アコムの返済額と返済方法、返済日について

アコムの返済期日は2パターンから選べる

・アコムの2つの返済方法

消費者金融のキャッシングやカードローンでお金を借りた場合、返済は分割払いとなり、毎月1回返済日が設定されるのが一般的です。しかし、アコムでは返済期日に下記の2つのパターンがあり、契約者は自分の希望でどちらかを選ぶことができます。

<35日ごと返済>

前回の返済日の翌日から数えて35日目を次の返済日とする方法です。返済日は「毎月○日」と決まっているわけではありませんが、資金に余裕のあるときには早めに返済し、逆に資金に余裕がないときには1ヶ月以上の間隔をおいて返済できるので、自分のペースに合わせて返済ができるというメリットがあります。

<毎月指定期日返済>

ごく一般的な、返済日が「毎月○日」と決まっている方法です。毎月指定期日返済では、次回返済期日より15日以上前に入金すると追加入金の扱いになり、次回返済期日は変わらないため注意が必要です。

・35日ごと払いを選べば「30日間金利0円サービス」が受けられる

アコムでは、アコムとの契約が初めての人には、契約日の翌日から30日間は借りたお金に利息が付かない「30日間金利0円サービス」を実施しています。「30日間金利0円サービス」を利用できるのは、35日ごと払いを選んだ場合のみになります。

・どちらのパターンを選ぶべき?

同じ条件でお金を借りた場合、毎月1回支払うのと35日ごとに支払うのとでは、毎月払いの方が利息が少なくなります。ですから、利息を抑えたいのなら、毎月払いを選ぶ方が良いとも考えられます。

ただし、35日払いでは35日待たずに返済することも可能ですから、35日払いを選んでも早め早めに返済していくことで、利息を抑えることができます。

毎月払いでは、せっかく返済額を入金しても約定返済にならない期間もあります。その時々で返済の周期を変えられる方が安心という人も多いと思いますから、自分に合っていると思う方を選びましょう。

手数料がかかる返済方法とかからない返済方法

アコムでは返済方法もいくつかある中から選ぶことができます。手数料無料で返済できる方法もありますが、ATM手数料などの利用手数料がかかってしまう方法もあります。

<手数料無料の返済方法>

・インターネット返済

インターネットバンキングで「Pay-easy(ペイジー)」を利用して返済する方法です。ATMなどに出向くことなく、パソコンやスマートフォンから返済手続きができます。インターネット返済を行うためには、アコムへのインターネット返済が可能な銀行に銀行口座を持っており、なおかつその銀行で事前にインターネットバンキング利用の手続きをしておく必要があります。

・店頭窓口で返済

アコムの店舗へ行って窓口で返済する方法です。アコムの店舗の営業時間は、平日9時30分から18時まで(一部店舗は19時まで)となっているため、この間に来店する必要がありますが、来店すればいつでも手数料無料で返済が可能です。

・アコムのATMで返済

アコムの店舗や自動契約機「むじんくん」に併設されているアコムのATMで返済する方法です。アコムが直接運営しているATMですから、手数料も無料になっています。店頭窓口や「むじんくん」の営業時間外でも、ATMは24時間年中無休で利用可能になっています。

・口座振替

自分の銀行口座から返済金を自動引き落としする方法です。事前に口座振替の手続きをしておく必要があります。口座振替の場合、引き落とし日は毎月6日と決まっているため、35日ごと返済は利用できないことになります。

<手数料のかかる返済方法>

・提携ATMから返済

アコムではスーパーやコンビニに設置してある提携ATMや提携金融機関の銀行ATMでも返済ができます。利用可能なATMは以下のようなところになります。

○返済可能なコンビニATM

E-net、ローソンATM、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM

○提携金融機関のATM

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、一部の地方銀行、クレディセゾンATM

提携ATMを利用する場合には、返済金額1万円以下の場合108円、返済金額1万円以上の場合216円のATM手数料がかかります。

・銀行振込による返済

アコムの指定する銀行口座への振込により返済することも可能です。この場合に発生する振込手数料は自己負担になります。

むじんくんを使った返済の手順

アコムの店舗は全国に39ヶ所しかありませんので、近くに店舗がないという人も多いと思います。しかし、アコムでは自動契約機の「むじんくん」を全国の1000ヶ所以上に設置しており、店舗と同様に申し込み手続き等ができます。「むじんくん」の機械自体では返済はできませんが、「むじんくん」にはアコムのATMが併設されているため、ATMを使って24時間返済が可能です。「むじんくん」で返済を行う手順は、次のとおりです。

1.「むじんくん」の場所を調べる

アコムホームページの「店舗・ATM検索」でお近くの「むじんくん」の場所を調べます。

アコムのフリーコール(0120-07-1000)に電話して「むじんくん」の場所を教えてもらうこともできます。

2.「むじんくんコーナー」に来店

「むじんくんコーナー」には自動契約機「むじんくん」とアコムのATMが設置されています。

「むじんくん」の営業時間は8時~22時となっていますが、ATMは24時間利用可能です。

3.ATMで返済

アコムのATMで「ご返済」を選んだ後、カードを入れ、現金を入金して返済手続きをします。

アコムのATMの利用手数料は無料です。

ネットから返済する際の操作方法

アコムではインターネットバンキング(Pay-easy)を利用した返済が可能です。インターネット返済を行う手順は、次のとおりです。

1.アコムの会員ページにログインします。

2.「インターネットによるご返済のお手続き開始」をクリックします。

3.返済金額等の情報を入力します。

4.金融機関の選択画面になりますので、自分が取引している金融機関を選んでログインします。

5.決済口座を選びます。

6.手続完了になります。

返済が遅れそうになったらまずすべきこと

・返済が遅れたら遅延損害金がかかる

アコムのカードローンでお金を借りたなら、決められた返済日までに決められた返済額を返済しなければなりません。もし返済日に返済が間に合わなければ、返済日の翌日以降は遅延損害金がかかってしまいます。なお、アコムの遅延損害金は、年率20%となっています。

・返済が遅れるなら事前にアコムに連絡する

返済日に返済が間に合わない場合には、後日返済するつもりであっても、事前にアコムに連絡しておきましょう。アコムの総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話すれば、返済の約束日を設定する形で支払延期の処理をしてもらえます

もし連絡なしに返済遅延すると、信用を失ってしまい、その後の取引で不利になってしまいます。事前に連絡しても返済日以降は遅延損害金がかかりますが、約束日までに返済ができればそれほど大きな問題にはなりません。

・その他の支払延期手続き方法

アコムの支払延期手続きは、アコムプッシュホンサービス24に電話するか、またはインターネットの会員ホームページからも可能になっています。

<アコムプッシュホンサービス24の場合>

アコムプッシュホンサービス24(0120-134-567)は、電話の自動音声により残高や支払期日の照会が24時間できるサービスです。音声ガイダンスに従って操作することで、返済の約束日を設定できます。

<アコム会員ホームページの場合>

会員ページにログインし、「お知らせ一覧」の「お支払期日について」から返済の約束日を設定します。

・間に合わないまま返済日を過ぎてしまった場合

支払期日を過ぎてから遅れたことに気付いた場合にも、できるだけ早くアコムに連絡し、支払延期の手続きするようにしましょう。もし連絡しないでいると、契約時に希望した連絡先電話番号にアコムの担当者から個人名で電話がかかってきます。先に連絡しておけば電話がかかってくることはありませんので、返済日遅れに気が付いたらすぐにアコムに連絡しておきましょう。

・返済日を忘れないためには

アコムでは、35日ごと返済の場合、返済日がわかりにくくなっています。また、毎月指定期日返済でも、うっかり返済日を忘れてしまうことはあると思います。返済日を忘れないようにするためには、アコムの「お知らせメール」サービスを利用するのがおすすめです。「お知らせメール」サービスに登録しておけば、返済期日の3日前と当日にメールで知らせてもらえます。

「お知らせメール」サービスは、アコムの会員ホームページにログインし、会員メニューからメールアドレスを登録するだけで利用できます。

・一時的に返済額を減らしてもらうことも可能

アコムでは、通常の返済額での返済が厳しい場合には、一時的に返済額を減らしてもらうこともできます。利息分は最低でも支払わなければなりませんが、事前に相談すれば、利息以上の最少額での返済も受け付けてもらえます。返済額を減らしてもらいたい場合には、アコムの総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話して相談しましょう。

アコムの最低返済額について

・アコムの返済額の計算方法

アコムで借りたお金の各回の返済額は、借入額に一定の割合をかけた金額(千円未満は切り上げ)になります。つまり、返済額を計算する式は次のようになります。

借入金額×一定の割合=各回の返済金額(千円単位)

なお、ここで適用される「一定の割合」は契約極度額(利用限度額)によって変わるしくみになっており、限度額が100万円を超える場合には審査によっても変わります。

契約極度額 一定の割合(%)
1万円~30万円以下 4.2
30万円超~100万円以下 3.0
100万円超 3.0

2.5

2.0(毎月払いのみ)

・アコムの返済額を知りたい場合

アコムの場合には、返済方法も35日ごと返済と毎月指定期日返済から選べますから、1回あたりの返済額がわかりにくいと思います。アコムからお金を借りる前に返済額を知りたい場合には、アコムのホームページの返済早見表を参照するか、アコムのフリーコール(0120-07-1000)に問い合わせすると良いでしょう。

・アコムの返済額は最低返済額

上記の計算式で出されたアコムの各回の返済額は最低返済額になりますから、返済額以上であればいくら支払ってもかまいません。返済金額を超えて支払った分は追加入金の扱いになり、全額元本に充当されます。

最低返済額だけ払っていると、利息ばかり払って元本がなかなか減りませんから、借金の完済までに時間がかかってしまいます。余裕があれば追加入金を行い、できるだけ元本を減らすのがおすすめです。

まとめ

アコムの返済日は35日ごと払いと毎月払いの2種類から選べます。アコムでは返済方法もたくさん用意されており、利用者の利便性を重視したサービスを提供しています。

なお、35日ごと払いにすれば、利息を多めに支払わなければならないケースもあります。また、返済方法によっては、手数料がかかってしまうこともあります。

どういった方法で返済するのが得なのかについても意識しながら、自分に合った返済方法を選ぶようにしましょう。