新生銀行カードローンレイクの在籍確認のタイミングや注意点

カードローンの審査で避けられないのが在籍確認です。新生銀行カードローンレイクでも、原則として電話による在籍確認が行われます。ここでは、「在籍確認はいつどのタイミングで行われるのか?」「在籍確認は電話以外でも可能なのか?」「周りにバレないためにはどうすれば良いのか?」などの疑問にお答えします。

レイクでは在籍確認はあるのか?

・在籍確認とは

カードローンの申込をすると、勤務先への在籍確認が行われるのが通常です。在籍確認とは、申込者が申込書や申込フォームに記入した会社等に本当に勤めているかを確認する手続きになります。カードローンでは、安定した収入があるかどうかが重要な審査基準になります。もし申込者が申告した勤務先に勤務していないようなことがあれば、返済能力を保証するものがありません。そのため、カードローン会社も、念には念を入れて、在籍確認を行うのです。

・在籍確認の方法

在籍確認は、通常、電話により行われます。具体的には、カードローン会社の担当者が、申込者の勤務先に電話をかけ、申込者を呼び出すという形で在籍確認が行われます。なお、在籍確認の電話に申込者本人が出ることができれば問題なくそれで終了しますが、不在で出られない場合には、在籍確認OKとなるかどうかはケースバイケースです。電話をとった人が「○○はただいま席を外しております」などと答えることにより、在籍していることが明らかであるとカードローン会社の担当者が判断すれば、それで在籍確認終了となることが多くなっています。

・レイクの場合にも在籍確認はある

レイクのカードローンを申し込みした場合にも、通常どおり電話による在籍確認が行われるのが原則となっています。無職の人などは、つい嘘の勤務先を記入してしまうこともあると思います。しかし、そのような場合には在籍確認でバレることになりますから、やめておいた方が無難です。

・専業主婦の場合

レイクは、現在は消費者金融ではなく新生銀行のカードローンなので、総量規制対象外となっています。専業主婦(主夫)でも、配偶者に安定した収入があれば申し込みができます。専業主婦の場合には勤務先がありませんから、在籍確認の電話はありません。ただし、携帯電話など連絡先に指定した電話番号に確認の電話がかかってきます。

レイクの在籍確認はいつどのタイミングであるの?時間や日時の指定はできる?

・レイクの申し込み後の審査の流れ

レイクでの申し込みからカード発行までの流れは次のようになります。

①申し込み

インターネットから申し込みする場合には、申し込みフォームに必要事項を記入して、送信します。自動契約機、電話、郵送により申し込むこともできます。

②仮審査

申し込みフォームに記入した情報をもとに審査が行われ、融資の可否と契約可能額がメールで通知されます。なお、ここまでは仮審査になりますから、実際に契約可能かどうかはこの後の本審査によって決まります。

③必要書類の提出

本人確認書類、収入証明書類等の必要書類を提出します。必要書類はアプリやメールにより、インターネット経由で送信できます。レイクでは、本人確認書類により、申し込みフォームに記入した本人に間違いないことを確認します。

④在籍確認

レイクの担当者が申込者の勤務先に電話をかけて在籍確認を行います。

⑤審査結果の通知・契約

審査に通過すれば、金利や利用限度額が通知されますので、納得すれば契約手続きを行います。契約手続きが完了すればカードが発行され、借り入れが可能になります。なお、レイクでは、カードを発行せず振込による融資、口座引落による返済を行うカードレス取引を選ぶこともできます。

・在籍確認のタイミング

上に書いたとおり、レイクの在籍確認は、審査の最終段階で行われます。在籍確認では、レイクの担当者が申込者一人一人の勤務先に電話をかけることになりますから、非常に手間がかかります。そのため、他の審査で問題ないとされ、在籍確認さえとれればOKの状態になってから、電話がかかってくることになります。

・在籍確認の日時は相談可能

レイクの在籍確認では、担当者が個人名でかけてくるとは言え、会社に直接電話があるわけですから、キャッシングが周りにバレるのではないかと落ち着かないことが多いと思います。外出が多い人などは、電話がかかってきても電話に出られるとは限りませんから、せめて電話をかけてもらう日時を指定できないかと考えるのも無理はないでしょう。電話がかかってくる日時がわかっていれば、自分で電話をとることが可能になることもあります。

在籍確認でかけてくる日時を指定したいなどの希望がある場合には、レイクのフリーダイヤルに電話して相談することができます。在籍確認はそもそも手間がかかる作業ですし、レイクでも多数の申込者の希望にすべて応えられるわけではありません。混雑状況によっては、希望を聞いてもらえないこともあります。

レイクの在籍確認の電話で聞かれる内容とは?

・在籍確認の電話では本人確認を行う

レイクから在籍確認の電話がかかってきたときに、電話に出ることができれば、本人かどうかの確認が行われます。と言っても、「○○さんでしょうか?この度はお申し込みありがとうございます。」といった程度の内容になりますので、細かいことをいろいろ聞かれるわけではありません。

・電話に出られなくてもOK

レイクから電話がかかってきたときに不在にしている場合、電話をとった人が「○○はただいま外出しており○時に戻ってきます。」などと受け答えすれば、それで申込者が在籍していることはわかりますので、在籍確認OKとなることがあります。この場合には、レイクの担当者は「ではまた改めます。」などと言って電話を切るだけで、電話をとった人に何か伝言するようなことはありません。

レイクの在籍確認は電話だけ?書類でもできる?

・レイクの在籍確認は電話で行うのが原則

キャッシング審査では、どこの会社でも、申込者に電話をかけて在籍確認を行うことになっています。レイクの場合にも、在籍確認は原則的に電話で行われることになりますから、勤務先に電話がかかってくるのを避けるのは難しいと言えます。

・土日祝日の即日融資を希望する場合

レイクでは、土日祝日も審査を行っています。レイクの審査スピードは速く、自動契約機は土日祝日も営業していますから、その日のうちにカード発行を受け取って即日融資を受けることも可能です。

しかし、レイクの審査では原則として電話による在籍確認がありますから、土日祝日に会社が休みで電話がつながらない場合には、休み明けまで在籍確認がとれず、審査が保留になってしまうことになります。となると、土日祝日に急いで融資を受けたい場合には、困ってしまうことになります。

このような場合にも、レイクのフリーダイヤルに電話をかけて相談することにより、書類による在籍確認に代えてもらえる可能性があります。在籍確認に使える書類としては、会社に在籍していることがわかる健康保険証や社員証、給与明細書などが考えられます。なお、書類による在籍確認をしてもらえるかどうかはあくまでケースバイケースになりますから、必ず希望が通るというわけではありません。しかし、レイクでは申込者の事情に配慮し、なるべく希望に沿うよう対応してくれますから、相談してみる価値はあります。

学生の場合の在籍確認は?

学生がレイクでお金を借りるには、アルバイトなどで安定した収入があることが条件になります。つまり、レイクで申し込みする学生は、アルバイトなどの勤務先があるはずですから、アルバイト先に在籍確認の電話がかかってくることになります。

なお、アルバイト先にいる時間が限られているため、在籍確認の電話に出られる可能性が低いような場合には、事前にレイクのフリーダイヤルに電話して相談してみましょう。在籍確認の日時の希望を聞いてもらえる可能性があります。

在籍確認で周りにバレないための注意点

在籍確認の電話は担当者の個人名でかかってくるので、レイクの名前が出されることはありません。しかし、個人宛の電話がかかってくることが少ないような職場では、バレてしまうのではないかと気が気ではないことも多いと思います。在籍確認の際に周りに不審に思われないためには、次のような点に気を付けておくと良いでしょう。

・落ち着いて電話に出る

在籍確認の電話がかかってきたときに慌ててしまうと、どうしても不自然に思われてしまいます。まずは落ち着いて電話に出ることを心がけましょう。

・派遣社員の場合には派遣元に連絡

派遣社員の場合には、派遣先ではなく派遣元に雇用されていることになりますから、原則として派遣元に在籍確認の電話が入ります。しかし、派遣社員が派遣元に出勤していることはありませんので、申し込み者本人が在籍確認の電話に出ることができません。在籍確認の電話に本人が出る必要はないのですが、心配なら事前に派遣元に在籍確認の電話がかかってくる旨を伝えておくと良いでしょう。もちろん、カードローンであるとは言わずに、クレジットや車のローンなどの在籍確認と伝えておくと良いでしょう。

・新生銀行の名前で電話してもらう

レイクでは、事前に申し出ることにより、担当者の個人名ではなく、新生銀行の名前で電話連絡してもらうことが可能になっています。個人名での電話は不審に思われるという場合には、新生銀行名で電話してもらうのが良いでしょう。

まとめ

新生銀行カードローンレイクでは、申し込み後すぐに仮審査の結果が出ますが、在籍確認は仮審査が終わってからになります。在籍確認は避けることができませんが、会社が休みで電話がつながらないけれど急いで融資を受けたい場合などは、書類確認に代えてもらえる可能性もあります。なお、在籍確認では担当者の個人名で電話をかけることになりますが、レイクの場合には新生銀行名で電話をかけてもらうことも可能になっています。