総量規制対象外でお金を借りる方法と借りられる金融機関について

総量規制のことを邪魔だと感じたことはありませんか。年収によって借り入れできるお金の上限が決められてしまうものです。高額の融資を受けたい、といった方にとっては非常に厄介な存在といえます。しかし、総量規制対象外でお金を借りることは可能です。

こちらでは、総量規制対象外でキャッシング出来る業者はどこなのか。さらに、総量規制対象外でキャッシングするとどんなプラスがあるのか、一方でどんなマイナスがあるのかといったことをお話します。

総量規制対象外とは?

・そもそも総量規制ってなんだ?

年収の3分の1を超える借り入れはできない」とするものです。あなたの年収によって借り入れできる上限金額を決めてしまう規制です。2010年の貸金業法の改正より取り入れられました。

たとえば、年収が600万円の方は200万円を超える借り入れはできません。450万円なら150万円、300万円なら100万円と借り入れできる上限が画一的に決められたのです。

総量規制の導入目的は、多重債務者を減らす、といったことにあります。多重債務者があまりにも増えてしまい、自己破産などの債務整理者が非常に増えてしまいました。そのような現状を替えるために導入され、実際に効果もあげています。多重債務者の数が減りつつあるのです。

・総量規制対象外ってなんだ?

年収の3分の1を超える貸付を認めている、といったことを示しています。前述した年収600万円の場合は、200万円を超える貸し出しも実際に行ってくれる、ということでもあります。

注意して欲しいのが「総量規制対象外」の業者であったとしても、必ず年収の3分の1を超える貸し出しを実施しているわけではない、といったことです。各社は、限度額を決定する前にかならず審査を実施します。個人信用情報も確認して、あなたに貸し出しても大丈夫かを確認するのです。何も問題がなければ、年収の3分の1を貸し出してくれる可能性はありますが、問題があれば年収の3分の1未満の限度額設定にされてしまうこともあります。

要は、総量規制対象外とはいっても、あくまで年収の3分の1を超える貸し出しをしてくれる可能性がある、といったものなのです。過度な期待ができるものではありません。

特に他社の利用がすでにある場合は、高額の利用限度額設定をしてくれることはない、と覚えておきましょう。返済能力が高い、と判断されないかぎりは、貸出額は低く限定されてしまうものなのです。

総量規制対象外の金融機関一覧

総量規制対象外でお金を借りられる業者は二つのタイプに別れます。銀行カードローンと消費者金融業者のおまとめローンです。すべてを紹介することは出来ないので、特に有名な業者を幾つか紹介していきます。

・総量規制対象外で貸し出してくれる銀行カードローン業者

  • ・三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
  • ・ソニー銀行のカードローン
  • ・楽天銀行カードローン スーパーローン
  • ・イオン銀行 カードローン BIG
  • ・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
  • ・新生銀行カードローン レイク(レディースレイク含む)
  • ・ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

銀行自体が総量規制の対象外となっているので、基本的にどこの銀行カードローンでも借り入れ可能です。配偶者に収入がある、といった条件付きのケースも有りますが、原則的に収入のない専業主婦の利用も認めているのです。

銀行カードローンの場合は、限度額設定が高く金利が低い、といったうれしいメリットもあります。一方で、条件の良い貸し出しとなっているので、審査難易度は高めに設定されています。利用する方を選ぶ傾向があるので、他社の利用があると難しくなります。

・総量規制対象外で貸し出してくれる消費者金融業者のおまとめローン

  • ・アイフル 貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン
  • ・プロミス 貸金業法に基づく おまとめローン
  • ・アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン
  • ・ライフティ 貸金業法に基づくおまとめローン

大手の消費者金融業者であれば、おまとめローンを行っているケースが多くなります。一方で、中小のキャッシング業者は限度額自体が50万円程度に設定されていることが多く、おまとめローンを行っているケースはほとんどありません。

おまとめローンは複数の借金などを一括化して借金の返済額を減らす、といった効果のあるものですが、そもそも「おまとめローン」は総量規制の対象外とされています。

ただし、総量規制外で利用するためにはちょっとした条件があります。

【おまとめローンが総量規制対象外になるために必要な条件】

・毎月の返済額または返済の総額が借換え前よりも少なくなる

・借入残高の実質年利率がローンの借換えによって借換え前以下になる

消費者金融業者のおまとめローンですが、100万円以上のローンを組まなければ金利的にあまりお得にならないこともあります。数十万円お借り換えだと、実質年利率が18.0%に設定されてしまうこともあるのです。

以下に、アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローンの商品概要を記載しておきます。利息や限度額などを把握しておきましょう。

【アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローンの内容】

・貸付金額・・・10,000円から300万円まで

・実質年利率・・・7.7%から18.0%

・遅延損害金(実質年利率)・・20.0%

・貸付対象者・・・20歳以上であること、収入と返済能力があること

・担保・連帯保証人・・・原則不要

総量規制対象外の金融機関でお金を借りるメリットとデメリット

・メリットその1~高額利用ができる~

総量規制対象外の金融機関でお金を借りることにおける最大のメリットが、融資額の高さです。総量規制対象内の金融業者でお金を借りるときは、必ず年収の3分の1以下しか借り入れができないのです。

総量規制対象外の金融業者であれば、年収の3分の1にとらわれることはありません。3分の1を超える借り入れも認められているのです。

高額利用をしたい、といった目的のある方は総量規制対象外の金融機関を選ぶべきです。

※総量規制対象外の銀行カードローンの場合は、年収の40%程度までであれば対応してくれることが多いです。

・メリットその2~提出書類が少なくて済む~

総量規制対象内の金融業者を利用すると、50万円を超えるキャッシングを希望する場合、他社と合わせて100万円を超えるキャッシングをする場合には収入証明書類の提出が必要になります。

一方の、総量規制対象外の金融機関の場合は、収入証明書類の提出のハードルが低くなっています。200万円や300万円を超える借り入れを希望しないかぎりは用意しなくても良い、としている業者が多いのです。

【銀行カードローンの収入証明書類提出条件】

・新生銀行カードローン レイク・・・希望限度額が100万円を超える場合

・三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック・・・希望限度額が100万円を超える場合

・楽天銀行カードローン スーパーローン・・・希望限度額が200万円を超える場合

・ジャパンネット銀行ネットキャッシング・・・希望限度額が200万円を超える場合

・じぶん銀行じぶんローン・・・希望限度額が300万円を超える場合

消費者金融業者の50万円と比べると、収入証明書が必要ないケースがいかに多いかが分かってもらえると思います。じぶん銀行じぶんローンの場合は、仮に250万円を希望したとしても収入証明書類が必要ない、といった状況になるわけです。

収入証明書は給与明細や源泉徴収票などを用意しなければならず、用意するのは比較的大変です。その手間がなくなる、というのは大きなメリットです。

・メリットその3~低金利である~

総量規制対象外で貸し出してくれるところは銀行カードローンがメインなので、銀行カードローン自体のメリット、と言えるかもしれません。金利が非常に低めに設定されているのです。

キャッシングは基本的に最高金利が設定されるのですが、消費者金融の場合は18.0%程度を実質年利率としています。一方で、銀行カードローンは15.0%程度を最高の実質年率としています。金利が3.0%ほど有利に設定さているのです。

総量規制対象外で貸し出してくれる金融業者では有利な借り入れができます。

※銀行カードローンであったとしても、新生銀行カードローン レイクのように消費者金融業者と金利がほとんど変わらない業者もあります。

【銀行カードローンの下限金利と上限金利例】

・イオン銀行カードローン BIG・・・・実質年利率3.8%から13.8%

・ソニー銀行のカードローン・・・実質年利率2.5%から13.8%

・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング・・・実質年利率2.5%から18.0%

・新生銀行カードローン レイク・・・実質年利率4.5%から18.0%

・メリットその4~専業主婦が利用できる~

総量規制対象外のキャッシング業者は無収入の専業主婦でも利用可能です。収入によって貸出額を制限されないので、個人的に稼ぎがなかったとしても制度上貸し出せるのです。

もちろん、配偶者に収入がある、といった条件が付けられます。ただし、総量規制対象内の業者は専業主婦に貸し出せないので、無収入の方にとってはかなり大きなメリットといえます。

・デメリットその1~借りすぎてしまう~

年収によって借入額が制限されないので、必要以上の限度額を希望してしまう事例が増えています。本来は50万円で足りるのに、100万円や150万円を希望してしまうケースもあるのです。

限度額を大きくしてしまうと、気持ちも大きくなって必要ないのに借りすぎてしまうわけです。

・デメリットその2~土日に即日融資してもらえない~

銀行カードローンの場合は、ほとんどが平日しか対応していません。稀に土日でも即日融資してくれるところもありますが、数が限られてしまいます。

平日であれば、総量規制対象外の業者からも即日融資してもらうチャンスは有りますが、日によっては対応してもらえないわけです。

具体的には何が違うの?

【総量規制対象外のキャッシング業者の特徴】

限度額の設定が高めである

身分証明書だけで高額利用ができる

・土・日・祝日の即日融資が難しい

収入がなかったとしても借り入れができる(専業主婦のケース)

総量規制対象内の業者は、上記の特徴とは真逆の状態となっています。高額利用は難しいですし、高額利用をしようとすれば必要書類の量も増えます。さらに専業主婦の利用も基本的にできません(配偶者貸付を行っている業者は別)。一方で、土曜日や日曜日、祝日の即日融資には対応している。といったメリットはあります。

一方で、同じようなところもあります。たとえば、フリーキャッシングである、といったところです。借り入れしたお金の使い道に制限は設けられていません。生計費であれば、特に禁止されている使い道はないのです。保証人や担保といったものもどちらも不要です。

結局どっちがいいの?

単純にどちらがいい、とはいえません。人それぞれなのです。こちらではどのような方に、総量規制対象の業者がおすすめなのか、総量規制対象外の業者がおすすめなのか、といったお話をします。

・総量規制対象の業者がおすすめである人

  • ・少額利用を考えている
  • ・短期間の利用を考えている
  • ・即日融資を希望している
  • ・審査の突破のしやすさを重視している

総量規制ありの業者に関しては、50万円以下の利用を希望している方、さらに審査難易度が低いことを希望しているケースにおすすめです。

一方で、利息率が高めに設定されているので、短期間利用を考えている方に適しています。長期間利用をしてしまうと、利息の支払額も大きくなってしまう、といったデメリットも出てきてしまいます。

・総量規制対象外の業者がおすすめである人

  • ・高額利用を希望している
  • ・他社利用件数が少ない、他社利用額が少ない
  • ・即日融資できなくても構わない
  • ・申し込み金融機関の口座を保有する意思がある(ケースバイケース)

総量規制対象外の業者の利用に関しては、まずは希望金額が最も大きく関わります。高額融資を希望している場合には、総量規制を受ける業者よりも圧倒的におすすめです。ただ、審査が厳しい傾向にあるので、他社を利用していると落選する可能性が高くなります。

総量規制対象外業者は銀行カードローンが多いので、当該銀行の口座保有が利用条件に入ってくることもあります。口座を持っていない場合には、ローン申し込みと口座申し込みを同時に実施しなければなりません。