楽天カードを解約するとポイントや支払い残高はどうなる?解約方法や注意点について解説!

楽天カードの解約方法

楽天カードを作ったけれど使う機会がないなと感じて解約を考えている方もいると思います。さらに楽天カードは重複して持つことができず、国際ブランドの変更もできません。そのため違う国際ブランドに変更したい場合も今あるカードを一度解約してから新規で申込みをしなければなりません。ここでは楽天カードの解約方法についてご紹介します。

まず、カードを手元に用意をして必ず本人が楽天カードコンタクトセンターへ連絡をします。コンタクトセンター(営業時間9:30~17:30)の電話番号は0570-66-6910となります。最初に音声アナウンスが流れますので、自動ガイダンスに従ってメニューを選択します。

解約の場合はメニュー番号3の各種変更を選択し、その後8のカード解約のお手続きを選択します。その後コンタクトセンターのオペレーターへつながりますのでカード解約の手続きを行ってもらいましょう。

電話オペレーターとのやり取りの際に楽天カードの退会理由を聞かれることがあるかもしれません。その場合も本当の理由を言えばOKです。不備なく終われば電話を切った後にカードにハサミを入れて処分すればOKです。

他社のクレジットカードの場合はインターネット上から解約の手続きができたり自動音声ダイヤルで解約が完了できたりするところもありますが、楽天カードの場合は必ず楽天カードコンタクトセンターへ連絡し、オペレーターとのやり取りが必須となっています。

コンタクトセンターは利用時間帯によって混雑していることがあります。公式サイト上に混雑予想カレンダーが公開されていますのでそれを参考に混雑時間をさけると良いでしょう。楽天カードの引き落とし日である27日やその翌日の28日は電話が大変混みあいます。特に午前中はつながりにくくなりますので解約希望の場合は繁忙期を避けて電話するのが良いでしょう。その他の日程も午前中が比較的混雑しやすいので15時以降に連絡するのがおすすめです。

また、楽天カードでは耳や言葉の不自由な方に向けた、テレビ電話による手話・筆談も可能です。スカイプやLINEを利用して手話オペレーターが対応してくれますので安心して利用することができます。

解約の際の注意点

解約する際に注意しておくべきことがあります。

・支払い残高はないか

まず1つ目は、解約予定の楽天カードに支払い残高がないかどうかです。下記で詳しく説明しますが、楽天カードを解約しても当然ですが残高が残っている場合は支払いする義務があります。カードを解約してしまうと、楽天e-NAVIが利用できなくなるのでリボ残高がある方など支払方法をネット上で変更しようとしてもできなくなります。

支払方法を変更するためには毎回コンタクトセンターへ電話しなければならなくなるので面倒になります。解約する場合は完済してから解約するのがおすすめです。

・公共料金などの引落しをカード設定にしていないか

2つ目は、解約予定の楽天カードで公共料金などの毎月の引落しをカード設定にしていないかどうかの確認が必要です。最近ではさまざまな支払をクレジットカード決済にすることができます。例えば、電気代やガス代などの光熱費、新聞代、携帯電話代、保険代、メールマガジンなど幅広いジャンルの物がクレジットカードで決済できるようになっています。

これらを万が一楽天カードでの決済にしていた場合、カードを解約してしまうとカード決済ができずに未払いになってしまい延滞につながってしまう可能性があります。必ず解約前に楽天カードでの決済を設定していないかどうかを確認しておきましょう。

・ETCカードや家族カードの利用がないか

3つ目は家族カードやETCカードの利用がないかどうかです。本カードを解約すると、自動的に付帯している家族カードもETCカードも解約になってしまいます。解約前に付帯するカードが他にないかの確認をしておきましょう。

・Edyの残高が残っていないか

4つ目は楽天Edy機能付きの楽天カードを持っている方は残高が残っていないかどうかを確認することです。Edyの残高が残っている状態でカードの解約をすると残っている残高の払い戻しはできません。だから必ず使い切ってからカードの解約をするようにしましょう。

・短期解約ではないか

5つ目は、解約があまりにも入会から短期間ではないかどうかです。楽天カードへ入会してから短期で解約をするとカード会社へマイナスなイメージを与えてしまいます。楽天カードは新規入会すると高額な期間限定ポイントがもらえます。高額ポイントにつられて入会する人も実際いるでしょう。ただし、入会して数か月後にすべてのポイントを獲得してすぐにカードを解約となると、楽天カード側からは入会特典目当てだと判断されてしまうことがあります。

クレジットカード会社は短期での入会や解約を繰り返すことを嫌います。だから、あまりに短期での解約の場合、自分の今後のカード審査に影響を及ぼしかねないことを知っておきましょう。

楽天カードを解約したら支払い残高はどうなるの?

では楽天カードを解約したら残っている支払残高はどうなるかについて説明していきます。

楽天カードの会員規約を見ると第20条(退会)の5項、6項に「当社は、会員が退会する場合、支払日にかかわらず支払債務全額を直ちに請求できるものとします。但し、当社が認める場合は、通常の支払方法によるものとします。 また、会員は、未払債務を完済した時点で退会となることを承諾するものとします。 」「会員は、当社所定の退会手続を行った後も、そのカードに関して生じた一切のカード利用代金等について、当社から請求があった場合、その支払いの責任を負うものとします。」とあります。

つまり、規約では支払残高がある状態でカードの解約をする場合、約定日にかかわらず楽天カード側は利用者に残高を一括で全額請求ができるということです。言い換えるとカード解約するなら一括で全部債務を払ってから退会してね、ということになりますね。

そのあとの但し書きに楽天カードが認める場合は解約しても今まで通りの支払方法で返済してもいいよ、との記載もあります。つまり、楽天カードを解約しても、支払残高がある以上はすべて完済してから初めてカードの退会となると言うことです。

実際には今までリボ払いや分割払いで利用していた人は解約しても今まで通りの返済方法で返していけばOKなケースがほとんどです。でも解約してしまうと今まで利用できていた楽天e-NAVIでリボの支払コースの変更ができなくなるので毎回コンタクトセンターに連絡する手間が生じます。

楽天カードは年会費も無料なので持っていて損をすることがないので残高が残っている場合は慌てて解約する必要もなく、すべて完済してから解約しても良いのではないかと思います。

楽天カードを解約したら楽天ポイントはどうなるの?

一般的なクレジットカードはカードを解約すると同時にクレジットカードのポイントも消失するのが一般的ですが楽天カードはどうなのでしょうか?

結論から言うと、楽天カードの場合はカードを解約しても楽天ポイントは消えません。なぜなら、楽天の会員と楽天カード会員はまったくの別物だからです。だから楽天カードを解約しても楽天会員としてはそのまま継続となります。楽天の会員を退会しない限りポイントはそのまま利用できるので安心して良いでしょう。

また、すでにカード利用分として獲得が確定している楽天ポイントも解約してもちゃんと付与されます。楽天ポイントは消えませんがカードを解約することでポイントの還元率が悪くなると言えます。

楽天市場などの楽天グループで頻繁にお買い物をする方でしたらカード決済にするだけでポイントのたまり方が断然違います。今後も楽天グループを利用したり、楽天カードと提携している加盟店でお買い物をしたりする機会があるのでしたら、年会費無料の楽天カードを持っているだけでお得にポイントをためるチャンスがあるはずです。楽天会員として今後も楽天グループを利用していく方でしたら楽天カードを持っていることでお得にポイントを貯めたり優待を受けたりすることができるのでもうしばらく保有してみるのも良いかもしれません。

解約後、再入会はできるの?

楽天カードを解約したけど気が変わってまた作りたいと思った場合再入会はできるのでしょうか?結論から言うと、再入会はできます。ただし、いくつかの注意点があります。

まず、以前楽天カードを保有していたからと言って無条件に再入会ができるわけではありません。また再度一からの審査となりますので、外部の信用情報機関を利用して審査が行われます。つまり以前の審査時に比べて借入が多かったり、収入が安定していなかったりした場合、前は審査に通ったけど今回は落ちた、なんてこともあり得ます。解約後、再入会はできますが、審査結果によっては審査落ちしてしまう可能性があるのでそのリスクを踏まえて解約しましょう。

これはブランド変更のための解約の場合も同様です。JCBブランドが嫌だからMaster Cardにしたいと思って安易に解約しても、新規で申込みをした時と比べて著しく信用情報が悪くなっていれば必ず審査に通る保証はありません。

そして、解約後また新規で楽天カードに入会する場合は、新規入会のキャンペーン(新規発行で入会ポイントがもらえるキャンペーンなど)は適用外となりますので注意しましょう。

まとめ

楽天カードの解約方法や、解約の際に気を付けるポイントなどについてご紹介しました。楽天カードは他のクレジットカードに比べてポイントの還元率も非常に高く年会費も永年無料なのでコストパフォーマンスが良いカードです。楽天グループのサービスをたまにでも利用する方でしたらポイント還元率が非常に良い楽天カードを解約するのはもったいないかもしれません。持っていて損をすることはありませんので解約前にもう一度考えてみてくださいね。