みずほ銀行カードローンの在籍確認は電話のみ?内容や注意点について

カードローンでお金を借りるとなると、避けられないのが在籍確認です。みずほ銀行カードローンでも、当然ながら在籍確認はあります。みずほ銀行カードローンでは、会社に電話がかかってくるのか、いったいどのタイミングで電話があるのか、日時の指定はできるのか、はたまた在籍確認は書類でもOKなのかなど、疑問はたくさん出てくると思います。ここでは、みずほ銀行カードローンの在籍確認についてまとめてみました。

みずほ銀行カードローンでは必ず在籍確認があるの?

・在籍確認とは

在籍確認とは、カードローンの申込者が申込書や申込フォームに記入した勤務先に本当に在籍しているかを、カードローン会社が確認する手続きになります。と言っても、カードローン会社の方から申込者の勤務先に「○○さんと言う方はそちらに在籍していますか?」と直接問い合わせるわけではありません。

誰でも借金をすることは周りに知られたくないのが普通ですから、カードローン会社でも申込者のプライバシーを尊重し、会社名を伏せて電話をかけてきます。カードローン会社の担当者が個人名を名乗って「○○さんはいらっしゃいますか?」と申込者を呼び出しても、申込者が電話に出れば、それで在籍が確認できることには変わりないからです。

キャッシング審査では、この在籍確認は避けられないものとなっています。というのも、カードローンを利用するには安定した収入が欠かせませんが、勤務先というのは、安定した収入があるかどうかを判断するための重要な要素になるからです。

・みずほ銀行カードローンの在籍確認

みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金口座開設が必要になります。既にみずほ銀行の普通預金口座を持っている人なら、インターネットで申し込みするだけで、キャッシュカードにカードローン機能を付加し、みずほ銀行カードローンを利用することができます。みずほ銀行カードローンでは、返済も返済用普通預金口座から返済額を自動引き落としする方法になりますから、返済のためにATMに出向く手間もかかりません。

このように、手軽に申込みできるみずほ銀行カードローンですが、やはりカードローン申込時の在籍確認は避けられないようになっています。みずほ銀行カードローンでも、原則的に会社に電話をかけて申込者を呼び出す形の在籍確認が行われるのは、他のカードローン会社と同様です。

なお、みずほ銀行カードローンでは、保証会社のオリエントコーポレーション(オリコ)の保証を受ける必要があり、審査は実質的にはオリコが行っています。みずほ銀行カードローンの公式サイトでも、「オリコより申込内容の確認のため、ご入力いただいた電話番号にお電話を差しあげる場合がございます。」と明記されています。みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話は、実際にはオリコの担当者が個人名でかけてくることになります。

・在籍確認のタイミング

みずほ銀行カードローンでは、申込後仮審査が行われ、仮審査の際に金利や利用限度額が決定します。みずほ銀行に普通預金口座を持っている場合、仮審査に通過すれば本人確認書類や収入証明書などの必要書類を提出して、すぐに本審査を受けることになります。みずほ銀行に普通預金口座を持っていない場合には、仮審査後に口座開設の手続きを行います。いずれのケースでも、在籍確認は、必要書類の確認を含むすべての手続きが終わった後、本審査の最終段階で行われます。

在籍確認というのは、担当者が申込者一人一人の勤務先に直接電話をかけることになりますから、非常に手間がかかる作業と言えます。ですから、審査が一通り完了し、あとは在籍確認さえとれればOKという状態になってから行われるのが通常です。

・在籍確認がとれれば契約できる

みずほ銀行カードローンでは、在籍確認がとれたらそれで審査は終了しますから、ようやくカードローン契約を結ぶことができます。みずほ銀行に既に普通預金口座を持っている人なら、郵送物なしのWEB完結申込ができますから、契約書類が郵送されてくることもなく、インターネットで契約手続きが完了します。

みずほ銀行カードローンからの確認の電話はどんな内容?

・担当者が勤務先にかけてきて申込者を呼び出す

みずほ銀行カードローンの在籍確認では、オリコの担当者が申込者の勤務先に電話をかけてきて、「○○さんはいらしゃいますか?」という形で申込者を呼び出します。ちょうどそのとき会社にいて、「はい、○○です。」と電話に出ることができれば、それで在籍確認は終わりになります。在籍確認の電話で細かいことをあれこれ聞かれることはありません。電話に出ることができれば、本人確認の上、申込内容に間違いないかどうかを聞かれるだけになります。

・在籍しているのがわかればそれでOK

みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話がかかってきたときに、たまたま外出していて会社にいないということもあると思います。その場合にも、電話に出た人が「○○はあいにく外出しております。」などと受け答えすれば、それで一応在籍していることはわかりますから、在籍確認OKとなることがあります。在籍確認OKとされれば、再び会社に電話がかかってくることはありません。

どのような場合に在籍確認OKでどのような場合にNGなのかは、あくまで担当者の判断になります。いずれにしろ、オリコの担当者が、職場の人に伝言を残すということはありませんので、借金がバレる心配は通常はないと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は電話だけ?書類でも可能?

・書類による在籍確認とは

カードローンの関係で会社に電話がかかってくると、やはり落ち着かないという人も多いはずです。在籍の確認がとれれば良いのであれば、会社に在籍していることがわかる証明書類を出したのでも良いのではないかと考える人もいるかもしれません。

消費者金融の中には、書類による在籍確認に応じているところもあります。消費者金融ではスピーディーな融資を売りにしているため、会社が休みの土日祝日にも即日融資ができるよう、代替措置として書類提出でもOKとしているケースもあるのです。この場合には、在籍確認書類として、会社の社会保険証や社員証、給与明細書などを提出することになります。

・みずほ銀行カードローンの在籍確認は電話だけ

一般に、銀行カードローンは消費者金融より金利が低い分、審査が厳しくなっています。また、銀行にとってカードローンは主力業務ではないですから、消費者金融ほど迅速な融資にこだわっているわけでもありません。こうしたことから、銀行カードローンでは、勤務先電話連絡に代えて書類提出でOKという扱いはしていないのが現状です。

みずほ銀行カードローンでも、原則どおり在籍確認がすんだ後でないと、融資をしてもらえません。申し込みしたら、会社に電話がかかってくるのはやむを得ないと考えておいた方が良いでしょう。

在籍確認の電話で周りの人にバレないためには?

・堂々としておくのがいちばん

金融会社から在籍確認の電話がかかってくるとなると、気が気でない人も多いと思います。けれど、もし在籍確認の電話がかかってきたとき、慌ててしまい、挙動不審になるようなことがあれば、それだけで怪しまれてしまいます。職場バレを防ぐには、電話がかかってきても緊張することなく、落ち着いて対応することが何より大切です。

・あらかじめ電話がかかってくる旨を伝えておく

在籍確認の電話がかかってきそうなときに、外出の予定が入っていることもあると思います。在籍確認の電話を指定した日時にかけてもらうというのは難しい場合があるので、そのようなときには、「クレジットカード会社から自分宛に電話がかかってくるかもしれない。」などと職場の人に伝えておくのも一つの手です。実際にオリコはクレジットカード会社ですし、クレジットカードの関係と言えば職場の人に怪しまれることも少ないと思います。

・個人事業主や会社経営者の場合

個人事業主でも、自宅とは別に事務所がある場合には、事務所に在籍確認の電話がかかってきます。一方、自宅兼事務所の場合には、自宅に電話がかかってくることになります。会社経営者の場合にも同様、会社にみずほ銀行から電話がかかってきます。いずれにしろ、みずほ銀行カードローンの審査では電話連絡は避けられませんから、申込後には電話がかかってくるものと思っておきましょう。

まとめ

みずほ銀行カードローンの在籍確認では、保証会社のオリコの担当者が会社に電話をかけてきます。電話による在籍確認は避けられませんが、通常はそれで借金が職場の人にバレてしまうということはありません。在籍確認はクレジットカードを作るときなどにも行われていますから、落ち着いていれば借金と疑われることもないはずです。在籍確認の電話がかかってくるからと言って、あまり心配しすぎないようにしましょう。