アイフルで即日融資してもらうには?流れと注意点

審査時間を短縮する方法

・アイフルでは即日融資が可能

急な事情でお金が必要になった場合、カードローンで即日融資が受けられると非常に助かります。キャッシング利用者の利便性を重視している大手消費者金融では、即日融資に対応しています。

アイフルでも即日融資はもちろん可能です。アイフルでは最短の場合30分で審査が完了しますから、スピーディーにお金を手にすることができます。

・インターネット申込が早い

アイフルでは、インターネット、店舗、自動契約ルーム、電話によりキャッシングの申し込みができます。このうち、融資までのスピードが速いのは、インターネット申込になります。インターネットを利用すれば、どこへも行かずに手続きすることができますから、移動時間をかける必要がありません。パソコンやスマートフォンから24時間いつでも申し込み手続きが可能ですから、思い立ったらすぐに申し込みすることができます。

・フリーダイヤルに電話すればさらに早くなる!

アイフルに申し込みした後、できるだけ早く融資を受けるには、最短で審査を終わらせる必要があります。アイフルでは、審査を特に早く終わらせることができる方法があります。

アイフルですぐに審査にとりかかってほしい場合、インターネットから申し込みした後、フリーダイヤル(0120-337-137)に電話する方法があります。この場合には、アイフル側で優先的に審査を行ってもらうことができますから、最短で審査が完了します。

アイフルでスピード審査してもらいたい場合、具体的な手順は以下のとおりです。

1.アイフルホームページから申し込み

「いますぐお申し込み」ボタンからお申し込みフォームに進み、必要事項を入力して送信します。

2.カード申込・受付完了メールを受信

申込時に記載したメールアドレスに、アイフルから受付完了メールが届きます。

3.フリーダイヤルに電話

0120-337-137(受付時間9時~21時)に電話し、優先審査をしてほしい旨告げます。

4.審査回答

電話またはメールでアイフルから審査結果の連絡があります。

スムーズに審査を通過するための事前準備

・必要書類を確認して準備しておく

アイフルでは、申込時に必要な書類がありますから、スムーズに審査を終わらせるにはあらかじめ必要書類をすぐに出せるように準備しておくことが大切です。アイフルの必要書類は、以下のとおりです。

<本人確認書類>

申込者全員に提出が要求されます。本人確認書類としては、運転免許証(または運転経歴証明書)があればそれを提出しますが、ない場合には健康保険証、住民基本台帳カード、パスポート、在留カード、個人番号カードなどを提出します。

なお、本人確認書類の住所が現住所と異なる場合には、現住所での公共料金(NTT、電気、都市ガス、水道、NHK)の領収書、住民票、印鑑証明書も一緒に提出する必要があります

<収入証明書類>

アイフルで50万円を超える借入れを申し込む場合や、他の貸金業者の借入残高と合わせて100万円を超えることになる場合には、収入証明書類の提出も必要になります。収入証明書類としては、源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書などを提出することになります。

なお、収入明細書として給与明細書も提出できますが、この場合には直近2ヶ月分を用意しなければなりません。また、発行年月、氏名、勤務先名、総支給額が明記されていない場合もしくは手書き部分がある場合には、会社の社印もしくは社判が必要になります。

・他社借入残高を把握しておく

アイフルで申し込みする場合には、他社借入件数や借入残高を申告しなければなりませんから、あらかじめ確認しておきましょう。

なお、アイフルのような消費者金融で借りる場合には、年収の3分の1までしか借りられないという総量規制が関係してきます。つまり、他社で既に年収の3分の1近くまで借りていれば、アイフルの利用限度額は少なくなってしまいます。総量規制を超える融資の希望を出しても通りませんから、希望限度額としては借りられる範囲内の金額を記入しましょう。

・在籍確認に備えておく

アイフルの申し込み後の審査では、勤務先への在籍確認があります。在籍確認は、アイフルの担当者が申込者の勤務先に個人名で電話をかけて申込者を呼び出す方法により行われます。

在籍確認に備え、申し込みした日が出勤日の場合には、可能な限り在籍確認の電話に出られるようにしておいた方が良いでしょう。なお、申込日が会社の休日の場合には、社会保険証や給与明細などで書類による在籍確認をしてもらえる場合がありますから、こうした書類も用意しておくと良いでしょう。

・ホームページの「1秒診断」を活用

アイフルのホームページには、簡単な質問に答えるだけで融資可能かどうかを診断することができる「1秒診断」ツールが設置されています。審査に不安がある人は、あらかじめ「1秒診断」を行っておくと安心です。

即日融資の方はここに注意する

・振込希望の場合には受付時間に注意

アイフルでは、融資金を自分の銀行口座に振込してもらうことにより即日融資を受けることも可能です。ただし、振込の場合には、金融機関で振込の処理をしてもらえる時間が決まっていますから、締め切り時間を過ぎてしまえば即日融資がされないことになってしまいます。

振込により即日融資を受けたい場合には、アイフル側で平日14時頃までに手続きしなければ、金融機関で当日中に処理されなくなってしまいます。即日の振込融資を希望する場合には、できるだけ早い時間に申し込むようにしましょう。

・振込が間に合わないなら店舗や自動契約機の場所を確認

アイフルでは、申し込んだその日にカードを受け取り、店舗窓口やATMから出金することで即日融資を受けることも可能です。即日融資を受けたいけれど、当日振込の締め切り時間を過ぎていたり、金融機関の休業日であったりする場合には、その日のうちにカードを受け取ることを考えましょう。

アイフルのカードの受け取りは、アイフルの店頭窓口または自動契約機に来店すれば可能です。即日融資を希望する場合、申し込みする前に、あらかじめ最寄りの店舗や自動契約機の場所を確認しておくとスムーズです。

・店舗・自動契約機でカード受取する場合にも申し込みはインターネットで

アイフルでは、申込の段階から店舗や自動契約機で行うことも可能です。しかし、店舗や自動契約機に行ってから必要書類が漏れていることが判明すれば、大きな時間のロスになってしまいます。申し込みはインターネットから行い、必要書類を画像送信などで提出した後で店舗や自動契約機にカード受取に行くのが確実です

・提携ATMから出金する場合には手数料がかかる

アイフルでは、カード受取後、提携ATMを利用してお金を引き出す形で即日融資を受けることも可能です。ただし、提携ATMで借入れをする場合には、ATM利用手数料がかかってしまいます。振込による即日融資の場合には手数料がかかりませんので、当日振込が可能であれば振込を選んだ方がお得になります。

土日でも即日融資可能なの?

・土日はカード発行後ATM利用で即日融資が可能

アイフルでは、土日もインターネット、電話、自動契約ルームを利用しての申し込みが可能です。土日でも申し込み後すぐに審査を行ってくれますので、その日のうちに審査が終われば即日融資が受けられます。

なお、土日に申し込みする場合、金融機関が休みなので振込による即日融資は不可能ということになります。土日の即日融資は、自動契約ルームでカードを発行してもらい、ATMから出金するという形であれば可能になります。

・土日に在籍確認をクリアするには

土日に審査を受けるとなると、在籍確認で問題が起こることがあります。土日は会社が休みというところが多いですから、土日に会社に電話をかけても誰も出ずに在籍確認ができない可能性があります。在籍確認が終わらなければ、審査も完了しませんから、即日融資が受けられなくなってしまいます。

アイフルでは、電話による在籍確認ができない場合、書類による在籍確認に代えてもらえることがあります。この場合には、会社の社会保険証(健康保険証)や給与明細を提出することになります。土日の即日融資が希望で、当日の在籍確認が難しい場合には、あらかじめこうした書類を用意しておくと良いでしょう。

こんな人は即日融資が難しいかも

・引っ越してすぐの人

アイフルでキャッシングする場合には、申込時に免許証などの本人確認書類を提出しなければなりません。ここで、免許証の住所と現住所が違っていれば、現住所を証明するために、公共料金の領収書や住民票等が必要になります。

引っ越してすぐの場合には、免許証の住所変更がまだのこともあるでしょう。また、公共料金の領収書等もまだないことが多いはずです。住民票の異動もまだだったり、休日で住民票が取れなかったりすることもあります。このような場合には、即日融資が難しくなることがありあす。

・就職先に内定したばかりの人

アイフルでは無職の人は申し込みできませんが、たとえパートやアルバイトでも仕事が決まれば申し込みは可能です。しかし、仕事が内定したばかりの人は、在籍確認もできませんから、申し込みはできても即日融資を受けることは難しくなっています。

・近くにアイフルの店舗・自動契約機がない人

アイフルでは、即日振込が難しい場合には、店舗や自動契約機で当日中にカード受取をしなければ、即日融資を受けることができません。ですから、近くにアイフルの店舗・自動契約機がないという人は、即日融資が難しくなってしまうことがあります。

・自営業者

一般に、自営業者が消費者金融系カードローンや銀行カードローンでお金を借りる場合には、給与所得者に比べて審査に通りにくくなっています。自営業者の場合には、安定した収入があるかどうかの判断がつきにくいことがあるからです。そのため、審査の過程でも追加の書類を要求されるケースがあり、即日融資が困難なこともあります。

・他社借入件数が多い人

アイフル以外の複数の貸金業者から借入れしている場合、借入件数が多いほど審査では不利になってしまいます。アイフルでも、他社の借入状況や利用状況を見て審査をするため時間がかかりますから、即日融資が困難になってしまうことがあります。

・他社に同時に申し込みしている人

アイフルに申し込みするのとほぼ同時に他社に申し込みしていれば、お金に困って切羽詰まっているとみなされてしまい、審査に通りにくくなってしまいます。この場合、アイフル側も慎重に審査しますから、即日融資が実現しないこともあります。

まとめ

アイフルでは、平日、土日祝日ともに即日融資が受けられます。ただし、土日祝には振込による即日融資は受けられませんから、アイフルの自動契約ルームに行ってカード受取をする必要があります。

アイフルの即日融資を無事成功させるためには、あらかじめ必要書類等を準備しておくことが大切です。どんな書類が必要になるかを確認し、すぐに提出できるように揃えておきましょう。