楽天カードの海外保険は充実している!?内容や条件を検証

海外旅行に行くときに「海外旅行傷害保険」に加入する人もいますが、クレジットカードは条件によって海外旅行保険が適用されます。楽天カードの海外旅行傷害保険はどのような内容か、適用される条件はどのようなものか詳しく見ていきましょう。

楽天カードの海外旅行保険の補償内容と金額

海外旅行保険は正式には、海外旅行傷害保険と言い、旅行中に事故で死んでしまったり、後遺障害が残ったりした場合に保険で保障してくれます。それだけではなく、病気やケガで病院にかかった治療費用や盗難に遭った場合なども保障されます。

補償は、楽天プレミアムカードとその他のカード(楽天カード、楽天ANAマイレージカード、楽天PINKカード、楽天カードアカデミー、楽天ゴールドカード、楽天銀行カード)で内容が異なります。

【楽天プレミアムカードの補償内容・補償金額】

傷害死亡・後遺障害 最高額 5,000万円

障害治療費用 1事故の限度額 300万円

疾病治療費用 1疾病の限度額 300万円

賠償責任(免責なし) 1事故の限度額 3,000万円

救援者費用 年間限度額 200万円

携行品損害(免責金額3,000円) 50万円

【その他の楽天カードの補償内容・補償金額】

障害死亡・後遺障害 最高額 2,000万円

障害治療費用 1事故の限度額 200万円

疾病治療費用 1疾病の限度額 200万円

賠償責任(免責なし) 1事故の限度額 2,000万円

救援者費用 年間限度額 200万円

携行品損害(免責金額3,000円) 年間限度額 20万円

他のクレジットカードの海外旅行保険と比べても比較的高い補償額と言えます。楽天プレミアムカードは年間費が10,500円(税込み)かかりますが、その他の楽天カードはゴールドカードを除いて年間費無料です。

海外旅行に良く行く方は、クレジットカード利用でしっかりポイントを貯めて、尚且つ補償もしっかりしているので、安心して旅行を楽しめるオススメの1枚と言えます。ただし、カードで旅行代金等を支払わなければいけないという付帯条件があるので注意が必要です。

ちなみに救援者費用とは、行方不明になった時の捜索費用や日本へ飛行機で搬送される際の医療搬送費用を補償してくれるものです。クレジットカードの旅行保険でも幅広い補償があるというのが分かります。

また、以前はキャッシュレス診療に対応していなかったのですが、最近ではキャッシュレス診療にも対応してくれます。キャッシュレス診療とは、その名の通り、治療費を支払わずに診療が受けられることで、料金は保険会社が支払ってくれます。

ただし、指定の病院でしか対応できないので、指定の病院が近くにない場合はこのシステムを利用できません。

対象者や期間は?

海外旅行保険が適用される補償期間は、日本出国の日から3ヶ月後の午後12時(24時)までの旅行期間です。これは1回の旅行の適用期間です。

例えば1月1日に旅行に行き、3ヶ月後に帰国、1日だけ日本にいて、翌日再び出国という場合、帰国前はもちろん補償されますが、帰国後2回目の旅行も3ヶ月間補償されます。もちろんその旅行のたびに条件を満たす必要はありますが、条件さえ満たせばこのような使い方も可能です。

保険の対象者は、楽天カードの会員と家族会員、同行者も条件を満たせば補償の対象となります。同行者についてですが、楽天カードを所持している人のみ補償の対象となります。

例えば、Aさん(楽天カード所持)、Bさん(楽天カード所持)、Cさん(楽天カードを持っていない)で旅行に行き、Aさんが3人分の旅行代金をまとめて支払ったとします。この場合は、Bさんは補償の対象となりますが、Cさんは補償の対象外となります。

同伴者は友人でも家族でも対象となります。また、本人会員と紐づけされた家族カード所持者も補償の対象となります。

夫が本人会員、妻が夫のカードに紐付けされた家族カードを持っていれば、まとめて夫が支払っても補償の対象となります。ただし、家族カードも本カードも18歳未満の子供は持つことができません。よって、家族旅行で18歳未満の子供がいる場合は別で保険に加入する必要があります。

海外旅行保険の利用条件

楽天カードの海外旅行保険は、補償額も比較的大きく、期間も長いので魅力的な保険です。しかし、1つだけ厄介なのが適用条件です。楽天カードは持っているだけでは保険が適用されません。利用付帯と言って旅行費用を楽天カードで支払わなければいけないのです。

クレジットカードの旅行保険は、利用付帯と自動付帯という付帯条件があり、自動付帯の場合は、クレジットカードを持っているだけで補償の対象となります。ちなみに楽天プレミアムカードだけは、自動付帯なので、持っているだけで保険が適用されます。

その他の楽天カードは利用付帯なので、必ず旅行者が旅行代金を楽天カードで支払わなければいけません。具体的には出国前に「自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)」もしくは「海外旅行代金(募集型企画旅行の料金)」を支払うことです。

どちらも聞きなれない言葉が入っています。公共交通乗用具とは、公共交通機関と言い換えられます。電車、バス、タクシー、航空機の交通費支払いをすれば対象となります。これらの一部支払いでも大丈夫です。利用金額も決まりはないので、1円でも支払えば対象となりますが、出国後の決済、自家用車でのガソリン代、高速料金、レンタカー利用料は対象外となります。

募集型企画旅行も聞きなれない言葉ですが、簡単に言えばパッケージツアーのことです。旅行会社が提供するツアー料金を楽天カードで支払えば保険が適用されます。こちらも一部でも可能ですが、ホテルの宿泊料金だけというのは対象外になります。

保険の対象となるためにはいくつか縛りはありますが、これらの料金の一部でも支払えば良いだけで他に手続きはいりません。ただし、一部の旅行会社ではクレジットカードが使えないこともあるので、事前にカードが使えるかの確認は必要です。

ちなみに同行者がいる場合、自分の分だけ楽天カードで支払い、同行者の分は現金で支払いをすると同行者は楽天カードを持っていても補償の対象にはなりません。2人分の旅行代金の一部であれば問題ありませんが、それを証明出来なければ対象外となる恐れもあるので注意しましょう。

楽天カードの保険だけで十分なの?

楽天カードの保険だけで海外旅行に行って良いのか疑問に思う方もいるかもしれません。海外へ行く場合、どの程度補償があれば安心なのでしょうか。

海外旅行保険では、疾病・傷害治療費、救援者費用に注目してもらいたいと思います。日本では健康保険に加入しているので窓口での支払いは全体の3割です。しかし、海外では治療費は実費となる為、高額な請求をされることがあります。

疾病治療費用とは病気の治療費、傷害治療費用とは主にケガをした場合の治療費です。どちらの場合も国によって治療方法も治療費も異なります。そのため、いくら必要かというのは旅行する国によって異なります。

海外でどのような病気やケガをするかは分かりません。出来れば1,000万円程度の補償は確保しておいた方が良いでしょう。そうなると楽天カードだけでは少し足りないので、単体で海外旅行保険に加入するか他のクレジットカードの補償と合算するかのどちらかになります。

海外旅行保険は空港や旅行会社などでも加入できます。また、死亡後遺障害補償は合算できませんが、疾病・傷害治療費や救援者費用などは他のクレジットカードの保険と合算することが可能です。足りない分はこれらの方法で補うようにしましょう。

注意点

楽天カードの海外旅行保険を利用する場合、いくつか注意点があります。先で説明したものも含めてまとめると以下のようになります。

1.楽天プレミアムカード以外は利用付帯

2.利用付帯には利用と認められる条件が決まっている

3.補償の対象となる同行者が決まっている

4.補償が足りない部分がある

5.キャッシュレス診療は指定の病院のみ

6.疾病死亡では保険金は出ない

7.救援者費用・携行品損害は年間で使える金額が決まっている

1~5は先に説明した通りです。特に3の同行者については、家族カードを持っていない18歳未満の子供は対象外となってしまうので、別に保険に加入する必要があるので注意しましょう。

6は、死亡の場合事故や事件は保険が適用されますが、病気で亡くなった場合の保険は適用されません。持病がある場合、医療費は出ても死亡保障がないので死亡保障が欲しい場合は別の保険でカバーしましょう。

7は、救援者費用・携行品損害を一度使うとその後1年間はその差額分しか使えなくなります。他の補償は、1回の旅行なので、例えば1回の旅行でケガをして200万円の治療費がかかっても、一度帰国すればリセットされて、2回目の旅行では再び200万円使うことが出来ます。

しかし、救援者費用・携行品損害は、年間を通しての金額なので、1回の旅行で上限金額を使うと、その年はもう使うことが出来ません。1年のカウントは入会年月から始まります。

保険金請求の流れと必要な書類について利用するかしっかり考えましょう。

保険請求の流れは、病気やケガをした時、救援費用・賠償責任の請求時、携行品損害の時で異なります。病気やケガをした時は、病院で診察をし、料金の立て替えをしたら利用明細書、診断書を貰います。それらの証明書と一緒に保険請求をします。

救援者費用・賠償責任の場合は、かかった費用を請求します。携行品損害の場合は、一旦警察に被害届を出して、事故証明等必要書類を入手してから保険金請求となります。医療に関しては緊急サポートデスクがあるので、分からないことがあればまずそちらに相談して、指示を受けます。

必要書類は保険金請求の種類によって異なります。すべてに必要なのが「保険金請求書及び事故状況報告書」「パスポートのコピー」「事故証明書」です。帰国後に専用の電話にて色々聞くことも出来ますし、必要なものが分からない場合は、渡航中専用の電話に連絡をすると指示をしてくれます。書類が足りないと請求できないことがあるので、分からない場合はきちんと相談しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。楽天カードの海外旅行保険は補償内容も充実していて、クレジットカード保険の中ではオススメの内容となっています。

しかし、いくつか注意点もあるため、旅行に行く前にしっかり確認をしておくことが必要です。また、海外旅行保険という名前ではありますが、期間内であれば出張でも留学時でも使えます。保険は単体で加入すると高い金額になりがちなので、上手に活用して下さい。