超550万円以下 11万円
550万円超600万円以下 12万円
600万円超650万円以下 13万円
650万円超700万円以下 14万円
700万円超750万円以下 15万円
750万円超800万円以下 16万円
800万円超850万円以下 17万円
850万円超900万円以下 18万円
900万円超950万円以下 19万円
950万円超1000万円以下 20万円
1000万円超 21万円

みずほ銀行カードローンの返済方法と注意点

・約定返済は毎月自動引き落とし

みずほ銀行カードローンでお金を借りた場合には、毎月10日に定められた返済額が口座から自動引き落としになります。みずほ銀行カードローンはみずほ銀行に口座開設しなければ利用できませんが、毎月の返済額はこのみずほ銀行の普通預金口座から引き落としされます。

・ATMから任意返済もできる

みずほ銀行カードローンでは、毎月1回の約定返済は口座引落になりますが、それ以外の日にATMから任意返済を行うことも可能です。ただし、任意返済を行った場合にも、毎月の返済日には定められた返済額が自動引き落としになります。たとえば、返済日の前日にその月の返済額をATMから入金したとしても、それは約定返済とはみなされず、返済日に予定通りの返済額が引き落としされます。

なお、みずほ銀行カードローンの任意返済には、みずほ銀行ATMのほか、提携ATMも利用できます(ただし、キャッシュカード兼用型のカードの場合には返済できないATMあり)。提携ATMは、E-net、ローソンATM、セブン銀行ATMなどのコンビニATM、ゆうちょ銀行やその他の提携金融機関ATMなどで、手数料無料で利用可能です。

・みずほダイレクトでの任意返済もできる

みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」を利用すれば、パソコン、スマートフォン、携帯電話から24時間いつでも返済が可能です。(※ただし、平日15時以降、土日祝日の受付分は翌営業日扱いになります)。なお、みずほダイレクトでの返済は任意返済となりますから、毎月の約定返済分は通常どおり口座引き落としされます。

・口座の残高不足に注意

みずほ銀行カードローンでは、原則的に毎月の返済日に自動引き落としされる分だけしか約定返済になりません。もし返済日に口座残高が足りなければ、返済額が引き落としされず、延滞ということになってしまいます。利用残高及び口座残高を確認しておきましょう。

みずほ銀行カードローンの利用残高確認方法は、次のとおりです。

<ATM>

「カードローン」ボタンを選択し、「残高照会」で確認

<みずほダイレクト>

ログインし、メインメニューの「残高照会」で確認

<電話>

カードローン専用ダイヤル(0120-324-555)に電話し、音声ガイダンスに従って「2」を押して確認

返済日や返済額は変更できる?

・返済日は毎月10日

みずほ銀行カードローンの返済日は、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)と決まっています。消費者金融をはじめとした他のカードローン会社では、毎月の返済日を自分で選べるところもありますが、みずほ銀行カードローンでは返済日を選ぶことはできません。たとえば、給料日が15日頃の場合、毎月10日頃には口座残高が少なくなっているという人も多いと思います。返済額分をきちんと残しておくよう注意しておくか、こまめに残高照会して足りなければ入金しておくようにしましょう。

・約定返済額を超える返済は任意返済になる

みずほ銀行カードローンの返済額は残高スライド方式になっており、残高が減るにしたがって返済額が段階的に減っていきます。消費者金融などでは、自分で返済額を決めて返済プランを立てられるところもありますが、みずほ銀行の場合には返済額は決まっており、変更できません。ただし、毎月の返済額よりも多い額を返済したい場合には、ATMから入金するか、みずほダイレクトを利用して入金することが可能になっています。

なお、みずほ銀行カードローンでは、残高のスライドが1万円単位となっています。残高が少し減るだけで返済額が1万円も変わってしまうことがあり、うっかりしていると口座の残高不足になりやすいので注意が必要です。

繰上返済する方法と注意点

・カードローンの繰上返済とは

カードローンの繰上返済とは、毎月決まっている約定返済額を返済するだけでなく、追加で返済を行っていき、予定より早く返済を終わらせることになります。カードローンでは、借入期間が長くなればなるほど、支払う利息も大きくなってしまいます。繰上返済することで、トータルで支払う利息を減らすことが可能になります。

・みずほ銀行カードローンで繰上返済する方法

みずほ銀行カードローンでは、毎月の約定返済が口座振替になっています。そのため、繰上返済する場合には、追加で返済したい額をATMから入金するか、みずほダイレクトを使って任意返済する必要があります。

なお、みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行ATM、コンビニATM(E-net、ローソン、セブン銀行)、提携金融機関ATM、ゆうちょ銀行ATMの利用が可能になっていますが、提携金融機関ATMからの任意返済はできません。また、カードローン専用型カードの場合にはゆうちょ銀行ATMからの任意返済ができますが、キャッシュカード兼用型カードの場合にはゆうちょ銀行ATMからの任意返済ができませんので注意しておきましょう。

・繰上返済するなら返済シミュレーションを活用

みずほ銀行では、ホームページ上でローンの返済シミュレーションができるようになっています。返済シミュレーションを活用すれば、毎月の返済額に加えてどれくらい繰上返済すれば良いかの目安がわかります。繰上返済を考えるなら、ぜひ返済シミュレーションをしてみましょう。

・一括返済する場合には店頭窓口で

みずほ銀行カードローンで任意返済を行った場合には、入金した額は全額元本に充てられ、利息については精算されません。一括返済をする場合には、貸越利息を含めた貸越残高全額を精算する必要がありますから、店頭窓口へ行く必要があります。

返済が遅れた場合どうなるの?

・口座残高が不足していれば延滞になる

みずほ銀行カードローンでは、毎月の約定返済はみずほ銀行普通預金口座からの自動引き落としになります。そのため、口座残高が不足していれば、引き落としが行われず、延滞ということになってしまいます。

・延滞すればカードローン利用停止になる

みずほ銀行カードローンを延滞した場合には、延滞となってしまい、カードローンが利用停止になります。カードローンの利用を再開するには、延滞分の返済をする必要があります。

・延滞後は遅延損害金が発生

みずほ銀行カードローンを延滞してしまうと、返済日の翌日以降、通常の金利よりも高い年19.9%の遅延損害金がかかります。カードローンの利用を再開するには、遅延損害金を含めた延滞分の入金をしなければなりません。

・返済しないまま放置すれば督促が来る

みずほ銀行カードローンの返済日にうっかり口座残高が不足していて返済ができなくても、すぐに入金すれば大きな問題にはなりません。しかし、返済しないまま放置していれば、やがてハガキや電話で督促が来るようになります。もし督促を無視すれば、金融事故ということになってしまいます。すぐに支払いができない場合にも、連絡だけはするようにしましょう。

・最終的にはブラックリストに載る

みずほ銀行カードローンを延滞した上に、督促も無視していれば、保証会社であるオリエントコーポレーションがみずほ銀行に代位弁済を行います。これにより、みずほ銀行への債務は完済されることになりますが、代わりにオリエントコーポレーションへの債務が発生することになります。つまり、代位弁済以降は、債権者であるオリエントコーポレーションから督促を受けるようになります。

なお、代位弁済があれば、信用情報機関に事故情報として登録され、ブラックリストに載ることになります。ブラックリストに載れば、他の金融機関のローンの審査にも通らなくなり、どこからも融資を受けられなくなってしまいます。みずほ銀行カードローンで借りたお金が返済できない場合には、できるだけ早く対策を考えるようにしましょう。

まとめ

みずほ銀行カードローンでは、残高に応じて決まっている返済額が、毎月1回みずほ銀行の口座から自動引き落としされます。口座残高が足りなければ延滞になってしまいますので、返済日前には残高を確認しておくようにしましょう。