キャレントの特徴と申し込み方法、評判について解説しました

インターネット専用のキャッシングサービスが「キャレント」です、圧倒的な利用し安さで注目を集めていますが、それほど知られていないのも確か。こちらでは、そのキャレントを詳しく知ってもらうために様々な情報を掲載していきます。

例えば即日融資が出来るのか、即日融資ができるのであればどのような方法でできるのか、といったこともお教えします。

インターネットを利用して気軽にキャッシングを行いたい、と思っている方は必見です。

キャレントの特徴とは?

・中小の消費者金融である

大手の消費者金融ではありません。それほど知名度が高くない理由には、サービスとしての規模があったのです。

キャレントは有名ではないので、「闇金なのではないか」と思われているかも知れません。しかし、まっとうな貸金業者なので安心してください。

まずは登録番号をチェックしてみましょう。

「東京都知事(2)第31999号」となっています。()内の数字は更新回数であり、登録した時に(1)となるので、すでに1回は更新していることを表しています。問題がある業者の場合は更新してもらえるわけがないので、キャレントはヤミ金ではありません

もう一つの判断材料として、実質年率があります。貸金業法の上限金利は20.0%に設定されています。キャレントはその20.0%を下回る金利設定をしているので、闇金のように法外な利息を取るようなこともしていないのです。

・インターネット専用のキャッシングである

中小の消費者金融というと、店舗などで手続きしなければならない、ということが少なくありません。わざわざ店舗まで行く、というのは簡単なことではありませんよね。そもそも、近くに店舗があるところでなければ申し込みができない、といったことになってしまいます。

その点、キャレントは店舗に行く必要がありません。嬉しいことに、インターネット専用キャッシングとなっているのです。ネットからのみの申し込みに対応しています。

ネット申し込みなので、どこに居ても申し込みができる、といった特徴があるわけです。

例えば、仕事のお昼休みにネットを使って申し込む、といったことも可能です。自分の時間を自由に使って申し込みができる、といったメリットには注目しなければなりません。

インターネット申し込みなので申し込みは、24時間365日対応となっています。仕事から家に帰ってきて深夜に申し込みを行い、翌日に融資してもらう、といったことも可能なのです。

・カード不要で利用可能

キャレントの場合は、ローンカードが発行されません。カード不要で借り入れができる、といった特徴を持っているのです。

基本的に振込融資となっているので、キャレントの利用できるATMへ行ってお金を引き出す、といった事を行う必要はありません。振り込んでもらった金融機関の利用できるATMで、金融機関のキャッシュカードを利用して引き出せば良いだけです。

キャレントの専用ATMもないのでカードが必要になる場面もありません。

カードが発行されないことで、家族や友人などに借り入れが発覚する可能性も少なくなります。

・全国対応している

振込キャッシングに対応しているので、利用できる地域が限定される、ということはありません。キャレント自体は、会社が東京都の品川区にありますが、対応地域は関東だけではありません。近畿でも北海道でも利用可能です。

全国の方に対応しているキャッシングサービスなのです。

商品概要について

・利用限度額について

  • ・最高利用限度額・・・500万円

知名度の高くない中小の消費者金融の場合は、最高利用限度額が50万円や100万円に限定されてしまっていることも珍しくありません。資金力が豊富とはいえないので、基本的に少額融資しか行えないのです。

しかし、キャレントに関しては大手ではないものの、大手並みの最高利用限度額の設定が可能です。500万円までの設定ができるチャンスが有り、数百万円の借り入れが出来る可能性もあるのです。

もちろん、必ずしも500万円の設定が確約されているわけではありません。審査を行ったうえで利用限度額が設定されるシステムとなっています。

・実質年利率について

  • ・最低実質年利率・・・7.8%
  • ・最高実質年利率・・・18.0%

普通は、最低実質年利率が設定されることはそうそうありません。基本的に最高実質年利率に近いものが設定されることになります。

仮に最低実質年利率が設定されたいのであれば、最高利用限度額の設定がされる必要が出てきます。500万円の利用限度額がもらえた場合には、実質年利率が7.8%になる可能性が出てくるわけです。

※総量規制の対象となっているので、仮に利用限度額500万円をもらうためには、最低でも年収1,500万円が必要になります(総量規制は年収の3分の1を超える借り入れはできない、とするもの)。

最高実質年率ですが、中小のキャッシングとしては低めの設定です。中小のキャッシングの中には、最高実質年利率が20.0%に設定されていることも珍しくありません

最高実質年利率が18.0%というのは、大手の消費者金融と同等、ということになります。

・返済方法は2つある

  • ・振り込みによる返済
  • ・振り替えによる返済

キャレントでは2つの返済方法に対応しています。ローンカードを発行していないので、消費者金融でよく見かけるATM返済には対応していませんが、選択制はあるのです。

一つ目の返済方法は振り込みです。金融機関などから。指定口座へ振り込みを実行します。振込手数料に関しては負担しなければならないので、その点は理解したうえで申し込みを実行してください。

2つの目の返済方法は口座振替です。振り込みと違って、自動的に返済できるシステムとなっており、返済を忘れてしまいそうな方は、こちらの返済方法を選択しましょう。

ただし、どんな金融機関口座にも対応しているわけではありません。三菱東京UFJ銀行のみに対応しているので、そちらに口座を持っている方のみが選択できる返済方法です。

口座振替による返済ですが、手数料はかかりません。手数料を少しでもカットしたい、という方もこちらの返済方法を選択すべきです。

・返済日の設定について

  • ・返済日は自由に指定可能
  • ・返済日が土曜日・日曜日・祝日出会った場合には翌営業日が支払日になる
  • 返済日までの10日間が返済期間

キャレントではいつでも返済ができるわけではありません。返済日までの10日間が返済期間に該当するのです。その10日間のうちに返済を行うと、約定返済を行った、ということになります。

例えば、6月25日が返済日であった場合には、約定返済の受付は6月15日から6月25日まで、ということになります。

申し込みから融資までの流れ

・第1段階|ネットから申し込みを開始

パソコンや携帯電話、スマートフォンから申し込みを開始します。

キャレントの公式ホームページの入力フォームの必要事項に情報を記載し、確認ができたら送信を行ってください。

申し込みを行った後に、キャレント側から電話による入力情報の確認が実施されることもあります。情報に不備があったりすると、確実に電話がかかってしまうことになるので、必ず確認したうえで送信してください。

・第2段階|審査結果が示される

申し込みが行われると、その日のうちに審査結果が示されるケースが多くなっています。申し込み情報を元にして、キャレントが審査を開始。

結果に関しては、Eメールアドレスに対して行われます。

審査落ちになってしまった場合は、この時点で申込は終了です。審査突破、となった場合には引き続き手続きを進めていくことになります。

※メールに関しては、「info@ca-rent.jp」から行われます。ドメイン指定受信をしている場合は、事前に解除しておいてください。

・第3段階|契約手続き

審査を突破したらいよいよ契約手続きを実施することになります。本人確認書類などの必要書類があるので(場合によっては収入証明書類の提出が必要になることも)、そちらをFAXで提出してください。

必要書類が届いて内容の確認ができたら、いよいよ融資されることになります。

・最終段階|融資

契約手続きができたら、融資が可能となります。

融資は振り込み対応となるので、時間帯によっては翌日以降の申し込みとなってしまうかもしれません。

・申し込みから融資までの流れまとめ

キャレントのホームページより申し込みの開始

入力フォームに情報を入力

確認して送信

審査結果の連絡あり(Eメール)

本人確認書類の提出(FAX)

振り込みによる融資が可能に

・即日融資を受けるための方法

  • 平日14時までに手続きが完了していること

金融機関口座への振込融資のみを行っているので、平日であること、そして14時までに手続きが完了していることが条件になります。

審査は早く進むと考えられていますが、正午くらいまでには申し込みを行っておきましょう。14時直前に申し込みを行ってしまうと、14時までに間に合わないかもしれません。

【即日審査回答に関して】

18時までの申し込みは、基本的に当日中に審査結果回答がもらえます。

キャレントの審査は厳しい??

キャレントの審査の厳しさについて考察します。まずはキャレントの、申し込み条件を記載し、そのあとで審査の基準についてお話します。

・年齢条件について

  • ・申し込み最低年齢・・・20歳
  • ・申し込み最高年齢・・・65歳

未成年の利用と66歳以上の利用はできない、としています。

年齢条件に関しては特に厳しい、といった設定にはなっていません。他の消費者金融とほとんど一緒です。

・収入条件について

キャレントでは明確に示していませんが、消費者金融であることを考えると収入があることは絶対条件となっています。

収入額に関しては問われません。

正社員でなくても利用可能です。実際にアルバイト・パートの方も多くがキャレントにて借り入れを成功させています。

専業主婦の借り入れも可能とされていますが、その場合は配偶者に収入がなければなりません。夫婦合わせて収入があることが必要になってくるわけです。

・可決率は高めだった!

中小の消費者金融なので、比較的審査に関しては柔軟に対応してくれる、といったメリットがあります。

たとえば、大手の場合は金融事故(長期の滞納や債務整理など)を起こしていた場合には、否決されてしまいます。しかし、キャレントのような中小のキャッシングに関しては、個人信用情報に金融事故の記載があったとしても可決してくれる可能性があるのです。

現状の収入などのバランスをチェックして、返済能力がある、と判断した場合には、ブラック情報があったとしても審査を通してくれる可能性があります。

もちろん、必ず審査を突破させてくれるわけではありません。

キャレントの評判

・即日融資可能に評価が集まっている

多くの方が「実際に即日融資を利用できた」、といった事を述べています。どうしても当日中に借り入れを行いたい、といった希望を持っている方におすすめなのがキャレントなのです。

午後の申し込み開始になってしまうと翌営業日以降の振込になってしまう、といった口コミも多く発見できましたが、午前中の申し込みであれば、ほぼ確実に即日対応してもらえる、ということもわかりました。

・引き落とし返済ができる部分に評価が集中

キャレントのような中小。いわゆる街金の場合は、返済方法が振り込みのみ、ということが多いのです。振り込み返済は返済日も覚えておかなければなりません。振込手数料もかかってしまいます。

その点を大きなマイナス、と捉えている方も少なくありません。

キャレントに関しては、「口座振替返済に対応しているので返済が楽」といった評価が多くなっているのです。自動的に引き落とし対応となっているので、わざわざATMに行く必要はありません

・他のキャッシングで審査落ちしても利用できたケースあり

審査の基準といったものに違いがありそう、ということで話題になっています。他のキャッシングで否決されてしまった方でも、キャレントの審査に突破できた、といったケースが多く報告されているのです。

審査が甘いといったことではなく、審査の基準が異なっている、とみるべきでしょう。