アコム申し込み時の必要書類と提出の際の注意点について

アコムで借入をする際に必要な書類について

・キャッシングするなら本人確認書類は必須

アコムのカードローンでお金を借りる場合に、全員に必ず提出を要求されるのは身分証明書、すなわち本人確認書類になります。本人確認書類とは、今からお金を借りようとしているのが、申込書に記載された本人であることを確認するための書類です。本人確認書類は、アコムに限らず、貸金業者からお金を借りる場合には必ず提出しなければならないものになります。

・アコムで提出する本人確認書類

アコムでお金を借りる場合の本人確認書類としては、以下のようなものを提出することになります。

  • ・運転免許証
  • ・健康保険証
  • ・パスポート

もし運転免許証を持っていれば、原則的にそのコピーを提出することになります。他の書類を提出するのは、運転免許証を持っていない場合や何らかの事情で提出できない場合になります。

なお、こうした身分証明書の原本を提出するわけにはいきませんから、アコムに実際に提出するのはコピーということになります。コピーを提出する以外に、画像をインターネット経由で送信したり、FAX送信したりして提出することもできます。

・本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は?

引越ししたけれど免許証の住所変更手続きをしていないなどの理由で、本人確認書類と現住所が一致しないという人もいるでしょう。その場合には、現住所を証明するために、以下のような書類を追加で提出する必要があります。

  • ・公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHK ※携帯電話は不可)
  • ・社会保険料の領収書
  • ・国税又は地方税の領収書
  • ・納税証明書

・外国籍の人の本人確認書類

外国籍の人は、本人確認書類として、在留カードまたは特別永住者証明書を提出します。外国人登録証明書を持っている人は、それが在留カードとみなされる有効期間内であれば本人確認書類として提出できます。

・本人確認書類を提出するタイミング

本人確認書類を提出するのは、申し込み後、アコムの担当者から申し込み内容の確認電話がかかってきてからになります。なお、電話がかかってきたときには簡易審査は終わっていますので、既にアコムの貸付条件をみたしていないと判断された人は本人確認を提出することにはなりません。なお、本審査が完了するのは、本人確認書類を提出し、在籍確認が終了してからになります。

収入証明書が必要な場合はとは?

・借入額によって収入証明書が必要になる

アコムでお金を借りるときには、本人確認書類以外に、収入証明書類を提出しなければならないケースがあります。アコムで収入証明書類が要求されるのは、下記に該当する場合になります。

(1) アコムで50万円を超える借入れをする

(2) 他社を含めた借入総額が100万円を超えることになる

・収入証明書が必要な理由

上記(1)(2)の場合にアコムで収入証明書が必要になるのには、総量規制が関係しています。総量規制とは、貸金業者が個人の年収の3分の1を超えて融資を行うことを禁止する貸金業法上の規制になります。貸金業法では、上記(1)(2)に該当する場合には、貸金業者は顧客に源泉徴収票などの収入が明らかになる書面を提出させなければならないと規定されています(第13条第3項)。

貸金業者というのは主に消費者金融になりますから、アコムでも上記(1)(2)の場合には申込者に収入証明書類を提出させ、総量規制に違反していないかどうかをチェックして融資限度額を決めています。他の消費者金融についても同様ですが、銀行カードローンの場合には総量規制の適用がないため、収入証明書をいくらから提出させるかは銀行側の判断になります。

・収入証明書として認められる書類

アコムで収入証明書が必要になる場合には、以下の書類のうちいずれか1つを用意しなければなりません。

ア 源泉徴収票(最新のもの)

会社員の人は、会社の年末調整の際に源泉徴収票をもらっているはずですから、これをコピーして提出したのでOKです。

イ 給与明細書(直近1ヶ月分)

住民税の記載がない場合には、直近2ヶ月分が必要になります。また、氏名、発行年月、勤務先名、給与額が明記されていなければなりません。記載内容が手書きの場合には、社判または社印が必要になります。

ウ 住民税額決定通知書(最新のもの)

会社勤めで住民税が給与天引き(特別徴収)の人は、会社から6月頃もらっているはずです。そうでない人は自宅に送られてきていますので確認してみましょう。

エ 確定申告書

個人事業主の人は、源泉徴収票や給与明細等が出せませんから、確定申告書(受付印のあるもの)のコピーを収入証明書類として提出できます。

オ 所得証明書・課税証明書(最新のもの)

お住まいの市区町村の役所で発行してもらえます。上記ア~エのいずれも用意できない人は、所得証明書か課税証明書(納税証明書)を提出すると良いでしょう。

・収入証明書類は契約後必要になることもある

申込時に収入証明書の提出が不要だった人でも、契約後収入証明書の提出を要求される場合があります。たとえば、利用限度額の増額申請をする場合、増額により限度額が50万円を超えたり、他社借入残高と合わせて100万円を超えてしまったりするようなら、増額審査の際に収入証明書が必要になります。

WEB申し込みの場合、必要書類はどうやって提示するのか?

アコムでは、店舗に行かなくても、インターネットからWebを通じて申し込みすることができます。Web申し込みの場合には、次のいずれかの方法で必要書類を提出することになります。

・アップロード

Web申し込みの場合には、簡易審査完了後、メールの指示に従って本人確認書類等の必要書類をアップロードすることができます。必要書類をアップロード送信すれば、審査完了後に契約内容を確認し、そのままWebで契約完了させることができますので、別途契約書類等を出す必要がなくなります。さらに、契約完了後すぐに振込融資を申し込めば、即日振込が可能になる場合もあります。

・スマホアプリから送信

アコムでは、iPhone、Android対応のスマホアプリを用意しています。アプリをインストールすれば、スマホのカメラで撮影した必要書類の画像を簡単に送信することができます。

・FAXで送信

必要書類をFAXで送信することも可能です。FAX送信は24時間いつでもできますが、くれぐれも番号間違いに注意しましょう。

・店舗または自動契約機に持参

必要書類を店頭窓口に持って行って提示することもできます。店舗が近くにない場合には、無人契約機「むじんくん」のところに行けば、指示に従って必要書類を画像送信することができます。店舗またはむじんくんで必要書類を提出すれば、その場で審査が完了し、カード発行までしてもらえます

・郵送で提出

上記のいずれの方法でも提出が難しい場合には、必要書類のコピーを郵送で送ることも可能です。

必要書類を提示する際の注意点

・有効期限が切れていないかを確認

本人確認書類を提示する場合には、有効期限内のものでなければなりません。たとえば、運転免許証を持っていても、更新を忘れていて期限切れになっているような場合には本人確認書類としては使えませんので注意しましょう。

・住所が一致していなければならない

本人確認書類の住所は、申込時の現住所と一致していなければなりません。住所変更をしていない場合には、別途住所が記載された公共料金の領収書等が必要になります。運転免許証を提示する場合には、できれば事前に住所変更手続きをすませておいた方が良いでしょう。

・写真やコピーは鮮明なものを送る

書類を写真に撮って送信する場合には、ピンボケなどに注意しましょう。撮影したら記載されている文字がきちんと読み取れるか、枠内におさまっているかを確認し、きれいに撮れていない場合には撮り直しするようにしましょう。コピーをとるときも同様、文字が鮮明に写っているか確認しておくことが大事です。

・マイナンバー・本籍は隠して送信

マイナンバー制度が開始して以降、源泉徴収票その他の書類にマイナンバーが記載されているケースがあります。マイナンバーは必要以外で提示してはならないものですから、塗りつぶすなどしてわからないようにして送信するようにしましょう。本籍の記載も同様で、隠して送信しましょう。

・即日振込希望なら平日14時までに提出

アコムでは、最短の場合、申し込んだその日に融資金を銀行口座に振込してくれます。即日振込を希望する場合には、平日14時までに必要書類をアコムに提出しなければなりません。申し込んだ日が休日の場合には、銀行が休みですから、即日振込はできないことになります。なお、アコムから楽天銀行口座への振込であれば、24時間365日いつでもできますから、平日14時の締め切り時間を気にする必要がありません

・店舗やむじんくんで提出するなら事前に電話で確認

店頭窓口またはむじんくんコーナーで必要書類の提出をする場合、もし現地に行ってから必要書類が足りないということになれば出直さなければなりませんから、事前に電話で確認しておいた方が良いでしょう。アコムから契約内容の確認の電話がかかってきた際に聞いておくか、アコムのフリーダイヤル(0120-07-1000)に電話して、自分の場合には何が必要なのかをしっかり確認しておきましょう。

・店舗・むじんくんは営業時間にも注意

必要書類を店舗・むじんくんに持参する場合には、営業時間にも注意しましょう。店舗の営業時間は平日9時30分~18時、むじんくんは年中無休で8時~22時ですが、一部店舗は営業時間が異なります。また、むじんくんも年末年始は休業していますので気を付けておきましょう。

身分証審査で落とされることはあるの?

身分証明書を提出するのは、あくまでその人本人が申し込みをしているのかを確認するためですから、身分証明書の審査で落とされるということは通常はありません。しかし、次のような場合には、審査に落ちてしまうことがあります。

・住所が一致しない

身分証明書の住所は、申込時の現住所と一致していなければなりません。一致していない場合にも、公共料金の領収書等、現住所が記載されている書類を提示できればOKですが、そういった書類も用意できなければ審査に落ちてしまう可能性があります。

・身分証を偽造した

身分証明書が用意できないからと、書類を偽造することを考える人もいるかもしれません。申し込み時に提出するのは身分証明書のコピーや画像になりますから、その気になれば偽造することもできます。しかし、当たり前ですが、身分証明書を偽造したような場合には、審査に落ちることは必須です。それどころか、犯罪になってしまいますので、絶対にやめておきましょう。

まとめ

アコムの必要書類は、本人確認書類及び収入証明書類になります。本人確認書類は申込者全員必須のものですが、収入証明書類は必要な人とそうでない人がいます。また、申込時に記載した住所と書類の住所が一致しない場合には、他にも書類を要求されることがあります。

スピーディーな融資を実現させるため、アコムに申し込みする前に、必要書類がそろっているかどうか確認しておきましょう。